【更新】デクラス・映画2000ミュール公開後の政権移行と世界戦の動向

デクラス 機密解除

2022年5月6日(米時間)トランプラリー・グリーンズバーグで、トランプ前大統領は、2020年大統領選挙の選挙詐欺をデクラス(機密解除)した。

また、その選挙詐欺をテーマにした、映画「2000ミュール」(2000ラバ:2000人の運び人)の公開も5月2日より全米で公開された。

世界では、ロシアとウクライナの軍事的情勢、中国と台湾の軍事的危機の情勢が緊張状態が続く。

バイデン大統領の辞任とトランプ前大統領の復活のタイムラインとは?

世界的な戒厳令発令へのトリガー(引き金)とは?

について、新情報を集約し紹介します。

 

(2,000 Mules 予告編の日本語字幕版はこちらです。)

【更新 5月9日 2000ミュール フル版追加】

*以下 まゆんさんの テレグラムより引用させていただきます。

「2000ミュール」のフル版です👍
まゆんのチャンネルを見てくださっている皆さまへ❤️

2000MULES 日本語字幕付き Subtitled in English

2000MULES 日本語字幕付き Subtitled in English
View 2000MULES 日本語字幕付き Subtitled in English on Odysee

 

 

スポンサーリンク

バイデン大統領の辞任とトランプ前大統領の復活のタイムラインとは?

5月7日版のジュディノートでは、バイデン政権の崩壊をFOXニュースが伝える投稿とバイデン辞任からトランプ前大統領の復活とNESARAへのキックインが5月18日と記述されています。

(以下 ジュディノート 5月7日版より抜粋)

ジュディメモ

タッカー・カールソン・フォックス・ニュース

大統領就任からわずか15か月で、バイデンは株式市場を崩壊させ、食糧不足を引き起こし、数百万人の不法滞在者に国境を開放し、殺人、インフレ、麻薬のODの歴史的な上昇を主宰しました。

全体的な平均寿命の対応する急落として—

そして、それはすべて、私たちのような人種差別主義者の国にとって十分に罰せられなかったので、腐敗した外国人に代わって、米国を核武力との完全に無意味な戦争に引きずり込みましたかつて彼の麻薬中毒の息子に賄賂を贈った政府

ジョー・バイデンがそのすべてを行いました。

 

(バイデン大統領の支持率41%まで低下中・・・ロイター)

 4月12日、ロイター/イプソスによる最新の米世論調査でバイデン大統領の支持率が41%と先週の45%から低下し、3月中旬に記録した就任後最低の40%をわずかに上回る水準となった。3月、ホワイトハウスで撮影(2021年 ロイター/Kevin Lamarque)

(引用先:バイデン氏の支持率41%、過去最低近辺=ロイター/イプソス調査 4月12日)

*解説:バイデン大統領のメディアの報道は、大変厳しい内容が報道されています。

そして、ロイターの4月12日時点での支持率が41%まで低下しているという。

選挙詐欺をテーマにした、映画「2000ミュール」の公開で米国民が辞任への世論がどのように拡散されていくのでしょうか?

次に、ジュディノートでバイデン辞任・トランプ復活・NESARAキックインについての記述を紹介します。

 

(以下 ジュディノート5月7日版より 抜粋)

復元された共和国:

5月4日水曜日。ブルースによれば、 5月18日NESARAがキックインする。

5月7日土曜日 2020年の不正選挙に関するDineshD’Sousaの「2000MulesDocumentary」がリリースされる予定でした。スニークピーク| 新しい「2000ラバ」の映像がリリースされました(truethevote.org)

金曜日にそれが噂されました。

Whiplash347によると、 5月13日、バイデンが出て、トランプが米国大統領に就任する。

デビン・ヌネス最高経営責任者によると、5月末に、ドナルド・トランプ大統領のTruthSocialAppがWebブラウザで起動する予定です。

 

すぐに特定のイベントが予想されました:

ジョー・バイデンは辞任し、偽りの旗、サイバー攻撃、世界的な大惨事、そして人類がこれまでに知っていた富の最大の再分配、つまり世界通貨のリセットの活性化。

戒厳令と緊急放送システムのリリースの準備をします。

7つの大統領メッセージがすべての電話に送信され、その後電話は非アクティブ化されます。

すべてがノックダウンされます。信号のアプリケーションのみが軍事衛星に接続されます。

ほとんどの場合、軍隊、ホワイトハット、またはトランプは、高レベルのクリアランスに関連する国防総省の規制のために何が起こっているのかを開示していました。

*解説:Whiplash347氏によると、バイデン大統領の辞任とトランプ前大統領の復活は5月13日だと言う。

そして、NESARAへのキックインが5月18日水曜日とされています。

どのような展開を見せるのでしょうか?

世界情勢を見ると、世界は軍事的な危機的情勢へと向かっています。

ウクライナ・ロシア・NATOの情勢と中国の台湾への侵攻の危険が噂されています。

次に、世界情勢での戒厳令へのトリガーについて紹介します。

 

バイデン・200ミュール画像 テレグラムより ミュール=ラバ(馬とロバの掛合)

 

スポンサーリンク

世界的な戒厳令発令へのトリガー(引き金)とは?

世界的な戒厳令発動への危機的な展開は、これから起きるNESARA/GESARAへの移行がスムーズに行われるために必要な事だと言われています。

危機的な状況は起きるものの、ホワイト側が主導していますので、犠牲者の発生は最小限になるように進められると思います。

ニュース報道は、危機を煽るように報道されますが、冷静に受け止めていくようにしたいものです。

(以下 ジュディノート5月7日版より 抜粋)

イベント:レッドオクトーバー、サイレントコバートウォー

イベントの次のステップは中国の港を閉鎖することです。

昨年のベータテストは完了しました。今こそ、世界中のサプライチェーンを圧迫する時でした。

ロシアと中国の恐怖イベントが必要でした。

トリガーロシアは、キューバ、ベネズエラ、アフリカ、セルビア、ベラルーシ、カザフスタン、中東に手を置いています。

トリガー中国は60か国以上に核兵器を備えた軍事戦艦を保有しており、さらに中国は世界中のサプライチェーンを崩壊させることになりました。

トリガー台湾紛争

トリガーすべての構造兵器、気象兵器、石油、ガス、天然資源のサプライチェーンの混乱、インターネットケーブルの切断

*解説:世界紛争へのトリガー(引き金)は4つが示されています。

1つは、ロシアの中南米、中東、アフリカへの警戒です。

2つは、中国の核兵器を連想させる、サプライチェーンの崩壊です。これは、三峡ダムの結界が重要な出来事になるかと思われます。

3つは、中国と台湾の紛争です。

4つは、気象兵器、石油、ガス、天然資源の供給混乱とインターネットの通信障害が起きる。

という内容です。

これらの、出来事を決めるための影響力の高い出来事は、なんと言っても、バイデン政権の崩壊とトランプ前大統領の復活が起きれば、早い段階で起きていくと推測されます。

エネルギー価格の高騰、物価の上昇が懸念される中ですので、早いタイミングでのNESARA /GESARAへの移行が前面で行われることを希望したいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・デクラス・映画2000ミュール公開後の政権移行と世界戦の動向

5月6日(米時間)トランプラリー・グリーンズバーグから1日が過ぎました。

映画 2000ミュールの反響はどうなってくるのでしょうか?

Whiplash347氏による予測5月13日のバイデン政権からトランプ政権への移行はされるのでしょうか?

米国の反応に注目です。

日本のメディアでのウクライナ・ロシア戦争は、ロシア側への非難の報道が続いています。

ロシアは5月9日が、第2次大戦での対ナチス戦勝記念日である。

その戦勝記念日の新たな、動きが出るか注目されています。

早く、世界的な危機状態が絶滅される、NESARA/GESARAの移行が前面に出て、報道されるようになることを祈ります。

 

*ビッグアナウンスに関連する過去の記事はこちらです。

 

 

 

*5月7日(日本時間 AM9:00〜)トランプラリーはこちら!

 

 

タイトルとURLをコピーしました