JFK・ジュニア・ヴィンセントフスカは生きている!事故は偽装?

ライトウォーリア

2020年アメリカ大統領選挙で、日本からトランプ大統領を応援する石川新一郎氏の元に、ワシントンのトランプ関係者より直接電話が入り、その後、ワシントンからの伝言として、情報が毎日入っています。

 

その中で、ワシントン関係者の闇の勢力の戦いは1999年5月より始まったと説明されていました。

 

その伝言5日目の中で、『いよいよ、真打の出番がきます。待ち遠しいですね。』と伝えられています。

 

もしかして・・・ケネディ・Jr(ヴィンセント・フスカ)が生きているのか・・・と感じた視聴者の方もいたかと思います。

 

そこで、ケネディ・ジュニアについて記事にまとめてみました。

スポンサーリンク

ケネディ・ジュニアの飛行機事故とは?

JFKジュニアの悲劇の死は偽装だった? (引用:ローリングストーンHP)

 ジョン・F・ケネディ・ジュニアは、ジョン&ジャッキー・ケネディ夫妻の容姿端麗な息子にして、1999年7月の飛行機事故で、妻キャロリン・ベセットと義理の妹ローレンとともに38歳の若さでこの世を去った

 

そんな彼が実は生きていて、20年以上もペンシルバルニア州で暮らし、今はトランプ米大統領の熱烈な支持者だという。

 

事故の詳細を記した記事によると・・・ジョン・F・ケネディ・Jr夫妻飛行機事故で死亡。

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディJr(38)の操縦する小型飛行機が17日夜、ロングアイランド沖の海上で消息を絶った、同機には、妻のキャロリン・ケネディさん(33)とキャロリン夫人の姉ローレンさん(35)も同乗していた。

 

付近の海岸にはキャロリンさんの薬ビンや機体の一部などが発見されており、ほぼ絶望と見られる。

 

彼らは当日、開かれる予定だった故ロバート・F・ケネディ司法長官の末娘、ロリー・キャサリン・ケネディさんの結婚式に参列する為ニュージャージー州のコールドウエル飛行場からマーサズビニヤードに向かう途中の事故だった。

 

事故の起きた海はケネディ家の別荘のあるハイアニスの近くで、

ケネディ大統領がこよなく愛し大統領職の疲れをいやす為たびたび訪れた場所であり、

ケネディ家の遺族の手によってケネディ大統領をダラスから運んだ棺を極秘裏に沈めた海に近い場所であるという。

 

まさに”ケネディ家の悲劇”の繰り返しに全米は驚きと、悲嘆にくれている。

当時のアメリカでのケネディ家の扱いは王朝扱いだった

「アメリカは確実に24年間はケネディ家に支配されるであろう」と極めて現実的に予想されていたのです。

 

まさにアメリカ史上、初の王朝の誕生が予感されていました。

しかし、その王朝を担う人物達は、ダラスでの暗殺(JFKの暗殺)・ロスアンジェルスでの暗殺(弟のロバートFK暗殺)

・チャバキディック事件の失脚と次々と歴史の舞台から去っていきました。

 

そして、何かの悪意のある力が、特権と罰のためにケネディ家を選んだと言う理論が生まれ、そして「神話」となったのです。

 

ジュニアはこの神話を背負って生きてきました、名声と優れた容姿を与えられた彼は、ケネディ家が作り出してきた名家の文化から、結局彼自身を切り離すことはできなかったのです、

 

しかし彼は逃れられない名声について、品位とユーモアの感覚を守り、その恵まれた立場を、安っぽい浅薄なやり方で誤用することもなかったのです。

 

その為に、年老いた人々は、若かりし頃、新しい時代を予感させてくれた彼の父親とその人物像をダブらせ、若い人々にはいつの日か定着していた「プリンス・オブ・アメリカ」としての憧れと親愛を勝ち得ていたのです。

スポンサーリンク

ジュニアが生きている情報とは?

KOZUEさんのブログによると。

彼は事故後ヴィンセント・フスカという、偽名を使っているといいます。

ジュニアさんが選挙に出ようとしたときに、カバールの暗殺計画が持ち上がったそうです。

つまりジュニアさんを守るために事故で死んだと見せかけたのでしょう

実はトランプさんの大統領選挙のときトランプさんの後方にジュニアとジュニアの妻らしき人物が映っています。

 

 

ケネディ・Jrと噂される、ヴィンセント・フスカ氏のTwitterを載せます。

https://twitter.com/Vincent__Fusca?s=20nbsp;

 

 

ジュニアさんとトランプさんは昔から親友でジュニアさんを大統領にしたいと思っていたそうです。

最近のジュニアさんの写真も出てきています。

*さらに詳細は、KOZUEさんのブログを読んでください。 ケネディ・ジュニアが生きていた!

 

https://twitter.com/Vincent__Fusca?s=20nbsp;

 

亡くなる年の4年前からケネディ・Jrは雑誌『ジョージ』の編集長をしていた

雑誌編集でケネディ・Jrと親しくしていた友人は・・・・(引用:メンズクラブHP

 ケネディ・ジュニアと親しい人たちの中には、

『ジョージ』は彼自身が公職選挙に出馬するための第一歩だと考えている人たちがいました。いずれ彼が政治の世界に飛びこんでもいいように『ジョージ』を、「スターである彼の力がなくてもやっていけるような人気雑誌に育てる計画だった」と言うのです。

しかし彼には、それを成し遂げるだけの時間はありませんでした。というより、亡くなってしまいました。

 

ケネディ・Jrは、亡くなる数年前より選挙に出る事を考えていた様ですね。

スポンサーリンク

まとめ・・ケネディ・Jrは生きていたのか?飛行機事故の真相とそして今?

謎に包まれている、ケネディ暗殺後のケネディ家関係者の死。

ケネディ・Jrも飛行機事故とされながら、当時の不安な社会情勢からすると、身を隠して時をまったのかもしれませんね。

 

ケネディ・Jrとトランプ大統領の関係も気になるところです。

仮に、もし、ケネディ・Jrが生きていて、トランプ大統領と共に出てきたとしたら・・・アメリカ国民は熱狂的にケネディ・Jrを受けいるのでは無いでしょうか?

 

今後の情勢に期待したいところですね。

石川新一郎氏のYouTubeを見られていない方は、下記をご視聴してください。

ワシントンから6回目のメッセージが有りました‼️

 




 

タイトルとURLをコピーしました