ビルゲイツ軍事裁判2日目!人身売買の証拠にビルは冤罪だ!と叫ぶ!

軍事裁判

ビル・ゲイツが7月27日に逮捕、8月23日に1回目の軍事法廷。2回目が8月31日に開かれた。

1回目に引き続き、人身売買の罪の証拠が次々に明かされ、ビルゲイツは『これは冤罪だ!(えんざい)』と声を上げた。

ビルゲイツの犯罪を実行した証人のスティーブン・シャープは何を語ったのか?

REAL LAW NEWSの記事より、最新情報を紹介します。

(REAL LAW NEWSは、米軍の軍情報をいち早く伝える情報誌である)

 

スポンサーリンク

2回目軍事法廷の検察側の証拠とは?

2回目の法廷では、1回目にビルが未成年との性交渉をした証拠が提示されていた。

そのことに対して、ビル側の弁護士はビルはED(勃起不全)であり、1回目の検察の主張に異議を唱えたところから始まった。

<REAL LAW NEWS 抜粋>

ビル・ゲイツの軍事法廷の2日目の初めに、彼の弁護士である不名誉なデビッド・バルアルテとともに、敵意は新たな高みへと急上昇しました。

バルアルテは、ゲイツが1999年以来無力であったため、そのような主張は不可能であると主張して、ゲイツが男性と女性の未成年者とセックスをしたという審判の主張に異議を唱えた。

この意義を聞いた後、ハニンク提督は、仮にそうだとしても、ビルが未成年の対する性犯罪の証拠があるとして検察の証拠を提示したのである。

<REAL LAW NEWS 抜粋>

ジョン・G・ハニンク中将は、「それが真実であり、そうではないことを証明できたとしても、彼の元妻の証言を含め、彼が子供を人身売買したという反駁(はんばく・・・反論の意見)できない証拠がまだある」と反論した。

 

その証拠とは・・・・

<REAL LAW NEWS 抜粋>

ハニンク中将は、ゲイツ氏が数百万ドルを支払った自称「修正者」であるスティーブン・シャープと名乗る検察の最初の証人を紹介した。

 

<シャープの証言1>

ビルゲイツはEDを克服するために勃起不全薬とアドレノクロムを服用した!

彼はZOOMを介してビデオに出演し、ゲイツがEDに対抗するために勃起不全薬とアドレノクロム注入を服用しているのを見たと審判に語った。

(シャープ証人はハニンク提督の、あなたはそれを見ましたかの問いに下のように答えた)

何度か。ビルは外に出てこのようなものを自分で手に入れることはしていませんでした。私の責任の1つは、より良い言葉がないため、彼のためにそれを手に入れることでした。

 

<シャープの証言2>

ビルがアドレノクロムを注入する写真の提示。

さらには、ビルが未成年の男女と性交渉をした。

ビルがワイオミング牧場で彼のダンジョンで未成年の男の子と女の子とセックスしたことは絶対に知っています」とシャープは言いました。

シャープは、ワイオミングの牧場でくつろいでいる彼とビル・ゲイツの写真をいくつか審判に見せた。

1つの画像は、頭上に迫っているシャープがゲイツの左腕に点滴を行っている間、ゲイツがガーニーに横たわっている画像でした。

シャープは、写真はゲイツがアドレノクロムの注入を受けているものだと主張した。

 

<シャープの証言3>

シャープは、自分はサイバーセキュリティーのスペシャリストであり、ビルからの依頼で、インターネット上にビルのネガティブな写真・ビデオを抹消していた。

「そして私は彼のために多くのことをしました。私はサイバーセキュリティのスペシャリストでもあり、インターネット上でビルのクリーンなネガティブプレスをスクラブするアルゴリズムで彼の人々を助けました。

私はビルを悪い光にさらす実際の写真とビデオについて話している。

そのようなものがインターネットにヒットするとすぐに、それはすぐに抹消されました。

 

<シャープの証言4・・・殺人の犯行が!>

ハニンク提督の証人シャープへの質問「そして、ゲイツが子供を人身売買したという個人的な知識はありますか?」ののちの証言に恐るべき犯行が語られた!

シャープはさらに、アドレノクロムの注入を終えたばかりの過度に攻撃的なゲイツが

タイから米国に輸入した13歳の少女を殴打して殺害した事件について語りました。

シャープは、ゲイツの下で働いていた数年間に、いくつかの同様の出来事を「浄化」したと述べた。

 

さらに、人身売買に関わる件について・・・証人は2回の人身売買取引を知っている。

 輸送コンテナがニューヨーク港とニュージャージーに到着したとき、私は2回出席しました。

各コンテナには、12人以上の男の子と女の子がいました。

署名するマニフェストはありませんでした。

ビルはそれを確認した。彼はこれをすべてテーブルの下に静かに保つためにたくさんのお金を払った」とシャープは言った。

さらに、彼とゲイツの関係を証明するために給料明細書を作成しました。

2つはGatesの署名を持っていましたが、他の2つには「MicrosoftCorporation」のスタンプがありました。

10個のスタブのそれぞれが365,000ドル(37百万円)でStevenSharpeに支払われました。

*解説:ビルゲイツは・・・

アドレノクロムを摂取していた。

13歳の未成年と性交渉をした。

13歳の少女を殴打して殺害した。

人身売買取引を2回取引した。

以上4件の証言より、未成年への性的犯罪・殺人・人身売買の罪の証拠が出されました。

Microsoft社の創業者であり、14兆円という資産を築いた富豪が、なぜ?

犯罪に手を染めてしまったのか?

資金力ですべて解決できると、錯誤してしまったようです。

 

スポンサーリンク

ビルゲイツ側の反論と反応は?

ビルゲイツは、自ら所有するワイオミング牧場の地下施設での未成年者との性行為を証言された直後に、『これは冤罪(えんざい)です』と叫んだのである。

手首を縛られたゲイツは、彼の席から飛び出して叫んだ。これは冤罪(えんざい)です。

「クライアントをコントロールしてください、バルアルテさん」とハニンク中将は言った。

*解説:人の感情は即座に反応して、表情や言動、行動に表れるものである。

未成年との性交渉を証言されて、ビルゲイツは席を飛び出して冤罪だと叫んだ。ということは、ビルは、その証言が都合が悪いということを証明してしまったのです。

これは、残念ながら、ビルゲイツは犯罪を犯してしまったようです。

ビル・ゲイツ氏、「Android」の地位を取れなかったのは「最大の過ち ...

 

スポンサーリンク

再びメリンダ夫人の証言は!

ハニンク提督は、証人をシャープから、メリンダ夫人にZOOMを切り替えた。

そして、メリンダ夫人にスティーブン・シャープを目撃したことがるか?その証言は事実かと聞いたのである。

メリンダ夫人は、証人シャープを知っており、ビルの依頼通り彼は実行した。と証言したのである。

 

<REAL LAW NEWS 抜粋>

ハニンク中将は目撃者を解任し、ゲイツの元妻であるメリンダ・アン・フレンチを同じくズームを介してスタンドに呼び戻した。

「メリンダさん、あなたは最後の目撃者の証言を知っていました。質問がいくつかあります。被告人の前でスティーブン・シャープを目撃したことはありますか?」ハニンク中将が尋ねた。

「やった」と彼女は答えた。「そして彼はビルのために彼がしたと言ったことをした」とメリンダは言った。

注)(自動翻訳の為、日本語訳が少しおかしくなっています)

「そして、あなたはこの法廷に嘘をつく理由がありませんか?」

「私の嘘の人生は終わった」とメリンダは言った。

「私はついにそのソシオパスと彼の策略から解放されてうれしいです。

 

次回の法廷は・・・ハニンク提督は薬品会社との関係だと言って水曜日まで休むと言った。

その後、ハニンク中将は水曜日の朝まで審判を休会させ、ゲイツ氏とビッグファーマとの居心地の良い関係に焦点を当てて一日を始めると述べた。

注) ビッグファーマとは,米国で大きなシェアをもつ世界的巨大製薬会社10社(米国のファイザー,メルク,ジョン ソン・エンド・ジョンソン,ブリストル・マイヤーズ,ワイス,英国のグラクソ・スミスクライン,アストラ・ゼ ネカ,スイスのノバルティス,ロシュ,フランスのアベンティス)を指す。

元記事はこちらです。ビルゲイツ軍事法廷:2日目

 

*解説:メリンダ夫人は証人シャープの証言が事実であり、これまで、事実を話せなかったことから解放されてうれしいと証言したのです。

前回の1回目の法廷で、メリンダ夫人は事実を知り、ビルに辞めるようアドバイスしても聞き入れられづ、ばらせば君を誰かに殺すように依頼する。と脅迫されていたと語っています。

そのことから、うれしい。という言葉の重みを感じます。

巨万の富と幸せとは両立しない一つの事実がここにあります。

私は、離婚を弁護士と相談し、5月に離婚して、法廷で証言するメリンダ夫人の心情はどのような気持ちなのか?想像できません。

推測するなら、きっと、自分の夫から殺害される恐怖から解放される安堵感ではないでしょうか?

そして、次の審議はビルとビッグファーマー(大手製薬会社)の関係を追及するというのである。

人口削減計画の噂は真実なのでしょうか?

ビルゲイツはワクチンで膨大な利益を得ているのでしょうか?

間もなく、真実が明かされます。

ビルゲイツの日陰側 - Japanese

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ビルゲイツ軍事裁判2日目!人身売買の証拠にビルは冤罪だ!と叫ぶ!

ビルゲイツの軍事法廷2日目、いかがでしたか?

米軍は、ビルの罪状を人身売買から追求しました。

ビルの依頼を受けて、アドレノクロムを確保、点滴、人身売買の取引きをしる証人・ スティーブン・シャープの証言は説得がありました。

恐ろしいのは、ビルゲイツ自身が13歳の少女を殴打して殺害した。という殺人まで犯していたのです。

メリンダ夫人のビルゲイツの脅迫から、解放された安堵感の証言も印象的でした。

今後、1日の休息を経て、ビルと大手製薬会社との関係が暴露されていくようです。

新しい情報が出ましたら解説した記事を載せていきます。

最後までご視聴ありがとうございました。

ビル・ゲイツの関連記事は軍事法廷のカテゴリーに記載されています。

ご興味ある方は、軍事裁判をクリックしてご視聴してみてください。

軍事裁判

タイトルとURLをコピーしました