トランプ・FBI家宅捜査を提訴!トランプ逮捕劇のシナリオとは!

トランプ大統領

8月22日・トランプ大統領は、FBIによるマー・アー・ラゴの家宅捜査の違法性を提訴した。

噂される、トランプ逮捕のシナリオをホワイトハット側の視点から読み解く。

8月23日の新たな情報は、バイデン大統領の2週間の休暇が発表された。

このタイミングの休暇はトランプ逮捕から隠れるためなのか?

トランプ大統領・FBI家宅捜査の提訴内容とは?

トランプ逮捕のシナリオ・ホワイトハットのからの解説!

以上について紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート8月23日版 ヘッドライン)

金融崩壊の差し迫った噂:

トランプ大統領が逮捕される
量子コンピューターが起動しました。
私たちは順調だ。
GREEN LIGHT
DIGITAL WAR
私たちが始めた理由を思い出してください。
私たちが失敗した場合、自由は失敗します。
…Q勝利、Q流出

私たちはアメリカ人です。

私たちは決して引き下がらず、屈服せず、

決してあきらめず、国家の防衛を決して譲りません。

私たちは国を愛しています。

我々は勝つために戦うだけだ」

…トランプ大統領

ジュディメモ: 

うわさ:「逮捕されるトランプ」はすでに日本で公開されています。彼らは私たちより半日早いです。

トランプは、Mar-a-Lago での FBI 強制捜査中に押収された文書に対する権限の移行を発表します。

 

(引用先:2022 年 8 月 23 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

トランプ大統領のFBI家宅捜査の提訴の内容とは?

トランプ大統領のFBI家宅捜査に対する違法性を8月22日夜に提訴したという。

その概要を紹介します。

(以下 レジスト・メインストリーム8月22日版より 抜粋)

トランプ前大統領と彼の弁護士チームは月曜日の夜、FBIが今月初めに行った「前例のない」「不必要な」Mar-a-Lagoの捜索中に押収した記録の独立したレビューを求める動議を提出し、彼のプライベートを検索する決定は2022 年の中間選挙のわずか数か月前に、「共和党の主要な発言力であるトランプ大統領を弱体化させることを目的とした政治的計算が含まれていました」。

月曜日の夜にフロリダ州南部地区連邦地方裁判所に提出された動議によると、トランプと彼の弁護士チームは、捜索中に得られた記録をレビューする特別なマスターを任命する命令を求めています。

特別なマスターが任命されるまで、政府による押収資料の再調査を阻止する。

司法省に対し、財産のより詳細な領収書を提出するよう要求し

政府に対し、捜査令状の範囲外で押収された物品を返却するよう要求する。

トランプ氏は月曜日の夕方、この動議は、私の家、3月にFBI捜査官などによる不必要で、不当で、非アメリカ的な侵入について、憲法修正第4条の下を含め、彼の権利を「強く主張している」と述べた。 a-Lago、フロリダ州パームビーチ。

「彼らは防犯カメラをオフにするよう要求しましたが、私たちは正当に拒否しました。

彼らは私の弁護士が家宅捜索で何が行われているかを観察するのを妨げ、『絶対にない』と言いました」とトランプ氏は声明で述べた。

「彼らは、許可されていない、弁護士依頼人および役員秘匿特権の対象となる文書を取得しました。

彼らは私のパスポートを取り上げました。

彼らは「安全なクラッカー」さえ持ってきて、私の個人用金庫に侵入することに成功しましたが、何も明らかになりませんでした!」

トランプ氏は、「私の家から不法に押収された文書の審査を直ちに停止するよう『司法』省に指示するよう要求している」と述べた。

以下 省略

トランプは、Mar-a-Lago での FBI 強制捜査中に押収された文書に対する権限の移行を発表します。

 

 

 

次に、トランプ大統領のメッセージがありますので合わせて紹介します。

(以下 まゆんさん 8月23日テレグラムより 抜粋)

FBIによる家宅捜査で米国政府を提訴

トランプ大統領のメッセージ

「フロリダ州パームビーチにある私の自宅「マー・ア・ラゴ」に、何十人ものFBI捜査官や、その他の人物が侵入したことについて、憲法修正第4条を含め、私の権利を強く主張する申し立てを行いました。

彼らは監視カメラの電源を切るよう要求しましたが、私たちは当然のことながらこれを拒否しました

彼らは、私の弁護士が襲撃で持ち出されたものを確認するのを妨害し、「絶対にダメだ」と言った。

彼らは、弁護士と依頼人の特権と行政特権で保護された文書を持ち出したが、それは許されないことだ。

彼らは、私のパスポートを奪った。さらに彼らは、「金庫破り」を持ち込んで、私の個人用金庫を破ることに成功したが、その結果……何も出てこなかった。

私たちは今、司法省に対し、私の自宅から違法に押収された文書の調査を直ちに停止するよう要求しています。すべての文書はすでに機密扱いを解除されています。

私たちは、襲撃で持ち出された資料の取り扱いを監督する特別捜査官(SPECIAL MASTER)の任命を要求しています。

さらに、司法省に対し、持ち出された私の財産の「植物」ではない本物の目録を提出させ、その財産が現在どこにあるかを開示するよう要求します。

私の自宅から不当に持ち出されたすべての物品を直ちに返却するよう要求します。

この不正で広範な令状は、わずか2ヶ月前に私が起こした重大な民事訴訟から、私に対する偏見と敵意のために自ら退いた連邦判事によって署名されました。

このマー・ア・ラゴへの侵入、捜索、押収は違法で違憲であり、私たちは、私の家への卑劣な襲撃の必要がなければ、彼らに渡したであろう文書を取り戻すために必要なすべての行動をとっています。

将来のドナルド・J・トランプ大統領図書館と博物館で必要になり、それらを国立公文書館に渡すことができるように…

私は、アメリカ国民、私たちの国、そして法の支配のために戦うことを決して止めません」

Donald J. Trump
We have just filed a motion in the U.S. District Court for the Southern District of Florida strongly asserting my rights, including under the Fourth Amendment o...

*解説:以上がトランプ大統領の提訴内容でした。押収した物品の返却を求めています。

FBIはかなり強制的な捜査をして、パスポートの個人的なモノの持ち出し、さらに、金庫破りまでしたようです。

トランプ大統領の提訴内容がこれから、メデイアでも流されて、FBIの行動を一般市民が知ることになるでしょう。

日本でも、元総理大臣経験者の自宅を家宅捜査する話は聞いたことがありません。

トランプ大統領の言うように、中間選挙3ヶ月前のタイミングを狙って仕掛けたように思いますがいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

トランプ大統領逮捕は避けられないイベントとなる!

次に、今回のトランプ大統領の家宅捜査から、噂される逮捕について、ホワイトハットの視点からの意味について情報がありますので紹介します。

この情報は、ミラクルズ・インテルという電話会議の8月21日の内容です。

 

(以下 まゆんさん 8月23日 テレグラムから引用します)

ミラクルズ・インテルの電話会議は、2022年8月21日(日)午後6時頃(日本時間)より開催されます。

プレコールは5:30PT / 8:30PM ETから開始されます。

 

日曜夜のカンファレンスコールには、多くのリスナーが参加してくれています。以下のリンクからご支援をお願いいたします。

2022年8月8日月曜日にFBIがフロリダ州パームビーチのマー・ア・ラゴにあるドナルド・トランプ大統領の自宅を不法に家宅捜索した後、早ければ先週から他の大きな出来事が続こうとしていることが予想されていた。

– そして実際に、2022年8月19日(金)、ドナルド・トランプ大統領が自身のTRUTHソーシャルアカウントからMAJOR、BOMBSHELLな発表を行ったことで、ドナルド・トランプ大統領の次の動きがついに判明したのである。
https://truthsocial.com/@realDonaldTrump/posts/108851592077264437

トランプ大統領の発表によると、かなりの反撃があるようで、多数のメディアで大きく報じられています。
https://welovetrump.com/2022/08/19/president-trump-major-strike-back-coming-after-mar-a-lago-raid/
https://www.thegatewaypundit.com/2022/08/trump-says-will-filing-major-motion-soon-response-fbi-raid-mar-lago/
https://www.foxnews.com/live-news/trump-mar-a-lago-raid-judge-schedules-hearing-on-potentially-unsealing-fbi-search-records

したがって、私たちは、まさにこの来週、トランプ大統領が用意しているものを見る可能性があり、それは、FBIの家宅捜索の合法性、および、他の憲法および公民権侵害とともに、彼の修正第4条の権利の侵害を問う、ある種の司法訴訟の形を取るかもしれません。

それにもかかわらず、カシュ・パテルやマイケル・フリン将軍といったトランプ大統領の最も著名なチームメンバーでさえ、ジョー・バイデンの腐敗した司法省とメリック・ガーランド司法長官によって彼が起訴されるのは避けられないという考えが共有されている。

そして、その後に、世界中の人々が見ることができるように、トランプ大統領を逮捕しようとするか、実際に逮捕するか、どちらかになる可能性があります。

今起きていることはすべて、”The Great Awakening “という名のMOVIEの主要な部分であることを忘れないでください。

 

これら一連のドラマチックな出来事の目的は、

FBI、司法省、メリック・ガーランド司法長官、そして偽の(P)住民ジョー・バイデンがいかに本当に腐敗しているか、率直に言って、常に腐敗していたかを、疑いの余地もなくアメリカ国民に実証的に証明することである。

– そして、すべてが終わったとき、150年以上にわたってディープ・ステートに支配されてきたアメリカ連邦政府全体がどれほど広く腐敗しているか、アメリカ国民の心にほとんど疑問を残さないだろう。

トランプ大統領が起訴され、そして/または逮捕された場合、「Q」が何度か保証したように、実際に刑務所に入れられるのはボディダブルであるかもしれないことを認識し、ドナルド・トランプは「100%絶縁」される。

言うまでもなく、米国史上最も人気のある大統領が、米国史上最も人気のない大統領によって逮捕されることは、米国民の間に大規模な怒りを引き起こし、同時に大きな絶望を引き起こすことになります。

実際、これは、私たちが何年も前から警告してきたように、わが国が経験する臨死体験になるだろう。

最終的には、米軍が介入し、トランプ大統領を監禁から解放することになるでしょうが、その時、大量の国民の覚醒、待望の「嵐」、緊急放送システム(EBS)、「10日間の開示」の引き金のようなものかもしれませんね。

いやはや、なんというイベントラインナップでしょうか。

結論として、私たちは「軍事行動計画」の最終局面にいることは間違いない。

そして、ハリウッドの大ヒット映画のように、この映画のエンディングは、主人公にとってすべてが失われたように見えるものになるだろう。

この場合の主人公は、私たちの愛する大統領だけでなく、私たちの国も同じようにそうなるだろう。

Truth Social (https://truthsocial.com/@realDonaldTrump/posts/108851592077264437)
Donald J. Trump (@realDonaldTrump)
A major motion pertaining to the Fourth Amendment will soon be filed concerning the illegal Break-In of my home, Mar-a-Lago, right before the ever important Mid-Term Elections. My rights, together with the rights of all Americans, have been violated at a level rarely seen before in our Country. Remember, they even spied on my campaign. The greatest Witch Hunt in USA history has been going on for six years, with no consequences to the scammers. It should not be allowed to continue!

*解説:ホワイトハット側の見方としては、FBIの自宅家宅捜査、逮捕されることで、バイデン政権、民主党、FBIの腐敗を国民が知ることとなる出来事だという。

逮捕・収監となった場合は、一定の世論の状況を見て、米軍が介入しての救出になるという。

逮捕の場合は、もちろんダブル役のトランプが収監され、本物のトランプ大統領は安全な場所にいるという。

米軍介入がすなわち、戒厳令、緊急放送となると説明されています。

この戒厳令が米国単独で行われるのか、世界的に行われるのかは言及されていません。

さあ、どう展開されていくのでしょうか?

歴史的な出来事になるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・トランプ・FBI家宅捜査を提訴!トランプ逮捕劇のシナリオとは!

いかがでしょうか?

トランプ大統領は家宅捜査を提訴しました。

次に起きるトランプ逮捕の可能性は高いようです。それも、バイデン政権、民主党、司法省、FBIの腐敗を国民が知るための逮捕劇です。

バイデン大統領は、再びの2週間の雲隠れ休暇に入りました。

これも、無責任政府を印象付ける作戦でしょうか?

数日でトランプ大統領逮捕!のスクープが世界を駆け巡るのでしょうか?

覚醒された読者の皆様は、慌てる廻りの人をエスコートする場面が訪れることでしょう。

関連する情報の記事やTwitterやテレグラムを見せれば良いのです。

人は自ら検索し、今、何が起きているかを知ることになります。

質問された場合のみあなたの考えを語れば良いのです。

そうすることで、日本人の波動意識が上昇して、日本の目覚めのイベントが近づいてくることになります。

人は一人で生まれ、一人で決断して、一人で眠り、目覚めます。

自分一人で、思考して、決断する機能を保持しています。

今が覚醒する時です。

人が自分の得意なことをして社会貢献し、磨かれて、成長するという本来の生き方に転換する時です。

他人の顔色をうかがいながら、選択することは終わる時です。

個人が輝いて、生き生きと暮らす生活ができるのです。

GESARAの黄金時代を、楽しんで、創造していく準備を整えましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*トランプ邸家宅捜査に関連する記事は↓を視聴願います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました