ビル・ゲイツ軍事裁判・インドでの大量殺人で死刑・絞首刑が確定!

軍事裁判

9月7日火曜日から再開した、ビル・ゲイツの軍事裁判が死刑判決で終了した。

法廷でハニンク提督は、2011年インドの40000人に及ぶ子供たちをワクチンの実験を行い、多くを死へと導いた証拠を提示した。

ビル・ゲイツの犯罪は、コンボ共和国でも続いていた・・・

法廷の概要を紹介します。

 

REAL LAW NEWS 9月12日版より

 

スポンサーリンク

ビル・ゲイツのインドでのワクチン実験とは?40000人の犠牲者が・・・

法廷では、ハニンク提督はビル・ゲイツの2011年、貧困に苦しむインドで行われた、ポリオを発症した子供たちにワクチン投与して実験をしたのです。

そして、その犠牲者は40000人が死亡したと言う報告を、ビルから押収したパソコンのデーターから説明したのでした。

(REAL LAW NEWS 抜粋)

ハニンク中将がゲイツのワクチン業界との不法な関係の追加の証拠を証拠として提示した。

ゲイツ氏のパーソナルサーバーから入手した文書は、米国のワクチン販売業者からの「軽度の」抵抗に会った後、2011年に貧困に苦しむインドの41,000人の子供たちに「死に至るまで深刻な副作用をもたらす」ワクチンをどのように配布したかを概説しています。

貧困層を荒廃させていた「スーパーポリオ」の菌株に対して絶対的な免疫を与えました。

ワクチンは、ポリオに対してレシピエントに接種するのではなく、ポリオを悪化させ、40,000人以上の子供たちが不自由または死亡したままになりました。

*ポリオとは・・・ポリオはヒトからヒトに伝染するウイルスで、汚染された水を通してうつることが多い。神経系を攻撃し、まひを引き起こす。

 

検察側の証拠の提示と説明を受けて、弁護士であるバルアルテは抵抗した。

Baluarteは、次のように反対しました

これらの風変わりな話が真実であるとさらにふりましょう。

教えてください、アメリカの軍事裁判所は、外国の土地で外国人に対する犯罪を起訴することができますか?

 

「すべてが平等であるならば、それは正しいでしょう」とハニンク中将は認めました。

「しかし、すべてが平等というわけではありません。アメリカ人宣教師はインドの医療スタッフと一緒に働きました。それらのアメリカ人宣教師の何人かには幼い子供たち、つまりゲイツワクチンを接種した子供たちがいました。

ハニンク中将によると、6人の子供のうち6人が完全で不可逆的な麻痺を発症し、その後、接種から90日以内に脳出血と死亡が発生した。

子供たちはアメリカ人の両親から生まれたアメリカ市民だったので、ドナルド・J・トランプが辞任する前に発動した1807年の反乱法に規定されているように、

軍はゲイツを彼らの死で起訴する権限を持っていた。

*解説:インドで2011年に40000人を超える子供を使ってのワクチン実験が行われたのは酷いことです。

弁護士は、その証拠がゲイツのパソコンにあるデーターであり、言い訳できないことから、外国人への犯罪を起訴できるのか?と言うしかなかったのである。

しかし、アメリカ人の医療スタッフの中の子供6人がすべてワクチン接種後に亡くなったことはアメリカの犯罪でもあるとうハニンク提督の反論は見事です。

40000人の人数が恐ろしい規模ではないでしょうか?

9.11の直接の犠牲者が、ワールドトレードセンター (WTC) へのテロ攻撃による死者は合計で2,763人だった。

9.11の10倍以上の命を奪ったのである。

これは、理由がどうあれ許されるべきことではないでしょう。

ビル・ゲイツのワクチン犯罪はインドだけではなかったのである。

 

スポンサーリンク

アフリカ・コンゴ共和国でHIV治療薬を使い27,000人が亡くなる!

(REAL LAW NEWS 抜粋)

「ゲイツの悪魔的な冒険はインドにとどまらなかった」とハニンク中将は3人の役員パネルに語った。

「4年後、彼はコンゴ民主共和国でいわゆる人道的使命を繰り返しました。

その時、彼はHIVの治療法を開発したと主張しました。

アメリカ人がその薬で亡くなったことを証明することはできませんが、少なくとも27,000人のアフリカ人が亡くなったことはわかっています。これはすべて動機を示しています。」

*解説:なんと、2001年インドのワクチン実験のあとに4年後、コンゴ共和国でHIV感染への治療薬として実験を行ったのである。

その結果、27,000人のアフリカ人が犠牲となった。

これも、ビルのパソコン内部のデーターから証拠があったと推測されます。

インドで40,000人、コンゴ共和国で27,000人が亡くなっても人口削減計画が重要だと考えられることが、もはや異常者だったと言えます。

 

スポンサーリンク

ゲイツとアンソニー・ファウチとの関係を追求!判決は・・・死刑!

ビル・ゲイツは2019年からアメリカのウイルス研究の第一人者であるファウチ博士と何度も会いました。

そして、ビル・ゲイツ財団が大手製薬会社への寄付の10倍の報酬をビル・ゲイツが得て、ビルが数千万ドル(数十億円)の寄付を製薬会社に行うという密約を交わした証拠が提示された。

 

法廷のやり取りを紹介します・・・(REAL LAW NEWS 抜粋)

「あなたは、2019年12月から2020年7月の間に、彼の家とあなたの家で5回、ファウチと個人的に会いました。あなた自身の文書では、ワクチンを1回接種すると、「投資」の10倍を取り戻す代わりに、製薬会社に数千万ドルを寄付することが議論されました。

市場に出されました。あなた自身の言葉で、ファウチはその考えを承認した。

あなたがそのような慈善家であるなら、なぜあなたはキックバックを期待していましたか?」ハニンク中将は言った。

ゲイツの弁護士は彼に質問に答えないように指示した。

 

そして、判決を行う3人のパネルは時間を要さずに全員一致でビル・ゲイツに判決を下しました。

役員は全員一致の決定に達するのに1分も必要としませんでした。

彼らはゲイツがすべての容疑で有罪であると認め、彼の残虐行為のために絞首刑に処せられるように求めた。

ハニンク中将は、2021年10月5日の死刑執行日を設定しました。

 

グアンタナモ湾の軍事法廷は、マイクロソフトの創設者であるビルゲイツを、人​​身売買、小児性愛、陰謀、マネーロンダリング、殺人、公衆衛生上の危険などの罪で有罪判決を下しました。

引用先:REAL LAW NEWS 9月12日版 軍の囚人ビル・ゲイツ

*解説:ビル・ゲイツはビル・ゲイツ財団という慈善事業団体を隠れ蓑に、人口削減計画を推進していたのである。

犠牲者となった人数が莫大です。

インドとコンゴ共和国だけでも67,000人。

仮に、現在投与されているワクチンが生物兵器だとしたら、数億人とも言われる犠牲者が出てしまうかもしれません。

このあとは、ワクチン接種者を救う医療対策が開発されることを祈るしかありません。m(__)m

しかし、権威を持つ人の選択は地球の人類全体に与える影響は計り知れない。というです。

このような犯罪が、二度と繰り返さない仕組みを世界で共有できると良いですね。(*^。^*)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ビル・ゲイツ軍事法廷最終回・インドでの大量殺人で絞首刑が確定!

ビル・ゲイツ離婚から9ヶ月、軍事法廷も6日ほどが費やされたようです。

今回の法廷では、2011年に行われたインドでのワクチン接種により、40,000人。

4年後にコンゴ共和国で27,000人。

その犠牲者の数は、史上最大の殺人に匹敵する事件の首謀者だったのです。

皮肉にも、WindowsというOS(窓)を開発した天才が、自らの犯罪をパソコンに保存したデーターにより決定的な証拠になりました。

これまでの犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、これからは、量子コンピューターにより監視ができると良いと思います。

メリンダ夫人は、ベストなタイミングでの離婚劇でした。

苦悩から開放されたのです。

ビル・ゲイツより命を脅迫されていたのですから・・・

いくらかの財産分与は受けたようです。

ビルの14兆円と言われる資産は反逆罪として没収されると考えられます。

世の中の本物の慈善事業へと使われることでしょう。

10月5日、それまでに、ワクチンにに対する真実が明かされて、困惑したパンデミックが収束へ向かうことを祈念いたします。

 

最後までご視聴ありがとうございました。

 

これまでのビル・ゲイツの裁判は👇のカテゴリー軍事裁判をクリックして参照してみてください。

軍事裁判

 

ファウチ博士の陰謀については👇の記事のご視聴をおすすめします。

パンデミック・ファウチ博士は武漢ウィルス研究所・コウモリ実験隠蔽?

 

さらに、パンデミック関連記事は👇です。

パンデミック

 

 

タイトルとURLをコピーしました