ビル・ゲイツ軍事裁判4日目・ワクチン接種モニター生き残りの証言

軍事裁判

9月1日水曜日、ビル・ゲイツ3回目の軍事法廷の最後に、ビルは250人に及ぶインフルエンザ・ワクチン摂取により250人が死亡したことが法廷にかけられた。

その続きの裁判が3日に行われました。

その法廷で250人のワクチン摂取者の唯一の生残りの証人の証言した。

ワクチン接種後の幾多の病との戦いを語り、最後に、こんなことを知っていたとしたら、ワクチンを取り入れることはしなかった・・・と後悔の感情を言葉にしたのだった。

法廷の概要を紹介します。

元記事のREAL LAW NEWS 9月7日版を解説します。

 

スポンサーリンク

ビルの弁護士バルアルテは、ワクチン接種者250人全員の遺体の検査を要求した!

20年前の2001年8月ころ、ビル側は250人のインフルエンザワクチン接種者のモニターを募集し、人体実験をしたとのこと。

その後の法廷闘争を紹介します。

(REAL LAW NEWS 抜粋)

米軍は、ゲイツまたは彼に代わって人々が、身体の臓器をゆっくりと侵食し、最終的に引き起こすように設計された実験的インフルエンザワクチンを少なくとも250人の無防備な人々に注射したことを証明する証拠があると主張しました

 

ビル側弁護士と検察の攻防

9月1日のビル・ゲイツ4回目の法廷で、弁護側のバルアルテ氏は、20年前のワクチン死亡者の死体の検死を要求したのである・・・そして、それは嘘だからできない!と検察の証拠を完全否定したちころから始まった・・・

(REAL LAW NEWS 抜粋)

ゲイツの弁護士であるアニメで演劇のデビッド・バルアルテは、クライアントと個人的に話すことができるように継続を求めました。

裁判が木曜日の朝に再開されたとき、バルアルテは、死体を発掘して検査するために独立した法医病理学者を雇うことができるように、250人の犠牲者とされるすべての死体を生産するように米国海軍裁判官擁護総隊に要請した。

「しかし、それはできませんね、ハニンク中将?なぜできないのか知っていますか?それらの人々は存在せず、注射は決して起こらなかったからです。あなたは彼が友達と行ったロールプレイングゲームに基づいてこの男を起訴しようとしています。これ以上何もない; それ以下ではありません。

彼らは病的でしたか?はい。彼らは犯罪者でしたか?いいえ。この審判は偽物です」とバルアルテは言いました。

 

*解説:弁護側の作戦は、全てウソでっち上げという話にするという戦術でした。

そして、250人のワクチン接種者は死亡しており、その証拠は出ないようにしてある。という自信があったようです。

そのことを、ハニンク提督がこのあと反撃を開始しました。

その、反撃とは・・・・

ワクチン接種者の遺体はビルにより火葬されていた(証拠隠滅)

(REAL LAW NEWS 抜粋・・・はニンク提督の反撃!)

「ビル・ゲイツは傲慢でナルシシストだ」とハニンク中将は被告人を指差しながら言った。発掘する遺体があったとしても、20年後には多くのことを見つけることができるかどうかは疑わしい。

しかし、ビルは発掘が決して起こらないことを確認しました。場合によっては、被相続人の最後の願いを無視して、全員が火葬されました

さらに、検察側はビル・ゲイツ財団が2001年から5年間、65〜75歳のワクチン接種者を募集した広告を証拠として準備し提示したのである。

これで、250人の人体実験が事実であったことが証明されたのである。

(REAL LAW NEWS 抜粋)

検察側は、2001年8月にシアトルタイムズで新進のゲイツ財団が発表した広告を審判に示しました。

広告は、5年間持続し、人体と自動的に相互作用する「革新的な」インフルエンザワクチンを受け取るボランティアを求めました。

季節性インフルエンザのまだ未知の亜種と戦う。

広告が続いた参加者は、65〜75歳である必要があり、心臓病や糖尿病などの慢性疾患はありませんでした。

 

*解説:はニンク提督は、ビルが250人の全員の遺体は証拠が出ないように火葬していた。を言い。ビルをナルシストだと指差したところは、ビルの感情を揺さぶる一撃となったと思われます。

火葬するところまで、徹底して行い。

被害者の遺族から、騒ぎにならないように、ボランティアの報酬はそれなりの金額だったことが推測されます。

ビルの莫大な資産から、お金が支給されていたのであろう。(筆者の推測です)

 

スポンサーリンク

ハニンク提督の反撃は!250人ワクチン接種者には生き残りがいた!

ワクチン接種者は250人で全員が半年後に死亡したと報告されていましたが、実は3人が生き延びていたのである。

2人はその後、死亡したが1人は現在も生きている人がいたのである。

(REAL LAW NEWS 抜粋)

ハニンク中将は驚くべき啓示を行った。ゲイツワクチンを奇跡的に生き延びた参加者が3人追加されたが、そのうち2人は数年後に死亡したと彼は述べた。

「驚くべきことに、今でも91歳の人が生きています。

そして、私たちは彼女が言わなければならないことを聞くべきだと思います」とハニンク中将はパネルに演説しました。

 

スポンサーリンク

ワクチン生残りメアリーさんの闘病と証言とは!

ワクチン受信者163のメアリー氏・91歳の女性がオンラインで証言をしたのである。

ワクチン接種広告を見たときの思いは!

まず、ワクチン接種者募集の広告を見て、ビル・ゲイツ財団・カイロンの後援の権威性と副作用がないことに疑いもなく応募したと証言しています。

(REAL LWA NEWS  抜粋)

「受信者163」と名乗る女性、メアリー・ジョンソンが画面に現れ、風化した顔に微笑みを浮かべた。

彼女はゆっくりと話し、各単語に借りているスペースを与えました。

「私は2001年8月24日に、彼に広告を見せた後、私の医師のアドバイスでショットを受け取りました。インフルエンザの季節がやってきて、病気になりたくありませんでした。

針恐怖症もあるので、5年も続くと聞いてワクワクしました。

リーフレットには、このショットは安全で効果的であり、腕の痛み、短時間の悪寒、軽度の発熱など、軽度の副作用しか見られない可能性があると書かれていました。

ビル・ゲイツ財団とカイロンが後援していて、1年後まで2度考えなかったと読みました。」

 

ワクチン接種後の破壊的な臓器不全との戦いの証言・・・

メアリーさんはワクチン接種後の病気との戦いを証言しました。

内臓が破壊されていく証言は恐ろしいさを感じます。

REAL LAW NEWS 抜粋)

12か月後、メアリーさんは壊滅的な臓器不全に耐えました。

まず、二重移植を必要とした腎臓の皮質壊死

それから、彼女がそのような状態を引き起こすことが知られている薬を飲んだり飲んだりしなかったにもかかわらず、原因不明の肝臓の硬化症

1か月後、彼女は急性虫垂炎を患い、虫垂を除去しなければならず、1か月後に胆嚢が続きました。

3か月後、彼女は1か月に2回の心臓発作を乗り越えました。

1年後、彼女の視神経は溶解し、視力は15%未満になりました。

彼女の医師はそれを「不可解な全身性のカスケード臓器不全」と呼んだが、ジョンソン氏はゲイツ氏のワクチンが彼女の健康の急速な低下を引き起こしたと主張した。

 

そして、最後にメアリーさんは後悔の念を表現したのである。

「自分の臓器が液化することを知っていたら、そのがらくたをとったことはなかったでしょう」と彼女は言葉の間で激しく呼吸しながら言った。

元記事:REAL LAW NEWS 9月7日版

ビルゲイツ軍事法廷:4日目

*解説:最後のメアリーさんの言葉、自分の臓器が液化することを知っていたら、がらくた(ワクチン)を取らなかったでしょう。と息を荒くして言った点がすべてを表しています。

内臓が破壊されていくワクチンだったのでしょう。

恐ろしいのは253人中250人が半年で死亡する。

メアリーさんの接種は20年前です。推測されるのは、その後の20年間にも多くの実験が行われたのではないでしょうか?

他にも被害者が相当数いるのではないでしょうか?

今後の法廷を見守りたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ビル・ゲイツ軍事裁判3日目・製薬会社との陰謀の罪状が審議(ワクチン接種250人の生き残りの証言)

いかがでしたでしょうか?

250人のワクチン接種者の唯一の生き残りの証言は説得力があります。

ビル・ゲイツの反論らしきものはありませんでした。

弁護士はワクチン接種実験を否定するしかなかったようです。

生き残りの証人が出るとは予想していなかったのでしょう。

パンデミックが続く今日ですが、早く真実が明かされて、人々の行動の規制が取り除かれる日が訪れることを祈ります。

 

最後までご視聴ありがとうございました。

 

ビル・ゲイツの次の法廷は9月7日から再開と記されています。

 

ビル・ゲイツの関連記事は、👇の軍事裁判をクリックして視聴願います。

軍事裁判

 

タイトルとURLをコピーしました