クリントン家の大虐殺が終焉した!チェルシー・クリントン死刑執行!

人身売買の闇

9月11日に米軍により逮捕された、ヒラリー・クリントンの娘、チェルシー・クリントンの軍事法廷が10月25日から開かれた。

そして、数回の裁判の後11月6日に絞首刑となった。

30年間の大虐殺の終焉である。

重要な証人は、チェルシーの夫、マーク・メズビンスキーであった。

軍事法廷の概要を紹介します。

 

*引用先:REAL RAW NEWS (RRN 10月29日・31日・11月6日版)

チェルシークリントン軍事法廷:2日目

 

軍の囚人チェルシークリントン

 

チェルシー・クリントンがGITMOに吊るされた

 

 

スポンサーリンク

チェルシ・クリントン軍事裁判の概要!証言台には夫が立つ!

第1日めの10月25日の軍事裁判は、弁護士のハリソン氏への突然の電話で中断していた。

2日後の17日水曜日の再開の様子から紹介します。

(以下 RRN 抜粋)

チェルシー・クリントンの軍事法廷の1日目は、彼女の弁護士であるクリントン財団の弁護士であるロバートS.ハリソンが、裁判の結果を再形成する可能性のある緊急の電話であったとのことで、訴訟手続きから自分自身を免除したときに突然終了しました。

水曜日の朝に法廷が再開されたとき、ハリソンは眠れない顔にしかめっ面をして法廷に入った。彼は近づいて微笑んでいた手錠をかけられたチェルシー・クリントンのそばに座って、彼女の耳に何かをささやいた。

彼女の笑顔は突然暗くなり、ハリソンが前日の証人の証言を中断したことを委員会に深く謝罪したので、彼女は頭を下げた。

「私はあなたの 『新しい証拠』がうまくいかなかったと思います」とダース・E・クランドル少将はハリソンの不思議な電話について語った。

 

裁判は、軍事裁判はチェルシーの夫である、メズビンスキーを中心に開催されていった。

(以下 RRN 抜粋)

マーク・メズビンスキーがスタンドに戻り、クランダル少将はチェルシー・クリントンの夫としての初期の頃を振り返るように彼に頼んだ。

「最初は素晴らしく、至福で、穏やかでした。私たちは恋をしていた。私たちは決して戦ったことはありません。私たちはすべてを一緒にやりました。私は彼女の両親と激しく仲良くしました、そして彼女は私のものと仲良くしました。それは本当に天国で行われた結婚のようでした、そして私は彼女と一生を過ごすことを楽しみにしていました」とメズビンスキーは言いました。

クランダル少将はメズビンスキーに「最初」の意味を明確にするように求めた。

「私たちの結婚から約9か月で、すべてが変わりました。この甘い女性は偉そうな雌犬になりました。まるで電灯のスイッチが入れられたかのようでした。」

ハリソンは立ち上がって、クライアントの態度が裁判にかけられていないことに無礼に反対した。

“これは何ですか?あなたはチェルシー・クリントンを厄介で偉そうだと非難していますか?これはとんでもないことです」とハリソンは言いました。

「これは軍事法廷です、ハリソンさん、あなたには異議を唱える権限がありません」とクランダル少将は彼に警告しました。

*解説:チェルシーの夫メズビンスキーによると、結婚から9ヶ月目でチェルシーは偉そうな雌犬になったと証言した。

チェルシーは、ビル・クリントン夫妻の長女である、国民が羨むような家庭生活を蔓延していたのである。女王様のようなものかも知れません。

 

チェルシーの夫メズビンスキー

 

 

スポンサーリンク

結婚後チェルシーが変容した妻となった理由を語る!

チェルシーの夫・メズビンスキーはチェルシーが結婚後に偉そうに変容した理由を語り、その中に重大な犯罪が証言された!

その証言の途中でメズビンスキーの頭痛がひどくなり裁判は休廷した。

 

(以下 RRN 抜粋)

メズビンスキーは、チェルシーが愛する妻から母親の唾を吐くイメージに急速に変容した方法について詳しく説明しました。

「チェルシーとヒラリーから、チェルシーと一緒にいたいのなら、家業に参加しなければならないと言われました」とメズビンスキーは語った。

「表面的には、クリントン財団の法務業務を支援しています」とメズビンスキー氏は述べています。

「そして水面下?」クランダル少将は言った。

「私は、ヒラリーが担当し、チェルシーが参加した人身売買の輪にクリントンを結びつけた証拠を系統的に破壊しました。それが間違っていたことは知っていますが、私は彼女を愛し、彼女を維持するために必要なことは何でも盲目的に行いました」とメズビンスキーは言いました。 。

彼は、チェルシーが母親の指導の下で、米国とハイチで何百人もの子供たちの誘拐を監督したと主張した。

「クランダルさん、協力したいのですが、頭が痛いです。遅れたくないのはわかっていますが、明日も続けることは可能ですか?」メズビンスキーは尋ねた。

クランダル少将はその質問を熟考しているようだった。「協力のために、リクエストを承認し、木曜日の午前8時に再開します。」

*解説:メズビンスキーによると、妻は米国とハイチからの何百人もの人身売買を監督する仕事をしていたというのである。

そして、自分自身もヒラリーとチェルシーに強制されて、人身売買の証拠を隠滅する働きをしていたと証言したのである。

ヒラリーは当時、国務長官である。逆らうことはできななかったのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

再開された軍事裁判でチェルシーは証言した夫に罵声を浴びせる!

中断された裁判は翌日再開された。

( 以下 RRN 抜粋)

クランダル少将は、メズビンスキーに、逮捕時にチェルシーの借りたメルセデスの乗客だった3人のハイチの子供たちについて尋ねることでこの日を始めました。

彼らはしばらく前に国に輸入されました。いつなのか正確には覚えていません。それらはクリントン財団の友人への贈り物であることが意図されていました」とメズビンスキーは言いました。

「あなたがそこに持っている興味深い言葉。「輸入された」という言葉は、まるでマイクロチップやレタスの箱であるかのように使用します。

「誘拐された」と「密輸された」という言葉の方が適切だと思いますね。この友達は誰でしたか?」クランダル少将が尋ねた。

メズビンスキーは知らなかったと言った。彼は、チェルシーが子供たちをマサチューセッツ州ロックポートのホテルの部屋に連れて行く間、車の中で待つことになっていると主張した。

彼はまた、母親のように、密輸された子供たちを追跡する試みを阻止するために、適切な名前をアナグラムに解読不能にスクランブルしたため、若者の名前の知識を否定しました。

「あなたと被告が密輸された子供を小児性愛者の手に個人的に届けることは一般的でしたか?あなたは両方とも知名度の高い人々です。それは少し…危険で愚かではありませんか?」

「それはまれでした、そして彼女はそれが特別な配達であると私に言いました。その上、独占ゲームのように、刑務所のないカードから抜け出すことができました」とメズビンスキーは言いました。

「ジェイルフリーカードから抜け出しますか?それについて詳しく教えていただけますか?」クランダル少将は尋ねた。

「たとえば、なんらかの理由で、州の兵士、さらには連邦政府に引っ張られたとしましょう。彼らは1回電話をかけ、私たちを釈放しなければならないと言われました。質問はありませんでした」とメズビンスキーは言いました。

「メズビンスキーさん、地元の法執行機関と諜報機関がクリントンに従属していることを示唆していますか?」クランダル少将が尋ねた。

「もちろんです」とメズビンスキーは答えた。

クランダル少将は ヒラリー チェルシー・クリントンは、彼女と彼女の家族が小児性愛者に売った何千人もの子供たちの名前と、受取人の身元を知っていました。

「彼女はそうする」とメズビンスキーは言った。

彼の入場により、チェルシーはメズビンスキーに対して容赦のない暴言を吐き出し、彼を「背骨のない、申し訳ない男の言い訳、背骨、ボール、夫の貧弱な言い訳」と呼んだ。

あなたはあなたのクソ口を閉じたままにします、それはあなたがすることです、マーク。」

彼女の爆発は、法廷侮辱の露骨な軽蔑を示しており、裁判の残りの期間、猿轡かませられる恐れがある裁判所を尊重するように彼女に警告したとクランダル少将は述べた。

・・・(中略)

クランダル少将はパネルに十分な意見を聞いたかどうか尋ね、警官は満場一致でチェルシー・クリントンがすべての罪で有罪であると認め、人道に対する罪と無数の家族の命を破壊したことで処刑されることを勧めた。

クランダル少将によると、量刑は「数日で」始まるとのことです。

「彼女は絞首刑にされるか、GITMOで一生を過ごすでしょう」とクランダル少将は言いました。

*解説:チェルシーの夫は、チェルシーが人身売買の実行にも参画していた事を証言した。

そして、その証言を聞いたチェルシーは夫のメルビンスキーを夫の貧弱な言い訳。と暴言を叫んだのである。

犯罪者が発奮するような姿である。

救いようが無いようですね。

アメリカの司法や検察がクリントンの圧力の管理下に置かれていとことも暴露したのである。

 

 

スポンサーリンク

チェルシー・クリントンの判決は絞首刑!11月6日執行!

チェルシーは、裁判でまとも証言をすることもなく、夫に罵声を浴びせ、最後まで自分の罪を反省することはなかつた。

そして、11月6日にこれまでの絞首刑者と同じように吊るされたのである。

30年間続いた、クリントン家による大虐殺は幕を閉じたのである。

(以下 RRN 抜粋)

クリントンの有罪判決から2日後の10月28日、クランダル少将は6人の上級JAG将校に、クリントンを絞首刑にするか、グアンタナモ湾で生活するかを決定するよう命じました。

その時点まで、すべての処刑は、軍事法廷が殺人および/または反逆罪で有罪とされた後、絞首刑または銃殺隊に値する明確に定義された国会議事堂の犯罪で行われた。

クランダル少将は、アメリカ人とは対照的に、外国人の子供たちの人身売買は「水を濁した」と述べたが、クリントンの犯罪の深刻さは母親の犯罪と平行していることも認めた。

9日間、JAGの最も明るい法律家はクリントンの運命を熟考し、最終的にチェルシークリントンは実際に絞首刑に処せられると結論付けました。

「彼女が有罪判決を受けたチェルシー・クリントンの犯罪、そして子供の安全と福祉を無視したくないということは、死刑を支持するしかないのです。彼女の法廷での彼女の痛恨の欠如は、生涯の投獄は彼女に利益をもたらさないと私たちに信じさせます」と彼らは覚書に書いています。

自分の運命を知ると、クリントンは涙を流しながら倒れた。

「あなたは私を吊るすことはできません、私は母親です、私の子供たちはどうですか。彼らは母親がいないままになるだろう」とクリントンはクランダル少将に言った。

「何千人もの母親と子供たちの生活を台無しにする前に、あなたはそれについて考えるべきだったと思います」とクランダル少将はスナップしました。

「代わりにマークを吊るしてみませんか?どうして彼をぶら下げないの?」クリントンは尋ねた。

「彼は私たちに協力してくれました」とクランダル少将は答えました。

 

そして11月6日の朝、チェルシークリントンの首が折れ、30年以上にわたるクリントンの大虐殺が終わりました。

RRNは、絞首台で命を落とした他のディープステートエージェントのそれと非常に似ていたため、実際の吊り下げの詳細を詳しく説明する必要はないと感じました。

*解説:チェルシー自分の死刑判決を聞いて、涙を流した(反省の涙でなく悔し涙でしょう)が、その後に夫を吊るしませんか?といったのである。

呆れてしまいます。

これまで、どれだけの犠牲者がどんな無念を抱いて亡くなっていつたのか?

それを考えることもできないように変質化していたようである。

クリントン家による、人身売買が30年も続いた事がアメリカが異常な状態になっていたのである。

正しいさを訴えるものが圧力を受けたり、命を脅かされる社会となってしまっていたのである。

犠牲者のご冥福を祈ります。m(_ _)m

30年も続いた、クリントン家による人身売買の犯罪が終焉したことは安堵感を抱きますね。

 

最後まで、ご視聴ありがとうございました。

 

さらに、関連記事に興味ある方は👇の人身売買の闇・アドレノクロム・軍事裁判を

タップしてご視聴願います。

人身売買の闇

 

アドレノクロム

 

軍事裁判

タイトルとURLをコピーしました