1月5日時点GCR最新情報と1月6日ブランソン提訴の審議は?

GCR量子金融システム

1月6日・ジュディ・ノートでは、最新のGCRに関するインテル情報と1月6日に予定されるブランソン提訴の最高裁での会議に関する内容が重点的に掲載されました。

1月5日時点でのGCR最新情報!

ブランソン請願は1月6日に最高裁判所で請願会議が開催

ブランソン氏の提訴の重要なポイントとは?

以上について関連情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート1月6日版 ヘッドライン)

1月6日金曜日のブランソンCase会議はどうなるでしょうか。

SCOTUS (軍の指揮下) はブランソンに代わって統治し、

388 人の議会議員とバイデン政権の解散を命じますか?

すべてのSCOTUS金曜日の会議がそうであるように、

2023年1月9日月曜日に議会とバイデン政権の解散の

発表がされた場合はどうなりますか。

1 月 5 日 ドナルド・トランプが下院議長に指名された。

トランプが1月9日月曜日までに下院議長を獲得した場合はどうなりますか。

バイデンとハリス政権が1月9日月曜日に解散された場合、

次に米国大統領に就任するのは誰になるでしょうか。

回答:トランプ下院議長。

…SGAノン

(引用先:2023 年 1 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

1月5日時点でのGCR最新情報!

それでは、1月5日時点でのGCRに関する情報を紹介します。

最新情報は、文字を大きく表示しています。

以前より同様に記述ある情報は、小さく表示しています。

(以下 ジュディ・ノート1月6日版 ヘッドライン)

グローバル通貨のリセット:

ジュディ・ノート:私たちは、世界史上最大の富の移転の真っ只中にあり、何世紀にもわたって金融界を人質にしてきた陰謀団を崇拝するサタンと戦っています。

インテルは状況に応じて突然変更される可能性があることをご理解ください。

いくつかの高く評価されている連絡先によると:

2022 年 12 月 15 日:NESARA が開始されましたが、まだ正式に発表されていません。

2022 年 12 月 23 日: すべての資金が解放され、元に戻すことはできませんでした。支払いが必要でした。彼らはすべての階層に資金を提供し始めました。

2022 年 12 月 30 日:彼らはレベル 3 への資金提供を終了し、レベル 4 への資金提供を開始しました。

2023 年 1 月 1 日:ゴールデン ジュビリー イヤーが世界中で始まりました。

古い SWIFT フィアット金融システムは、新しい資産担保型のクォンタム金融システムに変わりました。

銀行は、QFS システムに参加するためにバーゼル IV に準拠する必要があったため、米国、メキシコ、カナダのいくつかの銀行が統合または閉鎖されました。

2023 年 1 月 4 日:7 人のドラゴン ファミリーの署名者が配置されました。

噂によると、Dubai 2 は、木曜日の午後にリリースされました。1月5日

グループの事務処理は、金曜日までに完了して提出する必要があります。

1月6日:CMKXのおしゃべりは、金曜日から今週末の 配達が終わる可能性があるというものでした。1月6日夕方。

1月5日または金曜日 1 月 6 日、多数の大規模なグループが資金提供を期待しており、週末にそれらの資金を配布する予定でした。

また、おそらく週末にCMKX がリリースされるという話題もありました

2023 年 1 月 9 日は、Tier 4 が完全に資金提供される期限であり、本格的なロールアウトを開始することができました。

2023 年 1 月 15 日:レベル 5 の一般市民を含む、すべてのレベルへの資金提供期限。

2023 年 3 月は、世界のすべての国の通貨を 1 対 1 で交換する期限であり、この状況は最大5 年間続くと予想されています。

 

2023 年 1 月 5 日ビッグ コール、ブルース:

Thebigcall.net 667-770-1866 pin123456#

ブルースのインテルは、いくつかの銀行と高位の軍の情報源から来ています。

1 月 6 日は、債券保有者がアクセス コードを受け取る 4 日間のうちの最初の日でした。彼らは月曜に口座の資金にアクセスできる可能性が高い。 1月9日または火曜日 1月10日

