ビル・ゲイツ軍事裁判3日目・製薬会社との陰謀の罪状が審議

パンデミック

8月31日2回目の軍事裁判をおえたあと、ハニンク提督は次の法廷はビル・ゲイツとビッグファーマー(大手製薬会社)の関係を追及する語っていた。

9月1日に3回目の法廷で、ビル・ゲイツと製薬会社で実行されてきた犯罪は?

人口削減計画の噂は真実なのでしょうか?

ビルゲイツはワクチンで膨大な利益を得ているのでしょうか?

早速、その法廷を紹介します。

*元記事:REAL LAW NEWS 9月3日版を解説します。

 

REAL LAW NEWS

 

スポンサーリンク

ビル・ゲイツ3日目は弁護側のビルの功績を語る・・・・

3回目の法廷は、ビルの弁護士であるバルアルテ氏がビル・ゲイツのこれまでの功績で数え切れない人々が救われている。と演説した。

裁判を少しでもビルに有利となるようにする、ミエミエの策であるが、法廷では通用しなかったようである。

(以下 REAL LAW NEWSより抜粋)

ゲイツの軍事法廷の3日目は、彼の弁護士であるデビッド・バルアルテから始まり、彼が準備した声明を聞くよう裁判所に懇願した。

バルアルテの簡潔さの概念は、長引くアニメーションのティレードで法廷に懇願することを意味し、その間、彼は再び無実の男を起訴したことで軍を叱責し、ゲイツの社会への貢献がなかったらアメリカがどれほど悲劇的であるかを強調した。

彼はゲイツの慈善行為を宣伝し、ゲイツは人類がこれまでに知った中で最も偉大な慈善家であると述べ、ゲイツの無私の態度から恩恵を受けた慈善団体のリストを8分間述べました。

ゲイツのいない世界は、法廷を歩き回ったとき、悲惨で、深く、暗い絶望の穴であり、優しさと品位を失い、現在地球を悩ませているよりも多くの病気と病気に満ちているだろうとバルアルテは言った。

彼はゲイツが日常の人々にもたらした技術的成果を自慢し、ゲイツの卓越した技術がなければアメリカは暗黒時代に押し戻されたであろうと述べた。

「ビル・ゲイツはこれまでも、そしてこれからも先見の明があります」とバルアルテは言いました。「そして彼の専門知識、発明、そして彼の優しさは数千、数百万の命を救いました。

 

 

10分以上の演説はハニンク提督やパネリストに響くことは無く、ハニンク提督は言った。

“終わりましたか?” ハニンク中将が尋ねた。「この審判はあなたの演劇を十分長く楽しんできたと思います。」・ゲイツとビッグファーマーの犯罪の証拠とは?

 

スポンサーリンク

ビルとファーマーの罪状は?検察側の証拠が提示される!

ハニンク提督は、予定されていた証拠を提示していった。

ゲイツのいくつかの財産に対する秘密の襲撃中に軍が押収したコンピューターから入手した文書を法廷に提出した。

ファイザーのCEOに人口削減のワクチン開発を打診し、ファイザー側は1億5千万ドル(150億円)の寄付。

さらに、ファイザーCEOのヘンリーマッキンネルへ闇金として1000万ドル(10億円)の寄付が渡されるという証拠を提示したのである。(@_@;)

 

 

(REAL LAW NEWS 抜粋)

検察は、国中のゲイツのいくつかの財産に対する秘密の襲撃中に軍が押収したコンピューターから入手した文書を法廷に提出した。

彼らは、ファイザー、メルク、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど、いくつかの主要な製薬会社とのゲイツの秘密取引についての見解を示しました。

2001年8月4日付けのあるメールで、ゲイツ氏は当時のファイザーCEOのヘンリーマッキンネルに提案を行い、正気で合理的な人が悪意のある議題と見なすものを概説しました。

同時に重要な器官を侵食しながら何年も。電子メールによると、症状は何年も表面化せず、表面化すると、無知な臨床医が他の病気や不可解な臓器不全と呼ばれる状態に病気を禁じるでしょう。

医師が末期疾患の原因を正確に特定できない。症状が現れる頃には、手遅れになるでしょう。

ゲイツ氏は、彼の「製品」がすべての治療法を打ち負かす可能性があると書いています。

ファイザーはこのオファーから何を得ることができましたか?

ゲイツ氏は、ワクチン接種の安全性と有効性の改善に関するファイザーの研究プログラムに年間1億5,000万ドルを「寄付」し、マッキンネルのケイマン島の裏金に年間1,000万ドルを寄付することに同意しました。

 

ハニンク中将は、マッキネルの返答メールにパネルの注意を向けた。

「親愛なるゲイツ氏」とハニンク中将は返信から次のように述べています。

「私たちの惑星は人口過密への危険な道を進んでおり、最終的には、実際に社会に利益をもたらします。それが私の選択だったとしたら、排他的に、私はあなたのアイデアを両手を広げて受け入れ、全力で前進します。

しかし、同僚と私はそれが早すぎると感じており、ベンチャーは私と会社全体を非難するリスクがあります。

病気の本当の原因が公表された場合、私、あなた、または会社が責任を問われることを防ぐためのメカニズムが作られているので、私たちは将来これらの話し合いを続けることができます…」

*解説:2001年にビルがファイザーの当時CEOマッキンネル氏に提案したところから、人口削減のためのワクチン開発がスタートしたようである。

そして、マッキンネルCEOも全力で取り組むという意思を表し、謝礼として160億円もの寄付が約束さてていたのである。

さらに、このワクチン投与者の死因がわからないような仕掛けが出来上がっているというのである。

恐ろしいことです。

そして、法廷でこのあと恐ろしい大量殺人の事件が明かされました。

 

スポンサーリンク

驚きの実験が暴露!インフルエンザ・ワクチンの臨床実験で250人が死亡!

(REAL LAW NEWS 抜粋)

ゲイツ氏は、インフルエンザワクチン接種に導入された薬剤の加速されたバリエーションを使用して、彼の人々がすでに250人を対象に臨床試験を行ったことを書き戻しました。

電子メールには、人のどの部分が毒を受け取ったかは明記されていませんでしたが、ゲイツ氏は、250人全員が薬を服用してから6か月後の同じ日に「期限切れ」になったと書いています。

*解説:なんと250人もの人の人体実験を行い、投与後6ヶ月後の同日に全員が死亡したように書かれている。証拠が提示されました。

恐ろしい殺人、人口削減を大義名分として財力の力で実行された。

許せない犯罪です。

大量殺人の試験が行われた・・・

犠牲者の無念とご家族の悲しみはいかばかりか?

ビルとその計画に賛同した製薬会社の責任者は、これから、その犯罪をどう償うというのでしょうか?

早く、暴露して、現在も続くワクチン推奨の流れを変えられないものでしょうか?

犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。m(__)m

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ビル・ゲイツ軍事裁判3日目・製薬会社との陰謀の罪状が審議

ビル・ゲイツとビッグファーマー(大手製薬会社)で行われた、ワクチン開発の目的とビルから寄付された160億円に及ぶ謝礼。

これは、ファイザー社を限定した証拠です。

おそらく同じことが、モデルナ社など、他の製薬会社とも交わされたと推測されます。

後半では、新たな証拠が提示されるでしょう。

早く、公開していただきたいと思いますね。

*ビル・ゲイツの関連記事は軍事裁判の中に投稿されています。

👇の軍事裁判をクリックしてご視聴してください。

軍事裁判

 

タイトルとURLをコピーしました