GCR・2023年1月1日よりBIベーシックインカムの開始か?

GCR量子金融システム

12月27日のジュディ・ノートの投稿は通常より10時間遅れとなりました。

インテル情報での調整があったのでしょうか?

新たな情報としては、以下の情報を紹介していきます。

2023年1月1日よりグローバル・ジュビリーイヤーが始まる!

(社会保障受給者の多くが2023年からの支給額が大幅に増加する手紙を受領!)

TwitterファイルがCcvidの統制を暴露開始した!

以上について最新情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月27日版 ヘッドライン)

2022 年 12 月 26 日月曜日 EST

午前 4 時37 分に投稿

闇と光の間の24 時間は
1 日しか残されていません。

巨大な BQMBS がデジタル戦争に突入する

準備ができていません

NCSWICに勝利します …Q

(引用先:2022 年 12 月 27 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

2023年1月1日よりグローバル・ジュビリーイヤーが始まる!BIベーシックインカムの開始か?

これまで、2023年をグローバル・ジュビリーイヤーという呼び方をしていません。

今回が初めての呼称です。

そして、米国では、社会保障受給者の多くが2023年からの支給額が大幅に増加する手紙を受領していると言います。

BI(最低所得保障)のベーシックインカムが開始されたのでしょうか?

関連する部分についてジュディ・ノートより紹介します。

(以下 ジュディ・ノート12月27日版より 抜粋)

グローバル通貨リセット: 2023 年 1 月 1 日の直前に、別のトランプ氏が GCR を鳴らしていました

Telegram Revival of AmericaのTexas Snake:

「私の情報筋によると、今週に入ると、Redemption Staff(償還スタッフ)を準備しておくようにアドバイスされたとのことです。

私たちが理解していることから、(イラクの)議会は予算に合意し、それをイラク中央銀行(CBI)に渡しました。彼らの承認により、国内で新しいレートが確立され、為替レートは高くなるはずです。」

2023 年1 月1 日の日曜日に、グローバル ジュビリー イヤーが始まります。

グローバル通貨リセット ファンドがリリースされました。

一部は支払われ、元に戻すことはできません。

Tier4B (私たち、インターネット グループ) は、近い将来の予定について通知を受けるために列に並んでいました。

先週、ドバイ 1 と 2は、ソブリン バイヤーに支払われたと考えられていました。

コードと資金のリリースとともに、イエロー、ゴールド、レッド ドラゴン ボンドとドイツ ボンドがリリースされました。

いくつかのより高いアップが支払われました。

NESARA/GESARAは、12 月 26 日から 25 日までの日曜日に開始されたと言われています。

多くの社会保障受給者は、2023 年 1 月 1 日から小切手が大幅に増加したことを示す手紙を受け取りました。

国内のニュース発表によると、イラク国民は再評価を祝っている。

ブルースによると、Tier4B は今週通知を受け取るように設定されていました。

2023 年 3 月までに世界のすべての通貨を 1 対 1 で交換することが目標でした。

この状況は最大 5 年間続くと予想されています。

ゴルディロックス::Web 2 から Web 3 バンキングへの移行は、集中型バンキングから分散型バンキングへの移行です。

これにより、許可のないメカニズムを通じて意思決定を行うための力が人々に与えられ、人々自身の創造的な願望の深みから取引が行われるようになります。

これは、違法な取引やよく考えられていない決定から保護するために、人工知能による保護対策が整っていないという意味ではありません。

それは、まさに世界を変える新しい銀行業のあり方です。

GCR は近日公開予定:

GCR、グローバル通貨リセット – 量子金融システム (QFS) – ブラック スワン イベント (グローバル マーケット クラッシュ) が間もなく登場します!

American Media Group 12月27日版 

(上記記事より抜粋)

誰よりも先に量子金融システム。

現在、世界中のすべての銀行が(CBDC)中央銀行デジタル通貨に移行しています。

銀行が QFS を有効にする前に、仮想通貨/金/銀を手に入れる最後のチャンスです。

グローバル通貨リセット (GCR) と (NESARA GESARA) がやってきました!

中央銀行は、新しい QFS に暗号を使用しています。XRP、XLM、XDC、ALGO、IOTA、SHX、HBAR などの規制された ISO 20022 暗号は世界を変え、10 倍、100 倍、1,000 倍、さらにはそれ以上に爆発します。

この GCR/RV が何であるかを知らない人のための概要

ほとんどの人は、これら 3 つのことは基本的に同じイベントだと考えていますが、これは正しくありません。それぞれが異なります。

グローバル通貨リセットである GCR には、2 つの個別の要因または全体の一部があります。

第 1 の要因:世界の 209 か国が 2014 年に条約に署名し、クロスボーダー銀行間決済システム (CIPS) を通じて通貨の価値を回復し、世界の他のすべての国と同等になるようにします。

これは、1 ドンの価値が 1 ドルまたは他の国の通貨の価値に等しいことを意味します。

本当の価値は国際貿易で感じられるでしょう。

グローバルなリセットは、リセットが通貨を安定させ、政府や企業による通貨操作の対象にならないため、利益のための外国為替取引にはほとんど価値がないことを意味します。

また、国の貿易収支に対応するために、輸出市場にも影響を与えます。明らかに、法定通貨は、そのような構造化された国際的にバランスのとれた状態では決して機能しません。

量子金融システム (QFS)
この同等性を達成するために、一部の非常に賢い経済学者は数式 (人工超知能 QFS) を作成し、経済データの集合体を取得して、各データ ポイントに標準値を適用し、それぞれの値に到達しました。

この価値は、他の国と比較して、通貨の価値よりも、その国で流通している通貨の量と関係があります。

国の経済における通貨量の使用率は、通貨の需要と供給の問題のバランスを取り、国際社会で一定の価値を維持する必要があります。

これは、通貨と経済の均衡を中心に世界経済を計画し、それを達成する方法を考える人々にとって非常に重要な問題です。

リセットの 2 つ目の要因は金で裏付けられたデジタル通貨です。

新しいQFS金融システムで通貨を金で裏付けることは、そのデジタル通貨を本物の金と交換できることを示すデジタル金証明書があることを意味します。

これは、金または金に裏打ちされたデジタル通貨を使用して購入できることを意味します。

デジタルマネーは、金貨を運ぶのではなく、利便性のために使用されます。どちらも同じ値です。

通貨の価値の共通分母は、価値のある商品または資産によるその通貨の裏付けです。

地下資産やその他の種類の資産、および国の経済などは、その通貨のパリティで機能しますが、金は価値を決定するための最も目に見える普遍的な基準です.

新しい QFS デジタル金融システムでは、金は各国の多様性を他の国と比較して保護する平準化要因として使用されます。

古い法定通貨を新しい金に裏打ちされた通貨に交換することにより、実際には、古い陰謀団の借金の束縛金融システム全体を新しい金に裏打ちされたQFS金融システムに交換しています。

各国の中央銀行は再び財務省の一部となり、連邦準備制度銀行システムのような外部の民間団体が所有することはなくなります。

古いシステムは水の中で死んでおり、古い軍艦はもはや機能せず、射撃練習以外にはほとんど価値がありません。

中国の長老が使う金

良いもの!共産主義者ではありません!]

– この新しい QFS デジタル マネーを作成すると、世界中のすべての通貨がサポートされます。

これらのコインを裏付ける多くの金または資産があり、実際、全世界向けの新しい QFS 通貨システムを作成し、資産に裏付けられたデジタルマネーであふれさせるのに十分すぎるほどです。

 

(引用先:2022 年 12 月 27 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:GCRはリリースされているようです。

米国での社会保障の小切手が2023年1月1日より大幅に増額されていると言います。

今後、その詳細が公開されてくると思われます。

いくつかの、米国在住の方の情報でも1月31日までにデジタル通貨への変換を予約を進められたという話もあります。

上の投稿でも、Redemption Staff(償還スタッフ)の準備を進められたという記述が出ています。

2023年1月に大きな通貨のシステムの移行が行われるような動きが見えはじめたと言えます。

 

スポンサーリンク

TwitterファイルがCcvidの統制を暴露開始した!

次に、Twitterファイルの暴露で米国政府、FBI 、CIA、国防省などがTwitter社に資金を渡しての、2020年大統領選挙、1月6日の暴動など言論統制をしてきた経緯が暴露されました。

そして、Twitter社は次のターゲットである、Covid19に関する情報操作に関する事実を公開するという内容です。

(以下 ジュディ・ノート12月27日版より 抜粋)

Twitter ファイル:

ツイッター内で働いていた元FBI職員は、

人々に「Covidを恐れるな」と言っているとして、トランプを検閲するよう求めた。

イーロン・マスク:The Twitter Files Covid Editon には他にもたくさんあります。

ハーバード、スタンフォード、およびその他の機関の主要な医師と研究者をフィーチャーしたフォローアップ記事は来週公開されます。

「Twitterの元CEOであるパラグ・アグラワルは、

イーロン・マスクからの情報提供により、児童ポルノを所持していたとして逮捕されました。

アグラワルは、カリフォルニアの自宅で FBI に逮捕されました。

彼の弁護士は、彼が無罪を主張する予定であるとバンクーバー・タイムズに語った。

彼は保釈される見込みだ。」

ソーシャル メディアでは、マスクのファンはすでに、小児性愛者と戦った彼に感謝の歌を歌っています。

記事の下部に次のように記載されていることを気にする人はほとんどいません。

多くの人は、見たいものだけを見ています。

一部の人々は、それが偽物であると信じることさえ拒否し、風刺の口実の下で、このように戦術的な理由で私たちが真実を与えられていることを自分自身と他の人に保証します。

(引用先:2022 年 12 月 27 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:イーロン・マスク氏は勢力的に行動しているようです。

TwitterファイルもNo10までが出ています。

Twitterファイル10はCovid19に関する内容となっています。

さらに、Twitter社の元CEOであるパラグ・アグラワルが児童ポルノで逮捕されたのもマスク氏の暴露だと言います。

*twitterファイル・1〜9の関連記事は下を視聴願います。

*パート1 twitterの検閲は一部の上級幹部によって行われた。バイデン・民主党が関与!

 

*パート2 twitter社内に検閲対象者のブラックリストが存在していた!

 

*パート3 twitter2021年1月6日から1月8日のトランプアカウント停止に至る社内メモ!

 

*パート4、5 twitter社内の判断はポリシー違反無し・しかしトランプアカウント停止

 

*twitterファイル・パート6・FBI 80人が検閲に関与!

 

*twitterファイル・パート7・FBI はハンターのPCを隠蔽!

 

*witterファイル・パート8・twitterは国防省を支援!

 

*twitterファイル・パート9・twitterとその他政府機関

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCR・2023年1月1日よりBIベーシックインカムの開始か?

いよいよ、GCRがリリースされたようです。

そして、米国では、2023年1月から社会保障給付金がお大幅に上昇したという情報でした。

ハワイトハット軍の作戦は、どうもGCRは水面下で行い政治的な覆し(2020年選挙)の公表時にはGCRは切り替わる段階としておくような動きのようです。

世界中が戒厳令になって、EBSを聞かされても理解できな人も多いでしょう。

そして、金融の切り替えまでは全く理解不能になるのではないでしょうか?

すでに、中央銀行は2022年11月に閉鎖されていると言います。

これまでの紙幣を、QFSにリンクされた通貨へ切り替えしていく期限が、2023年1月31日という情報も出ています。

金融の切り替えは、どうも水面下で進んでいくようですね。

現在、12月20日頃からインテル情報が制限されているようです。

12月31日までに何か公表があるかもしれません。

今後に注目です。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*QFS量子金融システムの概要の基礎編は、こちらを参照願います。

*過去のQFSに関する記事は↓になりますのでご試聴願います。

タイトルとURLをコピーしました