米大統領就任式は録画か?裏側の真実は?トランプ氏はいつ戻るのか?

国際

1月20日ワシントンDCではバイデン大統領就任のライブが流れる。

トランプ大統領は20日の早朝に最後の演説をして、フロリダに向かいました。トランプ支持者の方は残念な結果となりました。

トランプ氏を応援していた方々は、20日に何かが起きると期待していたかと思います。

その後、バイデン大統領就任のライブが録画であったとの情報が多数出てきました。さらに、バイデン大統領のYouTube動画にgoodボタン3600件・バットボタン13000件の異常値を示すことが話題に挙げられています。

また、バイデン氏の車列が軍の目を通過する時に、軍隊は敬礼をせず背を向けている隊の姿勢も出ています。

これらの、状況から何が起きており、今後進むべき道についてまとめてみました。

スポンサーリンク

大統領就任式はライブでなく録画だった!

多数の録画情報が出ています。ライブ放送の時間のずれが3秒ほどあるもの、天気の違いを指摘するものが出ています。

さらに、編集をしたという証拠のバイデン氏が二人写っている画像までで出てきました。

録画情報1

ライブであるはずの動画画面の進行が3秒ほどずれています。

録画情報2

議事堂のライブ画像(左)と就任式のライブ画像(右)と日差しの感じが異なる。

録画情報3

Twitterで1月20日の議事堂ライブ画像は曇り(下)、就任式ライブ画像は日差しあり(右)

録画情報4 

バイデン氏がなぜか二人写っています。

スポンサーリンク

バイデン大統領の演説にbadボタンがgoodの数倍も!

ホワイトハウス公式ページのジョーバイデンの就任式ビデオは人気がなく、「非公開」になっています。

 

その他、Twitterでも低評価が紹介されています。

4年前のトランプ大統領(左)とバイデン大統領(右)の観客の差は歴然

 

バイデン大統領の車列が通る時の州兵の姿勢は?敬礼していない

*解説:バイデン大統領は市民、軍にも指示されていないことがわかる事実ではないでしょうか?バイデン大統領歩む道は、いばらのような道になるようですね。

スポンサーリンク

1月20日の軍事作戦に異変が起きたか?

20日を間近に控えたワシントンは厳戒体勢であった。

ワシントンDCには24000人を超えるという州兵が配置されており、また、外出を自粛するYouTubeが拡散されていた。

そして、18〜19日には一般市民の方は外に出ないようにとの呼びかけのインテル情報として、YouTubeが話題を呼んでいました。

トランプ大統領の行動は?

トランプ大統領は、AM8時すぎにホワイトハウスを後にして、最後の演説を行いフロリダへ旅立った。

その演説の最後にまた、何らかの形で戻ってきます!と話していました。

その全文の翻訳動画を紹介します。

筆者は、その表情や声には、自信に満ち溢れたものを感じました。

トランプ大統領がバイデン大統領に送った手紙

慣例となっている前大統領が新大統領へ送る手紙の内容が公表されています。

その中では、『ジョーよ、俺が勝ったの知ってるだろ』という情報が出ています。

 

*解説:24000人の州兵が動員された中、そして外出を自粛する情報が出ており、1月20日までに何らかの動きがあると予測されていましたが、結果はワシントンDCではバイデン大統領の就任式が行われたとなっています。トランプ大統領の演説は、自分の言葉で話し、成果と感謝を表現しており、観衆も拍手で応えているのがわかります。

スポンサーリンク

1月20日に起きたことは何か?

 これまで、トランプ陣営の話し(情報元:NSAアースアライアンス)では、1月20日にトランプは再選されると言い切っていました。

そして、デープステートの大量逮捕が行われて、トランプ大統領の緊急放送が行われる。そして、DSの数々の機密情報も話されると。

 

そして、トランプ大統領の再選後に、GESERA法案についての話があるとメッセージされていました。

 

大量逮捕・緊急放送・20日のトランプ大統領再選は起きませんでした。

何が起きていたのでしょうか?

<以下は筆者の推測になる話です。>

バイデン氏・デープステートの逮捕の軍事作戦が何らかの理由により、障害が起きていると考えられます。就任式がバーチャルで行われたことからの推測です。

バイデン氏の大統領の資格については、ハンターバイデン氏のウクライナ政府との癒着が証拠となれば、大統領就任の資格はありません。アメリカ憲法により軽犯罪・重犯罪に関わるものは資格なしと規定されています。

第 4 条 [弾劾] 大統領、副大統領および合衆国のすべての文官は、反逆罪、収賄罪その他の重大な罪または軽罪につき 弾劾の訴追を受け、有罪の判決を受けたときは、その職を解かれる。

アメリカ合衆国憲法(1787 年)

スポンサーリンク

まとめ・・・米大統領就任式の裏側で起きていたことは?トランプ氏はまた戻ると

1月23日を迎えて、バイデン新大統領が就任して、数々の情報が出てきています。トランプ陣営に取っては期待を裏切る情勢に見えるかどうか。それは、視聴者により異なるでしょう。

 

表面的に見れば、大統領就任式は行われました。しかし、録画だとすると・・・20日以前の宣誓は無効との見方もあります。

 

現実にバイデン大統領の評価の低さは異常なほどの低さです。とても、8000万票を得た大統領とは感じられません。

 

アメリカで起きていることは?世論は圧倒的にトランプ支持者が多数を占めています。

トランプ支持者は、トランプ氏の最後の演説、『また、何らかの形で戻ってきます』の言葉に期待して、トランプ劇場第二幕と言われています。

 

今後も新たな情報を精査して、情報発信していきますのでよろしくお願いします。

 




タイトルとURLをコピーしました