トランプ大統領の復帰近いか?アリゾナ州再集計結果は不正だらけ!

トランプ大統領

45代トランプ大統領は7月24日、2020大統領選の監査が行われている激戦州アリゾナで選挙の完全性に関する演説を行った。

ドナルド・トランプ元大統領は、民主党が不正をせずに選挙に勝つことはできない、ありえない。と語った。

トランプ大統領の復活は8月なのか?

トランプ大統領の演説要旨と7月25日現在のアリゾナ州マリコパ郡の再集計結果をまとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

45代トランプ大統領のアリゾナラリーの演説要旨

トランプ氏の演説には、5000人を超える聴衆が集まった。

ランブルでのビデオは35万人以上が視聴している。

アリゾナ州フェニックス、 アリゾナフェデラル・シアター 収容人数 5,000人

 

 

トランプ氏の演説要旨! 世紀の犯罪が完全に暴かれている

トランプ氏の演説の内容については、Total News Worldさんのブログの一部を引用させていただきます。

ドナルド・トランプ元大統領は、民主党が「不○をせずに選挙に勝つことはできない、あり得ない」と語った。

事実が明らかになってきている。真実は明らかにされ、世紀の犯罪は完全に暴露されている」

私たちは、真実、透明性、説明責任のために戦い、誠実で自由で公正な選挙というアメリカの生得権を回復するまでやめない」とトランプ氏のスピーチは始まった。

「あなた方は我々の運動の原動力です。そして、あなた方こそが “Make America Great Again”(アメリカを再び偉大にする)の担い手なのだ」

 

バイデンは不○行為を調べようとするあらゆる努力に抵抗している

「汚職について考えるとき、なぜこの人たちは真実を見つけようとしないのか?」 とトランプ氏は問いかけた。

「アメリカの市民は答えに値する。我々はアメリカについて話しているんだ。もうアリゾナ州の話はしていないんだよ。我々はアメリカ合衆国について話しているんだ」

「過激な民主党のジョー・バイデンが絶対的におかしくなって、投票権について叫び、民主主義についてわめき散らしているのも不思議ではない。

彼らの民主主義を望んでいる。そして、2020年の大規模な不○行為を調べようとするあらゆる努力に抵抗している

「理解してもらいたいのだが、私たちは文化をキャンセルすることについて話している。

彼らが中止させたい最大のことは、行われたばかりの選挙について話してほしくないということだ。なんてこった、捕まってしまった、と言っているからだ

 

ジョージアでも明らかになった。共産主義の始まりにいるのだ。

トランプ氏は、民主党が巨額の支出とブラック・ライブズ・マターのようなマルクス主義者への支援で、社会主義に移行している以上のことを言っています。

「我々は共産主義体制の始まりにいる」 トランプ氏は言った。

「過激派が権力を掌握し、アメリカ人として大切にしているものすべてを破壊している。

それが起きているのだ。私はそれが起きると言った」

「彼らは法の支配を解体し、言論を検閲し、報道の自由を奪い、政敵を投獄している。それはあちこちで起きていることで、私が何年も経験してきたことを見てくれ。

「最近、フルトン郡(ジョージア州)の手による再集計で、ジョー・バイデンの投票用紙が大量に彼のために使われていたことが明らかになった。

100%がバイデンで、トランプには何もなかった。私は何も得られなかった。あなたには何もない。私に1票をください。1票だ。フィデル・カストロでさえ99%しか取れなかったんだぞ?”

トランプ氏は、ターニングポイントUSAでの2時間近いスピーチの最後に、熱狂的な観客、MAGAの強さと決意を称えた。

*引用先:【トランプ、アリゾナラリー】45thトランプ大統領「世紀の犯罪は完全に暴かれている」/「我々は自由のために戦う。急進左派に奪われはしない」

 

*解説:25日のフェニックス・ラリーでトランプ氏は、大統領選挙2020での民主党の不正は明確であり、その不正は完全に暴露されている!という主張と今、アメリカは共産主義の入り口にいるとういう。

警告の内容であり、国民に目覚めよ!というメッセージであった。

トランプ氏は自ら大統領への復活の時を告げることはなかった。

アメリカ国民の目覚めを待っているかのようであつた。

 

スポンサーリンク

アリゾナ州 マリコパ郡 再集計の直近情報!

これから、アリゾナ州の大統領選挙の再集計の最新情報をまとめてみます。

大統領選挙の結果は0.3%バイデンが僅差で勝利したことになっています。

バイデン 1,672,143票 49.4%

トランプ 1,661,686票 49.1%

その差はわずか、10,457票でした。

ですから、バイデン側に11,000票の不正があれば逆転するという僅差です。(・∀・)

 

アリゾナ州マリコパ郡は何処?

アリゾナ州は西側の南部に位置している。
前回に大統領選挙2016は共和党が勝利して選挙人11人を獲得している。
アリゾナ州マリコパ郡は 人口640万人の郡でマリコパ郡フェニックスが中心で、州の60%の380万人が居住している。

最新のマリコパ郡の再集計での不正内容がむちゃくちゃである!

今回の再集計の監査会社はサイバーニンジャ社が行っているとされています。
そこで、明らかになった以上が以下の通り報告されています。
(正式の報告は7月の末から8月の上旬とされています。
以下の調査結果の引用先は、及川幸久さんのYou Tube7月18日版になります。
【マリコパ郡再集計の以上内容】

郵送されていない投票  74,243票

不正投票用紙     168,000票

選挙後に削除       18,000票

2重投票        25,000票

選挙日以降有権者登録  11,326票

(11月3日以降)

不正の投票用紙     168,000票

選挙後に削除      18,000票

集計機ネット侵入あり(法廷デジタル選挙専門家が証言している)

*解説:以上の異常値を集計すると、48万票を超えることになります。

これは、トランプ氏がスピーチで完全に暴露されている。と発言した根拠なのでしょう。

また、アリゾナ州の上院議員の声として以下の発言も出ています。

アリゾナ州上院議員の声 ウェンディ・ロジャースは選挙結果を取り消すべきだ!

ケリー・タウンゼントは、起訴すべき内容だ!

ジョージア州下院議長は、フルトン郡の監査を求める!

との発言が飛び出しています。

最終報告書が出てから、アメリカは目覚めることになるでしょう!

*引用先:及川幸久さんのYou Tubeは以下です。

2021.7.18【米国】2020大統領選やり直し⁉️アリゾナ州監査結果で米議会騒然‼️戦いは長期戦へ【及川幸久−BREAKING−】

 

スポンサーリンク

まとめ・・・トランプ大統領の復帰近いか?アリゾナ州再集計結果は不正だらけ!

いよいよ、2020大統領選挙の不正が暴かれて、人気のトランプ大統領が復活する流れが近づいているようです。

バイデン大統領の人気はありませんが、トランプ氏の人気は衰えていません。

アメリカ国民が選挙不正から、目覚めて行くのでしょう。

今は、コロナ・ワクチン・水害・東京オリンピックが話題ですが、2020大統領選挙の真実がまもなくあばかれるでしょう。

今後も真実を記事にしていきますのでよろしくおねがいします。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました