ワシントン停電は逮捕の実行か?デクラス(機密解除)いつ始まる?

国際

2020年年末より、いくつかの情報で機密解除が開示されるという情報が噂されています。

 

そして、デクラスはいつ開示されるのか?話題となっています。

 

そんな中、125日午前3時から6時の間にホワイトハウス周辺のワシントンDCで停電が発生しました。大量逮捕が行われたとの噂もでています。

 

いくつかの情報の中には・・・逮捕は行われた!との情報もあります。

 

2月2日までに発信のあった情報を精査して解説します。

(引用:黄色いベストと日本・世界革命 米軍はホワイトハウスで議会を逮捕した

ホワイトハウスで全員が逮捕された、その後すぐにそれを祝うように花火があげられ、現在ホワイトハウスは閉鎖されているという情報は本当だったようです。

Twitterでも多くのツイートが発生しています。 一部のTwitterを紹介。

スポンサーリンク

米軍はホワイトハウスで議会を逮捕した!は真実か?

1月25日深夜に何が起きていた!

<ジュディ・バイイントンのリポート:BeforeIt’sNews>によれば、

以下のような記事が掲載されています。

 

 米国のマーシャルとして行動する4,000人の副国家警備隊兵士を含む特殊作戦(SOF)部隊は、議会の67%を起訴するか、逮捕しようとしていました。

 

月曜日の初め125日午前3時から6時の間、軍用バン、バス、パトカー、そして多数の警察と軍隊が、停電したホワイトハウスで非常に忙しかった。

 

ホワイトハウスの全員が逮捕されたのを見た」と、名前のない人物が以下の2つのビデオのいずれかを実行していると宣言しました。 https://youtu.be/ywfXNGNvvuU 

 

*解説:25日の深夜には停電が発生し、たくさんのバスが来て逮捕者が護送されたとの情報が流れました。

 

その後、その逮捕を否定する情報はなく、逆に逮捕を裏付ける情報が増えてきています。

 

花火はバーチャル?と報道もありましたが、軍サイドによる逮捕終了との打ち上げとの発信もありました。

 

以上の事から逮捕は真実であるように感じませんか?(°▽°)

アメリカは1月9日より戒厳令が敷かれ軍事政権に移行していた!

<ジュディ・バイイントンのリポート:BeforeIt’sNews>

 大手マスメディアはそれを報告することを拒否したが、米国は土曜日月9日から戒厳令の下で機能している。

 

暫定軍事米国政府が実際に米国を運営しており、彼らはバイデン大統領を反逆的な代理人と見なしていました。

 

ジョー・バイデンの就任の数日前、そして2020年の大統領選挙での外国の干渉のために、

 

トランプは反乱法を扇動し、戒厳令を宣言し、彼の権力を米軍に委ねました。

*解説:トランプ元大統領は、騒ぎを大きくして二次災害による被害を防止するために、

意図的に公式の報道はしなかったのだと思われます。

 

その裏付けとして、メディアニュースでも軍部はバイデン政権への政権業務引き継ぎを拒否していました。

 

<バイデン政権を拒否している組織は以下です>

逮捕者の規模は? その情報は・・・

<ジュディ・バイイントンのリポート:BeforeIt’sNews>

 125日午前3時から6時の間に、ホワイトハウス周辺のワシントンDCで停電が発生しました。

 

現場で録画された2つの別々のビデオによると、警察と米軍は暗闇のいたるところにいた。

 

軍用バン、バス、パトカーがホワイトハウスに引き上げられ、

乗客を乗せ、道路を下りて橋を渡った後、何台かのバンが空に戻って繰り返しました。 

 

マスタング・メディックの録音では、

多くのバスとバンが国会議事堂の敷地に入ることが示されました。

何人かの人々が車から降りて、警備員にIDを見せてから、敷地内に歩いていくテープが貼られました。

帰ってきたマッカーサーJrさんより引用

逮捕と思われる一般者の投稿です。

<大量のバス>

 

それが終わって、花火が空を照らしました。

地上の人々からの報告によると、その日遅くまでにホワイトハウスは閉鎖され、現在の状態のままでした。

 

スポンサーリンク

デクラス(機密解除)はいつ? すでに始まっているかの情報が・・・

1月5日のワシントンDCの大量逮捕者が出たとすると・・・・

逮捕するには、逮捕の根拠となる逮捕状に準ずる令状が必要です。

 

とすると、アメリカ選挙に外国勢力が加担し、そのことに関連する逮捕者の罪状の証拠が必要です。

 

その証拠となる情報が少しづつ開示されている予感がします。

 

デクラスの一部らしき情報!逮捕者200人以上のリストが・・・

黄色いベストと日本・世界革命によると以下の記事が掲載されています。(°▽°)

 

逮捕・処刑者のリストです。

<起訴、逮捕、処刑のリスト–ディープステートの工作員とダブルスの解体>

E2438F4A-AF6F-4364-8BB9-2C488757B4C6

*具体的なリストは以下に記されています。

驚きは、260人もの名前と逮捕・審議などの経過が記載されています。

 

こちらの信憑性は今後調べていきます。参考としておいてください。

バラク・オバマ、ビルクリントン、

ヒラリー・クリントン、ナンシー・ペロシ、

マイク・ペンス、ビル・ゲイツ、

ジョージ・ブッシュ、ジェフ・ペゾス

などの著名人が名を連ねています。

リストは以下です。

1E87B7DC-18D9-4247-AD91-038562A8DCEA
E08C15E3-0F3A-4171-BD2D-4178B75EC2F2
8D9B9E18-5246-4C02-918F-A375AC1BD3FA
E690B467-7692-49B2-BCE8-93E4A647A3B5
3314BB75-3554-4732-A39F-00DAF482E2AD
AD8538F4-B21B-4D6F-90EA-AE7221BB47FF

 

大統領選挙はトランプ陣営&アースアライアンスによるおとり捜査!

<引用:トランプ/アライアンスのおとり捜査:2020年の大統領選挙>

 2020年の大統領選挙は、トランプと同盟による巨大なスティング作戦として設立され、

 

中国、ベネズエラ、その他の国の共産党政権と協力して米国政府を乗っ取ろうとしていたカバル影の政府民主党主導の軍隊を捕まえました。

 

そして、新世界秩序をもたらすための自由世界。

 

選挙直前の202010月中国共産党は、私たち自身のCIAの助けを借りて、

バチカンが資金を提供し、イタリアの衛星の助けを借りて、

  2020年の選挙の戦場の州でトランプの投票をバイデンに変更するドミニオン投票機ソフトウェアを購入しました。

*解説:このレポートは、選挙を意図的に操作したとする、具体的な状況をレポートしています。

このような情報は、捜査をした当事者による意図的なリークによるものではないでしょうか?

つまり、NSA関係者または軍部による意図的な情報の開示ではないでしょうか?

すでに、デクラスは始まっているのでは・・・

スポンサーリンク

まとめ・・・ワシントン停電は逮捕の実行か?デクラス(機密解除)いつ始まる?

いかがでしょうか?

刻々と情報が流れてきています。(・Д・)

 

デクラス(機密解除)のされ方は、緊急放送で流されるという情報がありましたが、

少しづつ、いろいろな場所から流されてきているように思います。

 

読者の皆様はどのように感じますか?(╹◡╹)

 

どうせ、陰謀論じゃないの? (//∇//)

 

都市伝説でしょ!(≧∇≦)

 

と思われる方はそれで良いと思います。

 

現在のバイデン大統領は別人との情報もあります。

そして、ホワイトハウスは閉鎖されているようですね。

( ´∀`)

 

ここから、可能性として考えられる真実はなんでしょうか?(╹◡╹)♡

これからも・・・考えていきませんか?

 

今後も最新情報を分析しながら、精査して記事にしていきます。

ご視聴ありがとうございました。m(._.)m

 

タイトルとURLをコピーしました