Tier4b (私たち、インターネット グループ)はシステムに通知を持ち、Sun の正午 EST に保留中です。1月8日

これらの通知は、月曜日に Tier4b に届く可能性があります。1 月 9 日、その月曜日に交換を開始できるようにします。1月9日または火曜日。1月10日

1月6日 最高裁判所はブランソン事件を検討し、その決定の発表は月曜日に放映されます。1 月 9 日、Mainstream Media を使用。

決定はすでに下されており、その発表は記録されています。

 

別の連絡先からのインテル:

1月5日 2023 MarkZ:多数の大型飛行機がリノに集結し、米国中の主要な銀行センターに支払いを行っていることが確認されました。

…水曜日現在。1月4日 7 人のドラゴン ファミリーの署名者が配置されました。

…まだリアルタイムではありませんが、多くの大規模なグループは、今日木曜日の後半にドルを期待していました。

1月5日または明日金曜日 1月6日、週末にそれらの資金を配布する予定でした。」

1 月 5 日夕方 MarkZ:特に金曜までに完了しなければならない事務処理のグループからの大きなおしゃべり。

1月6日 …彼らは私たちがMonによって完全に資金提供されることを期待しています。

1 月 9 日…非常に大きなカツラが飛び交い続けています…事務処理を行っています…彼らはそこで会議に何時間も費やしています…..そして彼らは去りました…これは多くの償還エリア全体で…..これは単なるものではありませんリノ、しかし世界中….パナマ、コロンビア、チューリッヒ、文字通り世界中のことです。…噂によると、Dubai 2 は木曜日の午後にリリースされました。

1 月 5 日….今週末の 金曜日から配信が終了する可能性があるというかなりの量の CMKX のおしゃべりを聞きました。

1月6日夕方。この CMKX のおしゃべりは複数の情報源から来ています: 米国連邦保安局、国土安全保障省の情報源、その他…彼らは、銃を購入する場合と同様の簡単な身元調査を行います。

パニックにならない。過去に何かがあったとしても….社会に借金を返済したことがあるなら大丈夫です…..身元調査は主に、ネズミの仮説を立て直したり、アルキダにお金を注ぎ込んだりしていないことを確認するためのものです. .

高官の連絡先:1月1日、QFS システムが稼働し、BASEL IV 銀行コンプライアンスが発効しました。

すべての資金は解放されており、元に戻すことはできません。

支払わなければなりません。

月曜日から本格的なロールアウトが行われます。

1月9日 それ以降 – Tier 4 レベルが完全に資金提供される必要があったのと同じ日。

レベルは、割り当てられたすべての資金を1 月 15 日までに支払わなければなりません。

先週、ウェルズ・ファーゴの連絡先は金曜日以来そう言った。

12月23日、彼らはTier 1、2、3、4、および5に資金を提供しています。金曜日までに。

12 月 30 日、彼らはレベル 3 を終了し、レベル 4 に資金を提供していました。

1月5日 沖江:「今日、ついに闇から光へと曲がり角を変えました。この瞬間から非常に警戒してください。すべてのシステムは問題なく、問題はありません。

このプロセスを止めることができるものはないようです。

銀行のバックスクリーンにピニングがあります。これは非常に多くの国の努力による巨大なイベントです。」

"RV UPDATE" BY OKIE VIA TWITTER, 5 JAN
Okie #WEARETHEPEOPLE I AM MAINTAINING A HOPEFUL VIGIL AND AM STILL VERY OPTIMISTIC AS TO WHAT IS HAPPENING. 1 BRIEF STATEMENT AND I WILL ...

国内のニュース発表によると、イラク国民は再評価を祝っている。

2023 年1 月 1 日日曜日、世界中でゴールデン ジュビリー イヤーが始まりました。

2023 年 3 月までに世界のすべての通貨を 1 対 1 で交換することが目標でした。この状況は最大5 年間続くと予想されています。

(引用先:2023 年 1 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:GCRは開始されており、一般向けのTier5への支払いも1月15日が期限だといいます。

そうなると、早い時期にNESARAの公表がされないと、金担保通貨への切り替えや召喚について、一般の人が混乱すると思いますがどうでしょうか?

または、金融機関だけが先行で切り替えて水面下で進めていくのか?

ポイントとなる日が1月15日となるようです。

 

スポンサーリンク

ブランソン請願は1月6日に最高裁判所で請願会議が開催

注目のブランソン提訴の最高裁の会議の情報です。

最高裁はどのように判決を下すのでしょうか?

もし、ブランソンの提訴を受理して、388人の議員を罷免したとしたら・・・

議会は閉鎖することになり、バイデン、ハリスも不在となり大統領は、下院議長になります。

下院議長は1月3日より2日間決まらない事態となっています。

トランプ大統領の下院議長の要請も出始めています。こちらも1月6日の動向が注目されます。

それでは、ブランソン提訴の1月6日の情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート1月6日版 ヘッドライン)

ブランソン請願は、金曜日に最高裁判所での会議に向けて設定されました。2023 年 1 月 6 日。

1 月 5 日 SCOTUS アップデート、 Raland Brunson: Raland Brunson による 1 月 5 日 SCOTUS アップデート (rumble.com)

ブランソン事件は 2020 年の選挙を覆すことができるか? https://rumble.com/v2421fq-could-this-supreme-court-case-overturn-the-2020-election-the-stonezone-with.html

最高裁判所は、会議にかけられた訴訟の 20% しか議論しないことが知られていました。

しかし、ブランソン請願書は SCOTUS の緊急規則の下で受理されました。

それは、議会が不正の可能性がある選挙の調査を拒否したときに戦争行為が発生し、拒否が敵である中国共産党と民主党、およびその他の政党に援助と慰めを与えたと主張したためです。

共産主義国は、この米国の乗っ取りの試みに参加したと疑われています。

請願書は 、自由選挙に関する基本的な質問に関係していたため、アメリカ国民と世界にとって重要でした。

2020 年の選挙をめぐって詐欺の苦情を申し立てた議会議員はちょうど 100 人でしたが、議会は、2020 年の選挙を承認する前に、中国共産党やその他の団体が選挙結果に影響を与えたという申し立ての調査を拒否しました。

最高裁判所規則 11 および 12 によるとそれは反逆罪および米国に対する戦争行為と見なされました。

州またはその他の場所で反逆罪を犯し、死刑を宣告されるか、または 5 年以上の投獄され、この称号の下で 10,000 ドル以上の罰金が科され、合衆国で公職に就くことができなくなる。

フアン・オ・サビンは、ブランソン事件が緊急に会議に受け入れられたので、金曜日までに彼らの間で話し合うだけでなく、それに関する実際の決定はいつでも下される可能性があると信じていました。

しかし、彼はまた、その決定が国に与える影響のために、それらの最高裁判所判事が数日、数週間、または数か月後に審理を行う可能性が高いと感じました。

彼らが裁定を下した場合、そしてその裁定が支持された場合バイデン政権とすべての議会は解散しなければならず、新しい選挙が行われるまで米軍が引き継ぐ。

最高裁判所がブランソン請願に判決を下さなかったり、反対判決を下したり、審問を拒否したりした場合でも、新しい選挙が行われるまで米軍が引き継ぐ可能性が高い。

それは、最高裁判所自体が自国民に対する戦争行為に参加しているように見えるからです。

いずれにせよ、それはドナルド・トランプが米国大統領に復帰することを意味するだろう.

それが起こるまで、合衆国憲法は文字通り糸にぶら下がっていて、救われる必要がありました。

その軍事的乗っ取りが行われる前に、人民の反乱が必要になるでしょう。

そういうわけで、最高裁判所がブランソン請願に対する人々の支持、したがって憲法に対する人々の支持を認識させることが非常に重要でした。

あなたはその違いを生むことができます。最高裁判所判事宛てに手紙を書いてください(手紙の例と住所は以下をご覧ください)。

これまでに受け取った手紙は 60,000 通を超え、目標は少なくとも 100 万通です。

最高裁判所でのブランソン兄弟請願会議 1月6日

ブランソン請願書は、「2020 年の選挙で外国の機関が投票を変更しようとしたとき、議会は憲法を保護するという彼らの誓いを尊重しましたか?」という質問に関係しています。

2020 年の選挙をめぐって詐欺の苦情を申し立てた議会関係者はちょうど 100 人でしたが、議会は選挙を承認する前に調査を拒否しました。

反逆罪と見なされたルール11によると。ブランソン事件で肯定的な判決が下されれば、バイデン政権と議会全体が崩壊する可能性があります。

Juan O Savin:「Brunson 事件に関する最高裁判所の判決は、緊急に受理されたため、いつでも下される可能性があります。

…2020 年の選挙を承認するために投票した議会の人々は、アメリカ国民に対する宣誓に違反しました。

1 月 6 日の会議では、今後数日、数週間、または数か月の審理のためにブランソン事件を受け入れる可能性が高い。 …1月6日の決定がどうであれ、ザ・ピープルからの手紙は継続する必要があります。」

*1月6日 最高裁判所はブランソン事件を検討し、その決定の発表は月曜日に放映されます。1 月 9 日、Mainstream Media を使用。

決定はすでに下されており、その発表は記録されています。

(引用先:2023 年 1 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:ジュディ・ノートによると、ブランソン提訴の裁定が行われて、バイデン政権が罷免される。

最高裁がブランソン裁定を拒否した場合でも、最高裁までもが反逆行為とみなされて、米軍が介入するといいます。

そうなれば、戒厳令発動されてEBS世界緊急放送へと移行するようです。

ということは、もう、1月6日の最高裁の動きの後、数日で転換の動きが起きるということです。

現在のとこの、そのXデーは1月9日または10日の噂があります。

筆者の推測では、Q作戦は17の数字を重視します。

それは、JFK大統領が就任した1961年=1+9+6+1=17です。

2023年を足すと7です。17になるには、残り10です。

10になる月と日にちを考えると、直近では1月9日(1+9=10)。

次が1月18日(1+1+8=10)。

1月9日に大きなイベントが起きるといいですね。(^o^)

 

 

 

*ブランソン兄弟の提訴の記事はこちらを参照願います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ブランソン氏の提訴の重要なポイントとは?:ブランソン事件の真実(以下の記事)

ブランソン氏は以下の記事に対して、欠陥があるとして5つのポイントを上げました。

その概要を紹介します。ブランソン提訴の重要なことが読み取れます。

 

(以下 ジュディ・ノート1月6日版より 抜粋)

親愛なるアダム・カーター & トレイシー・ビーンズ 2022 年 12 月 30 日付の「ブランソン事件の真実」というタイトルのあなたの記事に関して、あなたは、あなたが獲得した称号を維持するために、以下の制御点を意図的に無視したようです。

これは欠陥のあるレポートであり、受け入れられません。

1. SCOTUS は、令状を付与する前に満たさなければならない規則要件を提示しました。

ブランソンの事件における令状の内容を扱っているのは、規則 11 と 12である。法。

これらは、裁判所の裁量を支配するものでも測定するものでもなく、裁判所の検討の理由を示すものでもないほんの数例です。

アダムとトレーシー、あなたはブランソン事件に関する SCOTUS の考えを知らず、あたかも知っているかのように振る舞った。

「ブランソン事件の真相」? そのような主張をする前に、あなたは私に連絡するべきでした。

あなたの主張は真実ではなく、事実上、アメリカ合衆国の敵に援助と慰めを与えています。

2. ブランソンの令状は、戦争の目的はその勝者を権力の座につけることにあると指摘している。

ブランソンはまた、選挙の不正は同じことを達成するが、人命と財産を即座に失うわけではないことを指摘している。不正選挙は戦争行為です。

ブランソンの令状はさらに、2020 年の大統領選挙が不正に行われたという申し立ての調査を被告が拒否したと主張している。

すべての回答者は、アメリカ合衆国憲法を支持し、外国および国内のすべての敵から守るために必要な宣誓を行っており、そのため、宣誓に違反した場合の結果に対して責任を負います。

不正選挙の申し立てに対する捜査を彼らが拒否したことは、「公正な」選挙を装って戦争を繰り広げたこの敵に助力と安堵を与えた。これは反逆行為です。アダムとトレーシー、これは非常に強力で深刻な理由であり、私たちの国家安全保障であり、SCOTUS にブランソンの令状を認めさせなければなりません。どうしてこの点を見逃したのですか?

3. SCOTUS は、その就任宣誓にも拘束されます。

この誓いにより、機会が与えられたとき、彼らは戦争を止める義務があります。

ブランソンのケースは、SCOTUS にその機会を与えます。

アダムとテリー、ブランソンの場合、SCOTUS がどのような権限を持っていて、持っていないかを知っていると思う理由は何ですか?

4. ブランソンの令状は次のように主張しています。

または敵に固執し、合衆国または他の場所で彼らに援助と慰めを与え、反逆罪で有罪となり、死刑に処せられるか、または5年以上投獄され、このタイトルの下で10,000ドル以上の罰金を科され、米国の下でいかなる役職も持つことができない。」

内政の敵に降伏したため、宣誓を行った被申立人が公職に就くことができないという裁判所の判決は、そのような公職の解任なしには何の意味もありません。

SCOTUS は、Brunson の場合、すべての回答者をオフィスから解任する権限を持っています。アダムとテリー、あなたが記事で言ったことは事実ではありません。

5. 戦争権限の下で (自分で調べてください) SCOTUS は、ブランソンのケースの下で、回答者をオフィスから解任ケースを完全に裁定して戦争を終わらせる権限を持っています。

アダムとテリー、アメリカとの戦争を止める立場にあり、それを拒否する者は誰でも、つまり誰でも反逆罪で有罪になるというのは単純な結論ではありませんか? 考えてみてください!

現時点では、あなたの話がいかに虚偽であるかを指摘し続ける必要はありません。

私が指摘したことは、あなたがそのような記事を作成するのを止めるのに十分だと思います。

申し立てを撤回することをお勧めします。

あなたは、正義と自由の名の下にブランソンの訴訟を強力に推進し、SCOTUS が合衆国憲法の敵に援助と慰めを与え、この戦争を終結させたとして被告人を解任することを祈るべきです。

どちら側ですか?

デロン・ブランソン

(引用先:2023 年 1 月 6 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:ブランソン氏は、裁判規則11、12の反逆罪の適用と選挙不正は戦争行為に匹敵するとみなしています。

その行為の証拠を提示した訴え100件を無視した議会への違法性を説いています。

それは、議会だけでなく最高裁判所にも適用すると言っているのです。

もう、最高裁と議会は、完全にチェックメイトですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ 1月5日時点GCR最新情報と1月6日ブランソン提訴の審議は?

いよいよ、1月6日に注目のブランソン提訴の最高裁の審議が行われます。

裁判所はどのような判決を下すのでしょうか?

最高裁判所のトップ、ロバーツ裁判長はWHの管理下に置かれています。

最高裁がブランソンの請願書を受理して、388人の議員を罷免するのか、却下するのか。

どちらにしても、軍が介入できる事実ができるのです。

最後は軍事的な方法しかなかった!というべき事態が押し迫っています。

そして、トランプ大統領が復帰するシナリオは目の前に来ているようです。

Qが登場した2017年10月28日から、4年と3ヶ月が過ぎました。

この間に多くの方がQを知り、Q作戦を信じてきました。途中でQ作戦の展開の遅さに離れた人もいるでしょう。

しかし、そんな人もカムバックするようなイベントが起きようとしています。

数千年に及ぶ神と悪魔による戦争が終焉する時です。

しっかりと見届けていきたいものです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*これまでのイルミナティとQとの戦いに関連する記事はこちらです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました