バイデン大統領のダブル・アーサー・ロバーツはWHOを訪問・目的は?

デクラス 機密解除

5月24日のREAL RAW NEWSのマイケル・バクスター氏の投稿により、バイデン大統領本人は、現在、デラウェアの自宅に保護されており、俳優のアーサー・ロバーツ氏がバイデン大統領のダブルとしてDSの役割を演じているとのことである。

バイデン大統領の容体は?2021年6月に脳梗塞を発症していた!

バイデン大統領ダブルのWHO訪問の目的は?

また、新たなデクラス情報が掲載されましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

本物のバイデン大統領はどこに?容体は?2021年6月に脳梗塞を発症していた!

インテル情報として、バーガー将軍の情報筋が伝えた情報を紹介します。

(以下 REAL RAW NEWS RRN 5月24日版より抜粋)

本物のジョセフ・R・バイデンがデラウェア邸の地下室の保護された範囲に座っている。

本物のバイデンは地下室を離れない老人の人形であることを理解することが重要です。

ディープステートは、コビッドが実際に何百万人ものアメリカ人を殺したと確信し、地下室にとどまるよう警告しました。

彼はコビッドをとても恐れているので、密閉されたドアを設置しました。

彼は自分の世界にいて、地下室の外で何が起こっているのかわからないが、彼のダブルロバーツは彼だとわかっているが、テドロスアダノムゲブレイエスに元の修正を与えるだろう」とバーガー大将の事務所の情報筋は述べた。

俳優のアーサー・ロバーツは、以前に報告されたように、公開イベントや記者会見でバイデンを説得力を持って描写しました。

ホワイトハットによると、ロバーツはそれ以来、バイデンのマナー、歩行、老衰、および発話パターンを模倣するための広範なトレーニングを受けています。

(引用先:バイデンドッペルゲンガーがジュネーブのWHOを訪問

次に、昨年6月、本物のバイデン大統領が入院中に脳梗塞を起こし、それを隠すという記事について紹介します。これも情報元はRRNの2021年6月18日版になります。

(以下 RRN 2021年9月23日版より 抜粋)

本物のジョセフR.バイデンが2020年の大統領選挙の直後から公に見られなかったというのは、RRNの主張です。

その理由は、2月初旬に彼が大規模な脳卒中を患い、脳死を余儀なくされ、ウォルターリード国立軍事医療センターに入院し、それ以来昏睡状態に陥っていたためです。

バイデンのディープステートハンドラーはカマラハリスに大きな期待を抱いており、彼女が彼の後を継ぐことを意図していましたが、リベラルな基盤を合体させるために必要な頑強さと精神的鋭敏さが不足していることがすぐに明らかになりました。

彼女の悔しさの多くは、ディープステートが説得力のあるジョーバイデンを演じることができるボディダブルの交換を求めている間、彼女はバックバーナーに置かれました。

 

*解説:バイデンは2020年大統領選挙の時から、偽者が演じていたというのです。

カマラ・ハリス副大統領では課題があり、ダブル(代理人)を立てて行くことを決めたようです。

信じられない話ですが、現実的にバイデンの2019年の顔や表情は、2020年以降では違うということが話題になっています。

(ネットに出ているバイデン・ニセモノ偽者の画像)

バイデンは辞任するのかい❓ | まず問うや言う民☆Mとしお捕物帖

したがって、5月22日より来日したバイデン大統領はアーサー・ロバーツ氏のダブルの可能性が高いことになります。

次にアーサー・ロバーツ氏の演技力についての記述がありますので紹介します。

 

*バイデン大統領は俳優のアーサー・ロバーツが演じているという関連記事を↓に紹介します。

 

スポンサーリンク

バイデン大統領ダブルのWHO訪問の目的は?

バイデン大統領ダブルが、WHOテドロス事務局等に密会する目的は、アメリカの医療制度管理の権限のWHOへの移譲であるという。

(以下 RRN 5月24日版より 抜粋)

83歳のアーサー・ロバーツは、世界保健総会でジュネーブのWHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイエスに密かに会うことが期待されています。

ロバーツがアメリカのディープステートを代表して、米国の医療制度の管理をWHOのグローバル主義者に委ね、ワンワールド政府に向けてさらに前進するイベント。

5月9日、OANやワシントン・フリービーコンなどの保守的なメディアは、非合法政権が世界的大流行への対応に関するWHOの権限を強化する一連の修正案を起草したことを明らかにしました。

(筆者注釈:OANとは、小規模な新興ケーブル局の「ワン・アメリカ・ニュース(OAN)」)

 

明らかになるまで、政権はWHOに保健当局を譲る意図について公に言及していませんでした。

しかし、このリークにより、ドキュメントの作成者であるRochelle Walensky、Xavier Baccara、およびAnthony Blinkinは、大幅に編集および編集された修正案を公開するようになりました。

公の消費に利用できる改訂は、政権のいやらしい悪意のあるデザインを伝えるいくつかの重要な段落を省略しています。

「ロバーツが修正案を手渡したとき、テドロス・ゲブレイエスがバイデン以外の誰かだと疑う可能性は低い」と私たちの情報筋は述べた。

公に利用可能な修正からの重大な省略は、第11条第4項の元のバージョンに現れ、次のように書かれています。ガバナンスは、パンデミックが終了するまで、再び長官の裁量で、地域、州、および連邦当局に取って代わるものとします。

その単一の段落は、テドロス・アダノム・ゲブレイエスと世界保健総会、WHOの主要な意思決定機関に、米国でマスクと予防接種の義務を強制するだけでなく、旅行を制限し、ロックダウンと滞在を課す能力を与える一方的な権限を与えます-アメリカ市民に対する在宅命令

さらに、WHOは、封鎖違反者を監視するふりをして、市民に対してデジタル監視を実施する自由な能力を持っているでしょう。

「当然、私たちはこの状況を注意深く見守っています。彼らのCovidスキームが崩壊したとき、彼らが何か新しいことを試みるだろうと私たちは期待していましたが、私たちは彼らがこのサル痘の恐怖にすぐに行くとは思っていませんでした」と私たちの情報源は言いました。

*解説:5月25日より28日まで、WHOが主催する世界保健会議がスイスで開催されています。そこで、サル痘へのパンデミックが伝えられているようである。

バイデン大統領のWHOへの訪問は、アメリカの医療管理権限をWHOへ委譲する内容だという。

これから、メディアではWHOがこれまで以上に、米国内の医療管理に対して指示を出すニュースが報じられることになるでしょう。

そして、ホワイト発側の作戦は、WHOに賛同する議員、メディア、製薬会社、医療機関などの勢力を選別することになるのでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・バイデン大統領のダブル・アーサー・ロバーツはWHOを訪問・目的は?

バイデン大統領に関するデクラス(機密解除)情報でした。

この後のイベントである、サル痘の脅威が出されてきます。そこにWHOが米国に医療管理規制を指示、提案を出すことになるでしょう。

その、WHOに賛同する組織はどこか?議員や経済人は誰かを見ていくとDS側の人脈が見えてくるでしょう。

その、流れは、日本でも同じことが言えます。

ホワイトハット側の作戦は、DS、カバルが計画してきたことは全て、実行させて、後に行われるDS達の犯罪計画を国民が理解できるようにするためのようです。

よくある、陰謀論と言われない為に、確かな陰謀のエビデンス(証拠・裏付け)つくりとDS勢力を炙り出して事実に基づく大量逮捕を行うためのようです。

日本の言論界でも、WHOの発言に加担する著名人が浮き彫りになることでしょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*バイデン大統領・偽者に関連する記事はこちらです。

 

 

 

*パンデミックに関する最新記事はこちらです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました