JFKジュニア氏3月1日登場?オハイオ州列車事故はDSのテロだった!

デクラス 機密解除

2月20日ジュディ・ノートでは、現在は最大の軍事情報戦争の中にいることを宣言。

米国での列車事故によるテロ被害とDSの破壊工作の情報が掲載。

JFKジュニア氏がまもなく姿を表すというメッセージも出ました。

列車事故はブラックロックによる史上最大の有毒ガステロだった!

JFKジュニア氏のメッセージ!まもなく全てを公開します!

DSによる米国中心とした破壊活動の情報!

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート2月20日版 ヘッドライン)

私たちは、私たちの時代の

最大の軍事情報作戦に参加しています。

2020年の選挙で最高裁判所が

外国の干渉と詐欺を取り上げる中、

SCOTUSは、(アメリカ合衆国最高裁判所)

バイデン政権と議会の解散を決定。
裁判所…

JFK Jr. が水曜日にカミングアウトします。3月1日?

国内テロはオハイオ州史上最大の

ダイオキシン噴出とともに始まった。

世界中でいつでも予想される市場暴落、
中央銀行は失敗していた:銀行取り付け騒ぎが拡大

自然災害と人災に備える
少なくとも 30 日分の食料、水、現金、燃料、必需品を手元に用意しておく

(引用先:2023 年 2 月 20 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

相次ぐ列車事故はブラックロックによる・史上最大の有毒ガステロだった!

米国で相次ぐ列車事故が起きています。

有毒ガスが散乱して、史上最大のダイオキシン放出のテロだと言います。

列車を所有するブラックロック社による点火によるものとも・・・

その概要を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート2月20日版より 抜粋)

ジュディ ノート: 2023 年 2 月の第 1 週、 11 の州、モントリオール、イタリアで陰謀団のブラックロックによる歴史上最大のダイオキシン プルームでの有毒ガス放出という形でテロリズムが勃発しました 。

– 209 か国のグローバル通貨リセットの直後とその直前カバルの破綻した US Inc. は正式に解散し、国は復元されたアメリカ共和国連邦に移行しました。

2 月 3 日 オハイオ州で、US Inc. カバルのブラックロック所有の列車が衝突した後、歴史上最大のダイオキシン プルームで国内テロが始まり、その後、有毒ガスとなるものを含む車が意図的に侵入され、発火しました。

これは、国の歴史の中で米国本土に対する最大の化学兵器攻撃を引き起こしました。

所有者であるブラックロックがオハイオ州の列車事故に故意に点火したことで放出された非常に有毒なダイオキシンは、1世紀以上持続し、地域全体の土壌、水、食料供給を汚染します

*爆発の大さを表す映像!

*ダイオキシン有毒ガスの上空の様子

 

2、3、7、8 TCDD を含むこれらのダイオキシンは非常に有毒であるため、生涯の最大暴露量は 1 兆分の 1 グラム未満で測定されます。

がんの発生率は急上昇し、少なくとも 2 世代、おそらく 3 世代続くでしょう。https://t.me/darkuniverse09

 

なぜ東パレスチナは、ブラックロックによるオハイオ州の列車脱線事故の 1 週間 前に生体認証の監視を開始したのですか? 

 

 

(上記記事の概要)

オハイオ州東部で有毒化学物質を運ぶノーフォーク・サザン列車が脱線した場所から 9 マイル離れたところに住む男性がゲートウェイ・パンディットに連絡を取り、事件を取り巻く奇妙な偶然の一致に警鐘を鳴らしました。

東パレスチナに長年住んでいる 70 歳の農家であるボブ・ムーアは、住民に「MyID」にサインアップして新しいバイオメトリック追跡デバイスを受け取るよう促す地元のニュース報道を最初は無視しました。緊急事態または「大災害」。

しかし、災害のちょうど 1 週間前に政府がこの健康監視デジタル ID を配布した疑わしいタイミングは、答えを正当化するものである、と Moore はTGPの独占インタビューで語った。

政府がこの健康監視デジタル ID を配布

 

「脱線が起こるちょうど 1 週間前でした」とムーアは言いました。「人々は、その MyID を取得するために東パレスチナのダウンタウンにある地元の消防署に行くように求められました。

「彼らは、あなたの身体活動、心拍数、呼吸など、あなたがさらされる可能性のあるものすべてを監視し始めました。

これは、宇宙飛行士や運動選手がストレスや風にさらされたり、この場合は化学物質への曝露にどのように反応するかを追跡したい場合に使用する検閲のようなものだと思います。監視装置です。

 

数日以内にアリゾナ、オクラホマ、テキサス、サウスカロライナ、ミシガン、ニューヨーク、ペンシルベニア、ルイジアナ、ハワイ、イリノイ、モントリオール、ノルウェーで有毒な火災や列車の脱線事故が発生し、毒素が大気中に放出されました。

フロリダ州キシミーで 5 エーカーの倉庫火災が発生し、フロリダ州の再生可能エネルギー工場でも大規模な火災が発生しました。

EPA は、住民に「屋内退避」を勧めました。

(Tweetの翻訳)

フロリダ州ドラルの再生可能エネルギー発電所で大規模な火災が発生し、5 日間以上連続して燃え続け、複数のフロアに広がっています。

生成された煙は、「屋内退避」勧告を発行するのに十分な健康リスクを引き起こしています。

当局は、火が「数日間」燃え続けると予想されるため、燃えているゴミ工場の近くの住民にできるだけ中にとどまるように求めています。

 

(筆者注釈:以下は過去から掲載の情報です)

2 月 1 日米国の金融システムが新しい金/資産担保の米国債に移行したため、US Inc. の法定通貨である米ドルは正式に廃止されました。完全に展開するには約 1 か月かかります。

2 月に 209 か国でグローバル通貨がリセットされた後、新しい通貨の価値は、国の通貨に対して 1 グラムの金になります。たとえば、1 グラムの金は、米国債 1 枚、ベトナム ドン 1 枚、またはイラク ディナール 1 枚に相当します。

2月16日木曜日の午前 1 時 1 分まで。カバルの破産した US Inc. は正式に解散し、国は復元されたアメリカ共和国、または共和国国家連合に移行しました。

テキサス州は主権を宣言し、BRICSへの参加を申請しました

Facebookは軍事起源のディープステート監視会社です

中央銀行は、世界的な金融崩壊の中心にあり、銀行は個人の貯蓄口座を取り込んでいました。銀行取り付け騒ぎが予想されます。

 

(引用先:2023 年 2 月 20 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:メディアは報道していませんが、米国の有毒ガスの流出はオハイオ州だけでなく、アリゾナ、オクラホマ、テキサス、サウスカロライナ、ミシガン、ニューヨーク、ペンシルベニア、ルイジアナ、ハワイ、イリノイ、モントリオール、ノルウェーでも発生。

火災や列車の脱線事故が発生し、毒素が大気中に放出されました。

そして、米政府からオハイオ州の一部の地域では、健康監視デジタル ID装置が1週間前に配布されたようです。

化学物質の人体に与える影響を測定する目的と言って良いと思われます。

米国は非常事態宣言しても良いような状況になってきました。

 

*米国内の災害と事故の関連記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

JFKジュニア氏のメッセージ!まもなく全てを公開します!

次にQプランを推し進めるJFKジュニア氏がまもなく姿を表すというメッセージです。

過去にも登場かとの情報もありましたが遅れています。

そのメッセージの全文を紹介します。

 

JFKジュニア氏

 

(以下 ジュディ・ノート2月20日版より 抜粋)

みなさんこんにちは、私の名前はジョンです。

1963年JFK大統領告別式に敬礼するジョンジョン(当時2〜3歳)

 

ジョン・F・ケネディ・ジュニアとして私を知っている人もいるかもしれません。

人生のほとんどを隠れ家で過ごしました。

私は家族、友人、人々、そして世界を守るためにそれをしました。

今後数か月で、多くのことを変え、この世界をすべての人にとってより良い場所にする何かを明らかにします!

誰が私を死にたいと思ったのですか?

誰が私を暗殺しようとしたのですか?

飛行機事故で亡くなったのは誰?

誰が私が逃げるのを助けたの?

誰が私に避難所を与えたのですか?

誰が私の命を救ったの?

れはすべて、あなたが思っているよりも大きいです。

何年にもわたって、あらゆる人に関する情報を収集するのに十分な時間がありました。

まもなく、すべてを公開します。

この情報がすべて出てくると、あなたは自分の目を信じられないでしょう。

私のチャンネルに参加して、あなたが知っていて気にかけている人と共有してください。

誰もがこれを見て聞く必要があります。

私はライブに行き、すべてとすべての人を説明し、公開します!

残り10日(3月1日(水)まで)!

Join group chat on Telegram

 

(引用先:2023 年 2 月 20 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:メッセージによると、JFKジュニア氏は3月1日までにライブで姿を現し説明をすると記述しています。

DSに命を狙われている情報から、1999年に飛行機事故を偽装し身を隠したのです。

あれから、約23年が経過しました。

Qプランを信じる人にとっては、待ち遠しい時がいよいよ始まるようです。

今回も、DSを焦らせて行動を起こさせる偽情報の可能性もありますが、期待して待ちましょう。

 

 

*JFKジュニア氏の飛行機偽装事故と関連情報は以下です。

 

 

 

 

 

*JFKジュニア氏の副大統領としての復活!

 

 

スポンサーリンク

DSによる米国中心とした破壊活動の情報!

現在起きている米国でのDSによる破壊工作が掲載されています。

メディアが報道していないところで、多くの犯罪が起きています。

その概要が紹介されています。

(以下 ジュディ・ノート2月20日版より 抜粋)

本当のニュース。2023 年 2 月 19 日:

2 月 19 日 フィラデルフィア:フィラデルフィアの線路近くのカトリック教会の裏手にある 18 インチのパイプ爆弾が発見されました。

2 月 19 日 カリフォルニア州オークランド:オークランド市で大規模な停電が発生しています。

オハイオ州 東パレスチナ:列車の脱線事故の前に、村の消防署が新しい MyID サービスのサインアップ イベントを主催しました。MyID は、東パレスチナとユニティ タウンシップの両方の住民が利用できるようになりました。

カナダ:住人は、溶けた雪にケミカル レインボーが見られると報告しています。これは、オハイオ州東パレスチナでの生態学的災害の結果である可能性があります。

 

オハイオ州東パレスチナの状況は、メディアが報じているよりもはるかに悪い。

それは、化学物質で満たされた列車が脱線し、車が故意に火をつけられたときに始まり、空中と水への流出は6つの州で猛威を振るいました。

東パレスチナの列車事故は、世界史上最大のダイオキシン プルームを発生させた可能性があります。

これは一世代のアメリカ人に影響を与えるだろう…そして一部のカナダ人にも影響を与えるだろう。

電車で運ばれてきた塩ビは燃やされるとダイオキシンになります。

これは、列車の所有者であるカバールのブラックロックによって意図的に引き起こされた災害でした。

East Palestine train wreck may have created largest dioxin plume in world history – NaturalNews.com
The situation in East Palestine, Ohio, is much worse than the media is letting on, particularly as it pertains to the widespread release of chemical dioxins. Th...

上院議員が東パレスチナの水で有毒化学物質を発見: https://www.zerohedge.com/political/disgusting-ohio-senator-finds-toxic-chemicals-east-palestine-water?utm_source=&utm_medium=email&utm_campaign=1259

オハイオ州の陰謀団が引き起こした黙示録的な化学災害と同じ日

テキサス州ではマグニチュード 4.3 の地震がスナイダーを襲い、テキサス モールの銃撃犯が 4 人を襲い、1 人が死亡し、危険物を運ぶ 16 台の車が脱線し、セミがエルパソで列車に衝突しました。

フロリダ州キシミーでは、プラスチック製のポッティング材料で満たされた 5 エーカーの大きな倉庫で火災が発生しました。

この有毒な火は 6 日間燃え続けています。マスコミ報道ゼロ。

アリゾナ州ではトラックから硝酸がこぼれ、別の危険物災害が発生し、避難と屋内退避が命じられました。

オクラホマ州では、避難につながる化学薬品タンクで火災が発生しました。

サウスカロライナ州では、別の列車が脱線しました。詳細はありません。

ミシガン州では、別の列車が脱線し、今回はミシガン州デトロイト郊外のヴァン ビューレン タウンシップで、危険物を運ぶ 1 台の車が脱線しました。

ニューヨークでは、 JFK ターミナルが火災により大規模な停電に見舞われ、大規模な迂回路が発生しました。

ペンシルベニア州リーハイ郡では、西向きの州間高速道路 78 号線でトラクター トレーラーが突っ込み、燃料をこぼしてすべての車線をふさいでしまいました。

(引用先:2023 年 2 月 20 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:2月3日に起きたオハイオ州列車脱線事故のよる火災と同じ日にもいくつかの災害が起きています。

さらに、19日でも新たな災害や停電が継続して発生しています。

これだけの集中する事故や災害は異常事態です。

メディアが報じない災害もあるようです。

ブラックロックなどのDSが崩壊前の最後の暴動を仕掛けているかのようです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・JFKジュニア氏3月1日登場か?DSによる破壊活動が続く!

2月20日のジュディ・ノートではJFKジュニアが登場するということが示唆されました。

その日は3月1日だという。

2月21日の最高裁のブランソン審理をするかどうかの判決。

トランプ大統領とプーチン大統領の演説が噂れるDSによる犯罪の歴史の暴露とEBSの予告がされたならJFKジュニア氏の登場もあり得るものとなります。

JFKジュニアが生きているとなれば、プレスリー、マイケル・ジャクソン、ダイアナ妃などの登場も続いてくるのではないでしょうか?

世界の価値観がと歴史が覆されるのです。

期待して今週を観察していきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*過去に死んだとされるホワイトハット達の関連記事はこちらです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました