デクラス機密解除!イルミナティとの戦い!光側の作戦が公開された!

イルミナティ

これまでのイルミナティとの戦いは極秘事項であった。ついに光側がイルミナティに完全勝利をしたようである。

デクラス・機密解除として、これまでの歴史を引っくり返すような事実が米軍より公表された。

光側の勢力はどのようなメンバーだったのか?

そして、その戦いはいつから開始されたのか?

その概要を紹介していきます。

この記事の文字数は13000文字を超えています。(@_@;)

一般的な記事の4倍です。(@_@;)

視聴は大変長くなりますので、2〜3分割して視聴していただくことをおすすめします。

 

引用先は、作戦の公開|マーク・ボーマン(MarkBaughman)

史上最高の戦争物語! 光が勝った!

数週間後に公開されるEBS(緊急放送)まで、「史上最大の戦争」は秘密にされてきた。 同盟は今後数週間以内に人道に対する恐ろしい犯罪を公表するだろう。

 

スポンサーリンク
  1. 光側の同盟とは?敵はだれなのか?いつから戦いは開始されたのか?
    1. 光側の同盟とは?
    2. 敵はだれなのか?そしていつから闇の歴史は始まっていたのか?
    3. アメリカも1871年より、株式会社アメリカとしてバチカンに支配されていた!
    4. 連邦通貨制度はイルミナティ(ロスチャイルド)による通貨支配だった!
  2. イルミナティの犯罪の歴史とは?
    1. これまでの世界大戦はすべてイルミナティによるものだった!
    2. 9.11テロはブッシュ・シニアを始めとした米大統領を利用した犯罪だった!
    3. アドレナクロム犯罪で多くの子供たちが人身売買されてきた!
    4. 腐敗したメディアはイルミナティに支配されていた!
  3. 光側勢力による過去5年間の主な勝利の戦いとは!
  4. イルミナティ13血族の陥落・1日で1血族をすべて陥落する作戦が成功
    1. 地下施設破壊の作戦・米軍200人が犠牲となった!
    2. ノートル・ダム寺院の火災は600人の子供を守る作戦だった!
    3. 2020年大統領選挙は選挙詐欺犯罪をあぶり出す作戦だった!
    4. 核爆弾フットボールをバイデンには持たせなかった!
    5. カナダに進行したCCP軍隊の封じ込み作戦!
    6. 2021年3月スエズ運河挫傷のエバグリーン号から子供を救出!
    7. COV○D-19の危機をEBSで知らせる作戦がまもなく開始
  5. 近未来に起きること・・・
    1. EBS世界緊急放送は数ヶ月以内に起こると言及
    2. 今後の地球の向かう世界について・・・
  6. まとめ・・・デクラス機密解除!イルミナティとの戦い!光側の作戦が公開された!
    1. 関連

光側の同盟とは?敵はだれなのか?いつから戦いは開始されたのか?

光側の勢力は、Qという組織から始まっていいる。

Qは、JFK大統領自身であり、Qメンバーは軍部の同士を中心としたメンバーである。

その中には、平和を愛する一般人も含まれている。

(作戦の公開|マーク・ボーマンより抜粋)

光側の同盟とは?

(ネサラゲサラ法に裏付けられ209カ国が賛同したシナリオがある)

強力な同盟は17カ国の軍隊で構成されており、2015年に世界209カ国が署名し、NESARA/GESARA法(グローバル経済改革法)に裏打ちされています。

ネサラゲサラについては👇の記事を参照願います。

この記事は、最も視聴されている記事です。

ネサラゲサラとは?いつ発動?デマか嘘か?日本版ジェサラを簡単解説

 

(Qアノンと光側勢力の公表である)

歴史の年表に戻ると、1960年代にJFKは連邦準備制度理事会を解散しようとして殺され、ディープステートは彼を暗殺した。

資金管理が彼らの主な武器だ。 ノートや厚いノートがあり、同盟はカバルを倒すための正確なシナリオを持っています。

しかし、それは9.11の偽旗以来、好調だった。

その計画はその間に発展した。

同盟は1920年代にハワード·ヒューズとニコラ·テスラにさかのぼります。

Qチームは1960年代にJFKによって結成され、彼の暗殺後、200人の米将軍と提督が同盟と提携し、デープステート(深い国家)カバルを倒す計画を開始した。

製作から60年が経ち、現在の計画は軍の助けを借りて作成·修正され、将来のタイムラインシナリオに量子コンピュータを使用している。

200人の忠実な将軍から成るQanonグループは、アメリカ人が社会主義に乗っ取られることを市民に心配させた。

9月11日以降、Qグループはディープステートがそれを打ち消そうとしても、そこで勝利する計画を立てている。

*解説:Qアノンのメンバーをこれだけはっきりと公表した記事はありません。

光側勢力がイルミナティとの戦いに完全勝利したのでしょう。

*Qアノンについての記事は👇を参照願います。

マイケル・ジャクソン、エルビス・プレスリー、ダイアナ妃もメンバーです。(*^。^*)

Qアノンとは誰か?トランプと関係は?Q作戦の目的とメンバーが公表

 

敵はだれなのか?そしていつから闇の歴史は始まっていたのか?

 

この敵は1700年代以降、ローマ帝国の拡張と呼ばれる秘密の悪魔社会だ。

カトリック教会、 多くの人がそれをディープステート、つまり今日のカバルと呼んでいます。

なぜなら、彼らは地球上の全ての人を支配し続けるために、人々、教会、政府に賄賂を贈ったり、脅したり、殺したり、強奪したりしたからです。

世界の不均衡な金融統計に関する多くの記事が公開記事で、上位1%が世界の富の60%を支配していると述べている。

超金持ちの0.1%が富の99.9%を支配しており、そのほとんどが世界中の足元約3、5、10キロにあるトンネルや地下D.U.M.B.(ディープ·アンダーグラウンド·ミリタリー·ベース)に隠れていることを皆に知らせるつもりです。

*解説:敵の勢力はイルミナティであり、カバル(ディープステート)とも言われている。

スイスのシェルバーン族を頂点に、ロスチャイルド、ロックフェラーという財閥、そしてバチカンの教皇、イギリスの王族が含まれている。

地下施設をつくり、そこで、犯罪を積み重ねていたのである。

その歴史は、今から1700年も前から、行われていたというのである。

イルミナティについ、知りたいかは👇記事を参照すると理解できると思います。

(*^。^*)

イルミナティDSとは何か?わかりやすく説明!日本の黒幕・逮捕者は?

 

アメリカも1871年より、株式会社アメリカとしてバチカンに支配されていた!

 

この「史上最大の戦争」は、ある国の浜辺を襲って奪還する戦争とは全く違うことをご理解ください。

これは情報と浸透の戦争です

この戦争は一般大衆にも秘密です。

彼らは裏部屋での取引、お金、脅迫、殺人を全て使って悪の意志を貫いた。

しかし、世界中の善良な人々が立ち上がって、この惑星をあらゆる悪から解放するという神の意志は何百万年も計画されていた。

神様が人類を永遠に守るように、闇は光に変わるだろう。

神の最も偉大な法則の一つは、ほとんどの人類にとって、私たちはあらゆる源から嘘をつき、彼らに隷属させ、多くの国で自由があると思わせることです。

しかし、私たちはそうではありませんでした。

アメリカでさえ。

なぜなら、私たちの偉大な憲法でさえ1871年に奪われ、地球上の全ての国と同様にバチカンによって法人化され、所有されたからです。

*解説:アメリカも1871年に株式会社として、バチカンに支配されていたというのである。

通貨発行権を奪取されて、1871年、既に国際銀行団によって買収されていた米国議会は、アメリカ共和国とは別の法制度を持つ「ワシントンD.C.」(ワシントン・コロンビア特別区)という 、たった100平方マイル(一辺10マイル=16㎞)の特区に新たな連邦政府を形成する法案を可決させた。

*さらに詳しく、知りたいかは👇の記事を参照してみてください。(*^。^*)

アメリカ共和国とは?株式会社アメリカとは?アメリカの隠された真実

 

連邦通貨制度はイルミナティ(ロスチャイルド)による通貨支配だった!

 

ロスチャイルドが所有し、アメリカ政府の一部ではない「連邦準備制度」です。

連邦政府は1913年に賄賂を受け取り、イルミナチイによってアメリカのお金を支配するために現存する人々に奪われた。

タイタニック号は連邦準備制度理事会(FRB)に対する反対派を創設したために撃沈された。

したがって、ロスチャイルドとイルミネナチティは、米国通貨の印刷とそれがどのように作成され、どのように使用されるかを制御した。

*解説:有名なタイタニック号の沈没は氷山にぶつかったのではなく、ミサイル攻撃だった。

連邦準備制度に反対する人物が数人乗船していたのである。

このことは、隠蔽されてきたようである。

 

スポンサーリンク

イルミナティの犯罪の歴史とは?

これまでの、歴史とは異なる真実の犯罪をいくつか紹介していきます。

 

これまでの世界大戦はすべてイルミナティによるものだった!

南北戦争を含む全ての戦争はイルミナチティによって引き起こされ、イルミナチイのメンバーが3度の世界大戦を予測したことを伝える。

解説:すべての戦争がイルミナティの仕掛けた戦争である。びっくりですね。

これまでの、歴史は意味がありませんね。

第三次世界大戦は、今起きている、偽インフルエンザとワク○ン情報戦争を指しているのです。

 

9.11テロはブッシュ・シニアを始めとした米大統領を利用した犯罪だった!

 ブッシュ大統領、CIA、イスラエルのモサド、そしてツインタワーの所有者自身によって作られた9.11の偽旗と呼ぶことができる。

CIAやイリュミナチティの入札に雇われた偽のテロ犯には6兆ドル以上が費やされ爆弾や銃を持った数人を見つけなければなりませんでした。

*解説:9.11テロ犯たちは、偽装であり飛行機はビルに突っ込んでいない。

テロ犯に費やした6兆ドル(600兆円)は途方もない金額である。

その後、アフガニスタンへ米軍が進行して武器を浪費させて、軍事産業複合たが利益を貪ったのである。

許せない犯罪です。

 

アドレナクロム犯罪で多くの子供たちが人身売買されてきた!

つらい事実として、アドレノクロム犯罪があります。

これまでのイルミナティは悪魔崇拝を信仰しており、12歳以下の子供を虐待し、その恐怖から、脳からアドレナリンが血液中に分泌される。

その酸化物であるアドレノクロムをレイプし殺害した子供から抽出して飲んでいたのである。

アドレノクロムを接種することにより、若返りの効果や麻薬のような光悦感にひたれることを目的としてきたのである。

日本の赤十字、デズニーランド、こどもの国などが、人身売買に関わってきたのである。

世界で行方不明になる子供たちは、年間800万人にも及ぶというのである。

世界中に人身売買に関わる組織と施設が出来上がっていたのである。

以下、記事から抜粋します。

人身売買、小児性愛、アドレノクロムに関する本当に悲しいニュースとそれがどこから来ているのかを伝えるために。

この惑星には大きな悪がありました。カトリック教会や悪魔崇拝による子どもの犠牲とアドレノクロームと呼ばれる化学物質のために子どもたちを殺しました。

ここが私たちが地球上で最高の利益を得てアドレノクロムという麻薬を売っている場所です。

アドレノクロムは子供の血液から作られ、若いほど良い特性を持っている。

アドレナリン色素を作るために、子どもたちは電気ショックを受けてアドレナリンを高くし、その後、大量の幹細胞で血液を抽出するために子どもたちを殺します。

アドレナリンが豊富な血液と人間の幹細胞は、飲酒者の若さを維持するだろう。

worldundercover.comの引用より:「アドレノクロームとは正確には何ですか? 科学的に言えば、アドレナリン(エピネフリンとも呼ばれる)が酸化する時に人体で生成される化学物質です。

化学物質はどのように抽出されますか。

潜在的な被害者は恐怖に震え、彼らの体に流れるアドレナリンの量を増加させる。

その後、彼らは殺され、首の後ろと脊柱の根元から注射器と注射器で副腎色素が採取されます。

いったん回収すれば、闇市で法外な値段で売れる」と話した。

地球上の隠された現実の出来事は年間、600万から800万人の子どもたちがアドレノクローム処理に連れて行かれるのです。

これは純粋な悪です。 それはこの惑星には見えないところに存在した。

強力な同盟は2021年9月までに全てを停止した。 

小児性愛は多くのディープステートの犯罪者にとって普通のことだ。

これはハリウッドの多くの人々、世界中の政治家、さらには王室の多くと何ら変わらない。 エプスタイン島はその証拠となるでしょう。

 

*解説:信じられない話ですが、世界中で人身売買とアドレノクロムの摂取犯罪が行われていたのです。

日本でも、芸能人を中心に使用されていた。

志村けんさんがアドレノクロムの販売に関わっていたという噂は有名です。

良い情報として、人身売買犯罪組織はすべて、停止したということなので安心しました。

 

気になる方は、👇の記事を参照してみてください。

アドレノクロムとは?その効果とは・芸能人が利用してあざは副作用?

 

アドレノクロムとは?芸能人も愛用!元締めは志村けんさんはデマか?

 

腐敗したメディアはイルミナティに支配されていた!

 9月11日以降、Qグループはディープステートがそれを打ち消そうとしても、そこで勝利する計画を立てている。

CIAが1950年代に作ったモッキンバード作戦を理解してください。

ディープステートはメインストリームメディアと主要インターネット企業の90%を支配している。

共和党がフェイク·ニュース·メディアで保守的な共和党員からイメージ、評判、心を徐々に破壊したことを知っている。

ディープステート・マフィア・メディアは2017年10月から2020年12月まで4チャンまたは8チャンに掲載された「Q」ドロップに続くQアノングループにも同じことをした。

人々は理解する必要がある。

これは偽りのニュースを無視して、軍隊や国民に真実を知らせる方法だった。

トランプ大統領は、彼の大きな業績の一つにすぎないFAKENEWSを国民に「叫ぶ」最初の人物だった。

トランプ大統領はフェイクメディアで果てしなく攻撃された。

また、トランプ大統領は「ツイッター」を使って偽ニュースネットワークを迂回し、「腐敗した報道機関によって彼の言葉がゆがまないように」した最初の人物でもある。

*解説:テレビ、主要メディアは90%がイルミナティにより支配されていた事実である。

言論統制は、共産党、独裁政治のすることである。

イルミナティは、私達の知らないところで、密かに浸透してメディアを使い洗脳してきたのである。

 

スポンサーリンク

光側勢力による過去5年間の主な勝利の戦いとは!

(2016年米大統領選挙の勝利!)

2016年のトランプ大統領の選挙は良い面で大勝利を収めた!

トランプのアメリカの実在の人々への忠誠はディープステートにとって大きな打撃だった。 ヒラリーが勝つはずだった。

ドミニオンのコンピューターが稼働し、ディープステートはヒラリーに20%の票を振り替えることが選挙に勝つだろうと考えていた。

彼らはヒラリーが提案したのと同じ、古いくだらないことに目覚めたアメリカ人を理解していなかった。

選挙であんなに泥沼にはまったのは見たことがないし、ヒラリーが払ったから、アメリカ国民はついにそれを見抜くことができた!

*解説:2016年大統領選挙でヒラリー陣営の20%振替を見抜いて、それ以上の差をつける戦術で勝利したようである。

ここでは、触れていませんが、のちの宇宙軍の技術で敵の情報をキャッチしていたんでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

イルミナティ13血族の陥落・1日で1血族をすべて陥落する作戦が成功

13血族の陥落の作戦が公開

トランプ大統領の就任前から蛇の首を一日も早く切り落とすための軍事行動が必要であり、イルミナチイ上位13人の家門を陥落させた。

それは2016年12月24日の同時多発テロでした。

トランプ大統領が2016年11月8日に初当選したことを理解してください。

トランプ氏は2016年11月9日、世界最強のマフィア「イルミナティ」の上位13家族の没落について話し合うため、軍将官や提督と会談した。

トランプ大統領が我々の偉大な軍隊によって選ばれ、ロジャース提督は2014年に彼に会って出馬するよう説得したことを知っている。

ロジャース提督はNSAのトップだったので、トランプが清潔で腐敗していないことを知っていた。

地球の方向を決定した最初の空襲に戻る。

光(善)か闇(悪)か。

彼らはみなイタリアのヴェネツィアに住んでいた。

なぜ今がトップ一家を倒すのに絶好の時期だったのか。

この日は3日間の悪魔祭りの最後の日で、同盟は彼らがみんな家にいることを知っていた。

軍隊は静粛な儀式のクライマックスが子供を犠牲にすることだと知っていた。

その時犯罪者たちは脆弱だった。

連合軍は最高の特殊作戦チーム、デルタフォースチーム、海軍シールチームを構成し、それぞれ1つの家族の家を割り当てられた。

その夜、最高犯罪者の家族全員を倒さなければならず、作戦作業は1回も失敗しなかった。

その夜、世界の運命がこれらの作戦にかかっていた。

成功した全ての作戦は素晴らしいファッションです。

その素晴らしい作戦の一部だった軍隊に感謝します。

*解説:イルミナティの支配者を1日に同時に決行する。そうでなければ、気づいたイルミナティが暴れることは十分考えられます。

そこで、13血族を同時に陥落させた作戦は見事ですね。

それも、大統領就任式の前の頃から取り組む先手必勝の作戦だったわけです。

 

地下施設破壊の作戦・米軍200人が犠牲となった!

世界中のダムには地下施設が出来上がっている。その施設を破壊してきた。

世界には3500マイル以上のダムがあり、大部分の主要D.U.M.B.を結ぶ照明によって建設されたトンネルには1万マイルのマブレブ列車があり、子ども、人々、麻薬、アドレナクロムの密売も行われています。

強力な同盟は1980年代からトンネルとDUMBを撤去してきたが、トランプ大統領が初めて就任して以来、本当に推進されている。

ジーン・ディコード(Gene Decode)は、トンネルの進行状況とD.U.M.B.の世界的な進行状況を、世界中で約3、5、10kmの地震パターンによって私たち全員に知らせた。

彼の「デコード」はイリュミナチイとの秘密戦争についていくのにぴったりだった。

証拠は何ですか。 通常の地震ではトンネルを爆破するのに使われた戦術核では信号にP&S波があります。

武器爆発は波が一つしかない。だから違いが分かります。

彼らがまさにこの深さにいるとき、それは明らかに偽物ではない。

また、私たちは否定的な深さの地震を経験することになります。

つまり、爆発は地球の大気中にあったということです。

これは同盟国から武器によって持ち出されたイリュミナティの反重力工作物で、一旦彼らが脱出しようとしたときです。

地獄、本当の証拠は最近ギリシャの真ん中に塩水間欠泉があるということでした。

なぜなら、以前あったのは同盟軍によって撤去されたマブレフ列車トンネルだったからです。

一時、トンネルとD.U.M.B.の撤去で、連合軍はアイスランド沖の地下トンネルで約200人の特殊部隊を失った。

彼らはディープステート要員が降伏すると思っていたが、同盟軍がそこに到着すると爆弾を爆発させ、彼ら自身を含むすべての人を爆破した。

我々は彼らの大きな犠牲を尊重する必要がある。

*解説:人工地震が話題になりP波・S波について説明が多く出ています。

最近の地震の多さは、光側のトンネル調査の目的があったという説明です。

つまり、P波のない地震は人工的なもので、震源が10km以下ということが多いということです。

 

中学理科:地震(基礎) - 教科の学習

 

ノートル・ダム寺院の火災は600人の子供を守る作戦だった!

ノートル・ダム寺院の火災の真実!

ノートルダム寺院(パリの)火災の本当の理由は、復活祭の週末に起ころうとしていた子どもの犠牲を止めるためだった。

同盟は中の人たちに貴重品を出せと警告し、復活祭の日曜日の5日前、宇宙衛星のDEW(ダイレクトエネルギー兵器)や米空軍のTR3B反重力機で衝突した。

これは2019年4月15日に起こり、イルミナチイとの秘密戦争で大きな勝利を収めた。

これは、バチカンへの警告であり、全ての子どもの犠牲を止めるようにというものだった。

*解説:教会もイルミナティに支配されて、子供たちが犠牲になっていた。恐ろしい真実です。

このことは、世界緊急放送でも証されることでしょう。

2020年大統領選挙は選挙詐欺犯罪をあぶり出す作戦だった!

まもなく、選挙詐欺が証明されてトランプ大統領が復活する。

バイデンは2020年の選挙で勝利しなかった。

トランプと同盟が何十年もこのようなことをしてきた人々を逮捕するだけでなく、二度とそれを許さない大きな詐欺だった。

これはアメリカ国民と世界に明らかにするためです。

なぜなら、それはどの国でも永遠に続いているからです。

私たちが知っているトランプ大統領は過半数を獲得したが、実際の投票の80.4%を獲得し、QVS(Quantum Vote System)も監視している。

これはまもなく明らかになり、トランプ大統領も壮大なスタイルで再び就任する。 EBSが切れたら。

*解説:2020大統領選挙は、外国勢力とそれに加担する政府関係者、州政府関係者をあぶり出す作戦だったのである。

それを、世界に知らしめて、世界中で詐欺が起きないための作戦でもあったのです。

Q陣営は、無駄な争いはしないで、確かな証拠を掴む。

そうすれば、世界中の人たちは真実を知ることになるからです。

そして、EBS世界緊急放送が切れたら(終了したら)、トランプ大統領は表向きにも大統領に就任すると記述されています。

いよいよですね。(*^。^*)

核爆弾フットボールをバイデンには持たせなかった!

バイデンに核やNSA・国防省へのアクセスを禁じていた!
ディープ·ステートはバイデンが就任を許されなければ、スーツケース型戦術核兵器6基で脅す。
同盟はバイデンが核サッカー(核兵器管理スーツケース)を持つことを許さずNSAや国防総省から国防総省や情報機関へのアクセスも許さなかった。
ジーン·デコードは2021年9月初め、連合軍がカバル戦術核兵器を統制していることを明らかにした。
国防総省は2021年9月21日、「11個のカバル核を発見し、武装解除し、カバルが逮捕を防ぐためのレバレッジとして使用した」と発表した。
ディープ·ステート·ラットにとって、正義と逮捕を持ち込み、この卑劣な者たちに特殊部隊を降らせろ!
わが国の憲法には、いわゆる新大統領への転向が合法で合法であることを確認する方法があり、軍隊は国を乗っ取らなければならず、2021年3月6日までに大規模な投票詐欺があったと判断し、国防総省は2021年3月11日にトランプ大統領を最高司令官に復帰させた。

*解説:やはり、トランプ大統領が3月11日より復帰していた。という情報です。

そうでなければ、9月25日のジョージア州のラリーにもエアフォース1で到着することがおかしいですね。(^o^)

 

カナダに進行したCCP軍隊の封じ込み作戦!

2021年1月〜2月にCCP(中国共産党)がカナダ、メキシコ沖に駐留していた情報がありました。

それは、バイデン政権になったら戦争を勃発させるCCPを封じ込めていた。

トランプは今やアメリカ軍を支配している。
アシュタル: 彼らは世界中に基地を設置しようとしますが、それは許されません」
2021年1月から2月にかけて、CCPはカナダに軍隊を駐留させ、バイデンが就任した後、メキシコ国境はアメリカに侵攻したとされる。
CCPはオクラホマ州にも軍隊を配置するために土地を購入していた。
同盟は、CCP軍がニューヨーク州の地下トンネルを通ってペンシルベニア州で情報を受け取ったとき、彼らを「連れ出す」という彼らの脅しを成功させた。
最初の2万5000人の中国軍は地下D.U.M.B.でバンカーバスター爆弾を発射したF-16によって持ち出された。
F-16は反撃を受け、解放後ミシガン州上空を飛行中だったが、ミシガン州北部のどこかでパイロットが安全地帯に避難した。
5万人の兵力が投入されたD.U.M.B.はトンネルが深く、軍は爆発装置を使わずに最大10キロ下まで貫通できる「タングステン鋼電柱型発射体」である衛星から発射された「神の竿」を使用し、広い地域を破壊するのに十分な衝撃を与えた。
メキシコ国境とカナダの中国軍は、数カ月前に同盟軍によって面倒を見られてきた。
*解説:表には出ない情報として、カナダとメキシコに配備されていた75000人もの中国軍を米軍は封じ込めていた。恐ろしい情報です。
これも、宇宙軍という衛星からの攻撃もできる米軍だからできる作戦だったようです。

2021年3月スエズ運河挫傷のエバグリーン号から子供を救出!

エバグリーン号から核とバイオ兵器、子供を救出成功!

2021年3月、スエズ運河に停泊したエバーギブン船は同盟の主要勝利だった。

強力な同盟は目的地に向かう多くのことを阻止した。

大量破壊兵器(核兵器とバイオ兵器)、アドレノクローム、ワクチンに使用する胎児組織、そして船のコンテナの中の生きている子どもたち。

すべてのコンテナは連合特殊部隊によって船上で捜索された。

スエズ運河に閉じ込められたエバーグリーン号は、児童人身売買など多くのことを明らかにするためにそこに閉じ込められた。

コンテナの中のその船には1245人以上の子供たちが救助された。 コンテナの中でも約1200人の子どもたちが遺体で発見された。

EBSが活性化すればテレビで10日間の真実が明らかになり誰もが児童人身売買や人道に対する犯罪について学ぶことになるのです。邪悪で現実的です 。

同盟特殊部隊はディープステート貨物を捜索し、阻止するのに使われてきた。

クリントン夫妻はエバーグリーン·シップラインの一部所有者だったからだ。

*解説:エバグリーンがスエズ運河を封鎖した。一時は大きなニュースになりました。

これも、光側の作戦だったのです。

1200人もの子供が遺体で発見されたのにニュースにならない。

これも、他に収監されている世界中の子供が犠牲にならない配慮であったのかもしてません。

 

エバグリーンの記事について当時を知りたい方は👇の記事を視聴ねがいます。

ヒラリーコードネーム・エバーグリーンから子供救助!人身売買の証拠

 

COV○D-19の危機をEBSで知らせる作戦がまもなく開始

EBSにより、パンデミックについて事実が公表される。

イリュミナティに対する最後の大きな推進は偽のC○VID-19危機を引き起こし世界中の5億人の人口を削減するという目標で全員に予防接種を受けさせ、最終的なコントロール推進をさせることでした 。

これは彼らの顔に爆発するだろう。

EBSはCovid-19について全て明らかにし、多くの医師、看護師、実際の研究者は記事やビデオでインターネット上に多くの情報を持っている。

簡単に言えば、Covid-19は細菌であり、イベルメクチンまたはHCQ、ハイドロクロラキンで簡単に治療できる。

また、ワクチンは毒で、体内には有害な化学物質が多く含まれていて、ゆっくりと殺され、接種が増えれば増えるほど死に近い

ワクチンではないこの「実験化学ミックス」を

推進する医療従事者は、将来、国際ニュルンブルク2.0裁判所制度によって起訴されることを知っておいてください。

*解説:世界中をパニックにしているCovid19についても、世界緊急放送で事実が公表されるという。

急いでほしいですね。

ワクチン摂取者の救済方法も示されると良いですね。(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

近未来に起きること・・・

作戦の公開|マーク・ボーマンは、これからの近未来に起きうることについても記述されています。

早速、紹介します。

 

EBS世界緊急放送は数ヶ月以内に起こると言及

EBSは今後数週間か数カ月以内に起こり、世界中でディープステートラットの最終的な撃墜が行われる。

リン·ウッドがあなたの家族のために3~4週間の食事を用意すべきだと発表した理由です。

連合軍は宇宙軍の武器を使って都市部の電気、携帯電話、インターネットを「停電」し、連合軍は2週間でも完全停電を使ってそれらを洗い流し、逃走中に捕らえたり、停電を維持し、軍事隔離区域内の隠れ家まで追跡したりする。

同盟は彼らが誰なのかすでに知っている。 理解してください。

田舎や小さな町など、カバルのメンバーがほとんどいない地域では、おそらくサービスが中断されることはないでしょう。

*解説:EBS開始が数ヶ月以内に起きるが、カバルのいないところでは停電などは起きないと話しています。

つまり、カバルの一斉逮捕があるのでしょう。

EBS放送により、自分の資産を独占したり、没収、逮捕を恐れての犯罪が起きないように短時間で逮捕をするためなのでしょう。

 

今後の地球の向かう世界について・・・

今後、3〜6週間後に大覚醒が始まる。

それは、人道主義の地球の再建と封印されたテクノロシーを開放して、飢え、貧困からの開放を導くことである。

新地球とその方向性のために、人道主義者は地球を再建し、隠された技術で地球を再建し、飢え、貧困、住居のない人も子どもも傷つかないようにするでしょう。
私たちはゼロ点エネルギーでそれを行います。
自由エネルギー、水素または電気ケア、食品複製機、反重力技術、そして体のすべての栄養素を固定するクラウンジュエルベッドまたは天上室です。
誰も地球上に取り残されることはなく、この偉大な人類の地球の富と豊かさを全て共有するだろう。
この惑星の最初の主要な変遷は、今後3~6週間以内に多元的に発生するだろうが、正確な時期は分からない。 私たちはこれが人類にとって重要な変化であることを知っている。
創造主の声明、人道に対する罪と子どもに対する罪は「十分だ」と引用している。
神はいつも闇に勝つから、地球上の「史上最大の戦争」はこの世の悪である闇に対する光の勝利である。
今後数週間から数カ月以内に、EBSはディープステートの人道に対する罪を明らかにし、人類は悲しみの涙を流すだろう。 これが「大覚醒」になると思います。

 

*解説:大覚醒は3〜6週間以内に始まるとの情報です。

いよいよ始まるようです。

イルミナティは排除されています。

残りは、メディアとその利権に関係する人の反対です。

それも、EBS世界緊急放送が始まれば、変化するでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・デクラス機密解除!イルミナティとの戦い!光側の作戦が公開された!

大変長い記事を最後までご視聴いただきありがとうございます。

最後まで読まれた読者様は、きっと、ライトワーカーなのでしょう。

EBSが開始したら、多くの人が思考がパニックになると思います。

身近な人をみなさんが正しく導いて行くことになるでしょう。

私は40年前にJFK暗殺の違和感から、世界情勢の本を読み漁りました。そこで学んだのは、お金の流れです。

事件や戦争、株の暴落、大地震が起きた時に、誰が得をしたのか観察すると正体が見えてきます。

原因があって結果がある。

陰謀も目的(利権、支配欲求)が本質です。

今後も新情報を紹介していきますので、よろしくお願いします。m(__)m

 

 

タイトルとURLをコピーしました