9.11 20周忌・トランプ声明と世界の動きからGESARAを予測

イルミナティ

2021年9月11日米国では9.11の20周忌の記念式典が開催された。トランプ前大統領は、NY市消防局とNY市警を訪れ大歓迎を受け声明を出した。

犠牲となられた多くの犠牲者のご冥福をお祈りします。

一方、バイデン大統領は、元大統領や他の政治家とともに、9.11記念日のためにニューヨーク市のグラウンドゼロで行われた式典に出席しました。

また、世界ではコロナワクチンの強制やワクチンパスポートによる制限に反対するデモが活発になってきている。

さらに、世界的な異常気象により大雨による洪水、河川の氾濫も相次いでる。

9月11日前にGESARAの公表があるかもと噂されていましたが、バイデン大統領辞任までの動きには至っていません。

9.11でのトランプ前大統領のメッセージと世界の動きから、GESARA公表がいつになるのかを考察します。

 

(9.11から20年 振り返り)

スポンサーリンク

9.11を陰謀と答えるアメリカ人は36%

あの2001年9.11事件をアメリカの人々は、どのようにみているのでしょうか?
2011年に書かれた記事から引用します。

(アメリカの国民1/3が陰謀説を信じる)

米国民3人に1人が陰謀説を支持

荒唐無稽に聞こえる政府陰謀説だが、支持者は決して少数派ではない。2006年に米スクリップス・ハワード財団(Scripps Howard Scripps Howard)が実施した世論調査では、何らかの陰謀があったと思うとの回答は36%に上った。

その他の世論調査でも、陰謀説はアラブ世界ばかりかフランスでも広く支持を集めている。

 

(陰謀説を信じる根拠とは?)

– ツインタワーは飛行機の激突だけでは倒壊などしないはず。

– 世界貿易センターの第7ビルは、飛行機が激突していないのに驚くほど倒壊が速かった。あれはビル解体のプロの仕業だ。

– ニューヨークの株価は事件直後に下落した。一部の人間がテロ発生を事前に察知していたからに違いない。

– 国防総省への攻撃は、アメリカン航空(American Airlines)77便の激突ではなく、米軍のミサイルによるものだった。

– ユナイテッド航空(United Airlines)93便はペンシルベニア(Pennsylvania)州の平原に墜落したとされているが、おそらく戦闘機により撃墜された跡、痕跡が消された。 

*解説:アメリカ国民の1/3の人が、陰謀説を信じているのである。
今は、カメラが一般的な人にも撮影することができて、詳しい人なら画像編集もできるようになっている。
その事により、貿易センターに飛行機が突っ込む映像がフェイクと見破る人がおり、SNSでの投稿により拡散されて陰謀と信じる人が増えたようである。
実際にSNSの画像を紹介します。
(映像技術の紹介)

(現地のビデオカメラに飛行機は写っていない)

(ペンタゴンに突っ込んだのは巡航ミサイルという証拠)

 

スポンサーリンク

バイデン大統領9.11記念式典参加・・・公演は無くビデオメッセージのみ

バイデン大統領は11日 午前8時半(日本時間午後9時半)から、かつて世界貿易センタービルが建っていたニューヨークの跡地での式典に出席する。

続いて、国防総省と、ペンシルヴェニア州の墜落跡地での式典にも、ジル夫人と共に出席した。

 

 

バイデン大統領は、グラウンドゼロ式典で、オバマ前大統領、ミシェルオバマ元ファーストレディ、ヒラリークリントン元国務長官、マイケルブルームバーグ元ニューヨーク市長に加わった。

バイデン大統領の公演は行われず、ビデオメッセージで、国民に「今こそ団結する時だ」、「結束こそが、わたしたちの最大の強みだ。それが、わたしが9.11から得た一番の教訓だ」と述べただけである。

 

 

スポンサーリンク

トランプ前大統領はニューヨーク市を突然訪問し歓迎を受ける!

トランプ前大統領は、9月11日ニューヨーク市のFDNY消防士とNYPD役員を突然訪問し、彼らの献身、奉仕、英雄を称えました。

 

 

(消防関係者と写真撮影)

(ニューヨーク市警察を前に語るトランプ前大統領・・・17の部屋)

トランプ氏の質問はありますか?の問いかけに。

Q:また、大統領選に出馬するつもりですか?(警察官)

A:トランプ氏の答えは・・・

 ああ・・それは難しい質問ですね。本当は私にとっては簡単な質問です。(会場 笑)

何をしようとしているかわわかっているが、まだ、その話をしてはいけないんだ!

あなたは幸せになれると思うよ!そういう言い方にしておこう。

*解説:ニューヨク市警と17番の部屋でトランプ前大統領は答えました。

 まだ、その話はできないが、あなたは幸せになれる。といった意味は・・・

これから、近い日にアリゾナ州の選挙不正を皮切りに各州の選挙不正があばかれて、トランプ大統領が復帰することを語っているように感じます。

17番の部屋。17はQアノンの象徴の数字でもあります。

ジュディノートでは、17日が重要な日であると書かれていました。

17日がいよいよGESARA公表の日になるのでしょうか?

9/17金曜:米国憲法署名日、軍事裁判ストリーミングの終了日。17日の一年デルタ。ピッグズ湾60周年。憲法が終わる?

9/18土曜: 自由のための世界的デモの週末

9/22水曜:秋分の日、秋の始まりの日

9/24金曜: ユリウス暦の新しいクリスマス (9/11+13)

(ジュディノート 9月7日版より)

スポンサーリンク

世界各地のワクチン反対デモの様子

8月より世界各地でワクチン接種を推奨する政府に反対する民衆のデモが繰り広げられています。
一部を紹介します。
英ロンドンで反ワクチンデモ隊と警察が衝突、警官4人負傷(AFP=時事))

イタリア Turin の反ワクチンデモ(;´Д`))

(アムステルダムの反ワクチンデモ(;´Д`)結構な人数だな)

(仏、反ワクチンデモに17万人 )

*解説:日本ではまだ、大規模な反ワクチンデモは開かれていないようですが、世界各地では数万人規模の反ワクチンデモが開かれています。

仮にワクチンが生物兵器としたら・・・これは戦争なのです。

第三次世界大戦が行われていると考えたらいかがでしょうか?

その仕掛け人がイルミナティまたはディープステート(DS)・カバルであり、かつてはナチス、共産党と言われる政党を作り上げた犯罪組織なのです。

そうだとしたら、それに気づいた世界中の人が抵抗する意志が必要です。

決して暴力に出ることのない抵抗が必要です。

イルミナティは、これまではロンドン・バチカンを通じて、通貨発行権を利用して暴利を貪り近代の経済システムから利益を吸収し、テロや独裁者という名の仮想の敵を作り上げて、武器と軍事機器を消費して軍産複合体という組織が利益を得てたのである。

イルミナティに抵抗する世界中の人の意志のエネルギーが満ちるまでもう少しではないでしょうか?

スポンサーリンク

世界中の異常気象は洪水による地下施設の破壊が狙いか?

信じにくい話ですが14世紀頃から、世界では悪魔崇拝の儀式が行われていたという。

地球外生命体は5次元以上の存在であり、エネルギー源として人の恐怖の意識が必要として、生け贄(いけにえ)の儀式の伝説が各地に残されている。

仮の話として、このあとの記事を視聴してください。

悪魔崇拝の儀式は主に地下に施設を作りそこで行われていた。建設しやすい場所が、各国の軍事基地、ダムの地下、山のトンネルに隣接する場所、または首都圏の地下鉄の場所です。

今年の大雨による世界的な洪水は、その地下施設を破壊することも目的とされているようです。

まもなく、中国の三峡ダムは決壊が近いようです。

GESARAの公表は、その、地下施設の破壊に関連していることもあるようです。

(三峡ダムの9月の様子)

 

(米軍の地下施設はこれだけ存在する)

国際児童性売買: 
世界中のディープステート軍事地下基地は、国際児童性売買、銃と麻薬の密輸、臓器採取、人間実験、マインドコントロールリングの秘密を守った。

 

米国の軍事地下基地、世界覚醒: 
米国だけでも大部分の主要都市、米空軍基地、米海軍基地、米陸軍基地、FEMA軍事訓練所、DHS統制センターの下に120余りの深層地下軍事基地がある。 カナダの下には多くの地下軍事基地がある。

image

これらの基地のほとんどは地下2マイル以上に位置し、直径は10~30マイルである。 それらは基本的に時速1500マイルの高速磁気浮上列車で結ばれた大きな地下都市です。
*解説:地下施設はアメリカだけでなく、世界中にあるといわれています。
日本でも、東京の地下や日本の子供の国などにもあると言われます。
今、人身売買で大量の犠牲者が出ると言われる中国にも大きなダムの地下が存在すると言われています。
早く、地下施設が一掃されることを祈りたいですね。
そして、犠牲となられた多くの犠牲者のご冥福をお祈りします。
スポンサーリンク

まとめ・・・9月11日20周忌トランプ声明と世界の動きからGESARAを予測

9月11日にGESARA公表、世界緊急放送を待ち望んでいた方も多くいることでしょう。
残念がら、9月12日となりましたがまだ延長のようです。
しかし、NY市警察でのトランプ前大統領の発言・・・大統領選挙への出馬しますかの問いかけに
トランプ前大統領は・・・今は言えない。

しかし、あなたは幸せになれると思うよ!そういう言い方にしておこう。と話されたことから、作戦は確実に進んでいることが伺えます。

それも、24年の大統領選挙の前に・・・。
以下は筆者の予測ですが・・・
ジュディノートの9月17日、そして24日新しいクリスマス。とあることから・・・
9月17日〜24日の間に大きな変化があり、次のGESARA公表の日となるのではないでしょうか?
今回は9月11日に起きたことや、最近の反ワクチンでもや洪水の災害を含めて、GESARAのXデーを考察してみました。
最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m
人身売買の記事は👇のアドレノクロムを視聴してみてください。
9.11の陰謀などイルミナティの記事は👇を視聴するとよくわかります。

 

通貨発行権をめぐるアメリカの歴史は👇の記事がぴったりです。(*^^*)

アメリカ共和国とは?株式会社アメリカとは?アメリカの隠された真実

タイトルとURLをコピーしました