5月17日アメリカ共和国の復元・JFK大統領以降のDS政権の真実!

デクラス 機密解除

5月20日のビッグイベントを控えた、5月18日のジュディノートで新たな情報が掲載されました。

5月17日にワシントンDCで憲法制定会議が開催され34州が終結し、アメリカ合衆国の解体と新・アメリカ共和国の誕生の記念式典が開催されました。

そして、ウィリアム・マウント博士による、JFK35代大統領暗殺後のアメリカの歴史を端的に集約したレポートが掲載されました。

5月17日アメリカ共和国の復活について

ウィリアム・マウント博士レポート、JFK大統領以降のアメリカの歴史とは?

についての情報を関連情報と合わせて紹介します。

*ライトワーカー・サポートブログの視聴ありがとうございます。

チュウタです。

世界のSNS情報の中から、ソース元がわかる情報を精査して記事を書いています。

視聴者の皆様が読みやすように、注釈を挿入し解説しています。 

 

(新アメリカ共和国復活の式典・・・5月17日)

(5月18日ジュディノート 序文より抜粋)

アメリカ合衆国共和国は復元れ、

現在は元の1776年憲法の下で機能していた。

ワシントンDC火曜日に開催された34州の憲法制定会議。

2022年10月17日USInc.は正式に閉鎖しました。
…火曜日のフレミング。2022年5月17日

ビッグイベント金 2022年5月20日東部標準時午後4時
…トランプ、トゥルースソーシャル

残り6日、みんな!
ビッグリビールのためにここにいなさい!
嵐の準備をしなさい!
終わりの準備を!
https://t.me/QAnonDrops/7

引用先:2022年5月18日現在、GCRを介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

5月17日アメリカ共和国の復活について

5月17日の憲法制定会議についての情報を抜粋して紹介します。

ジュディノート5月18日版の中で、いくつかの項に分散されている情報を集約しました。

アメリカ共和国復活の式典の概要

(以下 ジュディノート5月18日版より抜粋)

ジュディメモ:

2022年10月17日火曜日、34州の憲法制定会議がワシントンDCで開催され、そこで米国共和国が復元され、現在は元の1776年憲法の下で機能していました。

USInc.は正式に閉鎖しました。

Charlie Ward: Tier 1、2はGESARAに資金を提供しました。これもSt.GermaineFundによって資金提供されました。

5月20日金曜日、午後4時ESTビッグイベントが予定されていました。

 

復元された共和国のフレミング:

フレミング:本日10月17日、東部標準時午前11:00に、ワシントンDCで憲法制定会議が開催されました。

昨日10月16日、これが開始されたとき、ホワイトハウスの旗は半旗で飛んでいました。

これは、米国政府の死を意味しました。今日、旗は高く飛んでいました。

 

会社は死んでいる。アメリカ合衆国の新共和国を長生きさせる。https://youtu.be/U9ZoBqXvyiI

ナンシー・ドリュー、この素晴らしいイベントを撮影してくれてありがとう:https ://youtu.be/eBbS0i_k9kY

軍事旗:https ://youtu.be/U9ZoBqXvyiI

手袋を落とした。34の州とその名誉衛兵は、この偉大な法律を記念して、ワシントンDCで行進しました。

34カ国がこの憲法制定会議に参加しました。

10の(青い)州は参加を拒否し、ハワイの1つの州は棄権しました。

ハワイは独立した国民国家になることを選択しました。

現在、元の1776年憲法の下で合法的な復元共和国

*解説:式典は16日から17日にかけて行われたようです。

そして、ワシントンDCに50州のうちの2/3に該当する34の州が集まり記念式典と更新をしたようです。詳細は添付されているYouTubeで見ることが可能です。

これで、正式にアメリカ共和国の復活がされたようです。

アメリカ合衆国と共和国の違いについて、次の項で解説した情報を記載します。

 

 

注釈:アメリカ共和国からアメリカ株式会社転落の流れ・・・

アメリカ共和国からアメリカ株式会社に転落した経緯を、2021年9月にまとめた記事がありますので要約して紹介しておきます。

 

<引用:マガジン名/ ベンジャミン・フルフォードの国内外 金融・経済・政治の裏事情レポート アメリカは株式会社だった。 >(現在削除されています)

 アメリカ国民は1776年7月4日に一度は独立した。

しかし1812年の米英戦争でイギリスとカナダに負けた時、その後遺症でアメリカ共和国は財政難に陥り、実質的に破綻を迎えた。

アメリカ政府が国際銀行団の言い成りになっていったのは、この頃からだ。

 

その後の1862年、エイブラハム・リンカーン大統領が南北戦争の戦費を調達するために法貨条例 (Legal Tender Act of 1862)を制定、国際銀行団に借金をするのではなく、アメリカ合衆国財務省から初めて政府紙幣が発行された。


しかしリンカーンは、南北戦争後もこの通貨発行システムを永続的にアメリカで存続させることを表明した直後に暗殺され、政府紙幣の発行も中止されてしまった。

 

ちなみにこの時、勝利した北部の軍隊を指揮していたのが、リンカーンであったのに対し、国際銀行団は南部側を支援していた。

 

そして1871年、既に国際銀行団によって買収されていた米国議会は、アメリカ共和国とは別の法制度を持つ。

 

「ワシントンD.C.」(ワシントン・コロンビア特別区)という 、たった100平方マイル(一辺10マイル=16㎞)の特区に新たな連邦政府を形成する法案を可決させた。

 

国際銀行団の面々、つまりはロスチャイルド、ウォーバーグ、ハリマン、モルガン、メロン、ロックフェラーなどは、

 

アメリカ政府から通貨発行の権限を奪うと実質的にドルの蛇口を握ることに成功、アメリカの権力を一挙に手に入れた。

*解説:アメリカは当初、共和国として独立したが、財政難に陥り、1871年に共和国とは別の連邦政府をワシントンD.Cに創設したということです。

リンカーン大統領は、通貨発行権を取り戻す宣言をして暗殺された!

その後、JFケネディも暗殺されたのである。

アメリカ創設の根底は、神の国を創設しようという信念でスタートしたが、やがて、DSによる支配をされたのです。

その反撃に立ち上がったのが、JFケネディ・ジュニアであり、トランプであるということなのです。

(DSの象徴である、バチカン・ロンドン・ワシントンD.C)

 

 

スポンサーリンク

JFK大統領以降のDS政権の政策とは?・・・ウィリアム・マウント博士レポート

ジュディノートでは、JFK大統領暗殺(1963年)以降の大統領達が、DSの支配下で何をしてきたかを、簡単にまとめた記述がありましたので紹介しておきます。

レポートはウィリアム・マウント博士による内容です。

(ジュディノート5月18日版より抜粋)

月曜日 2022年5月16日ウィリアム・マウント博士、陸軍大使、元ロシア大使:

https ://www.youtube.com/watch?v=ucDnB0b0dPc

ベトナム戦争で米軍兵士の数を600人から65万人に増やしたジョンソン大統領は、

ニクソン大統領に米国を金本位制から外すことを強制する文書に署名した。

(筆者注釈:ジョンソン大統領はJFK政権の副大統領でありJFK暗殺後に大統領となる、その後ニクソン大統領に政権移行する)

当時、赤字はありませんでした。

私たちは石油を探すためにすべての金を売りました…スタンダードオイルによって実行されました…彼らは私たちがサイゴンを去る直前にベトナムで石油を見つけました…それは海の棚の下の沖合にありました。1975年までに、彼らは世界の石油鉱床地図を手に入れました。私はそれらを見たことがあります。

しかし、RAND研究所がサウジアラビアに石油があることを示したシミュレーションを行ったため、スタンダードオイルとロックフェラーは米国に石油を掘削しないことを決定しました。

それで彼らはサウジアラビアを乾かして吸いました…そしてアメリカに石油を残しました…計画は決して石油基準から外れることではなかったからです。

 

それで、ジョンソンとニクソンが国を売り切れた後…カーター大統領がやって来ましたそれは災害でした。カーターはマイノリティと不法滞在者のために家を建てるために莫大な固定資産税を課しました。

それからレーガン大がやって来ました…彼は次のような引用をしました:

「まあ、民主党員はそうではないことをたくさん知っています。」

レーガンはマルタ騎士団として教皇からの命令を受けていました。

私はマルタ騎士団のロシア人であり、その一部で「舞台裏を見る」ことができます。

 

サンクトペテルブルクはロシア連邦を運営しています。

シティオブロンドンは、SWIFTアカウント用にSWIFTシステムを運営しています。

そのため、レーガンは私たちの赤字を急増させるよう命令を受けていました。

彼は600隻の海軍を建造しました。レーガンは、世界のソブリン債務(すべての国)は約300兆ドルだったと言いました…。

そして、私的および公的債務は約600兆ドルです。それは数年前(別名1980年代)でした。  https://www.latimes.com/archives/la-xpm-1985-05-23-mn-8052-story.html

 

それからCIAの「パパ」ブッシュ大統領が来ました。

ブッシュは政府全体を再設計し、CIAがゴールデントライアングル(カンボジア、ベトナム、ラオス)から薬を持ち込み、米国で販売できるようにしました…。

そして、誰もが彼のサイケデリックス薬を「高く」します。彼はそれを水の中やいたるところに置いた。

それからビル・クリントン大統領が来ました。

クリントンは素晴らしいことをしました。彼は将来来るお金(彼が持っていなかったお金)を使うことに決めました…それで彼の予算は数年間赤字を示しませんでした。

今2022年に…政府は2026年に集めるお金を使っています、そして私達は今赤字を持っています。

それから「ベイビー」ブッシュ大統領が来ました。

ブッシュは、「スーパーデュパーシークレットスペースプログラム」を支援するために軍事費を増やすことによって赤字を増やしました…それを覆い隠しました…そして大規模な世界紛争を始めました。

それからO-Bummer大統領が来ました。

今日、私たちはバイデンダブルスを使用する「CIAプレジデント」を持っています。

マネーサプライは指数関数的に増加しました(グラフ)…。

50兆ドル…それは大規模なインフレを引き起こします。

突然…すべてのMSM機関は、ソブリン債務は「$ 226兆」であると宣言しました…ロイターの報告によると、それは「$300兆」でした。彼らはうそをつきます。

したがって、彼らは300兆ドルの私的債務と、300兆ドルの公的債務(別名、財務省証券など)を受け取ります。O-Bummer/O-Biden…。

合計600兆ドルに100=60,000兆ドルを掛けることができます。

300ドルの私的債務のうち…150兆ドルは支払われていません…彼らはその債務を支払っていない(できない)ので、それは回収機関に入ります…そして150兆ドル×5=750兆ドル…プラス元の150兆ドル… 900兆ドル。

覚えておいてください…クレジットカード代理店では…借金をするものはすべて5倍になります。

それは人道に対する罪…そしてアメリカ人に対する犯罪です。

彼らは20パーセントの利子を請求します。

*解説:1963年以降の60年間の出来事ですので膨大な政策があったはずです。

それを簡潔にまとめた内容です。

DSはジョンソン・ニクソン政権時は金方位性から外れる政策と米国内で石油が発掘されても封印しサウジからの輸入に依存し赤字を増大させた。

カーター時代は固定資産税の増税。

レーガン時代には軍事的投資を増大。

パパブッシュ時代にはベトナムなどから薬を輸入し、製薬利権を拡大。

クリントン時代には、ローンの拡大をし、ベイビーブッシュ時代にテロを演出して軍事費の消費図る。

そして、オバマ時代には膨れ上がった債務をメディアを使い偽りの情報を流し出したのである。

2016年トランプ政権になり、世界的な支配勢力との戦いが裏で展開されてきたという感じではないでしょうか?

参考になればと思い紹介しました。

日本の過去も、米国に追随する流れで、日本の大企業(NTT)の解体、自動車産業支援の裏で農業の崩壊、保険会社などでみられる外資企業の日本企業買収などにより、日本の所得は20年間増えず、医療社会保障費が50兆円の8倍になる異常な状況です。

日本の政治の問題点の真実を説明する、YouTubeがありますので紹介しておきます。

(真実を語る政党が奇跡を起こす!魂のスピーチ!)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・5月17日アメリカ共和国の復元・JFK大統領以降のDS政権の真実!

5月17日アメリカ共和国の復活です。

ということは、合衆国大統領は存在できなくなります。

5月20日ビッグイベントで何が起きるのでしょうか?

バイデン政権の選挙詐欺だけでなく、アメリカ共和国19代大統領としてトランプ氏の復活なのか?

それとも、現在の軍事政権を維持しながら、GESARAで規定された120日以内の選挙により、新たな大統領が決まるのでしょうか?

日本は、当面、米国で起きることに追随する形になるでしょう。

5月13日ころから、東京では護送車やヘリが飛んでいるようです。DS勢力の逮捕が進んでいるのでしょうか?

大転換の日が来るまでに、わかる範囲で過去の歴史をさかのぼり真実は何だったのか?精査しながら、生活に必要な資金の給付もあるようなので、未来のことをイメージしてみてはいかがでしょうか?

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

 

 

 

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました