GCR完了!2月22日|JFKジュニア氏が生存しQであることも公表

トランプ大統領

2022年2月17日のジュデイノートにて、GCRの完了日が2月22日。

そして、JFKジュニア氏が生存しており、Qであることも発表された。

メディアは一斉にそれを無視!

2月12日のプーチン大統領とバイデン大統領の電話会談は嘘ではないか?との情報もある。

プーチン大統領が電話会談したのはフロリダにいるトランプ氏である。

これらの情報から、バイデン辞任説が急浮上してきた。

最新情報を紹介します。

 

RRN 2月16日版

 

スポンサーリンク

GCR完結は2月22日火曜日・・・最新情報とは?

2月17日のジュデイノートにて最新情報が出ていました。

GCRの完了が2月22日に完結するとのことである。

関係記事を抜粋して紹介します。

 

(ジュディノート2月17日版より抜粋)

ジュディ注: 

火曜日に。2022年2月22日(2-22-2022)世界には新しい銀行システムがあり、グローバル通貨のリセットが完了し、電話、自動車、医療機器が混乱し、新しいスターリンク衛星システムに切り替えられます。

1,000人以上のトラック運転手からなるフリーダムコンボイがDCに向かい、ワクチンの命令に抗議します。

惑星プルートは1776年7月4日以来初めて完全な革命を完了し、国民に権力を戻す米国国家の復活を知らせます。

 

A.グローバル通貨のリセットは火曜日までに完了します。2月22日(2-22-2022)。

アメリカの再生:火曜日に。2022年2月22日(2-22-2022)惑星プルートは、1776年7月4日以来初めて完全な革命を完了します。冥王星の帰還とはどういう意味ですか?人々に力を戻す。我ら人民。

火曜日に。2月22日、数百万の安全警報、自動車、医療機器を無効にする3Gネットワ​​ークシャットダウンが行われます。

専門家は、囚人の足首のタグから医療用モニターまで何でも警告しており、GPSシステムはオフになる可能性があります。

AT&Tは2月22日にシャットダウンする予定ですが、インターネットプロバイダーがより高速な4Gおよび5G信号に切り替えるため、他のAT&Tは12月までずらされます。

その同じ火曜日に。2月22日(2/22/22)新しい銀行システムが導入されます。

火曜日-水曜日 2月22日、23日、一般市民であるTier 5は、新しい国際レートで外貨の交換を開始する可能性があります。

火曜日に。2月22日何百万もの安全警報、自動車、医療機器を無効にするための3Gネットワ​​ークのシャットダウン。

専門家は、囚人の足首のタグから医療用モニターに至るまで、3Gモバイルネットワークが今年後半にシャットダウンされるとGPSシステムがオフになる可能性があると警告しています。

AT&Tは2月22日にシャットダウンする予定ですが、他のAT&Tは12月までずらされています、インターネットプロバイダーがより高速な4Gおよび5G信号に切り替えるにつれて、携帯電話は簡単に交換できますが、他のデバイスは取り残される可能性があります。

つまり、顧客がアップグレードするのに多額の費用がかかる可能性があり、命を救う技術になる可能性があります。

消費者レポートによると、変更によって妨げられた車両と自動車関連機器の数は、2019年に8000万台と推定されました。

テスラ、日産、トヨタ、レクサスが影響を受ける可能性があります。

約150万Nの盗難警報器とセキュリティシステムもアップグレードが必要になると言われています。

*解説:2月22日にGCRへの切り替えが米国で実施されるとのことです。

銀行システムも新しいシステムへ移行すると記されています。

2月22日はインタネットが遮断するために自動車の制御システム、安全システムが停止するために危険性を発しています。

いよいよ、始めるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

JFKジュニア氏がQであり、指揮をとってきた

JFKジュニア氏の生存について公表する情報は少し前から出始めていました。

しかし、今回の2月17日のジュデイノートでは公開したと明記されています。

嵐の到来

木曜日。2月17日JFKジュニアは、彼が生きているだけでなく、Q運動の扇動者でもあったことを発表しました。

「彼らは私を嵐の息子と呼んでいます。私の使命は嵐を歓迎することです。」
…JKFジュニア

主流メディアは世紀の物語について報道することを拒否します:

「ホワイトハウスの政府関係者の助けを借りて、オバマが率いるクリントンキャンペーンは、米国大統領トランプの座をスパイしました。」

引用先:2022年2月17日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:1999年に飛行機事故で死んだとされる、JFKジュニア氏がいよいよ生存していることを公表したようである。

そして、Qのムブメントとして先導してきたことも明かしたのである。

カナダのトラッカー達はカナダのオタワの次に1000人のトラッカーがワシントンDCを目指すという。

2月21日から7日間に注目である。

フリーダムウィークは月曜日に始まります。2月21日

 

スポンサーリンク

ロシア|プーチン大統領はバイデン大統領の電話を拒否しトランプ氏と電話していた!

2月16日のREAL RAW NWES(RRN)によると、12日にプーチン大統領はバイデン大統領の電話会談を拒否しトランプ前大統領と電話会談したことを報じている。

このことが、真実なら、バイデン政府とロシアで誰かが嘘をついていることになる。

しかし、プーチン大統領がウクライナ情勢に関して、トランプ前大統領と電話するということは

トランプ前大統領が実質の権限を保有していることになります。

関連した情報を紹介します。

(RRN 2月16日版より 抜粋)

Real Raw Newsは、プーチンがバイデンを合衆国の合法的な指導者として認めていないため、バイデンの電話を拒否したことを示唆する証拠を発掘した。

プーチン大統領はバイデンの電話を拒否しただけでなく、フロリダの司令部からロシアとウクライナの危機を積極的に監視している政権の主要な敵であるドナルド・J・トランプにも連絡を取りました。生のニュース。

「彼らは過去30日間に3回話し、プーチンが各呼び出しを開始した」と私たちの情報筋は述べた。

トランプとプーチンは友好的だが慎重な関係を維持していると彼は付け加えた。

「私は偽の指導者とは話しませんが、あなたと話します」とプーチンはトランプに語ったと伝えられています。

(引用先:バイデンが本当に大統領であるならば、なぜプーチンはトランプを呼んでいるのですか?

 

また、ジュデイノートにもトランプ前大統領が最高司令官であるという関連の記事があります。

(ジュディノート2月17日版より抜粋)

 2020選挙詐欺:

ジョー、何を隠しているの?Biden Adminは、ドミニオン投票機に関する爆弾レポートを埋めるよう裁判所に要請します:https ://www.westernjournal.com/hiding-joe-biden-admin-begs-court-bury-bombshel​​l-report-dominion-voting-machines/

トランプはまだ最高司令官兼最高司令官です。

(軍が選挙結果を追跡し、トランプが80%以上の差で勝利したことを発見したため、彼は決して辞任しませんでした。)

軍はショーを運営しています。

トランプは、計画を守るための顧問にすぎません。

彼は状況から身を引き離さなければならなかったので、軍隊が最終的にその中のステップがトランプから来ることができないように。

彼はずっとやってきたようにまだ戦っているだけなので、彼は現れなければなりません。

それはすべて光学系であり、彼は中立を維持する必要があります。

*解説:2021年1月6日より米国は反乱法を発動して、軍事政権に移行している事を裏付ける情報です。

米軍はトランプ前大統領を最高司令官として政権を運営している。

ロシア|プーチン大統領のバイデン大統領の電話拒否。

そして、プーチン大統領はトランプ前大統領と3回の電話会談をしていること。

バイデンは偽物が演じていることを公表してきたのである。

バイデン大統領のだめ役ぶりはいかがでしたでしょうか?

そろそろ、偽物の役割が終わるのも近づいている気配がしますね。

 

*バイデン大統領が偽物であるという関係の情報をまだ知らない方は↓の記事を視聴してみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCR完了!2月22日|JFKジュニア氏が生存しQであることも公表

いかがでしたか?

いよいよ、2月22日にGCRがアメリカで完了するようですね。

インターネットが遮断すれば大騒ぎになるはずです、その波及として、世界に影響がでます。

しかし、EBSの発動は、まだ、米国内も人身売買の地下トンネルの解体が住んでいませんので少し先のようです。

徐々に、JFKジュニア氏生存の話題がネット上を駆け巡るのでしょう。

そして、バイデン大統領の偽物説、米国の軍事政権の情報も流れてくることでしょう。

少しづつ、Qアライアンスの作戦が徐々に表に出てくる時になったようです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*JFKジュニア氏飛行機事故の記事は↓を視聴してみてください。

 

 

*Qアノンとは?詳しい記事は↓になります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました