米・債務不履行! IRS 所得税が正式に閉鎖・GCR最新情報!

GCR量子金融システム

ジュディ・ノート1月19日版では、米国政府の債務不履行に関連する情報から、IRSの閉鎖などGCR 関連情報がいくつも掲載されました。

米国は、1月20日に重大な発表があると言います。

ブランソン裁定問題も、まだ終了してなく、ハーフタイムだと言います。

現在のQプランについても情報が出ています。

1月19日米政府・債務不履行とIRS所得税の閉鎖とは?

今はブランソン訴訟はハーフタイム!Qプランの進展!

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート1月19日版 ヘッドライン)

警告:
Q ストームが1月19日木曜を襲います。
5年デルタ
世界は窮地に陥っている

惑星地球のための善と悪の戦争の戦いで
神の助けを祈る

私たちは決して屈しません。
私たちは絶対にあきらめない。
どこへ行くか、すべて行く!
来るものを止めることはできません!
WWG1WGA!!!
NCSWIC!!!
…Q

(引用先:2023 年 1 月 19 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

1月19日米政府・債務不履行とIRS所得税の閉鎖とは?

はじめに、米政府の債務不履行に関連する情報と中央銀行の閉鎖により、IRS(国税庁)の所得税の廃止が宣言されたようです。

その他、GCRに関連する最新情報を紹介します。 

(以下 ジュディ・ノート 1月19日版より 抜粋)

ジュディ注:

1月19日US Inc. の法定通貨米ドルは、The People が所有する金/資産担保付き米国債への変換を完了しました。

このかつての US Inc. 中央銀行の通貨は、現在、ホワイト ハットの管理下にあります。

1 月 19 日、カバルの US Inc. は債務限度額に達し、債務不履行に陥り、請求書を支払うことができなくなりました。

さらに、連邦準備制度を通じて私有の IRS 米国所得税が正式に閉鎖され、支払不能になりました。

そのため、カバルの中央銀行システム全体が崩壊し、彼らが抱えていた債務が消滅し、デフォルトでは、ザ・ピープルは負っていませんでした。

銀行を通じてではなく、新しいスターライト衛星システムの量子コンピューターから実行された新しいデジタル量子金融システムに既にミラーリングされていたため、人々の個人の銀行口座は影響を受けていません。

 

グローバル通貨のリセット:

Tier4b(私たち、インターネットグループ)の外貨両替とZim Bond償還の予定を設定するための通知ウィンドウは、今から火曜日までいつでもありました. 1 月 31 日、ただし、MarkZ は通知が「いつでも」発生する可能性があると述べ、ブルースは、通知は今後数日以内に行われると主張しました。

1 月 18 日 MarkZ: 昨日、ボンズを再販するためにボンズを手に入れるための猛ダッシュがありました。これは RV が近づいている兆候です。

米国の 8 つの地域コール センターと 7,000 の償還センターが営業しており、次の 10 日間から 12 日間、午前 8 時から午後 10 時まで営業していました。

1月19日 ヒットするQストーム。US Inc.の法定通貨米ドルが金/資産担保付き米国債への変換を完了するのと同じように、債務限度額が設定されます。

1月20日 米国連邦政府は、米国銀行システムの支払能力について重大な発表を行う予定です。

1 月 23 日Trump Bucks が支払いを開始します。

2023 年 3 月は、世界 209 の主要国のすべての通貨を相互に 1 対 1 で交換する期限であり、この状況は最大5 年間続くと予想されています。

2023 年 5 月から 7 月 1 日の間に、 FedNow への統合が開始され、世界中のすべての銀行、市場、企業が新しいデジタル資産ベースの経済への統合を完了します。

 

2022 年 11 月 2 日にワシントン DC で開催された、

米国連邦準備銀行、通貨監督官庁、IMF、世界銀行、およびアフリカ最大の中央銀行総裁の間で開催された臨時会合の続編。

(上記記事の概要)

2022 年 11 月 2 日にワシントン DC で開催された米国連邦準備銀行、通貨監督官庁、IMF、世界銀行、およびアフリカの中央銀行総裁の間で開催された臨時会合の続編として、米国政府は次のように設定しました。

2023 年 1 月 31 日に開始される、受け入れ可能な米ドルの法定通貨の制限日。

この制限は、2021 年の発行日より前の米ドル紙幣は、もはや受け入れられないか、世界中のどこでも法定通貨にならないことを意味します。)

米国政府は、2023 年 1 月 31 日に終了する米ドルの受け入れ可能な法定通貨に対する制限の最終日を設定しました。

この制限は、(2021 年以前に印刷された米ドル紙幣は、世界中のどこでも受け入れられなくなるか、法定通貨ではなくなることを意味します。

この取り組みは、世界中で倉庫に保管されている何十億もの違法な米ドル紙幣を抑制することを目的としています。

この行動は、違法な金融金融を削減することを目的としています。麻薬関連の活動、テロ、人身売買、誘拐、腐敗した政治家から生じる利益。

厳格な行動計画の実施の一環として、中央銀行は、ドル建て取引のすべての流入と流出を検証するために、米国国立銀行の管理者である通貨監督官事務所から特別代理人を割り当てられます。

報告書はまた、バイデン米大統領が英国政府と欧州連合に同様の方針を示すよう書簡を送ったことを確認した。

彼はさらに、米ドル、英ポンド、ユーロで不正に得たお金を持っている人々を苛立たせるために、それに応じて再設計された法定通貨を発行することを提案しました。

 

(引用先:2023 年 1 月 19 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:米国政府は債務不履行に陥るが、米ドルを支配していたカバル通貨が崩壊したために、米国政府の債務は無くなっと言います。

さらに、IRSが正式に閉鎖もされたという。NESARA への公表も近いようです。

1月20日に重大な発表があるという事です。

通貨はQFSにリンクされており、一般の人の口座は守られるとのことです。

そして、米ドルは世界の通貨ではなくなる期限が1月31日となっているようです。

 

 

 

スポンサーリンク

今はブランソン訴訟はハーフタイム!Qプランの進展!

1月9日にブラソン提訴を最高裁は却下しました。

それは、軍の介入を予感させるものでした。

その後、バイデンの機密文書くスキャンダルが発表せれて、メディアを賑わせています。

ブランソン提訴の展開は、現在は、ハーフタイムと言います。

その概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート1月19日版より 抜粋)

1 月 17 日 The Game is not over: it’s Only Half Time, Tom Fairbanks, Community Support Foundation:

最高裁判所はブランソン事件の審理を否定し基本的にアメリカ人は選挙への不正や外国の干渉の申し立てを調査するよう求めている事件に立ち向かう立場を持っていないと言っていますか?

これは、司法制度がいかに腐敗しているかを示しています。

ゲームは終わっていません。ちょうど半分の時間です。

私たちの最愛の憲法は糸でぶら下がっています。

公正な選挙が否定されれば、私たちは自由社会に住んでいません。

私たちは、米国内外のすべての人に、何が起こっているかについて祈り、それらの手紙が届き続けることをお勧めします。

1月9日月曜日  SCOTUSはBrunson対Adamsらの訴訟を審理しないことを決定したため、「ゲームは終わっていませんでしたが、半分だけだった」というコメントへの返信が促されました.

1 月 10 日火曜日 私は月曜日が憲法の「粉砕点」であり、大規模な軍事行動が現在進行中であると通知されましたが、その時は何も言わないように言われました。

それ以来、軍は触媒が介入するのを待っていたのだと思いました。

私はこれが今起こったと信じています。    

それ以来、「故障」のために航空会社が運航停止になったと通知されましたが、同時に、目的地が不明な無数の他の軍用機をサポートするために、空中に52機の軍用給油機がありました。

私たちが後で知ったこれらの航空機の着陸は、3つの異なる国で行われました。

(筆者挿入:1月19日からの航空機停止のツイート)

また、バーガー将軍が行方不明になったという報告もありましたが、彼はその後発見され、彼を尋問し、拷問し、虐待した捕虜から戻ってきました。

彼の捕虜は今や死んでいます。

 

ユタ州のソルトレイク郡とユタ郡では、家庭サービス局 (DFS) が裁判所と協力して、親の権利を侵害し、子供を有害な状況に置き、物理的に連れ去ろうと執拗に手を差し伸べているように見えます。

両親と家からの子供たち。

長年の専門家は、「40 年以上のキャリアの中で、この種の行動を見たことがない」とコメントしています。私と話したある個人は、DFS は収入源を生み出そうと必死になっているようだと言いました。

デビッド・O・リービットとデビッド・ハンブリンを取り巻くユタ、ジュアブ、サンピートの各郡での悪魔的儀式的虐待の調査は、記録的なペースで続いており、数多くの虐待的な出来事と被害者が明らかになり、これらは一緒になって問題の巨大さを示しています。

ここユタ州でそれを隠蔽する権限のある人々。

先週の木曜日私の軍の連絡担当者は、私たち二人に関連する個人的な任務を遂行しているときに、7 人の民兵組織からなるチームに攻撃されたと私に知らせてきました。

試みられた待ち伏せは、それぞれが無力化されたこれらの攻撃者にとってうまくいきませんでした。

デルタフォースチームの近くの司令官が、回収と片付け作業のために派遣されました。

彼らの報告によると、攻撃者は以前は「ブラックウォーター」として知られていた「XE」として知られる精鋭部隊のメンバーでした。

– ユタ州出身の大勢のノーボディが、ブラックウォーターを追いかけるほど重要な存在になるのはどうしてだろうか? どうしたの?

来るものを止めることはできません!(NCSWIC)

(引用先:2023 年 1 月 19 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:1月9日のブランソン提訴の最高裁の却下については、どうも、それが半分のタイミングだと言います。

その後、1月10日に大規模な軍事作戦が行われたと言います。

米国内の航空機が停止になる事態も出ていましたが、19日に大規模な停止も予測されています。

米国内では悪魔崇拝の摘発やDS勢力との争いが起きているようです。

いよいよ、最後の時が近づいているようです。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・米・債務不履行! IRS 所得税が正式に閉鎖・GCR最新情報!

1月から米国内の情勢は大きな変化をしています。

1月3日からの下院議長選出に始まり、1月9日のブランソン提訴の最高裁の却下など、バイデンの機密文書スキャンダルも出ました。

さらに、1月19日の米政府の債務不履行問題に及びます。

裏では、Qプランの軍事作戦が進められていたようです。

1月20日の銀行の支払い能力について重大な発表があるようです。

中央銀行制度の崩壊からデジタル通貨への移行の発表でしょうか?

これまでの、腐敗がMSMで暴露され始めています。

1月31日頃には、NESARA/GESARAの公表がされるように期待したいですね。

今後に注目です。

最後まで、ご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました