偽バイデン逮捕近い?FOXニュースが明かす!ハンターの犯罪証拠!

偽者

2022年3月28日未明・米FOXニュースがスクープを報道しました。

それは、バイデン大統領に関する危機敵内容です。

「バイデン家族等が逮捕されている」

これが大ニュースになっています。

また、3月27日には、「バイデン大統領の息子がウクライナで生物兵器研究を支援していた証拠を英デイリーメール紙がスクープ」

という記事も出ています。

ついに、ハンターバイデンの押収されたパソコンからの証拠が立証されたようです。

速報で内容を紹介します。

FOXニュース 3月28日

 

スポンサーリンク

【速報】バイデン犯罪家族等が逮捕・拘束されている!・・・FOXニュース

FOXニュースの情報は3月28日早朝に発信されたようです。

引用先は真理のとびらさんのブログより紹介させていただきます。

 

 

「バイデン家族や不正選挙を支えた官僚、メディアのレポーター、ソーシャル

メディアのトロール等々が、すでに逮捕されている。

軍事法廷を行う。」

これが大ニュースになっています。

トランプの言った

「3週間後に何か起こるだろう」の最終日にこれが報道されたようです。

 

真偽を問う声も出ていますが、サマンサは100%真実であると投稿しました。

 

 

いよいよ反転の時が来たようです。

 

英文をGoogle翻訳したものです。

FOXニュースレポート!!🔥🔥
おとり捜査の一部を代理人投票!
バイデン犯罪家族等が逮捕・拘束されている!

詐欺と今後の日はGITMOから離れて生活し、軍事法廷に直面するでしょう!
 
この爆弾報告のすべてこれ!!!🔥🔥
これはまさにトランプ大統領が話していた第4週の終わりです!!!
FOX nyūsurepōto! ! 🔥🔥 
Otorisōsa no ichibu o dairinin tōhyō! 
Baiden hanzai kazoku-tō ga taiho kōsoku sa rete iru!
 Sagi to kongo no hi wa GITMO kara hanarete seikatsu shi,
 gunji hōtei ni chokumen surudeshou! 
Kono bakudan hōkoku no subete kore! ! ! 🔥🔥
 Kore wa masani toranpu daitōryō ga hanashite ita dai 4-shū no owaridesu! 
! !

*解説:ついに、メディアのFOXニュースがバイデン家族の逮捕を報道する!重大スクープです。

これまで、家族に犯罪者がいた場合、大統領は当然、上下院の議員にもなれません。

1日に前の英デイリー・ニュース社もスクープでハンターバイデンの犯罪を報道しました。

こちらも紹介おきます。

ハンター・バイデンのパソコンの中にはどのような情報が入っていたのでしょうか?

その内容は最後の項で、ハンター・バイデンのがウクライナにある生物兵器研究所との関与についてまとめてありますので紹介します。

(3月28日 国防省次官代行のエズラ・コーエン氏もTweetした)

この人が投稿したという事に意味があります。

彼はアノンではない。

中の人。

投稿の少し前に、警告も出しました。

「心肺停止クラスの衝撃が来た」

アレストは逮捕も示唆しています。

 

おとり捜査の一部を代理人投票の意味とは?

2020年大統領選挙の投票用紙は、あらかじめ軍が準備した正規の透かし入りの投票用紙を暗黙のうちに使用していたという。

後に選挙詐欺で、偽の投票用紙は透かしが入っていない為に、投票用紙の検閲により選挙詐欺が発覚したと思われます。

それに関する、ジュデイノート3月27日の特別の記述を紹介します。

(以下 ジュディノート3月27日版より 抜粋)

「12を超える州の透かし入り投票用紙は、12の主要な戦場の州でのトランプ軍のホワイトハットによる巨大なおとり捜査の一部でした。

現在および今後数日間、Biden Crime家族と投票用紙詐欺の共謀者(選出された役人、官僚、ソーシャルメディア検閲官、偽のMainstream Mediaレポーター)が投票用紙詐欺で逮捕され、拘留され、GITMOから離れた刑務所のはしけに住むことになります。

選挙のための軍事法廷に直面する」…フォックスニュースサン。2022年3月27日

*解説:ジュディノートでも、FOXスクープと同じ内容が投稿されています。

偽の選挙詐欺に加担した、12の州の関係者の逮捕が数日以内に行われるという。

相当な数の逮捕者が出ると思われます。

注目ですね。

 

*2020年米・大統領選挙のアリゾナ州での不正の疑惑の記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

英デイリー・メール社のスクープ!・・・ウクライナで生物兵器研究を支援していた証拠とは?

こちらの情報は、グローバルマクロ・リサーチ・インスティテュートからの引用になります。

元記事は、既に削除されたりしていますので、こちらを紹介します。

イギリスのデイリーメール紙が報じており、原文は英語だがここにある。

ハイター・バイデン氏再び

デイリーメール紙は次のように始めている。

ロシア政府は木曜日に記者会見を開き、ウクライナで行われていた米軍の生物兵器開発計画のための資金調達をハンター・バイデン氏(訳注:バイデン大統領の息子)が支援したと主張していた。

だがその主張はウラジミール・プーチン大統領のウクライナ侵略を正当化しアメリカ社会に不和を生むためのプロパガンダだというレッテルを貼られていた。

しかし、ハンター氏の捨てられたノートPCに入っていたメールやその他通信をデイリーメールが入手したところ、ロシア政府の主張は間違っていない可能性がある。

またもやハンター・バイデン氏である。

ここの読者にはお馴染みだろうが、このバイデン大統領の息子は元々ウクライナの天然ガス会社であるブリスマ社の汚職に関わっていた疑いがあったが、これを捜査していたビクトル・ショーキン検事総長がバイデン副大統領(当時)の要求によって解雇されている。

詳細は以下の記事に書いている。

ロシアのウクライナ侵攻でバイデン大統領が犯した一番の間違い

 

デイリーメール紙は次のように書いている。

デイリーメールが入手したメールと契約データは、メタバイオッタ社がロシアとの国境から数百マイルのところで病原菌の研究が出来るように取り計らう上で、ハンター氏が重要な役割を果たしたことを示唆している。

バイデン氏は投資会社を通してこの会社に投資し、様々な支援を行っていたようである。

*さらに詳しく知りたいからは、元記事を視聴願います。

*解説:英デイリー・メール社は、細部に渡り情報を調べて記事にしています。

これだけの証拠があれば、有罪に間違いないでしょう。

ロシアが公開した情報をこれまで、プーチン大統領のプロパガンダとしてきた、アメリカ、イギリスのメディアが取り上げました。

大転換のスクープとなっています。

これから、米国司法、議会、メディアは、どの様に動くのでしょうか?

 

スポンサーリンク

米国とウクライナ関係の経歴のまとめ・・・真理のとびらさんブログ

1993年大量破壊兵器拡散条約の調停から、DS米国によるウクライナへの生物兵器研究の流れは、計画されていたことがよく分かる内容です。

紹介させていただきます。

(真理のとびらさんのブログより引用)

 

 

 

 

 

この一連の流れがよくわかります。

米国は生物兵器をウクライナで開発&試験をしてから、世界にばらまく。

それは全て中国のせいにする。

実はアメリカ国防省が指揮棒を振っていた。

オバマの指示の元で。

 

2015年に武漢研究所にいるオバマ、ファウチ、メリンダ・ゲイツ。

 

今なら、この写真の意味もよく理解できます。

まずスラブ人から削減しようとしていた。

*解説:ハンターの生物兵器研究支援会社の発足は2009年とあります。

つまり、バラク・オバマ大統領就任2009年から始まっていました。

オバマ政権の副大統領がジョー・バイデンでした。

この流れから、黒幕はバラク・オバマ元大統領だっようですね。

オバマ元大統領は、現在も大補されていません。

バイデン大統領と共に表の世界で法廷で裁かれるのでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・偽バイデン逮捕近い?FOXニュースが明かす!ハンターの犯罪証拠!

米国と英国のメディアがスクープを流しました。

ほぼ、同じタイミングで!

内容は、ハンター・バイデンのウクライナ生物兵器研究所への資金提供で米国防省との仲介の役割を果たして、利益を受けていたというものである。

そればかりか、ハンターの押収されたパソコンから、C0vid19ウイルスウィウクライナから、中国の武漢に持ち込んで発生させたのは米国の計画だった。という衝撃的な内容もある。

多くの証拠となるメールや文書が見つかったようである。

そして、その事実がこれから、世界へ拡散されれば、バイデン大統領は解任されるのは当然である。

大転換への起爆剤となる情報が拡散されていくようです。

今後、さらに加速されて、GESARA法への実行が進むのでしょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

*ウクライナ紛争の経過とプーチンとトランプの電話会談の様子がよく分かる記事は↓です

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました