バイデン訪日の成果とは?サル痘のパンデミックと今後のイベント情報

DS日本

5月24日バイデン大統領は、22日からの訪日を終え横田基地より帰路に就いた。訪日での大きな話題は、台湾での軍事的な危機に米国の介入を宣言したことでしょう。

しかし、米国防省はバイデン大統領の発言を撤回している。

この相違の意図とは?

また、3日間の沈黙からインテル情報が再開した。

ジュディノートの5月24日版では、前日の中国共産党による米国海岸線への核ミサイル配備について、速報で米軍がCCPミサイルを武装解除したと報じた。

新たに、ダボスグループによる新たなパンデミック(世界的流行)の陰謀が報じられた。

5月20日から始まっている、GCRの公表のイベントから次のイベントへ移行しているようである。

バイデン大統領の台湾政策へ軍事的支援発言の意図は?

CCP米国沿岸配備の武装解除の情報は?

ダボスグループの最後の陰謀・サル痘とは?

次なるイベントの情報とは?

最新情報を紹介します。

 

*ライトワーカー・サポートブログの視聴ありがとうございます。

チュウタです。

世界のSNS情報の中から、ソース元がわかる情報を精査して記事を書いています。

視聴者の皆様が読みやすように、注釈を挿入し解説しています。 

 

(バイデン大統領の台湾危機での米国支援の失言)

 

スポンサーリンク

バイデン大統領の台湾政策へ軍事的支援発言の意図は?

まず、前提として、バイデン大統領はホワイトハットにコントロールされている。ということで話をしていきます。

今回の訪日の目的は、日本の国民の意識は、DS政府を中心としたメディアによる統制が続いている。

バイデン大統領の発言と米国防省の食い違いの情報を紹介します。

 

(バイデン大統領の台湾危機での米国介入の発言)

(米国、国防省の声明)

(バイデン発言を歓迎する台湾)

(バイデン大統領の台湾支援に不信感表す中国)

 

(鳩山元総理も反発の声)

*解説:バイデン大統領の台湾危機をめぐっての、有事の場合は米国が介入という発言をした目的は何でしょうか?

今、世界のDSのTOPにいる勢力はどこでしょうか?

国家的には、中国共産党がDS勢力を国家として運営しているのです。

その中国の反発を買う言動をすることで、日本の政治家やメディア勢力を分別することができます。

そして、日本の国民の意識を目覚めさせる意味もあることでしょう。

日本のDSの逮捕はこれからが本番と言われています。日本が最後になるというホワイトハッット側の話もありました。

これから、メディアやSNSで台湾への米国の介入論が話題になるでしょう。

  

スポンサーリンク

CCPによる米国沿岸配備の核ミサイルの武装解除の情報は?

5月24日のジュディノートでは、速報で、CCPによる米国沿岸への核ミサイル配備の情報が発信されました。

その数時間後に、その核ミサイルや数百を超えるコンテナに積載された弾頭が米軍により、武装解除されたというのです。

その概要を紹介します。

(以下 ジュディノート5月24日版より 抜粋)

復元された共和国:

たった今:

現在、ホワイトハットは中国共産党によって全米に埋め込まれていた何千もの核巡航ミサイルを武装解除していました。

世界的な金融とインターネットの崩壊、食糧、燃料、商品の不足が差し迫っていた

中国共産党は、バイデンとニューサムの助けを借りて、米国の侵略に備えていた。

中国のトップウォー将軍の会議からリークされた音声は、人民解放軍(PLA)によって行われ、サイバー戦争、軌道宇宙兵器、および現在企業や政府に組み込まれているCCP民間人の活性化によって強化された土地侵略の精巧な計画を明らかにしました世界。

 

4つの核巡航ミサイルを含む何千もの輸送コンテナがそれぞれ米国中に駐車されており、明らかにホワイトハットが世話をしてきました

ペリカンを7分で投影します。マーク:https ://www.greatnewsreport.com/igp5-00193-shipping-container-nukes/?ref = 15359

(筆者注釈:上記のビデオには10m30sからコンテナに積載されたミサイルの画像があります。)

(引用先:2022年5月24日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:映像にはコンテナにミサイルが4基積載されて、天井が開き、そのまま発射できる構造になっているようです。恐ろしいことです。

個のミサイルの武装解除作戦を米軍はしていたようです。

この情報も、やがて、表のメディアで流れる日が来ると思われます。

これだけの、準備は、相当な計画と資金が無ければできません。大がかりな作戦だったと思います。

もし、2016年の大統領選挙でヒラリー・クリントンが大統領になっていたら、米国は核戦争に巻き込まれたことでしょう。

(ヒラリー・クリントンがニューヨークポスト紙の1面を飾る5月20日)

 

スポンサーリンク

ダボスグループの最後の陰謀・さる痘とは?

ジュディ・ノートだけでなく、いろんなインテル情報で、さる痘についての情報が激増しています。

Covid19の失敗により、新たな作戦が展開される為の会議が5月22日より開かれたとのことです。

その内容を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート5月24日版より 抜粋)

ドットを接続する:新世界秩序のダボスアジェンダを今後のサル痘パンデミックに

5月22〜26ブラックロック、ヴァンガード、セントラルバンキングシステム、ビッグテック、ファーマ(カバル)を統括するDAVOSグループのワールドエリートがスイスで会合を開きました。

DAVOSグループ世界保健機関が新世界秩序を実施し、軍隊とパンデミックの命令を通じて社会を完全に管理する方法について話し合います。

 

今年、数人の世界的リーダーとグローバルエリートがDAVOS会議への出席を辞退しました。A-listersがいなくても、ダボスはグローバルステージで役割を果たすことができますか?ガーディアンhttps://www.theguardian.com/business/2022/may/22/can-davos-with-no-a-listers-still-play-a-part-on-the-global-stage

 

WHO、Fauci、CabalはDAVOS Groupによって管理されており、最後のカードであるMonkeypoxPandemicをプレイしていました。

昨年、ビル・ゲイツは世界的な天然痘またはサル痘の発生について数回警告し、WHOはサル痘に数百万回分のワクチンを注文しました。

アストラゼネカやその他のワクチンには、実際にはサル痘が含まれています。

ヴァンガードとブラックロックは、Jynneosサル痘ワクチンを製造しているバイエルンノルディックの最大の株主の一部です。最大の株主は、偶然にも世界経済フォーラムと提携しているインベスコです。在庫は5月9日に急騰し始めました。

昨年、武漢研究所は、2月にInternational Journalで発表された研究報告に示されているように、サル痘を実験していました。

昨年、WHOはサル痘に数百万回分のワクチンを注文しました。アストラゼネカやその他のワクチンには、実際にはサル痘が含まれています。

 

ファイザーのCEOがピルのマイクロチップを発表:

(筆者挿入:ファイザーのCEO:ピルのマイクロチップは本物であり、間もなく登場します!

1918年の「スペイン風邪」の流行では、ワクチン接種を受けた人だけが死亡しました(そしてインフルエンザはフェイスマスクによって広がっていることがわかりました):

https ://nexusnewsfeed.com/article/health-healing/the-1918-spanish-flu-only-the-ワクチン接種-死亡-1/

(引用先:2022年5月24日現在、GCRを介して共和国を復元

(WHOは 24日の総会でテドロス事務局長の再選。任期は5年)

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は24日の総会で、テドロス事務局長の再選を決めた。WHOトップとして新型コロナウイルス感染症の世界的大流行への対応を率いたテドロス氏は2期目に入る。

任期は8月16日から5年。

WHO事務局長選の候補者届け出は昨年9月下旬に締め切られ、テドロス氏以外に候補者は出なかったため、再選は事実上決定していた。

*解説:ダボスグループは5月22日からスイスで会議を開き、サル痘のパンデミックを計画をしているという。つまり、これからサル痘感染者の脅威がメディアで流されて、ワク○ン接種へと誘導されていくようです。

慎重に判断する必要があります。

 

さらに、ダボスグループの陰謀のニュースを報じている記事がありますので↓に掲載しておきますので、興味ある方は視聴してみてください。

こちらも、インテル情報のREAL RAW NEWSの記事になります。

 

*サル痘はどんな病気なの?と疑問の方は↓の記事を参照してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

次なるイベントの情報とは?

ジュディ・ノートでは次のイベントについて、WhipLash347氏の投稿を掲載してありましたので紹介します。

(以下 ジュディ・ノート5月24日版より 抜粋)

WhipLash347、Utsava5月24日:次の日にイベントが来るのを見ます:

ビットコインと株式市場は大きな打撃を受けるだろう。

女王の死の発表後、それはBOOMBOOMBOOMになります。ドミノ効果を考えてください。

ヨーロッパでは逮捕や砂嵐や竜巻などの自然災害を含む多くのイベントが開催されます。

核の脅威に直面し、爆弾が爆発するなどの話を聞くかもしれません。

それはWW3のように聞こえます。(筆者注釈:WW3=第3次世界大戦)

私たちが待ち望んでいたこの恐怖/緊急イベントがあります。

それは彼らがショーをシャットダウンするときです。

デマやプロパガンダを恐れたり、購入したりしないでください。

すべてが面倒を見てくれます。

これらのイベントは、最後のプッシュに必要です。

*解説:これから起きるイベントは、ビットコインの暴落(BCはQFSにリンクされない)、イギリス・エリザベス女王の死の公表から一気にイベントが起きるようです。

今後は欧州が多くのイベント先になるようです。

しかし、その恐怖の出来事を恐れない事、ワク○ンなどを購入しない事と警告しています。

そして、これらのイベントは最後のプッシュの為に必要なことだということです。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・バイデン訪日の成果とは?さる痘のパンデミックと今後のイベント情報

5月19日より、インテル情報が停止している間にGCRの開始が実行された。ビッグイベントである。

5月17日に38州の憲法制定会議がワシントンDCで開催され、US Incが正式に解体が宣言され、米国共和国は元の憲法の原則に復元されました。

大きな一歩を踏み出したと言えるのではないでしょうか?

そして、バイデン大統領が21日に韓国首脳会議、22日から24日まで日本訪問。

エアフォースワンで横田基地イベント中に来航するという、前代未聞の来日である。

バイデン大統領の来日での最大の話題は、台湾危機をめぐる米国政府と見識の違を露呈するという発言である。これにより、DS国日本の中国に近い勢力を炙り出す作戦のようです。

CCP中国共産党による、米国沿岸へのコンテナミサイルの配備の解体は驚きでした。

本当にDSは第3次世界大戦で核戦争を計画していたことが証拠として立証されたのです。

今後のイベントでは、欧州が中心となるようです。トリガーはエリザベス女王の死の公表で一気に進むようです。

WHO、ダボスグループによる最後のパンデミックのサル痘がメディアで展開されていくようです。

いよいよ、これで最後のトリガーが出そろうことになりました。

JFK大統領暗殺から60年。長い年月を戦ってこられた戦士の方々に感謝の念を捧げます。

今、生きてこの大覚醒を迎えられる方は、歴史の流れを感じることで、先祖の代表者としての役割と名誉を感じることができるのではないでしょうか?

人間の可能性は3次元の殻を飛び越えて、5次元さらに多次元的に、愛というエネルギーを中心に幸せを分かち合える体験ができるのです。

肉体という仮の姿を超越した実体験ができるのです。

これから起きることを、歴史の転換という視点からじっくり見届けて、GESARA法で生まれ変わる社会を創造する可能性と生きがいを発見するチャンスタイムです。

ワクワク感がわかない方は、GESARA後の世界を想像してみてください。(・・?

所得税なし、過去に支払った違法金利は返還される、BIとして全ての人に給付金が支給される。

政治家も今の10分の1になり、志のある人に代わるのです。

何より、嫌いな上司、得意先にペコペコしなくていい。

暴力的な犯罪者はいない世界になります。

自分の好きな仕事を選択し、社会へ価値の提供ができます。

のんびりした人は好きな場所に行って暮らすことができます。

ワクワクしてきませんか~~(^。^)y-.。o○

もう少しです。

早く目覚められた、読者の皆様は、緊急放送が始まり衝撃を受ける人を癒したり、教えてあげる役割があるのだと思います。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

*GESARA後に開示されるメドベッドについてはこちらになります。

 

タイトルとURLをコピーしました