ファウチ博士は『コロナウイルス生物兵器の製造方法』を隠蔽の証拠!

パンデミック

2021年6月4日付け、ハル・ターナーRadio Showの記事によると、アンソニー・ファウチ博士に送られた電子メールから、CO〇ID-19 となった新型コ〇ナウイルスは生物兵器であることを隠蔽していた。

というのである。

そして、隠蔽はファウチ博士だけでなく、アメリカ州政府高官だけでなく世界中の政府高官がそのことを知っていた。という衝撃的なニュースです。

これから、その真実について調査が加速するのか?

メールの内容と記事の英文内容を解説します。

米ファウチ博士、武漢研究所と“親密な関係”か 「コウモリ研究」名目で ...

ZAKZAKより引用

 

スポンサーリンク

ファウチ博士へのメールとは?タイトル:コロナウイルス生物兵器の製造方法!

ハル・ターナーの記事によると、アンソニー・ファウチ氏に送られたメールの中に2020年3月11日

タイトル:『コ〇ナウイルス生物兵器の製造方法』として、詳しくその製造方法が記載されているメールが発見されたとのことである。

ファウチ博士はそのメールを公表していない。

そして、CO〇ID-19となった新型コ〇ナウイルスは生物兵器であるか?

生物兵器はどこが製造したのか?

目的は何か?

などの調査をしている様子がありません。

以下がメールの写メになります。残念ながら生物兵器の製造内容の詳細については不明です。

 

<ハル・ターナー記事引用>

2021 年 6 月 4 日
ハル・ターナー
アンソニー・ファウチ博士に送られた電子メールから、COVID-19 となった新型コロナウイルスは生物兵器を意図していたようです。
Anthony Fauci は明らかにこれを知っていて、Fauci に送信された以下の電子メールは、Fauci の実際の知識を使って意図的にどのように作成されたかを示しています: (ソースの文書を参照)
この電子メールは、情報自由法 (FOIA) の要求の一部であり、それを超えることを証明しているようです。
国立アレルギー感染症研究所 (NIAID) が、生物兵器の開発に積極的かつ非合法的に取り組んでいたことに、誰もが疑問を抱いています。

 

 

<ハル・ターナー記事引用>

この電子メールは、情報公開法 (FOIA) の要請の一部であり、米国立アレルギー感染症研究所 (NIAID) が積極的かつ非合法的に生物兵器に取り組んでいることを疑いの余地なく証明しているようです。

NIAID のスタッフは、これが生物兵器の研究であることを知っていて、とにかくそれを実行したようです。

このメールは、証明するように見える何判明した場合、博士アンソニーFauciは、連邦法に違反して、様々な国際的に違反して、犯罪行為のシリーズを犯している可能性があること、-人を置くように見え化学および生物兵器条約、およびこの作業に従事した他のスタッフと一緒に、直ちに逮捕されるべきです。

*解説:ファウチ博士は、コ〇ナウイルスが生物兵器でありその作り方の内容の情報を得ていた。これが事実であれば、ファウチ博士はアメリカのウイルス研究の権威です。

隠蔽が事実であるなら、大きな犯罪です。

さらに、アメリカのみならず世界の政府高官がそれを知っていた。

二重の驚きになります。

生物兵器と分かれば、各国が緊急事態宣言をして、生物兵器の首謀国を軍事的な対処を行い、より速いスピードでコロナパンデミックを封じ込めていたと予測されます。

経済活動ができずに倒産・廃業の影響を受けた方は世界中にどれだけいることでしょうか?

このニュースからさらに真実が明らかになり、今からできる最善の政策が打たれることが必要ですね。

 

武漢ウイルス研究所 hashtag on Twitter

 

 

スポンサーリンク

ハル・ターナ Radio Showについて

ハル・ターナーHPより、引用します。

アメリカの反オバマ政権を主張する保守系のラジオ局のようです。

反オバマ派であることから、オバマ政権で巨額の資金を武漢研究所に提供いていた、ファウチ氏の陰謀を暴こうとする理由がわかります。

 

ハルターナー – Hal Turner(ウィキペデア引用)

 

ハロルド・チャールズ「ハル」ターナー (1962年3月15日生まれ)は、

アメリカ人です 右端 政治評論家と有罪判決を受けた 重罪 から ノースバーゲン, ニュージャージー.

ターナーの視点は通常、 ホロコースト否認, 陰謀説, 白人至上主義との呼び出しが含まれています 暗殺 政府関係者の。 2010年8月、彼は3人の連邦判事に対して脅迫を行ったとして有罪判決を受けました。 第7回米国巡回裁判所 控訴裁判所、彼は刑務所で2年間過ごしました。

 

スポンサーリンク

ハル・ターナーの論説:生物兵器の隠蔽は大量殺人だ!

ハル・ターナーの論説の概要を紹介します。

この電子メールが証明しているように見えることが証明された場合、世界中の政府高官は、これが実際には生物兵器であり、それらのすべてが一般の人々からの真実を隠していることを知っていました。

この真実を隠蔽した政府職員と役人はすべて、即座に 排除されるべきです。

彼らが誰であろうと、彼らがどのような仕事/オフィスを持っていようと。

これが生物兵器であると知り、意図的にその事実を隠蔽した場合、致命的な生物兵器のリリースを隠蔽し、自然発生するコウモリウイルスであると繰り返し一般大衆に嘘をつきました。

彼らの嘘、意図的な省略は、文字通り世界中で何百万人もの人々、ここアメリカだけで何十万人もの人々を死に至らしめた.

これらの嘘つきやコンシーラーは、現在合法的に大量殺人と呼ばれるものの共犯者です。そして、それは、ウイルスの放出が偶然であったと推定することで親切です.

明らかに、放出が意図的であることが明らかになった場合、それは大量殺人です。

弁護士はこれでフィールドデイを行う予定です。

*解説:ハル・ターナーの論説は、コロナ生物兵器を隠蔽した、ファウチ博士ならびに各国の首脳は大量殺人の共犯者である。と強く主張いています。

確かに、コロナ発生から1年半以上が経過していますが、一向に収まる気配がなく、ロックダウン、緊急事態宣言が続いています。

ワクチン接種についても、生物兵器だとしたら、どのようなウイルスなのかを明確にしないと、ワクチンが効果あるのかもわかりません。

早く、生物兵器かどうかの調査の加速が望まれます。

私は、現段階ではワクチン接種はしないと決めています。

理由はコロナの発生の原因が不明だからです。

自ら免疫力を高める生活習慣で対処する考えです。

もし、ワクチン接種を悩んでいるのなら、調べてみるのがよいと思います。

コウモリ研究の石正麗とファウチの危険な関係の動画があります。

 

スポンサーリンク

 まとめ・・・ファウチ博士は『コ〇ナウイルス生物兵器の製造方法』を隠蔽の疑い

ファウチ博士のメールの暴露が続いています。

コロナウイルス生物兵器の製造方法のタイトルでファウチ博士にメールが送られていた。

そして、そのことが隠蔽されている。

これは、怪しいとしか言いようがありません。

ファウチ氏には2020年莫大な雑所得9億円が申告されています。

ことらも怪しいですね。

今は情報が開示されていくのを待ちましょう。

皆さんはどのように感じますか?

一度きりの人生です。

健康・家族・経済が幸せの手段になります。

その健康を左右する判断を後悔の無いようにしたいと思いませんか?

だったら、今は真実を待ちましょう。

最期までご清聴ありがとうございました。

 

【関連記事】についてもご視聴いただき、参考にしていただければと思います。

ファウチ氏メールが開示・武漢ウイルス流出を過小評価が世界の注目に!

 

ファウチ博士の資金陰謀は嘘かデマ?9億円収入で海外不動産購入の謎

 

タイトルとURLをコピーしました