デクラス・宇宙の秘密の開示はじまる!アポロ11号月面着陸は嘘!

デクラス 機密解除

2022年4月29日ホワイトハットの情報で、アポロ11号に関係する記録が破壊されたとの投稿がありました。

アポロ11号は月に行きましたか?

あれから50年経ち、再び月面へ行っていない。

有人の宇宙探索の技術は進んでいないのあなぜか?

NASAの開発資金はどこに消えた?との内容です。

地球・月の公転説のデクラス(機密解除)が開始するのでしょうか?

地球平面説(フラットアース説)のデクラスでしょうか?

記事概要を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

「月に行かなかった場合、月に行くために費やしたすべてのお金はどこに行きましたか?・・・ホワイトハットインテリジェンス

では、早速、ジュディノート投稿の記事を紹介します。

(ジュディノート4月29日版より 抜粋)

ホワイトハットインテリジェンス:「月に行かなかった場合、月に行くために費やしたすべてのお金はどこに行きましたか?

50年前、NASAは、月まで23万マイル離れた場所を移動するシャトルクラフトの技術を持っていたと思われます。

このシャトルはガスのタンクを1つだけ必要とし、問題なくヴァンアレン放射線帯を簡単に(おそらく)通過できました。

今日[彼らのNASA]は、50年前以来、1000分の1の距離しか移動できませんでした。

当時[彼らは]今日のスマートフォンの100万分の1の強度と能力しか備えていませんでした。

今日、アポロ11号シャトルクラフト/ブループリントとオリジナルビデオのすべての証拠が破壊されました。

この歴史的な旅と記録から何も救われていません。

残っているのは、いくつかのクリップで異なる光源からの3つの異なる影を示す月面着陸の編集されたビデオです。

背景に星はありません(後で追加されます)。

50年間、地球の写真が1枚だけ公開されました。

宇宙飛行士はインタビューをしないように警告され、めったにインタビューをしませんでした。

NASAが50年前に月に行ったとしたら、彼らは今までに火星やそれ以降に旅行する今日の生活に技術とビデオを持っているでしょう。

しかし、NASAは、1969年よりも100万倍強力な今日までの最も洗練されたコンピューターとテクノロジーを使用しても、アポロ11号の旅を再現することさえできません。

すべてのアポロ11号の機器が破壊されました。

元のビデオテープはすべて破壊されました。

オリジナルのブエプリントはすべて破壊されました。

彼らが証拠を破壊しない限り、誰もこの歴史的なランドマークの破壊と米国の世界史の旅をすることはありません。

今日、森の中や都市から遠く離れた高地や峡谷、海では優れた電話サービスを利用できませんが、1969年には、15万マイル離れた宇宙飛行士と話すための完璧なテクノロジーを持っていたようです。

月への途中を旅しているふりをしているアポロ11号の宇宙飛行士の偽のビデオを漏らしたNASAの内部告発者によって出てくる映像があります。

地球と月の間の放射場は25,000マイルの厚さです。今日まで、彼らは放射線帯を通過する技術を持っていません。

NASAの宇宙飛行士であるテリーバーツ大佐、キャスリーンルービンス博士、ケリースミス博士(NASAエンジニア)は、NASAの公式ビデオで、危険な放射線のヴァンアレン帯を通過した地球の低軌道をまだ超えていないと述べています。

これは、まだ誰も月に着陸していないことを意味します。(現在、NASAの3人の従業員全員が一般の人々と話すことを禁止されています)。

考えてみてください。

小さなスペースシャトルが地球を離れるにはどうすればよいでしょうか。

地球は時速1,000マイルで回転し、弾丸の4倍の速度で宇宙を飛行しています。

NASAシャトルが地球を離れて、ガスのタンクで往復50万マイルを移動し、25,000マイルの放射線帯を通過し、NASAの計算能力が100万分の1未満だった1969年に、完全な無線通信を行うにはどうすればよいでしょうか。

今日のスマートフォンと、なぜアポロ11号のすべての証拠が破壊されたのですか?

これは別の選挙についてではありません。

これは、カバルの偽りの嘘の終盤とディープステートの崩壊、NASA、CIA、ワールドバンクス、ビッグファーマ、ビッグテックについてです。

引用先:2022年4月29日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:記事は、アポロ11号に関する記録が破壊された。残存するビデオの背景に星は映っていない。

さらに、地球を取り囲むヴァンアレン放射帯を越えた人はいないという科学者の証言。

これは、人類が月に行っていないことだけでなく、地球公転説の否定、惑星の否定に発展するデクラス(機密解除)の始まりでしょうか・・・

注釈:ヴァンアレン放射帯とは、地球の磁場にとらえられた、陽子(陽子線)、電子(ベータ線)からなる放射線帯(この放射帯に侵入すると被爆する)。1958年にアメリカ合衆国が打ち上げた人工衛星エクスプローラー1号に搭載されていたガイガーカウンターの観測結果より発見された。名称は発見者であるアメリカの物理学者、ジェームズ・ヴァン・アレンに由来する。 

内帯は赤道上高度2,000 – 5,000kmに位置する比較的小さな帯で、陽子が多い。外帯は10,000 – 20,000kmに位置する大きな帯で、電子が多い。

紫色のゾーンがヴァンアレン放射帯

 

スポンサーリンク

アポロ11号月面到着は嘘というSNS情報とは?

SNSには、多くのアポロ11号嘘に関する情報が出ていますので紹介します。

・ウィキリークスがネバダ砂漠で撮影された月面着陸シーンをリリース

2021年12月12日の16:10UTCに最初に公開されました

 

*動画は約12分で、撮影風景からバギー車の走行、無重力状態は水中撮影を合成、探査機での着陸していく構成です。

これを、左翼の偽造動画という声もあります。

しかし、これだけの大掛かりな画像作成は簡単ではないと思われます。

 

次の動画はさらに、詳しく解説しています。

・アポロ11号の欺瞞:月面着陸プログラミング 🚀

25,376 回視聴
2019/09/28

*動画は20分と長いですが、宇宙の低軌道(ヴァンアレン放射帯の下を指す)を越える技術が2020年代に開発できるといっています。ということは、まだ、低軌道を終えていない裏付けです。設定(モニタ右下の*設定)で再生速度を1.5倍で聴くことをお勧めします。

日本語字幕がありますので理解しやすいです。

 

・高性能カメラで撮影した画像がNASAの画像と違い嘘がバレる

 

 

 

 

 

*高性能カメラで撮影した画像とNASAが提示する画像の違いで、惑星の存在に疑問げ浮上しています。

 

スポンサーリンク

NASAの開発予算はいくら?

アメリカ航空宇宙局NASAの年間予算はいくらでしょうか?

(空畑さんのブログより紹介します。NASAが2022年度の予算要求を発表。)

5月29日、NASAは2022年度の予算要求を発表しました。総額は2021年度予算を15億ドル以上超える、248億ドル(約2.7兆円)です。

2022年度の取り組みの柱となるのは、
①国内外の気候危機への対応
②米国の国際的地位の回復
③人種と経済格差の公平性追求
④経済成長の促進
の4項目です。

NASA長官のビル・ネルソン氏は、声明文の中で、4つの柱は米国政府の目標に沿ったものであることを説明したうえで、

「NASAのミッションが気候変動の研究と科学プログラムへの投資を増やし、NASAが次世代のプラットフォームを構築することを可能にします」

と環境分野と科学プログラムへの意欲を示しました。

*解説:2022年度のNASAの予算は2.7兆円だそうです。

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の予算約1.5兆円あります。

仮に、宇宙が嘘だということになれば、これまでの予算はどこに消えたのでしょうか?

世界では、年間20兆円もの予算が使われてきました。

驚きの金額が嘘だとしたら、唖然とします。

今後明らかになることを期待します。

スポンサーリンク

まとめ・・・デクラス・宇宙の秘密の開示はじまる!アポロ11号月面着陸は嘘!

いかがですか?

これまで、ホワイトハットは、宇宙疑惑については口を閉ざしていました。

2022年4月になり、アポロ11号の月面到達を疑問視する記事を上げたのです。

宇宙は存在しない。惑星は存在しない。

地球は自転も公転もしていない。

地球は平面だ!

という疑惑の情報はいくつも出ています。

今、その疑惑を問題提起したことは、宇宙論についてこれから、デクラス(機密解除)されていく信号のような気がします。

年間、世界で20兆円もの予算が何に使われたのか?が問われるようです。

最後まで、ご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*フラットアース節についての記事は↓を参照願います。

驚きの情報です。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました