トランプ大統領復活へのファイナル・カウントダウン!最新情報は?

トランプ大統領

2022年5月15日・インテル(軍)からの情報は制限されるといった情報が出ていまた。

バイデン辞任、そして、トランプ復活、世界緊急放送(EBS)を控えてのタイミングである。

ジュディノートも5月15日は、いつもより配信時間が11時間遅れての投稿されました。

カウントダウンを示唆するような投稿もいくつか出されています。

5月14日までのハイライトニュースは?

トランプ大統領復活のカウントダウンの兆候情報とは?

について紹介します。

 

✴️インテル関連・・・5月15日の情報

昨夜から今朝にかけて、複数のインテルプロバイダー(インテルを得ている情報源)が

✅今週末は「インテル(機密情報)を公言しないように」と言われた

と語っています。😊

単に「インテル情報がありません(停滞)」と「公言しないように言われた」というのでは、意味が大きく異なります。

大切な話(情報)を得ているけれども語ってはいけないということですからね。😆

いずれにしても「米国時間15日~16日(日本時間16日~17日)」は重要な情報発信の可能性(高い)があるタイミング。

それまでは、心穏やかに過ごしておきたいと思います。🥰(今も多数の偽情報・嘘情報が存在している状況。そのようなものに流されてしまわないようにするためにも、穏やかな心は大切なポイントに)

引用先:baumさんのテレグラムより

 

(以下ジュディノート 5月15日版 序文)

土曜日 2022年5月14日
量子コンピューターが活性化した
グリーンライト
BQMBSが
デジタル戦争に突入

火曜日。2022年5月17日
ビッグニュース
日付を覚えて
…大統領Q

(引用先: ジュディノート5月15日版

2022年5月15日現在、GCRを介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

5月14日までのハイライトニュース!

5月14日までのハイライトニュースでは、5月11日にGCRは始動した。

イラクが遅れを取りましたが、今週早々にはスタートするようです。

変化があるのは、2020大統領選挙詐欺を認定した、FOXニュースが放映を拒否したという内容が記されています。

一時的な反対勢力の抵抗なのでしょうか?

内容を紹介します。

(ジュディノート5月15日版より 抜粋)

土曜日の実際のニュースのハイライト。2022年5月14日:

金に裏打ちされた中国人民元は現在、世界の準備通貨としてフィアット米ドルに取って代わっています。

木曜日にアクティブ化されたグローバル通貨リセット。5月11日。

現在、世界中のすべての銀行が世界的な通貨の変更に準拠しており、イラクはいつでも好きなときに行くことができると言われています。

今週Fox Newsは、2020年の不正選挙ドキュメンタリー「2,000ミュール」の放映を拒否したときに、他のフェイクニュースに加わりました。

ハンターバイデンの電子メールは、彼の父ジョーバイデンがウクライナで建設され利用されている兵器化されたバイオラボを知っていただけでなく、米国がそのようなラボに資金を提供することを保証したことを確認しました。

ヨーロッパ最大の銀行であるドイツ銀行は、米国の景気後退を予測しています。

今週、カナダは、Covid-19症例の入院死亡率が、3回ワクチン接種されたものの中で最も高いと報告しました。

最近の研究によると、フェイスマスクは静止しているときでも危険なレベルの二酸化炭素を呼吸することになります。

若いファイザーCOVID-19ワクチン接種者は、5か月後に感染する可能性が高くなりました。

ミシガン州の投票機の襲撃/調査とアリゾナ州の不正選挙の調査は、「2000ミュール」の不正選挙ドキュメンタリーのリリースに対する直接の反応でした。

ブリュッセルの国際共通法廷は、

教皇フランシスコ・ホルヘ・マリオ・ベルゴリオが人道に対する罪、殺人、児童虐殺、医療虐殺、司法妨害における刑事陰謀を犯し、さらに彼の犯罪を隠そうとした罪で有罪と認定しました。

教皇フランシスコは仮釈放なしで終身刑を宣告され、彼の職と資産を失いました。

彼の逮捕状が発行されました。

 

(FOX Newsに関する補足説明)

FoxNewsはFoxNewsではなくなりました。

彼らは、私たちの時代の最も偉大で最も影響力のあるドキュメンタリー「2000ミュール」を見せたり議論したりすることさえしません。

過激な左派民主党員はわくわくしています–彼らは真実が抜け出すことを望んでいません。

フォックスに何が起こったのかを見るのは気のめいる!

CNNは保守的になり、米国の歴史の中で最も大きく、最も強く、最も強力なBASEを引き継ぐ必要があります。

今、誰もCNNのフェイクニュースを見ていません。私が言うように、彼らは何を失うことになったのでしょうか。

悲しいことに、彼らは愚かすぎて変更を加えることができません!…ドナルド・トランプ

*解説:Fox Newsには、何か異変が起きて、不正選挙のドキュメンタリー映画「2000ミュール」を報道しなくなったとトランプ前大統領の嘆きのコメントが出ています。

新たな情報は、バチカン市国のフランシスコ教皇が終身刑になったということです。

この後、表のメディアに出てくるのでしょうか?

また、GCRへの切り替えについて、多くの人の抵抗があったようです。

 

次に紹介しておきます。

5月14日ニックフレミングアップデート:

停滞は、Tier4Bを交換させないようにしようとした膨大な数の人々の周りにありました。

アライアンスは、銀行家、株式と債券を持っている人々、そして状況を利用しようとして書類を偽造した他の人々を逮捕しました。

株や債券の取引について知っている人は誰でもNDAの下にあり、何が起こっているのかについては何も教えてくれません。

イエロードラゴンボンドはなくなり、EBayで販売されていた歴史的なイエロードラゴンボンドは、印刷された紙の価値がありませんでした。

すべてが行われました。すべての銀行が準拠していました。イラクは彼らが望むときにいつでも行くことができると言われました。

ビットコインは先週たくさんのお金を失いました。

株式市場とビットコインは崩壊しそうだった

資産担保証券でないものは何でも価値がありません。

*解説:GCRの実効により、これまでとは違うシステムへ移行するわけですから、抵抗も相当出ているようです。

アライアンスは、金融関係者の抵抗者を逮捕しているようです。

日本も、13日から機動隊の大型バスが、東京虎ノ門で10数台目撃されています。

関連があるのかもしれません。

(5月13日東京虎ノ門で大量の護送車が目撃されています)

 

スポンサーリンク

トランプ大統領復活へのカウントダウン情報とは?

5月15日に流れてきました、トランプ復活のカウントダウンと思える兆候の情報をいくつか紹介します。

(JFKジュニア氏のテレグラム投稿 14日PM0時 )

 

(米国上空にTHE FINAL COUNTDOWN (最後のカウントダウン)の文字が描かれた!・・・5月15日午前9:44)

 

(横浜上空を光の連合隊が走る!・・・5月15日 AM01:07)

 

(トランプ前大統領の15日のツィートは、私は世界の大統領です!・・・5月15日PM0:09)

*解説:いくつかの兆候と思える出来事を紹介しました。世界緊急放送開始への流れは、まず、バイデン辞任があり、トランプ大統領の復帰があり、緊急放送が開始する流れのはずです。

5月16日〜17日に何が起きてくるのか?

注目ですね。

GCR切り替えの抵抗などで、変更もあり得ますので、静観していくしかないですね。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・トランプ大統領復活へのファイナル・カウントダウン!最新情報は?

5月16日から17日を前にして、インテル(軍)情報が少ない日の情報です。

米国メディアのFox Newsが、先週、2000ミュールを取り上げたのですが、その後、報道しない事態になっているのは残念です。

きっと、これも民主党などの反対勢力の抵抗を緩めるための作戦だと想定されます。

戦闘機による、「ファイナル カウントダウン」最後のカウントダウンのメッセージには期待をしたいですね。

米国内の準備は整っているようですが、世界のイベントである、中国国内のダムの崩壊や中東での軍事的危機状況は、まだ、整っていません。

17日にどんな状況になるのでしょうか?

見守るしかないですね。

 

最後までご視聴ありがとうございました。

 

*映画「2000ミュール」の記事はこちらです。日本語字幕版が視聴できます。

 

*ビッグアナウンスに関連する過去の記事はこちらです。

 

 

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました