最高裁がワクチン取り消し!カバール政府崩壊と悪魔の34施設が公開!

イルミナティ

7月15日のジュディ・ノートの寄稿で、米最高裁がワクチン取り消しのニュースが流れました。

カバール政府の崩壊の模様や悪魔の34施設も公開されました。

新たなデクラスです。

そして、テレグラムなどでは、トランプ大統領の復帰を示唆する情報も出ています。

米最高裁のワクチン取り消しの情報とは?

カバール政府崩壊の最新情報!

悪魔の34施設が破壊された!34施設のリストと写真が公開!

トランプ大統領の復帰情報!

について、関連記事を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート 7月15日版ヘッドライン)

米国最高裁判所は、それを裁定した後、

UniversalVaxの委任を取り消しました

Covid病原体はワクチンではなく、

安全ではなく、

米絶対に避ける必要があります。

BigPharmaとAnthonyFauciは、Robert F. Kennedy Jr.と科学者グループによる訴訟に敗訴しました:https ://bestnewshere.com/the-supreme-court-in-the-us-has-ruled-that-the-covid -病原体はワクチンではなく、安全ではなく、すべての費用で回避する必要があります-最高裁判所-キャンセル-ユニバーサル-vax-3 /

 

戒厳令に備えて、軍隊は世界中に配置されていました

 

7月14日、イタリアのマリオドラギ首相と

エストニアのカヤカッラス首相は辞任しました。

 

ヨーロッパの完全崩壊

エリートダンピングストック

中国の銀行崩壊

世界的な食糧不足

土壌で発見されたナノテクノロジーの増加

ブラジルはジャブでナノグラフェン酸化物を明らかに

ジョージア石は破壊された

バチカンオベリスク破壊された

セレブは悪魔主義者として

明らかにグリーンエネルギー詐欺
は米国で停止する列車を明らかにした

 

米・最高裁判所

 

スポンサーリンク

米最高裁のワクチン取り消しの情報とは?

ジュディ・ノートのヘッドラインでの最高裁による、Covid19ワクチンの撤回の掲載です。

これで、最終決着がついたようです。

その概要と関連記事の一部を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート7月15日版より 抜粋)

復元された共和国:

米国最高裁判所は、Covid病原体はワクチンではなく、安全ではなく、いかなる犠牲を払っても回避されなければならないと裁定しました。

BigPharmaとAnthonyFauciは、Robert F. Kennedy Jr.と科学者グループが提起した訴訟で敗訴し、最高裁判所はユニバーサルバックスをキャンセルしました。

 

米国の最高裁判所は、Covid病原体はワクチンではなく、安全ではなく、絶対に避けなければならないと裁定しました-最高裁判所は普遍的なvaxをキャンセルしました

 

 

 

ニュース速報!・・・BEST NEWS 7月10日版より抜粋)

最高裁判所は普遍的な予防接種をキャンセルしました。

米国では、最高裁判所は普遍的な予防接種をキャンセルしました。

ビル・ゲイツ、米国の主任感染症スペシャリストであるフォーチ、およびビッグ・ファーマは、過去32年間のすべてのワクチンが市民の健康に安全であることを証明できず、米国最高裁判所での訴訟に敗訴しました。

訴訟は、ケネディ上院議員が率いる科学者のグループによって提起されました。

ロバートF.ケネディジュニア

新しいCOVIDワクチンは絶対に避けなければなりません。

Covid-19に対する次のワクチン接種に関連する重要な問題に早急に注意を向けます。

ワクチン接種の歴史の中で初めて、最新世代のいわゆるmRNAワクチンは、患者の遺伝物質を直接妨害し、したがって、すでに禁止されており、以前 は犯罪と見なされていた遺伝子操作である個々の遺伝物質を変更します。

コロナウイルスワクチンはワクチンではありません!注意!

*解説:ケネディ上院議員と科学者グループが提訴していた、Covid19ワクチン訴訟が最終決着がついたようです。

首謀したビル・ゲイツ氏、アンソニー・ファウチ博士と大手製薬会社の完全敗訴です。

これまで、世界の多くの方がワクチン詐欺に騙せれたのです。

もう、これでワクチン接種を推奨する活動が世界中で停止されていくことを願います。

そして、ワクチン接種された方を救済する方法が提案されて救済されることを願います。

 

*血栓防止に納豆とプチ断食が効果ありという記事を紹介しておきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

カバール政府(グローバル政府)崩壊の最新情報!

 

今週のホワイトハットグローバル軍事作戦

陰謀団の崩壊、(ホワイトハットインテル)

エストニア、イスラエル、スリランカ、英国、アイルランドのカザリアのマフィア政府は崩壊しましたが、米国、フランス、カナダ、イタリアのディープステート政府は、軍事作戦、ハンターバイデンラップトップの暴露、世界的な金融市場の崩壊によって破壊された状態にありました。

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカのBRICS諸国が率いるグローバル通貨リセットの金/資産担保通貨に32億人が移動するため、これはディープステート法定通貨システムの終わりです。

金で裏付けられたGESARA通貨による迅速な再建が計画されているスリランカの崩壊。

レバノンは、軍事作戦がディープステートの将軍を逮捕したため、言論統制にありました。

ジョージア・ギルドストーンの破壊は、スターリンク衛星構造兵器、または神のロッドによるものでした。https://youtu.be/6ktsea8SleQ

 

(筆者画像挿入)

ホワイトハットFBIがサーバーとキャビネットメンバーを回収し、ボリスジョンソン首相が辞任したため、ロンドンブリッジ作戦は英国政府のディープステートに崩壊しつつあります。

イタリアでは、バチカンオベリスクが落下し、CIA CERNスーパーコンピューターに接続された地下DUMBトンネルが、再びスターリンク衛星構造兵器または神のロッドによって破壊されたときに火災が発生しました。

 

ディープステートは、気を散らす原因となり、スリーレター・インテリジェンス・エージェンシー内の露出を隠すために、主要な偽旗作戦を計画していました。

*解説:欧州より順番にハザール政府が解体されてます。民衆の暴動などで起きる辞任劇はDS資金が封鎖されたことが大きいと言えると思います。

通貨発行ができなくなり、DS勢力の資金が封鎖されたことで、食糧不足、燃料不足が各地で起きています。

暴動を抑える資金が政府に無くなり、世界中からハザール政府が消えるのは近いようです。

 

スポンサーリンク

悪魔の34施設が破壊された!34施設のリストと写真が公開!

崩壊するハザール政府に関連して、悪魔の34施設が一挙公開されましたので紹介しておきます。

引用先は、黄色いベストと日本・世界革命7月15日版です。

「神の棒」によって破壊される34のサタニック遺跡のリストと写真 (K33編集)

 

悪魔の34施設の破壊リスト

世界の34のサタンサイト
2022年7月10日現在

 

1)アーク・オブ・バル

 

 

2)ドイツのオーガスタ城
3)ビルドモアホテル、サンゴ礁、マイアミ

 

 

4)バッキンガム宮殿

 

 

5)セルンCERN(スイス)

 

 

6)CIAS ボヘミアン・グローブ

 

 

7)コメット・ピザ、ハリウッド

 

 

8)デンバー国際空港
9)エプスタイン・アイランド・ドーム

 

 

10)ジョージア州のガイドライン

11)フーバーダム

12)フランスのルーヴル

 

 

13)ロンドン銀行1
 
14)ロンドン銀行2
元記事で記載なし
 
15)ロンドンブリッジ、ロンドン
16)ロンドンブリッジ、ハヴァス湖市、アリゾナ
17)北城
18)フランスのノートルダム大聖堂
19)シドニー、オーストラリアのオペラハウス
20)ペンタゴン

 

 

21)プレイボーイマンション

 

 

22)自由の女神

 

23)ストーンヘンジ

 

 

24)テスラ・ビルディング

 

 

25)ゲッティ美術館

 

 

26)クイーンズ・ハンティング・ロッジ

 

 

27)バチカン

 

28)三峡ダム

 

 

29)US キャピトル

 

30)ビクトリア・シークレット・ホーム

 

 

31)ワシントン記念碑

 

 

32)ホワイトハウス1

 

 

33)ホワイトハウス2(ドイツ)

 

 

34)ウィンザー塔
*解説:以上34の施設が悪魔施設として解体されていくようです。
歴史的な建築物ばかりです。
ハザール政府により、この建物のんかで悪魔の計画が議論・決定されてきたのでしょうか?
空港やダムは、地下にトンネルや施設があるのかもしれません。
それぞれの、破壊の理由はこれから明かされていくのでしょう。
破壊の事実を観察していくのも記念になります。
 
スポンサーリンク

トランプ大統領の復帰情報!

7月15日にテレグラムでいくつかのトランプ大統領が7月26日頃の復職するのでは?という内容の情報がありますので紹介します。

(以下 ありすママのブログ7月15日版から 抜粋)

【㊗️トランプ大統領、ワシントンDC へ】

キャー、本物の米国大統領ーー👍️

ホント、隠さなくなってる✨

うわー、ワシントンDCに戻ってくる❤️

 

もぉ~、telegramのTrump Officeでは、

すっかり「President Trump」と

書かれています✨

 

そのサイトによると、トランプ大統領は、

7月26日にワシントンDCで行われる

America First Policy Institute

(アメリカファースト政策研究所)の

基調講演をされるのです✨

 

うわー、トランプ大統領が、

ワシントンDCに戻ってくるーー❤️

ホント、ワクワクしますね❤️

 

このAmerica First Policy Institute(AFPI)は、実は2021年4月13日に発足の声明が

発表されていて、トランプ大統領の新内閣

ではないかと言われていたのです✨

⬇️ ⬇️

 

すでに、こちらの新内閣で、

着々と粛々と、政策の準備されていた⁉️

 

そしていよいよ7/26は、

あのワシントンDCで、

AFPIの基調講演で今後の基本方針を

話されるのです‼️

 

現在アメリカの主要メディア、

FOXニュースやOAN(One America News)

では、

トランプ大統領→President Trump

バイデン→Biden

と表記されていますね✨

どうやら、アメリカ国内では

トランプ大統領の復帰は

周知の事実なのでしょうね👍️

 

トランプ大統領復帰のニュースの

世界中での発表が待たれますね‼️

めちゃめちゃ、楽しみです❤️

ワクワクが止まらない❤️

 

telegram投稿(機械訳)
トランプ大統領が7月26日、America First Policy Instituteのサミットで基調講演をするため、DCにやってくる。

トランプがワシントンDCに戻ってくると思うと、爽快な気分です。
⬇️ ⬇️

 

*解説:この投稿での注目は、FOXニュースでトランプ氏をプレジデントと表記している点です。

このことから、徐々にメディアもバイデンが偽者と分かっていて、トランプ氏が真の大統領であるという事の開示をしているようです。

米国でのバイデン大統領の支持率は19%まで低下しています。

メディアでは、現在の米国のインフレ率9%と並ぶ!と記事を書いているところもあります。

トランプ大統領の復職に期待の時のようですね。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・最高裁がワクチン取り消し!カバール政府崩壊と悪魔の34施設が公開!

最高裁のワクチン取り消しの公表!がメディアで流されるのでしょうか?

政界のハザール政府の崩壊は欧州を中心に進んでいます。

新たに、悪魔の34施設が公開されました。公開されたという事は、既に軍隊が配備されて一般の人の侵入はできない状態になっているという事でしょう

なぜなら、破壊する時に一般人が犠牲となってしまうからです。

もしかしてら、破壊方法はスイスのSERNから行うのかも知れません。

ガイドストーンの破壊は、先端技術によりSERNから行ったという噂もあります。

新たなテクノロジーの公開にもなります。

7月は大いなる啓示の月。

8月は新しい建造物や施設の立ち上げ。

という事は、8月にすべてが明かされて、新しい建造物や施設の立ち上げに入ることから、トランプ大統領のメデイァや一般的な情報で復職する可能性は高いのではないでしょうか?

7月17日のJFKジュニア氏の登場なるか?

7月27日のGESARAの公表なるか?(実際にはGESARAは2022年1月1日に発表されているようです)

待ち遠しい、7月の後半です。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*日本のDSの闇に興味ある方は↓の記事を参照願います。

秘密結社イルミナティとは?わかりやすく解説!日本の黒幕は?

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました