GESARA実行の動向とサウジ皇太子ビン・サルマンの役割とは?

トランプ大統領

2月24日に開始された、プーチン大統領のウクライナ生物兵器研究所の解体作戦。

世界のメデイアはロシアのウクライナ侵攻として取り上げ、世界の注目を集めている。

そんな最中、ロシアはGESARAを実行し、中国、インド、インドネシア、イラク、クウェート、米国もそれに続く。

ジュデイノートの3月13日〜15日版に掲載されたGESARA最新情報とサウジアラビアの皇太子ビン・サルマンが大きな役割を果たす。という記事が投稿されました。

GESARA最新情報とビン・サルマン皇太子の役割とは?

について紹介します。

(ジュディノートの投稿より)

ロシア、中国、インド、インドネシア、イラク、クウェート、米国が金のトップ保有者であり、金曜日には金を裏付けとする通貨になります。3月11日。

 

(トランプ前大統領とビン・サルマン皇太子)

 

スポンサーリンク

GCR(グローバル通貨リセット)ロシアがGESARAを実行した!

ウクライナ危機に世界が注目する中、ロシア・プーチン大統領はロシアにGESARA実行を発表していた。

そして、最初のGESARA実行の国が紹介されました。

中国、インド、インドネシア、イラク、クウェート、米国がロシアに続くという。

その概要の関連事項をジュデイノートより抜粋します。

月曜日 3月14日ゼロの新しいインテルは、週末を通してそうであったように、グローバル通貨リセットで発見されることになりました。

どうやらすべての債券保有者は秘密保持契約に署名しており、MarkZが月曜日に電話をかけた場合。3月14日、この記事の執筆時点では投稿されていません。

米国通貨の金本位法は1900年3月14日に承認されました(122年前の今日、2022年3月14日月曜日)。

「今週は金融危機に気をつけてください。そして女王がもう私たちと一緒にいないことに気をつけてください。」…月曜日のチャーリーウォード。2022年3月14日

フレミング:「これは、RV-GCRを待つ最後の週末になります。

すでに始まっています。

米国は最後に死んでいますが、私たちは最大です。

私たちは、世界で最も多くの「エキゾチック通貨とデジタル通貨–XRP保有者」を持つ最も重要な国民国家です。グレートシフトが始まりました。

フレミング:ジュディ・バイイントンの見解は100%正しいです:

ロシア、中国、インド、インドネシア、イラク、クウェート、米国が金のトップ保有者であり、金曜日には金を裏付けとする通貨になります。3月11日。

 

Tier 1、2、3の債券保有者は、金曜日に市場が閉鎖された後に債券が支払われることで流動化されることになりました。3月11日。

ブルースは次のように報告しました。大手銀行のウェルズファーゴの幹部は、Tier 4B(私たちインターネットグループ)の通知は月曜日に発表されると述べました

3月14日、3月火曜日のIdesから予約が始まります。3月15日。

 

筆者注釈=(金融リセットの影の動きの記述)

ウクライナが鍵でした。プーチンはこの動きをしなければなりませんでした。

トランプは現在、米国で大きな動きを見せていました。

ビンサルマンは、世界で最も裕福な子会社とのつながりを持って、中東およびソーシャルメディア帝国を5千億ドル(55兆円)も移動していました。

彼は主要なソーシャルメディア市場で最も多くの株を所有しています。

XiとModiは大きな動きを見せていました。

(筆者注釈:Xi=習近平主席、Modi=インド・モディ首相と思われます(*^^*))

引用先:2022年3月15日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:ジュディノートによると、3月11日金曜日に通過リセットは開始されたとしています。

そして、ロシアに続き中国、インド、インドネシア、イラク、クウェート、米国が金のトップ保有者になった。としています。

ついに、GCRとGESARA開始されたようです。

そして、着目すべきは下の方に投稿した、ウクライナが鍵でした。

そして、トランプ、ビル・サンマン、Xi、Modiも大きな働きをしたというのです。

次に、アラブの皇太子ビル・サンマン氏の動きに関する情報がありますので紹介していきます。

 

*GESARAとGCRについて詳しく知りたい方は↓の記事を視聴願います。

 

 

スポンサーリンク

サウジアラブ・ビル・サンマン皇太子の大きな役割とは?

まず、ビル・サンマン皇太子の役割とトランプ前大統領との信頼関係についての記述を紹介しておきます。

(ジュディノート3月13日版より抜粋)

サウジアラビア皇太子である36歳のビンサルマン(ムハンマドビンサルマンアルサウド)の役割。

注目を集める視聴者は、2017年の夏にトランプ大統領がサウジアラビアを訪問したことについてのドキュメンタリーを最近上映したことを思い出します。

これは、サウード家からバチカン、ブリュッセル、バッキンガム宮殿まで、誰もがトランプ大統領にどのように捕らえられたかを示す注目すべき映画です。

それは、トランプ大統領が到着した翌日、サウジアラビア国王がどのように交代したかを示しています。ビンサルマンは世界最年少の防衛大臣でもあります。

ビンサルマンが今することは世界経済を揺るがすでしょう。

また、彼らは、サルマンが支配している何兆ものことや、彼が中東で持っている力についても報告しません。

サルマンは、フェイスブック、グーグル、ユーチューブ、世界市場、世界銀行、通信社を倒し、中東のほとんどをカバルシステムに対して団結させる力を持っています。

 

ドナルドトランプとラスベガスで彼の命を救った米軍のホワイトヘルメットに対するサルマンの忠誠心:

ビル・サルマン皇太子がトランプ前大統領に忠誠心を誓うには理由があった。

2017年にビル・サンマンはディープステートの陰謀により身内の裏切りにより、暗殺されそうになったのである。

それを、救ったのがトランプ前大統領であった。

(ジュディノート3月13日版より抜粋)

 2017年のラスベガスの銃乱射事件はロックフェラー、FBI、CIA、ディープステートによって調整されました。彼らは偽旗作戦でサルマンを殺したかった。

彼自身の家族はクーデターの試みに関与し、権力を望んでいました。

 

45以上の軍事作戦が彼の命を救った数週間後、サルマンはホワイトハウスに行き、トランプと個人的に会い、ディープステートである彼の国に関するすべての機密情報を彼に手渡しました。

情報は人身売買、悪魔の儀式に関係していました、麻薬、武器、そしてクーデターは、カザリアンのロックフェラーとロスチャイルドによって賄賂を受け取っていた彼自身の家族によって彼を暗殺しました。

それから彼はトランプをサウジアラビアに招待し、彼の命を救うために彼に忠誠を誓い、そして彼の手にアラビアの聖剣を置きました。

王だけが聖剣に触れることが許されています。

 

サウジアラビア、王朝、およびその政府を支配する剣に部外者が触れたことはありません。

このジェスチャーは、トランプが血によってサウジ王室に関係しているという中東へのしるしでした。ビン・サルマンはトランプに血の誓いを立てました。

サウジ王室の誰かがあなたの命を救うなら、あなたは彼らに永遠にあなたの命を借りています!その後すぐに、ビンサルマンは彼に対するクーデターの試みに関与していた彼の政府と彼自身の家族を排除させました。

引用先:2022年3月13日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:ビル・サンマン皇太子は2017年の自分を暗殺する計画から救ったトランプ大統領を絶対的とも言える信頼をおいている。

そこから、ホワイトハットの一員として、中東に絶大な権力を行使している。

数十兆円の資金を動かせる人物はいません。

そして、ビル・サンマン皇太子の役割とは、中東地域のメディア、SNS、金融界を統率し、GCR、GESARA実行へと導いていく役割のようですね。

皆さん、ビル・サンマン皇太子がトランプ大統領と写る写真の目の輝きを感じませんか?

幼い子がヒーローを見つめるような目の輝きをしているように筆者は感じます。

参考:トランプ氏と米軍情報大隊はラスベガス銃撃事件でサウジ皇太子を救出した /// ラスベガス銃撃事件はモハメド・ビン・サルマン皇太子を殺すための偽装だった

詳しくは 続きはこちらから⬇️

https://gab.com/MKbanana_Q/posts/107253167392590400

 

 

 

 

【3月16日速報】

WSJニュース独占| サウジアラビアは、中国の石油販売にドルではなく人民元を受け入れることを検討している
サウジアラビアは北京と活発に交渉しており、中国への石油販売の価格を元に設定していると、この問題に詳しい人々は述べた。 アジア。

WSJ nyūsu dokusen | Saujiarabia wa, Chūgoku no sekiyu hanbai ni dorude wanaku-jinmingen o ukeireru koto o kentō shite iru Saujiarabia wa Pekin to kappatsu ni kōshō shite ori, Chūgoku e no sekiyu hanbai no kakaku o gen ni settei shite iru to, kono mondai ni kuwashī hitobito wa nobeta. Ajia.

ビル・サンマン皇太子は、光側の国どおし中国と石油取引について、米ドルでなく人民元での取引を検討しているようです。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GESARA実行の動向とサウジ皇太子ビン・サルマンの役割とは?

GESARAは実行されています。

世界はウクライナ情勢とCovid19の話題ばかりです。

その影で、ロシアからGCR・GESARAが開始されはじめました。

この後、台湾にある生物兵器研究所を中国が攻撃するとの情報が出ています。

DS国は、ロシア、中国、米国の核戦争を予兆させるニュースが飛び交うと予測されています。

聖書のヨハネの黙示録のような出来事が演出されていく行くようです。

エネルギーコストの増大と食料品の不足も現れてくるようです。

落ち着いて、浄化のための通過点として身構えしていきましょう。

 

もう一つ、アラブ国のビン・サルマン皇太子が中東地区を絶大な経済力でトランプ大統領とタイアップしている役割を遂行しているようです。

身の安全が心配されますが、宇宙軍がDSの情報を捉えて護衛していることでしょう。

 

最後までご視聴ありがとうございました。

 

*ウクライナ生物兵器関連の記事は↓をご視聴願います。m(_ _)m

 

 

 

 

 

*人口削減に関する軍事法廷の記事は↓になります。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました