WDCからの伝言VOL4JFKJr(ヴィンセントフスカ)が登場?

国際

12月14日・アメリカ大統領選で選挙人投票が行われた日、日本のトランプ大統領をYouTubeで応援する石川新一朗氏に、ワシントンのトランプ陣営から直接メールが届きました

第一弾では、初日から3回までの内容をVOL1〜3として紹介しました。

その、第二弾として、引き続きワシントンからの伝言の4日目、5日目について掲載します。

メッセージには石川新一郎氏をはじめとする、見識の高い日本のトランプ大統領支持層に対する感謝の意と、トランプ陣営の真の目的である、ディープステイト(権力者たちの闇の勢力)の壊滅についてのことが記されています。

*原文のまま報告します。

 

 

スポンサーリンク

12月17日 VOL4 ワシントンからの伝言

<ワシントンからの挨拶>

石川様が我々の伝言通りに一言一句お伝えする姿に感嘆しました。話を視聴頂いた日本の皆様のコメントを全て読ませていただきました。

 

本日の皆様のコメントは(3日目の伝言のYouTube)今の世の中の仕組みや与えられた情報がいかに権力者たちに都合の良いもので出来上がっているという事にたくさんの方々が気づいている事に感謝いたします。

 

<戦いの基本的な相手とは>

ここで、最も基本的な事をお話しします。今は大統領選が気になっていると思いますが、なぜ、トランプ大統領になり、アメリカや世界の仕組みを変える戦いに挑んでいるのかの話をさせていただきます。

 

それは、ケネディ大統領から始まります。彼は ”ある事” を公開しようとして暗殺されました。それから時が経ち、我々は本来のアメリカ合衆国憲法の基本である、自由と平等そして、民主主義というものの根本が揺らいでいる事に気付き、正式に1999年5月から21年間に及ぶ戦いに挑みました。

 

先ず、我々はケネディの公開しようとした、素晴らしい物事を実現するために、現在の社会を裏から操っている権力者と対峙して、その矢面に立つ最後の仕上げにトランプは手を上げて、自ら大統領選挙に挑み勝利してくれました。

 

<闇の敵との戦いの状況>

それにより、人間の自由と平等と愛を奪う、全体主義や共産主義が今こそなりふり構わず牙をむいています。このことが明るみに出る事、そして、地球の全ての人類が自らこの世の中は何かおかしいと気がついてくれた事。これこそが、我々が目指していたところであります。

 

これは、善と悪との戦いと思っております。我々は生まれながら、自由であり、平等であり、地球上の全ての人々や、生きている草花や動物たちのものです。

 

合衆国憲法には、その基本理念があります。自由と平等、貧困のない、みんなが笑顔で暮らせる世界を目指して参ります。日本の皆様の温かいお言葉が何より嬉しく思います。

 

皆様が全能の神と共にある事を祈っています。今後、9.11や3.11の様な自然の摂理の様な仕組まれた人工的な悲惨な災害はおきません。全て終わりました。

 

闇の中の本当のトップたちは、すでに何も動けません。あとは、残っている実行部隊だけです。やがて壊滅されるでしょう。

本日の午前2時から、闇との最後の戦いがあります。48時間以内に全てが終わります。そして、地上に明るい光が照らし出し、満ち溢れる事を誓います。

 

今、何より大切なことは ”民意”です。トランプは独裁者でなく、憲法を遵守する共和党の大統領です。民意がなければ、非常事態宣言も戒厳令も国家反逆罪も行えません。今週で盛り上がります。

 

みんなバイデンになったら、何かまずいのでは、という事に気付き出しました

 

いよいよ、真打の出番がきます。待ち遠しいですね。

民主党は社会主義でなく共産主義に侵されている事に気づいていても、自分たちの利害が優先して、また、買収されていて盲目状態です。

 

一番大切なものを失い、光を感じられなくなっています。彼らの行手には、暗闇だけが待っています。

 

でも今の戦いは、誰も共和党と民主党の戦いとは思ってないです。

 

最後に、今日はなぜ1999年の話を出したか言いますと、石川様は本当の関係者と思っているからです。

スポンサーリンク

12月18日 VOL5 ワシントンからの伝言

<聖戦の結果報告>

*本日、最後の聖戦が行われた報告がありました。

日本時間 17日午後8時に勝利したと! 

長い長い戦いでしたので、戦士たちは皆 勝利の涙で一杯でした。

自分の為でなく、地上の平和を得るためとの想いで戦いました。

○ッシュJr.氏、オ○マ氏、ヒ○リー・クリ○トン氏、ジョージ・ソ○ス氏はすでに軍の監視下におりますと・・・・

スポンサーリンク

まとめ・・・真実の情報・ワシントンからの伝言VOL4〜5(石川新一郎氏より)

ワシントンからの伝言に驚嘆しませんか?

 

トランプ大統領は、ジョン・F・ケ○ディ暗殺後のアメリカ社会で大きな事件・その背後にいるといわれれる、闇のディープ○テイトを撲滅するという、”壮絶な戦い”に挑んでいたのです。

 

Jrは事故後、ヴィンセント・フスカと名前を変えて、ある作戦を遂行していたと言うのです。

 

まさに聖戦ですね!

 

伝言を聞いて、一番気になるのは・・・ 最後の戦いに勝利した!  ブッシュJr.氏、オ○マ氏、ヒ○リー・クリ○トン氏、ジョージ・ソ○ス氏はすでに軍の監視下におりますと。話だけでなく。

 

いよいよ、真打の出番がきます。待ち遠しいですね。

その真打とは・・・・

筆者は  ケ○ディ・Jr(ヴィンセント・フスカ)を思い浮かべました。彼が飛行機事故で死んではいない・・・

引用: Photo by Stephan Savoia/AP/Shutterstock

興味ある方は以下をご覧ください。

JFKジュニアの悲劇の死は偽装だった? 陰謀論支持者たちが「復活」を信じる理由

 

そんな、予感がしました。

続きは、また・・・

最後に、石川さんのYouTubeのリンクを張ります。

直接聞いてみてください。




ケネディ・Jrは生きていたのか?飛行機事故の真相とそして今?

 

 

*VOL6はこちらを参照ください👇

米・戒厳令の準備が整う!ワシントンからの伝言VOL6(石川新一郎氏より)

 

タイトルとURLをコピーしました