ロンドン橋計画は崩壊!ロンドン橋作戦とは?イルミナティの作戦だった!

イルミナティ

【更新情報】

2022年9月8日、エリザベス2世の死去の公表がされました。

この公表は、英国の王室の崩壊を示すものとされます。

インテル情報では、7月18日にジョンソン首相が辞任を公表した時も、ロンドン橋落ちた!という情報が流れました。

9月8日正式に表のメディアから、訃報が流れましたので追加しました。

 

(以下BBCニュースより)

英王室は8日夕、エリザベス女王が滞在中のスコットランド・バルモラル城で亡くなったと発表した。

96歳だった。王室は声明で、「女王は本日午後、バルモラルで穏やかに亡くなった」と発表。「国王と王妃は今晩、バルモラルにとどまり、明日ロンドンに戻る」と発表した。

エリザベス女王の死去を受けて、長男チャールズ皇太子が国王となった。これからイギリスの追悼の先頭に立つ。

国王は正式名がチャールズ3世となる。チャールズ国王は声明を発表。

「私の最愛の母である女王陛下の死は、私と私の家族全員にとって最大の悲しみとなる瞬間です。

私たちは、大切な君主であり、とても愛されていた母の死を深く悼んでいます」とした。

(引用先:英エリザベス女王、死去 英王室発表

2022年2月20日、イギリスバッキンガム宮殿でエリザベス女王が、コロナ感染したというニュースが流れた。

いよいよ、イギリス王朝はエリザベス女王の死去を機会に、「ロンドン橋作戦」を計画していた。

ロンドン橋作戦とは?ロンドン橋が落ちる!とも言われる作戦である。

ロンドン橋作戦は崩壊したというのである。その意味とは?

 

もうひとつの情報がある・・・

2022年2月22日|

それは、JFKジュニア氏が飛行機事故で死亡したとされる1999年7月16日より、

22年222日が経過する日である。

死の日から自由の日までを意味するという。

2022年2月22日に自由を象徴するイベントが起きるのか?

関連した情報を紹介して、2月22日に起きることを考察してみました。

 

 

スポンサーリンク

ロンドン橋作戦とは?イルミナティの作戦だったのか?

ロンドン橋作戦とは、SNSではよく見かけますが、その作戦の中身の情報はありませんでした。

エリザベス女王死去の後のイベントを指す。という程度でした。

しかし、その作戦は国家機密であり、イルミナティ側の重要な意味を持つものという。

その概要の一部情報がありましたので紹介します。

 

そもそもロンドン橋作戦とは?メデイアでの情報!

ロンドン橋作戦で検索するといくつかの情報が掲載されています。

その中で、代表的なウィキペデイアより、概要を紹介します。

(ウィキペデイアより 抜粋)

【概要】

ロンドン橋計画(ロンドンばしけいかく、英: Operation London Bridge)とは、エリザベス2世が死去した後にイギリスで執り行われる各種行事などの計画のことで、「ロンドン橋が落ちた」(London Bridge is Down)というコードネームでも知られる。

具体的には、女王の死の公表、公式な服喪期間、国葬の詳細などがそこで検討されている。

その内いくつかの重要な項目は女王自身が決定しているが、女王の死後にその後継者(息子のチャールズ)が決定するものもある。

 

計画の詳細を少し紹介します。

【計画】

エリザベス2世の王室秘書官(英語版)が女王の死を伝達する最初の官僚(縁者でも医療関係者でもない者)となる。

最初に行なわれるのは首相への連絡であり、王室秘書官は盗聴防止電話で「ロンドン橋が落ちました」とコードフレーズを伝える[1]

内閣官房長と枢密院事務局も王室秘書官から知らせを受ける[8]

次いで、内閣官房長は大臣や高級官僚らに連絡をする。

外務・英連邦省の、ロンドンにある所在非公表のグローバル・レスポンス・センターは、エリザベス2世が女王である他の15の国(英連邦王国の国々)の政府へ、そしてイギリス連邦の国々の政府へ、女王の死を知らせる[1]

政府のウェブサイトとソーシャル・メディア・アカウント、および王室のウェブサイトは黒地に変えられ、急を要さないコンテンツの発信は取り止めになる[8]

以下つづく・・・

詳しくは、引用先:ロンドン橋計画 を参照願います。

*解説:公開されているロンドン橋作戦は、女王の死去の連絡順序と伝達方法が説明されているようである。

国内、そして、海外への伝達と葬儀の内容が取り決められた計画のようであり。

詳しい内容は機密扱いのようである。

一つ言えることは、上記のような女王死去の伝達や葬儀計画であれば、わざわざ、ロンドン橋作戦というコードネームを付ける必要があるのだろうか?という疑問である。

その裏では、女王死去の喪に服す間に、何かの策略があるのではないかと感じてしまいます。

皆様はいかかでしょうか?

次に、ロンドン橋作戦は崩壊した!という記事があります。

ジュディノート2月20日版より紹介します。

 

スポンサーリンク

ロンドン橋作戦は崩壊した!その意味は?

ジュディノート2月21日版より 抜粋します。

K.ロンドン橋計画が崩壊している:

女王はバッキンガム宮殿でcovid-19の陽性反応を示しました。

私たちは皆、女王がしばらくの間死んでいることを知っています。

(筆者注釈:女王がしばらく前に死んでいる・・・ではないだろうか?)

彼らはロンドン橋計画の準備/ステージングを行っています。

世界で最も強力なディープステートロイヤルの1人の死の中には他にも暗い計画があります。

システムは崩壊するでしょう。

それは権力のための戦いです!!!

MI5、MI6、モサド、CIAは、何百年にもわたる人身売買の秘密を守るために戦っていました。

これは、世界のエリート、銀行、パンデミックにつながる暴君的なシステムです。

英国のWordis White Hatsは、英国陛下と、バチカンペドシステム/エプスタイン/ゲート/クリントンおよびデータバンクの世界のディープステート大統領に接続された貴重な情報を保持するサーバー、盗まれたコンピューター、インターネットキーの戦いを公開します。

*解説:ジュデイノートでもロンドン橋作戦の内容については、はっきりとした記述はありません。

しかし、「これは、世界のエリート、銀行、パンデミックにつながる暴君的なシステムです。」

という部分です。

つまり、世界的なエリート、銀行に有益になる政策が仕掛けられているのかもしれません。

そして、英国内のホワイトハットは、英国陛下・バチカン・エプスタイン・世界のディープステートの大統領との人身売買の秘密を公開する!という公表です。

どうも、人身売買の闇は相当深いようです。

いよいよ、それが暴露される日が近づいているようですね。

 

 

スポンサーリンク

JFKジュニア氏の死1999年7月16日より22年と222日何が起きる!

2022年2月22日がJFKジュニア氏の死後22年222日目となる。

そして、2月22日火曜日は自由の日であるという。

最近では、2月22日はGCRの完了日。

JFKジュニア氏が生存しており、Qであることも発表された。

(そのことは、メディアはいっさい公表していない)

ジュディノート2月20日版での関連情報を紹介します。

 

ジュディ注:

考えてみてください。JFK Jr.は、 1999年7月16日の飛行機墜落事故で「死亡」しました。

しかし、JFK Jr.は、父親のジョンF.ケネディ大統領が殺害されたQ運動を続け、世界的な軍事帽子とホワイトハットを形成したと言われています。

トランプ大統領の副大統領を務めていました。

1999年7月16日のJFKジュニアのいわゆる「死」の日から

火曜日の自由の日までは22年222日です

2022年2月22日 。では、火曜日に何が起こるように設定されていたのでしょうか。

引用先:2022年2月21日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:ジュデイノートの投稿では、意味深な表現をしています。

2月22日の計画とは何でしょうか?

どのような形で、JFKジュニア氏は国民の前に姿を現すのでしょうか?

ジュデイノートにもう少し、2月22日に起きることの記述がありますので引き続き紹介します。

 

2月22日関連情報

火曜日に。2022年2月22日、冥王星は1776年7月4日以来初めて完全な革命を完了国民に権力を返す国の復活を知らせます。

その同じ火曜日ダーラムレポートの露出は、子供/人身売買の真実のテープが出てくることを含むドミノ効果をもたらす可能性があります。

その同じ火曜日、USA Freedom TruckConvoyが始まります!!

その同じ火曜日、彼らは大暴落が来ると言った!2月22日を監視します。グローバルリセットに関するすべてをここで監視します:https ://greatawakening.world/reset1

その同じ火曜日に、グローバル通貨リセットはグローバル中央銀行システムを引き継ぎ、209カ国は互いに1:1の比率で取引される金と資産担保証券を持ちます。

その同じ火曜日、グローバル通貨リセットの要であるイラクは、ディナールの新しい国際為替レートを発表するでしょう。

その同じ火曜日に、Tier 4B(私たち、インターネットグループ)は、世界中の償還センターで償還/交換の予約を行う方法についての電子メール通知を受け取り、それらの交換が開始されます。

その同じ火曜日、またはおそらく2月23日水曜日までに、一般の人々は新しい国際レートで銀行で外貨を両替できるようになるでしょう。

*解説:2月22日は、国民に権力復活の知らせ、人身売買の秘密の暴露、GCRの実行をイラクからの公表などのイベントが記されています。

エリザベス女王のコロナ感染から、ロンドン橋作戦が実行されたなら高い確率で、大きな公表がされるかもしれません。

これだけの、イベントは、いよいよEBSの開始が起きるのでしょうか?

EBSはいつ起きてもおかしくない状況となっています。

ただし、世界には人身売買の地下トンネルからの子供たちの救出が続いているという情報もあります。

Qアライアンスやトランプ大統領は人命を最優先すると聞いています。

もう少し、先になることも考慮しておきましょう。

ただし、食料などの数日間の備蓄など、準備はしておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ロンドン橋計画は崩壊!ロンドン橋作戦とは?イルミナティの作戦だった!

ロンドン橋作戦は起きるのでしょうか?

そして、2月22日のJFKジュニア氏飛行機事故から22年222日が経過する日に、大転換のイベントが起きるでしょうか?

エリザベス女王コロナ感染とJFKジュニア死亡から22年と222日の記念日。

2月22日の情報を待ちましょう。

イルミナティによる支配を恨むのではなく、私たちがこれから、愛と平和の社会の中で何をすべきか?

準備をしておきませんか?

私は、身体に優しい農作物(無農薬農法)、日本の古来の文化の伝承などに関わっていきたいと思っています。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

JFKジュニアジュニア氏の飛行機事故についての真相に興味ある方は↓の記事をオススメします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました