10月1日ビル・ゲイツの死刑が執行された!絞首刑のリアルニュース!

イルミナティ

ビルゲイツは9月8日に軍事裁判で死刑判決を受けて10月5日に死刑執行が予定されていた。

しかし、予定より4日早い10月1日朝、新しく建設された絞首台でビルゲイツは処刑されたのである。

4日早く処刑された理由は明かされていないが、2つ考えられます。

1つは、ビルの関係者が死刑執行前に何らかの事件を企てていることが発覚し、それを止めるためか?

もう1つは、軍の一部の情報では10月4日から、世界緊急放送が開始される噂があります。その為の前倒しなのか?

関連があるかもしれません。

それでは、引用先の軍情報をいち早く開示する、

REAL LAW NEWS 10月1日版を紹介します。

REAL LAW NEWS 10月1日版

 

スポンサーリンク

死刑執行が10月5日より4日前倒しとなる

記事によると、ビルゲイツの死刑執行を4日間早める連絡は突然されたようです。

そして、その理由は明かされなかった。

ある警備員は、ビルを罵倒し『あなたの為に新しい絞首台を建てた』と言った。

(REAL LAW NEWS 抜粋)

(9月30日)金曜日の朝、有罪判決を受けた殺人犯であり、マイクロソフトの創設者であるビルゲイツは、米海兵隊がキャンプデルタの独房に入ったときに驚きの目覚めの電話を受け、JAGが10月5日からすぐに死刑執行を再スケジュールしたことを知らせました。

 

スケジュール変更の理由を説明せずに、彼らはゲイツに死刑執行の詳細がすぐに到着し、他のディープステート犯罪者が絞首刑執行人の縄に出会った場所の近くのGITMOの南端に新しく建てられた絞首台に彼を護衛すると語った。

「私たちはあなたのためだけに新しいものを作りました」と、ある警備員はゲイツを罵倒したと言われています。

ゲイツ氏は最後の食事を拒否し、GITMOの情報筋はReal Raw Newsに語った。そして、1時間後、太陽が地平線をのぞくと、ゲイツ氏はGITMOの非難に対応するために新しい絞首台が実際に建てられた場所に連れて行かれた。

*解説:これまでGITMOの絞首台は、ヒラリーや複数の要人が死刑執行された場所であるが、ビルは新しく建設された場所で第1号となった。

これから、多くの死刑確定が行われることから増やしたのか?

これまでの絞首刑台の老朽化からの新築なのかは不明である。

 

 

スポンサーリンク

ビル・ゲイツ死刑執行の最期の言葉は?メリンダは嘘つき!

ビルは絞首刑台に警備員誘導された時、警備員を蹴ったり、叫んだりして現れた。

そして、メリンダ夫人は嘘つきだ!私はいい人だ!と最後の言葉を残したのである。

(REAL LAW NEWS 抜粋)

手首に手錠をかけられたゲイツは、ハンビーが自分の約束を裏切ったとして軍隊を蹴ったり、叫んだり、非難したりして現れた。「あなたは私にこれをすることはできません。

あと4日あります。あなたは私に嘘をついた!ここで担当者とお話ししたいです!私はそれを要求します」とゲイツは鳴きました。

以前のディープステートの死刑執行とは異なり、民間人や政治家の使者は出席せず、軍の真ちゅうの小さな集会だけでした、と私たちの情報筋は言いました。

クランダル少将は、ゲイツに最後の言葉があるかどうか尋ねた。

「私は私に対して提起されたすべての告発について無実です」とゲイツは言いました。

「メリンダはうそつきです。私はいい人です。私は慈善団体であり、常に法律を遵守してきました。」

*解説:多くの極悪死刑囚の共通点は、自分を正当化してしまうようです。

ですから、自分の考えを否定する人物を否定し、罵る傾向がありますが、ビルゲイツも同じでした。

Microsoft社創業者としての功績は素晴らしかったと思いますが、人口削減の妄想に傾き、自分が神様にでもなったような計画を実行してしまったのです。

そして、すべての信用を失うだけでなく、家族、命までも失うのはむなしいですね。

死刑になっても、犠牲者の無念さは晴らせませんが・・・

 

スポンサーリンク

絞首刑の瞬間は・・・5分間苦しんで絶命した!

絞首刑台の足場が開くレバーを兵士が引き、ビルの首は折れませんでした。

その為に、ビルは5分間死ぬことができずに苦しんだようである。

最後まで反省しないビルに対する、神様の意思なのでしょうか?

(REAL LAW NEWS 抜粋)

兵士がレバーを引くと、ゲイツの足元にあるトラップドアが開きました。

しかし、何かがうまくいかなかった。

彼の首はすぐには切れませんでした。

むしろ、彼は空中にぶら下がっていて、足が激しく揺れ、目が破裂するようにソケットから膨らんでいた。手錠をかけられた腕が彼がぶら下がっているロープをつかもうとしたが無駄だったので、喉音、うがい音が彼の唇から逃げた。

「クランダル少将の助手は、ゲイツ氏を削減すべきかどうか尋ねたが、提督は、技術的な困難にもかかわらず、刑は執行されるだろうと言った。

ゲイツは首を絞め殺される前に、生きたまま約4-5分間そこにぶら下がっていた。

それから彼らは彼を切り倒しました、そして医者は彼が死んだと言いました。ビル・ゲイツはもういません」と私たちの情報筋は言いました。

 

吊り下げを成功させるのは簡単なことではありません。変数には、人の身長と体重、落下距離が含まれ、必要なロープの長さを決定する際にそれらが考慮されます。

これらの変数のいずれかが正確に計算されていない場合、絞首刑は失敗し、犠牲者は非常に長く痛みを伴う絞殺に苦しむ可能性があります

とノール教授は述べました。

REAL LAW NEWS 10月1日版は以下です。

ビル・ゲイツが予定より早くGITMOにぶら下がった

 

*解説:ビルの絞首刑は、足場の解放後に落下する距離が不足していたのか、ビルは5分間死ねずに苦しんだようである。

新しく建設されたための調整不足なのかどうかは不明。

反省の無いビル・ゲイルへの神様からの最期の罰なのかもしれません。

いずれにせよ、イルミナティとして人口削減の計画と実行に大きな影響を与えたビル・ゲイツの肉体はなくなりました。

魂となったビル・ゲイツがあの世でどのような魂としての償いをするのか。ご冥福を祈ります。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・10月1日ビル・ゲイツの死刑が執行された!絞首刑のリアルニュース!

ビル・ゲイツの死刑が予定より4日早く執行された情報を解説しました。

ビルも最後は極悪人と同様、自分は無実である。自分は良い人だ!と言った最期でした。

新しい絞首台での、調整不足なのか5分間苦しみながら最期を遂げました。

ビルは、あの世で反省し、この先は懺悔(ざんげ)の転生として、貧しい人、罪もなく殺害される人などの生まれ変わりを長く体験して、魂の浄化が必要になることでしょう。

気になるのは。10月4日の死刑執行日が4日、前倒しされたことです。

10月4,5日に世界緊急放送・闇の10日間突入の可能性が高まっています。

筆者はその可能性は極めて高いのではと感じています。

残された条件は、世界大戦の危機を誘発する出来事と世界恐慌の出来事の条件が整うことです。

つまり、三峡ダムの決壊と中国の大手建設会社である、 恒大集団のデフォルトです。

落ち着いて、備えていきたいものです。

 

最後までご視聴ありがとうございました。

 

世界緊急放送の記事は👇をタップしてご視聴願います。

世界緊急放送

タイトルとURLをコピーしました