テイラー・グリーン議員がバイデン弾劾を叫ぶ!UFO機密開示へ!

ディープステート・イルミナティ・カバール

6月10日のジュディ・ノートでは、共和党議員のテイラー・グリーン議員がFBIのハンターのファイルを確認後にバイデンの犯罪は明らかであり、弾劾を要求すると発言した記事が掲載されました。

議会がどう動くかに注目です。

そして、UFOに関する機密開示も行われ、今後UFO・エイリアンに関する情報が出ると推測されます。

トランプ起訴に関する司法省とバイデンを批判するトークショー司会者の発言も出ています。

共和党議員マージョリー・テイラー・グリーンはバイデン弾劾を叫ぶ!

UFO機密文書開示へ!トランプ起訴は不条理な法律解釈と非難!

以上について最新情報を紹介します。

 

バイデン氏のペイ・トゥ・プレイ方式が暴露される

@RepMTGによると、FBI の 1023 ファイルには、ウクライナのハンター バイデンと当時の副大統領ジョー バイデンの両方に対する 500 万ドルの 2 回の支払いが詳述されています。

 

(以下 オペレーションディスクロージャー 6月10日版より 抜粋)

神の計画を信じてください

少なくとも 1 か月分の食料、現金、水、

必需品を手元に用意しておくことが賢明です。

(引用先:2023 年 6 月 10 日時点で GCR を通じて共和国を回復

 

 

 

スポンサーリンク

共和党議員マージョリー・テイラー・グリーンはバイデン弾劾を叫ぶ!

はじめに、6月9日ジョージア州共和党議員マージョリー・テイラー・グリーンは、情報提供者からのジョー・バイデン大統領に対する刑事告発を含む文書を閲覧後に、爆弾発言をした。

「これは弾劾の余地のない文書だ。バイデン大統領は弾劾されるべきだ。第二に、彼は起訴されるべきだ。」

いよいよ、議会でバイデン弾劾の動きが活発になろうとしています。

これまでの、腐敗した司法のあり方についても言及した記事が掲載されています。

 

 

(以下 オペレーションディスクロージャー 6月10日版より 抜粋)

ジュディメモ:

状況報告書:

マージョリー・テイラー・グリーンがバイデンの犯罪的爆弾発言を投下:6月9日

マージョリー・テイラー・グリーン議員 ウィキペデイアより

(上記記事の概要)

ジョージア州共和党議員マージョリー・テイラー・グリーンは、情報提供者からのジョー・バイデン大統領に対する刑事告発を含む文書を閲覧するためにFBIからのアクセスを最終的に得た後、子供の手袋を外した。

彼女は文書を閲覧した後、次のように述べた。

「これは弾劾の余地のない文書だ。バイデン大統領は弾劾されるべきだ。第二に、彼は起訴されるべきだ。これは信じられない。課金制の仕組みです。

「彼は外国にいる外国人から数百万ドルの賄賂を受け取りました。

「この件で彼は起訴される必要があり、私は彼が懲役刑に服すべきだと主張します。」

「もし私たちが政治的に分裂していなかったら、もし私たちがかつて存在していた米国であり、正義で公正な国であったなら、ジョー・バイデンは弾劾されるだろう。

基本的にそこで起こっていることは2015年から2016年に遡り、ブリスマ社は米国に本拠を置く石油・ガス会社の買収を検討しており、これはハンター・バイデン氏と彼のパートナーからのアドバイスによるものだった。

「彼らは問題を解決するためにハンターを取締役会に採用した。彼らは具体的にそう言いました。

「ハンターは、米国の会社を買収すればもっと資金を集められるとアドバイスした。

「私たちは今後も、明らかにできるあらゆることを調査していくつもりです。

「私たちはFBIに引き続き協力してもらう必要があります。

「それは非常に重要なことです。

「そして私はクリストファー・レイ氏に非常に高い期待を持っています。彼が正しいことをして、私たちが求めている情報を私たちに示し続けてくれることです」と彼女は語った。

1823年、ロスチャイルド家はカトリック教会のすべての金融業務を引き継ぎ、ロスチャイルド家がカトリック教会を所有しました。

「2006年、最初のHSBC銀行が上場したとき、バビロンは崩壊した。すべてはスイスのバーンズにある国際決済銀行に遡ります。それはすべての中央銀行の中の中央銀行です。

彼らは、どこで戦争が行われるのか…そして何人の人が死ぬのか…そしてそれにかかる費用は何セントなのかを決定します。

彼らは地球上のすべてのペニーを所有しており、間違いなくそれを追跡しています。」…ロザンヌ・バー、ハリウッドパーソナリティ

「スカル・アンド・ボーンズに属する人々、それらの人々は皆団結しています…アメリカ国民に対する権力を維持するために。

彼らは、何かをしようとする腐敗したエリートにうんざりしているアメリカ人が着実に増加しているのを観察している。」…ニュート・ギングリッチ、元下院議長

フライドチキンレストランKFCの創設者であるカーネル・サンダースはフリーメイソンでありシュライナー(フリーメイソンに帰属する団体の一つ)でもあった。

フリーメーソン、シュライナー、そして33度マスターメイソンのシンボルが彼の墓石に刻まれていました。

ケンタッキー・フライド・チキンは、裁判所の判決で、KFCは研究室で栽培された肉であり、チキンとは呼べないことが判明したため、名前をKFCに変更しなければならなかった。

 

ブームウィークの到来、逮捕が覚醒につながる:6月9日

(上記記事の概要)

正当なマネージャーや技術者が投票によってそのポストを獲得したことがありますか?
たとえトランプが本物だったとしても、彼の周りには怒り狂う腐敗した愚か者や、我々が死んだ方がマシだという銀行関係者がいる。

タッカーやイーロン・マスクは投票でその職に就いたのでしょうか?

0ver 80% の人々 (全世界の大多数) は過去 3 年間に洗脳されましたか? 

このことは、頭脳のある人なら誰でも、多数派には投票する価値がなく、独学で投票する権利がないということを言わないのだろうか?

あなたの100万票に1票が世界を変えるでしょうか?

政治家によって作られたあなたの憲法がそれほど正直で率直なものであるなら、なぜそれを理解するのにひねくれた憲法弁護士が必要であり、なぜ法律の辞書用語がこれほどたくさんあるのでしょうか?

なぜ公立学校では教えられないのでしょうか? あなたはそれを読んで理解したから信頼しますか、それとも政治家がそう言ったから信頼しますか?

考えてみてください。邪悪な人々が作ったばかばかしい投票システムによって、そのような非常に重要な地位に値する人がいると本気で信じていますか?

特に無知な大多数の暴徒の投票によってではなく、献身と能力によって誠実に勝ち取ったものでなければ、昇進に値する人間はいない。

この世界的な嘘をすべて取り除き、新しい指導者会議計画を作り、私たちが持っている政治的な偽物の憲法ではなく、より良く理解できる人民憲法を作りましょう。

それはロケット科学ではありません。
何千年も機能していないのは、それができないからです。)

(引用先:2023 年 6 月 10 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:下院議会ではバイデンが副大統領時代に、ウクライナの企業から500万ドルを受け取ったという証拠が見つかり、弾劾騒ぎへと発展していくようです。

来週あたりに、大きな進展が起きるかもしれません。

ただし、弾劾への動きも時間がかかるために、メディアがどのように報道するかにより進展のスピードが影響されるでしょう。

 

*ハンター・バイデンの犯罪の記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

UFO機密文書開示へ!トランプ起訴は不条理な法律解釈と非難!

つぎに、CIAが保管するUFO機密文書が公開されたと言います。

ディープステートは、UFO、エイリアン情報を脅威として報道するのか注目です。

そして、6月8日に起きた、トランプ氏2回目の起訴に対して司法の腐敗を唱える発言も掲載。

その概要を紹介します。

 

 

(以下 オペレーションディスクロージャー 6月10日版より 抜粋)

リアルニュース 2023 年 6 月 9 日:

CIAの機密解除文書がエリア51とUFOに関する秘密を明らかに!

ハッカーたちは、ネバダ州のエリア51が想像もできない実験を行っていたことを公式に認めたCIAからの355ページの文書を機密解除した。

この文書には、1954 年から 1974 年までのいくつかの衝撃的な物語が含まれています。

トランプ起訴:一歩下がって全体像を見てください。彼の危険はゼロです:

(上記の概要)

トランプ大統領の危険はゼロだ。 ゼロ! FRBがトランプ氏を起訴する可能性にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 先行設定!

トランプ大統領は、自らが標的になることを「容認」することで、文字通り二層の司法制度を破壊している。

「すべてのスリングと矢を喜んで受け取ります!」 人々はトランプ氏を心配しているが、彼はまったく心配していない。

なぜ???? トランプ大統領がそれを「許可」しない限り、トランプ大統領には何も起こりません。 なし!!! そして、私は何も意味しません!!! これは戦争である!)

ニューヨーク:ニューヨーク市ブルックリンにあるニューヨーク市警察と証拠品保管倉庫での大規模火災で、ファイザーの契約書が炎上した。

レビン氏、バイデン氏のトランプ氏逮捕で核武装へ:6月9日

(上記記事の概要)

マーク・レビンは激怒した。人気の保守系トークショーの司会者は、バイデンとメディアに自分の考えを伝えたかった。

そしてマーク・レビンは、ジョー・バイデンがドナルド・トランプをこの必見の叩きつけで逮捕することに核心を突きつけた。

マーク・レビンは、メリック・ガーランドが厳選した反トランプの検察官ジャック・スミスが下したソ連流の偽起訴状を7分間で徹底的に論破した。

スミスは、マー・ア・ラーゴの箱のデマに関連してナンセンスな容疑を大量にでっちあげ、レビンは、それによってジョー・バイデンがドナルド・トランプを刑務所で死なせることになると主張した。

「トランプ大統領は76歳です」とレビン氏は述べた。

「司法省の思いどおりになれば、彼は連邦刑務所で死ぬことになるだろう。これらの罪状のうちの 1 つだけでも、司法妨害の共謀罪には最長 20 年の刑が課せられます。

これは、ホワイトハウスの盗賊たちと民主党によって将来訪れるであろう、アメリカの歴史における忌まわしい、忌まわしい痕跡である。彼らはもう公平にプレーしていません。」

レビン氏は、不条理な法律解釈でトランプ氏を犯罪者に汚そうとする法律「分析者」であるとメディアが主張する左翼の法律活動家全員を叩きのめした。)

マーク・レビン、ドナルド・トランプ起訴後焦土に陥る!

米軍基地に入ろうとした中国スパイを逮捕:

Communist Chinese Spies Busted Trying To Enter US Military Base - StatesmanPost
ThethreatfromCommunistChinahasbeenalmostcompletelyignoredbyeveryoneexceptformerPresidentTrump.WhileAmerica’sbloodandtreasureisspentaroundtheworldbytreasonousglo...

(上記記事の概要)

現在、中国のスパイが米軍基地に侵入したという報告が出され、中国からのスパイと侵入の真の脅威が暴露されています。

©StatesmanPost.com.

ウェインライト砦を含む侵入を繰り返す

現在、観光客を装ってさまざまな軍事基地に入った中国スパイに関する報告が出ている。

特に衝撃的な事件では、中国人「観光客」の車がアラスカのウェインライト砦の検問所を真っ直ぐ通過した。

兵士らは侵入した車両を取り押さえ、スパイドローンでこれら「観光客」を発見した。「観光客」たちはただ道に迷ってしまっただけだと言っていた。

ウェインライト砦には多くの重要な軍事技術があり、ロシアに最も近い大規模な米軍基地である。

国防総省が声を上げる

キャスリーン・ヒックス国防副長官はこれらの侵入について声を上げ、米国は基地と人員の「安全」を「非常に真剣に」考えていると述べた。

ヒックス氏は、「侵入」のリスクは国防総省もよく知っていると述べた。それを阻止するには、地元の法執行機関との協力を含む多くの「対策」が必要です。

中国の大型偵察気球が1週間の航行後に撃墜されたのに続いて、これは中国が優位に立っているように見える。

結論

FBIは、中国の新たなスパイ行為を約12時間ごとに捜査しているとしている。

ロシアがウクライナに駐留し、中国が遅かれ早かれ台湾に侵攻する構えであるため、米国は敵が情報を得るのを阻止する努力を強化する必要がある。

これらの基地はより厳重に保護されなければならず、中国のスパイを国防総省および米国政府および学界から排除する必要がある。)

 

『エイリアンの侵略』デヴィッド・ウィルコックス:

国防総省はエイリアンの侵略についての暴力的なナレーションを望んでいる。

内部告発者たちが名乗り出て、強力なホワイトハットが暴力的な侵略プロパガンダに対抗しようとしていた ディープステートのナレーション

国防総省の主流メディアがエイリアンの侵略があると主張している一方で、ホワイトハットは本当の情報開示を推進していた――国防総省はすでにエイリアンのアジェンダとテクノロジーに関与していたのだ。

このゲーム理論の動きは、リークと内部告発者がそれぞれの部門内から来ているため、国防総省 CIA を罠にはめます(隠蔽と議題が存在したことを証明しています)。

国防総省が高度なUFO技術(など)の知識を持っていることを暴露した内部告発者については、どの主流メディアも報じず、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストもこの話には触れなかった。

これは、ディープステートが、国防総省/CIA/国防総省とエイリアンのアジェンダ隠蔽と進行中のディープステートの作戦とを結びつけることになるため、内部告発者の話が報道されることを望まなかったと述べている。

偽のエイリアン侵略ロックフェラーディープステート作戦に対して対抗措置が取られていた

(引用先:2023 年 6 月 10 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:トランプ氏起訴について、トークショー司会者のマーク・レビン氏が司法省とバイデンは、不条理な法律解釈でトランプ氏を犯罪者に汚そうとする行為だと非難しました。

この影響は、これから拡散されていくことでしょう。

一方、トランプ氏は6月13日のマイアミ連邦裁判所への出廷を控えて、危険はゼロだと発言しているようです。

自らが標的になることを「容認」することで、文字通り腐敗した司法制度を国民に見せて破壊しているようです。

UFO、エイリアン情報はこれまで、メデイアは封印してきました。

国防省の内部告発が少しづつ暴露されてきています。

ディープステートは、最後はエイリアン危機を理由に核戦争へと誘導するというシナリオもあったようです。

これを、ホワイトハットがどのように暴露していくのかに注目です。

 

*最近のUFOの投稿!

 

*トランプ再起訴の記事はこちらです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・テイラー・グリーン議員がバイデン弾劾を叫ぶ!UFO機密開示へ!

ハンター・バイデンとジョー・バイデンの犯罪は明らかです。

バイデン弾劾がどのように進むのかが注目です。

トランプ起訴の後、バイデン大統領弾劾へと進む可能性のタイミングが近づいています。

6月13日のトランプ氏のマイアミ連邦裁判所への罪状認否の後、バイデン弾劾への動きが出るのでしょうか。

もう一つの注目は、UFO・エイリアン危機をどのようにニュースにしていくのかというところです。

UFOやエイリアンの情報はこれまで、ディープステートにより隠蔽されてきたのです。

高度な技術は封印してきたのです。

その隠蔽を事実として、暴露していく段階に来ているようです。

バイデン弾劾、金融危機、ウクライナ戦争終結により、世界中の軍が厳戒体制に入り、EBSの発動になると言われています。

6月の進展に期待したいところです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*6月のイベントに関する記事はこちらです。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました