ファウチ博士の資金陰謀は嘘かデマ?9億円収入で海外不動産購入の謎

パンデミック

40年近くアメリカ国立アレルギー感染症研究所の所長を務めてきたファウチ博士

2021年5月にファウチ博士が巨額の資金を得て海外不動産を取得している。という情報がTwitter・YouTubeでなどのネットで流れています。

海外逃亡計画ではないかの噂もあります。
1年間に9億円!大変大きな金額です。

ファウチ博士の資金陰謀は嘘か?デマか?

情報をまとめてみました。

* アンソニー・ファウチ ウィキペディア

1984年からアメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長を歴任。

アメリカ合衆国の政権6代に渡って大統領に感染症関係の助言をし、大統領エイズ救済緊急計画(英語版)の策定において中心的役割を果たした

2020年1月からは、米国における新型コロナウイルス・パンデミックに対処するホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーの一人として活躍している。

REAL RAW  NEWS より引用

 

スポンサーリンク

ファウチ博士の資金疑惑とは? 9億円を2020年に取得!

REAL RAW NEWSによると、ファウチ博士のアメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)での収入は、年間約42百万円で大統領よりも高額であった。

しかし、その年棒の20倍もの9億円の収入が2020年に申告されている。

TVなどでの出演料では9億円にはならないという。

いったい、どこからその収入を得たのか?

ファウチ博士は、その収入の出所をインタビューを受けニヤニヤとして答えなかった。というのである。

<REAL RAW NEWS 引用>

NIHでの彼の年俸は417,000ドルです。彼は2019年に最高の給与を支払った連邦職員であり、大統領よりも給与が高かった。

 

Q:9億円の収入はCovid19ワクチンの販売ですか?の問いかけに・・・

 彼は、そのお金がCovid-19ワクチン販売から来たのかどうかFauciに尋ねたと言った。

「彼はイエスとは言わず、ノーとは言わず、ずっとニヤニヤしていた

しかし、彼は2021年に10倍のお金を稼ぐつもりだったことを認めた」と私たちの情報筋は語った。

 

*引用先: ディープステート博士フォーチは2020年に不思議なことに$ 9,000,000を獲得しました

2021年5月16日 YouTubeで広がるファウチ博士への疑惑が明かされる!

 

*解説:ファウチ博士は、アメリカ国立アレルギー・感染症研究(NIAID)でのウイルス研究を中国の武漢ウイルス研究所へ移す決定をしたことに大きく影響している。

そのファウチ博士への報酬として支払われた可能性が疑われているようです。

BBC ニュースが 武漢ウイルス研究所への資金提供をアメリカ オバマ政権がしていたという報道をしています。以下参照ください。

BBCニュースによれば、ニューヨークにあるEcoHealth Alliance(エコ・ヘルス連盟)は過去20年間に渡り、25ヶ国とウイルスに関する共同研究をしてきたが、2015年からは研究経費を「オバマ政権時代の国際医療研究協力の一環」として位置づけ、アメリカ政府が国立衛生研究所経由で370万ドルを支払ってきた。共同研究の相手には、なんと武漢ウイルス研究所も含まれており、研究テーマはこれもまた、なんと、「コロナウイルス」である。

 

スポンサーリンク

米司法省はファウチ博士・起訴状を決定していた!

ファウチ博士の起訴状は決定していた。

しかし、逮捕しないのは、ファウチ博士のメディアの露出が多いからという。(ほんとかな?)

9億円の収入をどのように使うかを見極めているような気がします。

 

<引用:REAL RAW NEWS  逃げる国への準備をしているフォーチ博士 >

 軍が彼の現在の程度の公の露出のためにファウチの逮捕を遅らせ、シンジケートされたMSM放送にほぼ1時間ごとに現れるとRealRawNewsに語った。

ファウチが外国への逃亡に成功したとしても、有効な引き渡し条約に関係なく、ドナルド・J・トランプと軍は彼を取り戻すだろう、と私たちの情報筋は付け加えた。

 

 

REAL RAW NEWS 2020年12月29日の記事では すでに軍はファウチ博士を起訴しGITMOに強制送還されるのを見ることができた。と記されています。

< 2020年12月29日 REAL RAW NEWS トランプはフォーチ博士を起訴します。敵の戦闘員として起訴 >

 米国司法省は、ドナルド・J・トランプ大統領に代わって、国立アレルギー感染症研究所の所長であり、アメリカへの裏切り者であるコロナウイルスタスクフォースのメンバーであるアンソニー・ファウチ博士を指名する封印された起訴状を最終決定した。

現在、大統領執務室のレゾリュートデスクにある起訴状は、ファウチを多数の高犯罪と軽蔑で起訴し、その多くは、ファウチが医師免許を剥奪され、残りの自然生活のためにGITMOに強制送還されたのを見ることができた

 

 

REAL RAW NEWS

*解説:2020年12月29日時点で、ファウチ博士は軍により逮捕されていると推測されます。

今は、ファウチ博士は司法取引をして、ワクチンによる資金疑惑を表のニュースで報道するために海外不動産を購入したりして、報道のタイミングをうかがっているように感じますね。(‘◇’)ゞ

スポンサーリンク

まとめ・・・ファウチ博士の資金陰謀は嘘かデマ?9億円収入で海外不動産購入の謎

いかがですか?

ファウチ博士がオバマ政権から長期に渡り、アメリカのウイルス研究に関わっていた。そして、ウイルス研究を中国武漢に移すときにも大きく影響した人物であった。

2015年から4年間、オバマ政権での37万ドル(約4億円・累計16億円)に及ぶ資金が政府から、アメリカ国立アレルギー・感染症研究(NIAID)を経由して流出していた。

そして、2020年に謎の9億円という資金がファウチ博士に入金された。

これは、どう見ても疑惑を感じるものですね。( ゚Д゚)

近い将来、公になってくるでしょう。

ご視聴ありがとうございました。




 

タイトルとURLをコピーしました