【速報】7月1日|米・最高裁が2020年の選挙を無効と裁定した!

デクラス 機密解除

7月1日のジュディ・ノートでビッグニュースが出ました!

新たなデクラスです!

6月29日に米・最高裁判所は、2020年大統領選挙を選挙不正の疑いで無効と裁定したという。

情報は元トランプ大統領の報道官、ケイリー・マケニー元大統領報道官とオーストラリアからのニュースです。

最高裁判所の2020年選挙無効の裁定とは?

選挙詐欺の関連情報は?

ホワイトハットインテル情報の最新!

以上について紹介していきます。

(以下 ジュディ・ノート7月1日版 ヘッドラインより)

「私の仲間のアメリカ人、嵐は私たちにあります!」
…ドナルド、木。2022年6月30日

 

市場の暴落、不況、ブラックスワンイベントは

今すぐ開始する必要があります!

市場での本物の血液浴のために、

すべての市場で大きな影響を与える準備をしてください。

ショート!明日7月1日たわごとがファンを襲うだろう。
…大覚醒世界Q+トランプ

(引用先:2022年7月1日現在、GCRを介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

最高裁判所の2020年選挙無効の裁定とは?

まずはじめに、ジュディ・ノートの最新情報より紹介します。

投稿は、マケナニー元報道官とオーストラリアからの情報とのことです。

(以下 ジュディ・ノート7月1日版より 抜粋)

ジュディメモ:水曜日。6月29日

軍事関係者、トランプの元ニュース秘書(そしてJFK Jrの娘であると信じられていた)ケイリー・マケニーとオーストラリアからのニュースで

米国最高裁判所が2020年の選挙は選挙詐欺のために

無効であると裁定したと報告しました。

選挙は覆され、バイデンと党はGITMO裁判所に向かう途中でした。

ジョー・バイデン大統領の息子ハンターのラップトップから得られた情報から、バイデンは、米国を乗っ取る計画を持っていた腐敗した中国共産党と協力し、中国や他の外国とずっと個人的な金融取引を行うことによって、おそらく反逆を犯したようです。

彼は米国の副大統領を含む公職に就いた。

これらの事実は、ドキュメンタリー「2000ミュール」に示されているように、2020年の不正選挙と組み合わせると、新しい選挙が行われるまで戒厳令を直ちに実施する必要があることを示しています。

実際には、トランプがバイデン大統領を辞任せず、「偽のバイデン」が破産したUS Incの社長として就任したとき、2021年1月から戒厳令下にあり、その一部はハリウッド映画セットで撮影されました。一週間前。

いろいろな俳優さんでいっぱいの映画を見ていましたが、もうすぐ終わります。

(引用先:2022年7月1日現在、GCRを介して共和国を復元

 

速報!バイデンの選挙はSCOTUSによって覆され、BRICSは米ドルを拒否し、ジンバブエは金をミントします!

 

*日本語翻訳字幕の設定手順

 設定→字幕→自動翻訳→日本語に✓

 

*解説:この情報はジュディ・ノートとYouTubeによる情報のみです。

ですから、まだ、真意はフェイクかも?との意見もあります。

この、ジュディ・ノートへの投稿とヘッドラインの投稿での「ショート!明日7月1日たわごとがファンを襲うだろう。」というメッセージと関連しているかもしれません。

最高裁の選挙の覆しが、米国民や世界中の人が受け入れやすい発信の仕方かもしれません。

 

スポンサーリンク

選挙詐欺の関連情報は?

つぎに、選挙不正に関する投稿を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート7月1日版より 抜粋)

本当のニュース 2022年6月30日:

Newsmax Airs 2020選挙詐欺:

トランプ大統領がNewsmaxとのインタビューに腰を下ろした。

彼は彼らに盗まれた選挙をカバーするように強制し、2000ミュールにさえ言及しました。

これは、ニュースマックスが実際にこれを放送したことは巨大です。

「これは、何百万もの人々が真実だと感じた、不正で盗まれた選挙に関するものでした。

選挙が不正に行われ、盗まれたと彼らが考える国を望んでいる人は誰もいません。

彼らが沈黙について話すとき、彼らが話したくないことの1つは…彼らが勝つことができないので、選挙結果です。」

(引用先:2022年7月1日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:この報道を米国メディアのNewsmaxが流したことが、ビッグニュースであると言っています。

これまで、メディアは一切、選挙詐欺を報道してきませんでした。

最高裁につづき、メディアもDSグロバリストから、ホワイトハットへひっくり返りが起きているようです。

これから、一気に真実が報道されていく流れになりそうです。

 

*映画「2000ミュール」のダイジェスト版はこちらです。

2000年の重罪とゼロ正義– 2020年の不正投票の概要:

https ://theinfowar.tv/watch?id = 627f96d5b7204774a396c1cd

(*参考 baumさんのテレグラムの投稿)

✴️拡散厳禁の話(笑)

本来であれば「共有してはいけない話」となります(苦笑)😅
昨日、知り得た情報なのですが、そこから必死に調べても関連情報は見つからず・・普通に考えると「フェイク情報」の可能性が高いとの判断に至るわけですが

どうしても、私の心が「気になる」とつぶやくのです。(笑)😆

それが

✅米国最高裁判所が米国時間29日に「2020年選挙は有効ではない」との裁定を下した

という話です。😅

実は、この話が気になるのには、もちろん理由がありまして。

もともと「2020年選挙に関する判決」は正規の形式での公表以外にも

*バックドアからの判決開示?

という方法があると聞いていたからなんですね。😶

でも、そもそも米国司法システムに詳しくないので、この「バックドアからの判決開示」って何?(そんなことがあり得るの?)ということから、意味不明だったんですね。😅

ですから、正直・・調べようもなく・・現時点でもどのように捉えたらよいのかすらわかっておりません。(笑)

そうこうしている内に、米国時間30日夜を迎えて、トランプさんの側近と言える人から

*トランプ大統領の復帰

をイメージさせる情報発信が連発することに。

ただ、過去にも同様の投稿はありましたので、復帰を示すと安易に捉えてしまうのは危険と考えています

それでも、タイミング的に先の情報に沿った流れと感じることから、どうしても気になっているというのが実情です。

もし

*最高裁判所からのバックドアからの情報開示?

とは何か(そんなものがあるのかを含めて)に関連した話を見かけましたら、教えていただけますと幸いです。🙏

まあ、それらの内容がわからなかったとしても

*バイデン排除

が米国時間の「1日~4日」に起きる可能性に注目しておきたいと思っています。🥰

「バイデン排除の可能性もあるかもしれませんよ~」程度で軽く受け留めていただければ幸いです。

(引用先:https://t.me/baum_kaze/1151

*解説:baumさんは慎重に情報を精査してテレグラム発信をされる方です。

baumさんは、いくつかの情報源があり、トランプ大統領復帰の情報が出てきたという事なので、今回の最高裁の2020年大統領選挙の無効の裁定は真実の可能性が高いようです。

 

スポンサーリンク

ホワイトハットインテル情報の最新!

下に紹介する投稿は、ホワイトハット情報を主に発信している見出しの項です。

箇条書きで、Q№ が記されています。

これは、元情報(裁判所への証拠文書?)のナンバーとリンクしているのかもしれません。

この情報の中に、重要なキーワードが隠されているかもしれませんので紹介させていただきます。

(以下 ジュディ・ノート7月1日版より 抜粋)

ホワイトハットインテル:

MS13は、「[民主党の政治的]敵を殺すために」支払われたギャングです。(Q5)

(筆者注釈:MS13とはマラ・サルバトルチャ (Mara Salvatrucha) は、中央アメリカ及びアメリカ合衆国に存在する大規模なギャングのことである。一般的にはMSMaraMS-13などと呼ばれている。)

「 (民主党だけでなく)プレイヤーの邪悪な腐敗したネットワークからの(米国政府の)敵対的買収」がありました。(Q6)

「オバマ氏は、[政府]以外の電子メール[アドレス]を使用してクリントンと通信することにより、[HRCの違法な電子メールサーバー]を最終的にOKにしました。オバマはまた、彼の各閣僚と一緒に別名を持っていた[これは違法である]。(Q7)

「…偽りの地方/全国の黒人指導者は腐敗しており、黒人[人口]を貧しく困窮させ続けるのを助けるために報われています。」(Q9)

FBIとミリタリーインテリジェンスは、ハイチの危機と子供たちの失踪に関連して「クリントン財団をオープンに調査しています」か?(Q10)

2016年の選挙は、「[HRCの]不正行為を想定」および「善良な人々[不正行為の防止]」でした。(Q14)

(筆者注釈:HRC=ヒラリー・クリントン)

ソロス、クリントン、オバマなどはすべて3つの家族によって支配されています」(Q15)

出てくる汚職は非常に深刻なので、人々が立ち去るには取引を切らなければなりません。さもなければ、選出された政治家の70%が刑務所に入れられるでしょう」(Q15)

2017年10月、トランプは「弾劾(事実)のリスクがゼロで100%隔離されている」ことを知りました。(Q16)

ナンシー・ペロシは、起訴に対する保護として彼女の記憶を偽造しています。(Q18)

反逆的な「CIAは、その外国のオフショア資産が米国の幹部に対して防御するのに十分強力であると考えています(国内の土壌での軍事的使用を考慮していません)。」(Q23)

再選を求めない発言をする人は誰でも提出されました。国の改善のために、すべてが起訴されるわけではなく、すべてが言われたとおりに行われるでしょう。」(Q24)

北朝鮮は「キムによって運営されていない、彼は劇中の俳優だ」。(Q29)

[オバマ政権によるホワイトハウス]のどこかに、実際に部屋の誰かに危害を加える可能性があり、本質的には検出されないデバイスが配置されたと思いますか?」(Q30)

「世界[政治]膠着状態」があります。私たちは皆、他のみんなに商品を持っています。それが、外国の元首に結びつくいくつかのものが分類されたままになる理由の一部です(すべてではありません)。」(Q31)

将来の公の発表のテキスト次の数日の間に、私たちが最後の人を傷つけ破壊することを望んでいる邪悪な暴君から私たちの偉大な国(自由の国)を取り戻していることに間違いなく気付くでしょう。輝く光の残りの避難所。」(Q34)

将来的には…「POTUSの命令により、ポデスタ氏の逮捕発表時に11.3発生する予定の主要なフォールアウトから一般市民を保護する特定のフェイルセーフを開始しました(実行可能11.4)。」

— 2020年は、選挙後、これが実行される日付のようになりつつあります。(Q34)

ペイトリオッツはビル・クリントンとロレッタ・リンチの腐敗した「駐機場取引」を記録し、それが2016年の選挙でコミーの手を強要しました。(Q36)

トランプが失敗した場合…そしてHRCが[2016年に]支配権を握った場合、私たち愛国者は考えられないことをする準備ができていました(これは内部で漏洩し、代表者が詐欺とBOを詐欺と宣言するのを防ぎました)。(Q36)

オバマは、米国の小型化技術を使用して核兵器で北朝鮮を武装させるのを手伝っていましたか?(Q39)

(引用先:2022年7月1日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:投稿記事の中に、「次の数日の間に・・・・」という部分が気になるところです。

数日の間に、最高裁の選挙無効が間もなく公表されるのかもしれません。

選出された70%の政治家が逮捕される。米国の70%の議員は驚くべき数字になります。

日本も同じでしょうか?

緊張の数日間の情報に注目です。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・7月1日|米・最高裁が2020年の選挙を無効と裁定した!

また、新たなデクラス(機密情報開示)です。

最高裁判所による2020年大統領選挙の詐欺を認定する、選挙無効の裁定情報です。

まだ、メディアでは流れていませんが、近々、流される可能性が高いのではないでしょうか?

インテル情報では。11月8日の中間選挙はGESARA選挙になるという噂が流れだしています。

GESARA法では、120日以内に総選挙をする期間をきめると示されています。

11月8日から遡ると、120前は7月4日~8日が想定されるのです。

いよいよ、バイデン大統領の解任と同時に暴動が活発化して、戒厳令の発令からEBSの開始になりそうです。

心静かに待ちましょう。

GESARAは終わりでなく始まりです。

EBSで衝撃を受ける人が大半です。

そんな中で覚醒された読者の皆様は、真実の受け入れをサポートする。という重要な役割が始まります。

受け入れには、数年間は続くでしょう。

分断、闘争への流れを食い止める役割があります。

シートベルトをして、邪心に惑わされないように嵐に突入していくのです。

皆様と大切な方々の覚醒とGESARA世界への旅の始まりを祝福します。

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

*QFSに関する記事は↓をみると良くわかります。

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました