米バイデン政権の崩壊は5月13日・GESARAキックイン18日迄

トランプ大統領

2022年5月4日・ジュディノートにGESARA・NESARAへ移行する新たな情報が記載されました。

現段階では、5月5日にビッグアナウンスが起きて、民主党の2020大統領選挙詐欺、ハンター・バイデンのノートパソコンから反逆罪の証拠が認知され、バイデン政権の崩壊。

そして、トランプ前大統領が復活すると噂されています。

バイデン政権の崩壊のタイムラインは?

GESARAへの移行のタイムラインは示されるのか?

5月1日に実行された、グローバル通貨リセット後の金融機関の変化は?

などの新情報について紹介します。

*ライトワーカー・サポートブログの視聴ありがとうございます。

チュウタです。

世界のSNS情報の中から、ソース元がわかる情報を精査して記事を書いています。

視聴者の皆様が読みやすように、注釈を挿入し解説しています。

これだよ。
時間は私たちにあります。
私は世紀の嵐–メイキングの歴史をもたらします。
「彼らは検閲することも、私たちを沈黙させることもできず、

確かに勝つことはありません。」
…Q17X

(引用:ジュディノート5月4日版 序文)

 

 

スポンサーリンク

バイデン政権の崩壊のタイムラインは?NESARA /GESARAの公表日は?

バイデン政権の崩壊はいつなのか?

世界の金の90%を保有する、中国の長老はバイデン大統領に在職中はNESARA /GESARAの公表を許可しないと言っている。

そうなると、バイデン辞任が重要なキーワードなっています。

関連する部分を抜粋して紹介します。

(以下 ジュディノート5月4日版より 抜粋)

2022年5月3日ブルースのビッグコール:

Tier 4Bは、今週の水曜日、木曜日、または金曜日に通知を受け取り、翌日から予定があります。

金曜日を中心に米国大統領政権に変更があります。5月13日。

 

NESARAは今日から5月18日までのいつかキックインします。

 

ベーシックインカムは、高齢者の退職者が利用できるようになります。

 

今日の火曜日。5月3日、一部の債券保有者はアカウントのコードを受け取りましたが、アカウントはアクティブ化されておらず、Tier4Bが予定を受け取るまでアクティブ化されない可能性があります。

Tier1とTier2はすでに支払われています。

Tier 2(金銭の15%を受け取ったクジラ)は、残りの85%のうち、国債を返済し、NESARAに支払いました。

5月3日JFKジュニア 5月は激動の月になります。

この政府のすべての汚いものが暴露される月になるかもしれません。

現在の大統領は、米国だけでなく世界中の人々に嫌悪感を抱いています。

数日以内に、これらのカバラを破壊して露出させる何かを送ります。

*解説:政権交代のタイミングは5月13日を中心に展開する。

そして、NESARAは18日までに”キックイン”すると記述されています。

5月5日にバイデン政権のスキャンダルが公表されて、それから約1週間で政権が後退する名柄なのでしょうか?

2020大統領選挙詐欺をあばいた映画が5月7日から公開されます。

予告編では、バイデン大統領、トランプ前大統領の描写も出ており、ノンフィクションを感じさせる内容であり、反響となるでしょう。

ディネシュ・ドゥーザの2020年選挙不正選挙に関するドキュメンタリー

「2000ラバ」が5月7日土曜日にリリースされました。不正選挙の証拠映画を全米で放映!!
ご期待ください。

 

スポンサーリンク

グローバル通貨リセット後の金融機関の変化は?

5月1日に金融リセット、グローバル通貨リセットが行われた以降の世界の金融機関情報を消化します。

(以下 ジュディノート5月4日版より 抜粋)

ジュディメモ:

私の知る限り、 Sunで正式に展開されたグローバル通貨リセットのタイミングについてインテルは変更していません。5月1日。

 

Tier 4B(私たちインターネットグループ)は、水曜日に償還/交換の予定を設定するように通知されると予想ていました。5月4日木曜日。

 

5月5日または金曜日。ブルースによれば、 5月6日–その日、または翌日から予定があります。

今日の火曜日。ブルース氏によると、一部の債券保有者は自分の口座のコードを受け取ったが、口座は有効化されておらず、 Tier4Bが予定を受け取るまで有効化されなかった可能性が高い。

ブルースによれば、ティア1とティア2はすでに支払われています。

Tier 2(すでに15%のお金を受け取っているクジラ)はすでに国債を返済しており、残りの85%のうちNESARAに支払いを行っていました。

火曜日。5月3日の夕方MarkZ:「Tier3から、(借りているものと比較して)小さな銀行のワイヤーを受け取ったという2つの非常に堅実な確認がありました。それらはテストワイヤーであり、それは私たち(imo)にリアルマネーがTier3で動き始めたことを示しています。これはエキサイティングです。これは素晴らしいニュースだと思います。」

土曜日に。4月30日フレミングは次のように書いています。「ベネズエラとイラクはどちらもISO20022要件を満たし、ISO20022互換のデジタル通貨で世界貿易に参加することに同意しています。州が支援し、資産が支援するCBDC。これで、私たちが待ち望んでいた「最初のバスケット」の国のリストが完成しました。軍の連絡先によると、これが私たちが待ち望んでいたすべてです。」

210か国のうち23か国が、通貨を金/資産担保証券に変更しました。彼らの国が国際貿易のために受け入れられるために、残りはすぐに続くでしょう。

MarkZ:交換する人々の5つの層があります。

Tier1-政府と王族;

Tier 2-クジラ-通貨、企業などのプラットフォームを備えたエリート。

Tier 3 -Admirals Group、American Indians、CMKX、大規模な教会グループ(Mormonsなど)など。

Tier 4 – Intelに注意を払っている数十万人すべて–インターネットグループ(私たち全員)。

Tier 5 – attnを支払ったことがない人–一般の人々

*解説:GCR後の手続きは、Tier1,2は終了している。

5月3日よりTier3が支払いを移行しているとのことです。

一般の人Tier5の完了は5月6日行こうと言われています。

今回は、Tier1〜5までの階層についての説明もされていました。

 

次に、各国の中央銀行と関連する銀行の崩壊を示しています。

世界的な金融崩壊:

ドイツ銀行、EU最大の銀行:私たちは大きな不況に陥るだろう」とドイツ銀行のエコノミストは火曜日に顧客への報告書に書いた。(MSMでは報告されていません)。

英国最大の銀行:これ以上良くなるとは思えない」:英国は不況に向かっているのだろうか?」(MSMでは報告されていません)

バンクオブアメリカ、米国最大の銀行は崩壊し、小さな銀行に買収されました。

「バンクオブアメリカは「景気後退ショック」が来ると警告しています。」(MSMでは報告されていません)。

何万もの小さな銀行が世界中で閉鎖されています。

新しいクォンタムシステムにサインオンしない大手銀行は崩壊しているか、買収されています。

 

ウェルズファーゴ銀行は、RV用のホワイトハットを完全に管理するようになりました。

 

世界で最も弱い通貨、 Victor Mochere:https ://victor-mochere.com/top-20-weakest-currencies-in-the-world

 

ロシアはゴールドスタンダードに戻り、中国は次の段階になります:https ://twitter.com/QTRResearch/status/1521456469308231682?s=20&t=hY-vFb09JR6dvPNexdyE6Q

*解説:世界中でQFSに同意しない銀行が崩壊へ向かっています。

世界で弱い通貨ランキングに日本円は入っていませんでした。(^ ^)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・米バイデン政権の崩壊は5月13日・GESARAキックイン18日迄

毎日のNESARA/GESARAへの公表に向けた動きは進んでいるようです。

しかし、これまでDSに支配された社会制度が浸透しており、自由を取り戻す意識の目覚めが遅れているようです。

まずは、5月5日のビッグアナウンスを捉えて、一人一人の意識の目覚めが進展することを願います。

これまでの、強力な支配層は逮捕されていません。

ですから、自由な言論をしてよいのです。

ただし、他者を必要以上に否定することはやめましょう。

分断は悪魔の思考です。

惑星・地球は多種な波動の生命体の共存する星だと言うことです。

これまでは、アヌンナキと言われる生命体が、人間を作りましたが、間違って神を否定する悪魔社会に飲み込まれていきました。

それが、再び、神中心の社会へと転換しようという時を迎えているのです。

まず、通貨制度こそが間違った制度だということに気づいていくことになります。

金を中心とした金本位制度へ移行していきます。

量子コンピューターを使い通貨と金を連動するQFSへ仕組みを知り、税金のない、GESARA制度という搾取のない社会制度を理解していくことを始めていきましょう。

お金に縛られない、病気のない、封鎖されてきたテクノロジーを活用できるのです。

ワクワク( ^ω^ )して、迎えていきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました