QFSとは?量子金融システムの導入ステップをわかりやすく解説!

GCR量子金融システム

2022年6月、日本にも、まもなくQFSが導入されて、GESARA法が施行されていきます。
QFS量子金融システムがどのように導入されていくのかについては、明確ではありません。
そこで、現段階での導入ステップを説明した記事の紹介と解説をします。
記事の引用先は、QFS Japanさんのテレグラムになります
QFSに特化した情報を提供して頂いてるチャンネルです。2022年5月14日に開設されたばかりですが、貴重な情報を提示して頂いています。
QFS量子金融システムの導入のステップとは?
資産証明の仕組み|デジタルゴールド資産証明書「量子キュービット」とは?
個人口座の仕組みは?あなたの個人QFSアカウント(分散型台帳)
以上について紹介していきます。

(引用先:QFS Japan )

スポンサーリンク

QFS-最初のステップ

QFSにより、金に裏打ちされるデジタル通貨はどのようなステップで設定されていくのでしょうか?
その流れを、QFS Japanさんが示していますので、その投稿を紹介します。
(以下 QFS Japanさんの投稿より 抜粋)

01 GCR通貨換算

QFSシステムの実装時に「合法」と見なされる、各口座保有者のすべての予約済み法定通貨は、1対1(パリティ)で金で裏付けられた現地通貨に変換されます。

(筆者注釈:GCRとは?GCRは、暗号通貨Global Currency Reserveの通貨コードです。 6月19日現在 1JPY=38.123GCR)

プロセス全体は次のとおりです。

「調整プロセス」と呼ばれます。

02 デジタルセキュリティマーキング

QFSは、世界中のすべての銀行口座のすべての資産と「デジタル通貨」に追跡可能なデジタルセキュリティマークを割り当てます。

この「量子キュービット」により、すべての取引が合法で、所有者が意図し、透明性であることが保証されます。プロセス全体をチェックするのに役立ちます。

(筆者注釈:キュービットとはキュービットとは、従来型のコンピューターでは0か1を表現するビット(2進桁)の量子コンピューター版であり、0と1の双方、あるいはそれら状態の間の任意の組み合わせを重ね合わせた状態として保持できる。)

03 RV-全国再評価

公式:資産、つまり各国の資産、経済人口とその他の多くのパラメーターによって、国の通貨の価値が決まります。

この計算は、209か国のそれぞれに適用されます。

その後、各国のすべての通貨の額面は同じになります。

金価格は無関係になります!!!

これらの3つのステップで金の価格を設定すると、金の価格の変動はすべての通貨の価値に相当するため、関係がなくなります。

したがって、すべての通貨の額面に正味の変化はありません。

私たちの地球には、すべての世界通貨の金採掘を達成するために必要な量よりもはるかに多くの金があります。

商品市場がどのような金価格を決定しても、金の市場価格は通貨価値に影響を与えません。

このステップはまた、私たちの世界のインフレやデフレ、そして「商品」としての金の使用を排除します。

(引用先:QFS Japan )

*解説:聞きなれない、専門的な言葉も出てきますので分かりづらいかもしれません。
導入のステップとしては、まず、その国の通貨とGCRに変換する。
次に、デジタル通貨にセキュリティーマークを割り当てる。
そして、209カ国の通貨を再評価する。
というステップになるとのことです。そして、再評価されたデジタル通貨は、金の市場価格の変動の影響はされないものとされる。
(以下、用語解説)
<GCRとRVの説明>
*GCRとは・・・「Global Currency Reset」の略で「世界通貨改革」のことです。
通貨発行権者だけが、金利を取得するというシステムを是正しようとする改革のこと。
*RVとは ・・・「Revaluation of Values」の略で「通貨評価替え」
通貨価値を裏付ける価値基準が、RV(通貨評価替え)です。
その時に量子金融システム(QFS/Quantum Finance System)が導入され、資産の裏付けは金になる。つまり金本位制に戻るとも言われています。
*参考記事:GCR=JPY為替情報

日本円 (JPY)からGlobal Currency Reserve (GCR) 為替レート

スポンサーリンク

資産証明の仕組み|デジタルゴールド資産証明書「量子キュービット」

導入手順は前項で説明がありました。次は、デジタル通貨の資産証明の仕組みが説明されています。セキュリティマークが割り当てられた、通貨を資産証明する仕組みを解説します。
(以下 QFS Japanさんの投稿より 抜粋)

デジタルゴールドアセット証明書:

QFSを介して転送できるのは、金または資産のデジタル証明書(量子キュービット)を持つ金または資産担保通貨のみです。

証明書は、通貨を確保するために予備/検疫で保持されている金または資産のシリアル番号を参照します。

QCオフワールドテクノロジー:

通貨を裏付けるために使用される物理的な金や資産は、いわば「予備/検疫」に入れられます。

それが保管されている安全な保管庫から盗まれたり、取り出されたりすることはありません。

したがって、この通貨は「ゴールド通貨」または「アセッド-バック通貨」(資産担保通貨)と呼ばれます。

それは、それが支援しているナゲットまたは資産に関連している必要があります。

209のGESARA準拠の主権国はすべて、独自の資産担保通貨をローンチ(立ち上げる)する準備ができており、これは各国で1つずつ展開されます。

ドイツはDマークに戻ります。

「投資支援通貨」への言及は、原産国の資産に基づく通貨の発売中のプロセスです。

(引用先:QFS Japan )

*解説:新たなデジタル通貨の準備は進められており、資産証明はシリアル番号を割り振りされて保証されるようです。
量子コンピューターによる管理と運用により、瞬時のデーター照合と通貨送金が可能になるということでしょうか?
いずれにせよ、資産担保に値する、安全な資産証明システムが構築されているようです。

スポンサーリンク

個人口座の仕組みは?あなたの個人QFSアカウント(分散型台帳)

それでは、個人口座のQFSアカウントは準備されているのでしょうか?
新たな手続きはいるのでしょか?
送金操作は ATMのような機械を操作するのでしょうか?
次に、このような疑問を解説しています。
(以下 QFS Japanさんの投稿より 抜粋)

あなたの個人QFSアカウント(分散型台帳)

GESARAと自然法/人権への復帰により各個人は、自分自身に対してのみ責任と説明責任を負います。

したがって、すべてのQFSアカウント所有者は、主権国家の地位を持っています。

非常に個人的なQFSアカウントはすでに存在します。

現時点では、銀行口座に直接接続されています。

したがって、以前の銀行を介して、通常どおりすべての金融取引を事前に規制します。

QFSは誰でも無料です。

すべての銀行は、一時的に口座名義人のQFS口座への仲介機能を持っています。

ただし、将来的には、誰もが自分の量子コンピューターに直接アクセスできるようになります。

その後、銀行は不要になり、タスクを再発見する必要があります。

注:量子電話は(Qフォン)、イベント後に世界中のすべての人が無料で利用できるようになる予定です。

Qフォンとの紐付けについて・・・

「ゆうちょ銀行」が記載されていたので、主にゆうちょ銀行に専用口座を開設し、Q Phoneと紐付けするのかもしれないですね(多分)。

現時点では、日本の情報が少ないので、仕入れたらここにアップしていきます。

(引用先:QFS Japan )

*解説:説明によると、すでに個人アカウントは準備されているようです。そして、当面は銀行を経由しての取引になり、いずれ、無料配布されるQフォンで直接取引が可能になると。
いずれ、銀行は不要になるとのことです。
確かに、セキュリティーが万全で、デジタル通貨にシリアル番号で紐付けされておれば、銀行などの中間媒体は不要になります。
銀行は融資決済のみを行うのでしょうか?
水面下で、QFSへの移行準備が着々と進められているようです。

スポンサーリンク

参考:QFSに適用する銀行は?

参考に、日本でQFSに適用する銀行についての記述もありましたので紹介します。
(以下 QFS Japanさんの投稿より 抜粋)

MUFG (三菱UFJ)銀行グループ

日本最大の銀行

タイ、香港、ベトナム、ラオス、ケイマン諸島に支店。

MUFG銀行グループは、アジア圏での取引を高速化するためにリップルブロックチェーンを導入していますが、今回、量子金融システムに参加することを決定し、市場の既存株を担保にステラ上で利用できる様、独自に展開しました。

この資産は、タイランドゴールドに裏打ちされています。

三井住友トラストホールディングス株式会社は、

三井住友トラストホールディングスと住友信託銀行が共同で設立した持株会社です。

金融グループとして、銀行はトラストバンキングサービス、証券仲介、資産管理、および関連する金融サービスを提供しています。

彼らは、金に裏打ちされたトークンを発行しています。

SMTBの在庫は、現在、恒星のブロックチェーンで利用可能です。

(引用先:QFS Japan )

*解説:三菱UFJ銀行と三井住友トラストホールディングスが既に、QFSへの参加を決定したようです。
ゆうちょとも合わせて、どの用にリンクしてくるのでしょうか?
参考までに紹介します。
この情報は、テレグラムだから(検閲なし)投稿できますが、YouTubeでは現段階では削除対象でしょう。
素晴らしい情報ですね。
ですから、読者の皆様もご自身の胸に秘めて、他人には話さないようにしてください。(/ _ ; )

(日本のQFSに適用する金融機関マップ)

スポンサーリンク

まとめ・・・QFS|量子金融システムが導入されるステップとは?導入編を解説!

QFS量子金融システムの導入ステップとセキュリテーと資産保護、個人口座と運用について紹介しました。
私たちの知らないところで、すでに、個人アカウントも設定され、QFSへの適用をゆうちょ、三菱UFJ銀行、三井住友トラストが参画をしているとのことです。
驚きは、取引は無料配布されると言われる、Qフォン(スマフォ)で直接送金ができるというのです。
いずれ、銀行は不要になるというのです。
量子コンピューター自体の可能性が、まだ、わからない中ですが、これからの数十年は驚くべきテクノロジーのよる生活の変化が起きそうです。
これまでは、QFS量子金融システムの導入ステップについて情報がありませんでしたが、この度、QFS JapanさんがテレグラムでQFS専用チャンネルを開設して情報を紹介いただき感謝します。
今後も新情報があれば紹介させて頂きます。
最後まで、ご試聴ありがとうございました。m(_ _)m

*QFS量子金融システムの概要の基礎編は、こちらを参照願います。

*過去のQFSに関する記事は↓になりますのでご試聴願います。

*グローバル通貨リセット関連の記事は↓になります。

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました