6月13日からの金融市場の暴落とDSの最後の作戦が開示された!

イルミナティ

6月15日でのインテル情報は、多くは金融市場の暴落の情報でした。

米国株は6月13日月曜日に、2021年1月以来の最低水準に急落し、ビットコインが10%以上21,000ドル未満に急落した。

日本では、中央銀行が利回りを抑えるために債券購入業務を強化。

そして、DSが世界中を混乱に陥れるために、戦争への誘導作戦が開示されました。

世界で始まった金融危機の兆候とは?

DSが陰謀を隠蔽するための戦争誘導の最後の作戦とは?

今回はこの二つを中心に最新情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月15日版 ヘッドライン)

リマインダー:
トランプ大統領が勝利し、

世界の人々が自由を取り戻すため

の責任を主導していました。

ビデオを聞く必要があります:
フアンオサビン:これまでで最も爆発的なスピーチをします!! 忙しい時間です!(ビデオ)| 代替| ニュースの前に(beforeitsnews.com)

世界的なインフレ、食糧、

燃料、商品の不足に備える
https://youtu.be/Nfvym7UOJf0

 引用先:2022年6月15日現在、GCRを介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

世界で始まった金融危機の兆候とは?

6月13日より世界的な金融市場は暴落に見舞われている。

株式市場や仮想通貨などの暴落情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月15日版より 抜粋)

ジュディメモ:

火曜日現在。6月14日公式の株式市場の暴落が発生しました。

米国、EU、アジア、そして世界中の市場から数千億ドルが引き出されていたため、世界的な市場崩壊は加速し始めました。

世界的な金融危機:

1日で1.3兆ドルを失った後、デッドキャットバウンスでの株式ステージの微弱な試み: https ://www.zerohedge.com/markets/stocks-stage-feeble-attempt-dead-cat-bounce-after-losing-13-trillion-ある日

市場は私たちが予測したとおりに動いています。クジラおめでとう!

ビットコインが新たな安値に急落。

従業員を解雇するコインベース。マイクロストラテジーが清算されました。https://twitter.com/cryptowhale/status/1536686648158785536?s=28&t=fkX7vdu42R3_-mvtajPbEA

(筆者注釈:コインベースは、2012年に設立したアメリカ・サンフランシスコに本拠地を置く仮想通貨取引所です。グループ全体の総額は16.4兆円、サポートしている国は100以上)

 

株式、債券、石油・ガス廃棄物; ドルとVIXは連邦政府に先んじてジャンプ:

https ://www.zerohedge.com/markets/oil-gas-bonds-dump-dollar-vix-jump-ahead-fed

Coinbaseは、経営幹部が不況に備え、「暗号通貨の冬」として労働力の18%を解雇します。

暗号通貨の価格が暴落する中、Coinbaseは労働力のほぼ5分の1を解雇します。  https://www.cnbc.com/2022/06/14/coinbase-lays-off-18percent-as-execs-prepare-for-recession-crypto-winter.html

 

オーストラリア: 火曜日。6月14日、金曜日のインフレレポートで開始されたオーストラリアの株式市場は暴落し、1,120億ドルを失いました。

投資顧問はそれを大虐殺と呼んでいました。

1. Netflix:-70%

2. Paypal:-60%

3. Facebook:-48%

4. NVIDIA:-44%

5.テスラ:-43%

6.ビットコイン:-38%

7.アマゾン:-36%

8.アップル:-25%

9.マイクロソフト:-23

10. Google:-24%

世界で最も裕福な人々は今年合計1.4兆ドルを失い、ブルームバーグは計算し、世界で最も裕福な人々は月曜日だけで2,060億ドルも貧しくなりました:https ://www.rt.com/business/557158-fortunes-of-worlds-最も豊かな-縮小/

(引用先:2022年6月15日現在、GCRを介して共和国を復元

 

*解説:この暴落の意図は、DSに関わった富裕層に対する制裁と一般市民が経済的な危機状況を感じるための通過点であると考えます。

現在の状況は、世界的に戒厳令を発令するだけの事実的根拠を演出せざるを得ない。ということが背景にあります。

戒厳令は、戦争やテロ、暴動などの危険を回避するだけでなく、経済的な危機にも適用されます。

DS支配の歴史の中で、金利の搾取が数千年にも及び行われてきたことが、後ほど戒厳令後の緊急放送で説明されます。

その時に、一般市民が理解しやすい認識を得るために必要な通過点であると思います。

もし、これから、株式投資、仮想通貨、FXなどの投資を実行しようとされているとしたら、今はしばらく静観する事をお勧めします。

投資済みの方でも、投資した資本が回収できているなら、今は、一旦解除しておくことが望ましいのではないのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

DSが陰謀を隠蔽するための戦争誘導の最後の作戦とは?

DS・グローバリストは、人口削減計画が崩壊した現在、人身売買やCovid19詐欺などの犯罪が暴露されるのを隠蔽するためにいくつかの作戦を仕掛けていたようです。

その概要をホワイトハットが暴露していますので紹介します。

(以下 ジュディ・ノート6月15日版より 抜粋)

 

ホワイトハットインテル:

「新しいインターネットが登場すると、MSMは殺されます。さようなら、さようならCIA、FBIなど。ニュースはすべての国と都市であなたの言葉になります-市民の真実。素晴らしいことがやってくる。計画を信頼してください。」

(筆者注釈:MSMと記述されてますが?SMSまたはMMSではないでしょうか? 意味を解説。

携帯電話に標準的に搭載される機能としてSMS(ショートメッセージサービス)とMMS(マルティメディアメッセージサービス)がある。どちらもメッセージサービスと呼ばれ、SMS用サーバ、MMS用サーバで管理されている。本来どちらも、電話番号を宛先として送受信する機能となっており、文字情報だけの場合はSMS、写真などの添付ファイルを送れるのがMMSとなる。)

ホワイトハット:バイデンの下で上昇している市場の偽の月が明らかにされようとしています。

クラッシュ、クラッシュ、クラッシュ。泡は何をしますか?ポップ!

それはすべてつながっています:不正選挙、戦争、アフガニスタン、台湾、ミャンマーなど。

彼らは、プランデミック、ワクチンによる死亡、ビッグテックの干渉、世界のエリート小児性愛をカバーするために戦争を起こそうと懸命に努力しています。

来るものを止めることはできません–イベント終了ゲーム:ブラックスワン。

 

ホワイトハット:DAVOSグループ、WEF、クラウスアスシュワブ、ゲイツ、ロックフェラー、国連の創設、そしてディープステートカバル全体の次の段階が始まります。

この段階で、彼らは中国共産党レジーム(武漢研究所にも資金を提供している中国のロスチャイルド/ロックフェラー銀行によって資金提供された支援)を使用してロシアとの戦争を作成し、サプライチェーン計画崩壊を作成します。

 

計画された崩壊のこの段階では、彼らは世界中の肥料の流通を目標としています。

ロシアは世界で2番目に大きな肥料生産国であり、制裁により供給が停止されます。

CCPは積極的に輸出を停止します。

これらのディープステートの動きは、米国、ヨーロッパ、南アメリカ、アフリカ、およびすべての国に食糧の栽培から影響を及ぼします(これはビルゲイツが何年も望んでいたことでした。彼は食糧の栽培を停止するために米国の土地を購入しました)。

ディープステート計画のこの段階は責任が気候変動に及ぶことを保証します–天候を制御する特許、氷のキャップの融解、および解凍されている凍結ウイルス(偽のウイルス)を非難する特許による、栽培された食品の制御された設計された破壊、設計された気象兵器南極の氷。

気候変動を利用して新しいグリーンパスを導入する理由はいくつかあります。

銀行口座に接続された新世界秩序ディープステートパスポート、旅行(1マイルごとに課税)を含むすべての行動を追跡する電子メールです。

このグリーンパスは、眠っている羊を完全にコントロールできるようにします。

だから今、あなたは世界のトップ肥料生産者の完全な混乱が止められているのを見ています!

 

この死に近い文明のイベントは深くなりますが、

最後には光があります。

 

バックルアップ、バターカップ。これは、人類の支配を維持するために戦っていた6、000年前のカバルディープステートでした。人間は立ち上がり、目覚めます。Q

(筆者注釈:カバルは6000年前から存在していた)

ハーバード、イェール、スタンフォード、および他のいくつかの大学からの米国およびヨーロッパの学生およびグループとしてのサイバー攻撃は、ロシアに対して大規模なサイバー攻撃を行うために、CIAによる管理されたプロジェクトに外部委託されています

これらのサイバー攻撃は、中国が台湾を攻撃する計画に入るまで継続します。

(引用先:2022年6月15日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:DSは、ロシアをウクライナ戦争へと駆り立て、さらに、サイバー攻撃を仕掛けて核戦争へ誘導しようとしている。

ロシアへ制裁することで、ロシアの世界2位の生産量を誇る肥料の輸出を止めて、世界的な農業の停滞から食糧危機への誘導を画策していた。

ビルゲイツは、その事を知り、米国内の農場を購入していたようです。

農作物の不作を隠蔽するために、気候変動が理由付けされていたとも記されています。

世界的な飢饉ともいえるような事態をDSは計画し、人口削減を実行していたようです。

さらに、グリーンパスポートを世界中に普及させて、1マイル毎の課税と行動管理をして、人間を羊のように家畜化する計画があったという。

最後にホワイトハットは、明言しています。

この死に近い文明のイベントは深くなるが、最後に光がある!と。

既に覚醒者の読者の皆様は、これらの、イベントが行われることを知り、備えることをしていきましょう。

皆様の周りにいる方々に、安心を届けるために、何ができるかを考えていきましょう。

(ロシア肥料輸出制限へ)

(バイデン大統領・ロシアより肥料購入を企業に促す!逆だろ!)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・6月13日からの金融市場の暴落とDSの最後の作戦が開示された!

金融市場の暴落が始まりました。この後に、一般市民への負担は、物価の上昇と品不足です。

そして、台湾の半導体不足から、日本の製造業の停止などの経済的停滞が起きてくるでしょう。

自動車製造業は、5月、6月は30%ほどの減産で推移しています。

これからが本番のようです。

そして、秋ごろから、農作物の輸入が減り、食料品の値上げ、品不足へと突入していくようです。

日本人の一般市民のできる事は、DSグローバリストから支配されてきた勢力が敵であることに気付き、その勢力に対抗する行動をとることではないでしょうか?

参議員選挙の投票日が7月10日に決まりました。

現状の日本に誘導したのは政治家です。しかし、その政治家を選んだのは私達です。

ですから、まず、政治家を選ぶ行動を変化する時ではないでしょうか?

敵は国家ではなくDS勢力である。米国にもDS側とホワイトハット側がいます。中国にも共産党勢力とそうでない勢力がいます。

正しい事を言っているのは誰か、それを見抜く洞察力を養うことが必要です。

現在は、情報は求めれば得られる時代です。TVではなくSNSで検索すれば良いのです。

自ら調べて、自分の価値観を高めることが、一連の危機状況を脱却する唯一の道です。

思考が現実を創る。日本人の共通意識が正義の方向に向かえば、その事が現実化するのではないでしょうか?

参院選挙で、有権者の権利を行使することが、今、必要な行動だと思います。

皆様と御家族を大切にでき、子供たちの未来を守る、そんな社会に変える時です。外圧に負けない強く、正しい日本を創る時です。

既に、命を脅かすようなDSの存在は無くなっています。

これからは、努力すれば報われる時代になっていいるのです。

目覚めた読者の皆様と、ご家族の未来が輝くことをお祈りいたします。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

*GESARA後に開示されるメドベッドについてはこちらになります。

 

 

*DSのグレートリセットとホワイトハットのグローバル通貨リセットの違いは、↓の記事を参照ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました