米軍配備が加速!EBSは6月23日の可能性!ホワイトハッ作戦の真実!

ディープステート・イルミナティ・カバール

6月20日のジュディ・ノートが更新されました。

米軍の配備情報の更新、ニューメキシコ州でEBSのテスト情報、ホワイトハッ作戦の真実が示唆されました。

さらに、Qアノン・フォロワーの方のタイムラインではEBSは6月23日を予測した内容もあります。

米軍が軍事配備する中で6月19日にニューメキシコ州でEBS放送!

Qアノン・フィル氏のフォロワーの描くタイムライン!

ホワイトハット劇場の真実とは?

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー6月20日版より 抜粋)

米国とカナダでの世界的な軍事的地位に

銀行が失敗差し迫った:
緊急放送システムの発動
ソフト戒厳令
世界的な通貨の切り上げ

少なくとも 1 か月分の食料、現金、水、必需品を手元に用意しておくことが賢明です。

 

(引用先:2023 年 6 月 20 日時点で GCR を通じて共和国を回復

 

 

スポンサーリンク

軍事配備とニューメキシコ州でEBS放送!バイデンファイル公開迫る!

はじめに、米軍の軍事配備が進む情報とねーメキシコ州ではEBS放送のテストが行われたようです。

腐敗したバイデンの収賄もメディアのアンケートでは、83%がFBIの証拠を開示すべきと答えています。

その概要から紹介します。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー6月20日版より 抜粋)

ジュディメモ:

6月19日 ニューメキシコ州で放送された緊急放送システムは、米国とカナダ全土に配備されている州兵の最近の軍事活動に関連している疑いがある。

(筆者挿入:ニューメキシコでEBSの待ち受け画面が流されたSNS)

軍は、アイダホ州、ワシントン州、カリフォルニア州、アリゾナ州、コロラド州、テキサス州、オクラホマ州、ケンタッキー州、アイオワ州、ミズーリ州、ミシガン州、サウスカロライナ州、バージニア州、ニューヨーク州、フィラデルフィア市があったペンシルベニア州を含む少なくとも27州に布陣していた。

軍の管理下にあると言われています。

ニュージャージー州の6部隊の軍用護送隊、ノースカロライナ州ホーリバーで8台の軍用車両がトラックに積み込まれている様子のビデオがあった。

フロリダ州マイアミでは軍事活動があった。

軍用機はオレゴン州北西部にいた。

ジョージア州サバンナの戦車。

オハイオ州のブラックホークス。

テキサス上空のブラックホークス。ユタ州ソルトレイクシティでのヘリコプターおよびその他の軍事活動。

サンディエゴでの軍事空軍演習。

B-2 スピリット スティール爆撃機がミネソタ上空を飛行していました。

装甲攻撃車両、兵員輸送車、支援物資を含む大量の軍事装備が列車でカリフォルニアに輸送されており、これはミサイル防衛システムが米国西海岸の場所に移動されているという軍関係者からの報告に関連している可能性が高い。

6月19日 ロイ・ブランソン氏、職務怠慢と国家安全保障違反で国会議員388人を相手取った最高裁判例について語る:

 

6月19日 ドーン!!! 私たちは暴露監視の段階を経ています (ビデオ) – American Media Group (amg-news.com)

 

6 月 18 日 米国とカナダ国内に展開する戦車と部隊 – American Media Group (amg-news.com)

 

6 月 18 日現在の世界的出来事の詳細な分析 – American Media Group (amg-news.com)

(上記記事の概要)

(米軍の動員

沈黙が欺瞞の味方である世界では、空と高速道路は米軍機と装甲車両の金属的な轟音で大騒ぎしています。

フィラデルフィア上空でのオスプレイの乱舞、アイダホ州の民間道路を戦車が走り回り、全米の他の州での異常な軍事活動の目撃情報などだ。彼らは定期的な訓練を装って動いているが、隠された議題は何なのかという疑問を持たなければならない。

(全文はこちらからお読みください)

ニューヨークやカリフォルニアの喧騒から、ロワやオクラホマの静かな平原に至るまで、我が国の広大な範囲で、軍国主義運動の異様な喧騒が渦巻いています。

目に見えるもの以上のものがあるだろうか?

一般人は何か大きなもの、より暗いものに向けて手入れされているのだろうか?

よく観察すると、予期せぬ嵐に備えて準備を整えている国家の姿が明らかになります

ロシアの外交的勝利:サンクトペテルブルク首脳会談

海を隔てた米国が準備を整える中、ロシアが中心舞台となり、サンクトペテルブルクで多国間首脳会議を主催する。

ロシア連邦は日を追うごとに、より多くの国をそ​​の軌道に引き込み、世界の政治的重鎮をその表舞台に引き寄せる外交のダンスを組織している。

しかし、この光景は新たな世界秩序の前兆なのでしょうか、それとも世界支配のゲームにおける単なるチェスの動きなのでしょうか?

トランプとバイデン:コミュニケーションとその結果

この地政学的なゲームが展開する中、アメリカで最も意見を対立させている二人の人物、バイデンとトランプからの最後の通信を無視することはできません。

国民の顔は変わったかもしれないが、トランプ氏の罪状認否は、私たちの遠い将来にまで影響を与える可能性のある多くの影響をもたらしている。

私たちは単に政治的対立の結果を観察しているだけなのでしょうか、それとも、より深く、はるかに複雑な権力の網が紡がれているのでしょうか?

東と西の出会い:イランと中国の軍事活動

さて、イランと中国が軍事力を発揮している神秘的な東方に目を向けてみましょう。

私たちの裏庭で戦車が轟音を立てる中、この 2 つの勢力が手をこまねいているわけではありません。

世界の舞台での彼らの力と野心のダンスは含意を持って共鳴し、必然的に世界のバランスを崩す可能性のあるドミノ効果を引き起こします。

 

影を明らかにする: パナマ文書とパンドラ文書

世界的な出来事の泥沼の中で、私たちはパンドラ文書とパナマ文書に遭遇します。

これは、世界金融の隠された構造を透視する役割を果たす文書です。

これらの文書は世界のエリート層を裸にし、彼らの汚職と逃亡の複雑なネットワークを明らかにします。

この金融リヴァイアサンは、富裕層の富を守る一方で、貧しい人々を食い物にします。

邪悪な同盟: JPモルガンとエプスタイン

濁ったカリブ海の海域で、JPモルガンとエプスタインの不穏な提携関係が生まれ、金融力を利用して嘆かわしい性的人身売買活動を推進した。

秘密に包まれ、沈黙によって守られている搾取のネットワーク。

この闇はどこまで届くのでしょうか?

人間の悲惨さを描いたこのグロテスクな劇場の背後で人形遣いをしているのは誰ですか?

腐敗の匂い: 賄賂と罠

国内の面では、国家の安全を守ると称して連邦政府の青い服を着た少年たちに賄賂が支払われていたことが暴露され、恐ろしいことになっている。

1月6日のパトリオット監禁事件への彼らの参加は、制度的腐敗が我が国の魂を蝕んでいることを証明している。

この権力闘争の影の片隅で、正義は盲目ではなく、一握りの現金で猿ぐつわを噛まれて沈黙している。

耳をつんざくような沈黙:キルショットと大量殺人計画

最後に、懐疑的な人々から「キルショット」と呼ばれる新型コロナウイルスワクチンと、人類の大量殺戮をほのめかす計画を取り巻く驚くべき沈黙が、私たちの注意を必要としている。

「We the People」や「America 1st」の候補者の声はどこにあるのでしょうか?

彼らの沈黙は、私たちの種を絶滅させるための陰謀、組織的な計画の静かなささやきと同じくらい不安です。

私たちは、大きな変化、力の衝突、計画の収束の崖に立っている。

私たちの現実、私たちの社会、そして私たちの存在自体が、秘密、陰謀、権力闘争の迷宮によって支えられています。

FBIは、当時の副大統領ジョー・バイデンが外国人から金を受け取ったと主張する秘密ファイルを持っている(政治的便宜のための賄賂、反逆罪)。

(筆者挿入:最新のハーバード大学/ハリス世論調査: 「ジョー・バイデンが副大統領時代に500万ドルの賄賂を受け取ったと主張する情報提供者からのFBI報告書は公開されるべきだと思いますか、それともFBIによって秘密にされるべきだと思いますか?」 83%が公表すると回答した。

私たちの司法省とFBIは民主党のKGB(ソ連時代の諜報機関)と化しました。恐ろしい!

 

(引用先:2023 年 6 月 20 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:6月15日から始まった米軍の27州で始まった軍事配備はさらに配備が進んでいるようです。

そして、世界的にもロシア、中国などが脱・米国への結束を固める動いをしており、米国は孤立への道へ入り込んでいるようです。

バイデンの収賄の噂も拡散されて、アンケートでは83%がFBIのバイデンファイルの公開を求めているようです。

もう、崩壊は秒読みと言えるような状況となっています。

6月21日に非公開で行われるダーラム特別検察官の司法委員会での証言で、崩壊の幕が開けるのでは無いでしょうか。

次項ではQアノン・フィル氏のフォロワーさんの描く洞察力あるタイムランラインが掲載されました。

 

 

スポンサーリンク

Qアノン・フィル氏のフォロワーの描くタイムライン!6月23日からシャットダウンに突入か!

Qアノン・フィル氏はホワイトハットから直接情報を得ることのできる人物です。

そのフィル氏のフォロワーの方のテレグラムで、今後のタイムラインを鋭く解析した記事が掲載されました。

その概要を紹介します。

 

(以下 Mari Love USA さんテレグラムより 抜粋)

フィルさんのフォロアーからの素晴らしい考察です!

内容について:

私の意見では、ダーラムは今週2日間、非公開で証言し、それが一般に公開されることはなく、されに国中で軍事的な位置付けがされていることから、今週末はブラックアウトの可能性が高いと思われます。👍

フィルは、ダーラムがどのように証言するのか、私たちに教えてくれました。

ダーラムが証言し、何事もなかったように見えせかけます。

そして証言が終わって何事もなかったように見えた時、軍が介入してくると言っていました。

ダーラムの後に何があるのか忘れてはいけません。ブランソンです。ブランソンは木曜日です。

(おそらく棄却されるでしょう)

水曜日は、嵐が近づいているというメラニアのツイートの1年デルタです。

さらに嵐のツイートは金曜日だと思われます。

あと、金融の部分は、*ライボーからソフトへの移行は、金/資産の裏付けに対する通貨のレート計算と関係があると読んでいました。

資産などを考慮し、期限は6月30日、金曜日で、7月1日に施行されるそうです。

これが実現すれば、金や資産に裏打ちされた通貨を手に入れることができます。

このことは、イラクが予算と資産に裏打ちされた通貨を公式に発表する期限である7月1日という正当な期限にもつながります。

これはすべて理にかなっています。

私は、今週木曜日から7月1日までの間に、大きな大きなことが始まると自信をもって言うことができます。

さらに、ヴィンセント・ケネディはブラックアウトに備えよと言ったばかりです。

特に、メラニアの嵐が近付いているツイートの水曜日である1年デルタの週には、彼は2週間も前にそれをツイートする事はないでしょう。

金曜日と週末にツイートが迫っています。

その時には軍隊が介入し、ブラックアウトの仕組みとして、すべての通信が遮断されることになります。

EBSはみんなに家に帰るように言うと思います。

昨日私が読んだのは、ブラックアウトは拡大されます。

段階的にインターネットを停止させるそうです。

新しいインターネットに接続するために、一度に部分的にサーバーをシャットダウンするのだそうです。

これはフィルが言った「新しいインターネットに接続するための指示とプロセスがある」という話とも一致します。

つまり、10日間の暗闇は、10日間に渡って、部分的に暗闇が続くと言う事です。

7月4日から逆算すると、金曜日が土曜日になるはずです。

厳密には土曜日ですが、彼らはこの7月4日に世界最大の独立記念日にしたい、と言っています。

つまり、10日間の暗闇は7月3日につながっていくので、今週23日の金曜日が、暗闇に入るキックオフの日として迎えることになる。

このビデオの女性、恐らく、上に掲載した分析を書いた同一人物だと推測しています。

キレッキレの分析力!

さすがはアノン!💥💥

(引用先:フィルさんのフォロアーからの素晴らしい考察です!!

*解説:この記事は最近の情報とフィル氏の過去の言動を分析した説得力のあるタイムラインです。

6月21日のダーラム特別検察官の司法委員会の証言では、内容は封印朝れて、週末23日に軍隊の介入が始まるようです。

具体的に言えば、軍がバイデンと関係者を一斉に逮捕するような出来事です。

そして、7月4日の米国・独立記念日にネサラを発表するというストーリです。

イラク・ディナールの公式発表期限の7月1日とも連動すると解説しています。

注目して観察するときが来たようです。

次項では、フルフォード氏のレポートからの記述が紹介されており、その中で日本の首相も7月10日までに、日本も米国も全てが終わると語ったことが掲載されています。

 

スポンサーリンク

ホワイトハット劇場の真実とは?

最後にジュディ・ノートからホワイトハット劇場の真実が紹介されています。

記事元は、6月19日のベンジャミン・フルフォード氏のレポートからの内容です。

 

(以下 オペレーション・ディスクロージャー6月20日版より 抜粋)

ブリンケン氏、米国政治劇場の支配権を中国に提案フルフォード:

 

米国の偽国務長官アンソニー・ブリンケンは、ロックフェラーの巨匠たちをビジネスに引き留めようと必死の努力で、米国の民主主義に取って代わる政治劇場の支配権を中国に提供した、とアジアの秘密結社筋が語る。

特に、ブリンケンはクリエイティブ・アーティスト・エージェンシーの管理を申し出た。

中国はすでにその大部分を支配しているため、これを拒否した。

(筆者注釈:CAAとは?

CAA China は、テクノロジー、消費、メディア分野に重点を置く中国有数の投資ファンドである CMC Capital Partners と提携して設立された、世界クラスのメディアおよびエンターテイメント プラットフォームです。)

CAAはジョー・バイデン「大統領」のような政治関係者を管理している。

「バイデン」は何人かの異なる CAA アーティストによって表現されています。

「バイデン」は、政治家役を演じるそうした多くの俳優のうちの1人にすぎない。

たとえば、「下院議員」アレクサンドリア・オカシオ=コルテス・コルテスさんは、議会俳優になるためのCAAオーディションに合格する前はウェイトレスをしていた。

Global Psyop Documentary - CAA/CIA Propaganda, Mockingbird
Do not put your faith in any man Trump is also controlled opposition!!! Be careful. Proof CNN Is A Military Psyop Global Reset PSYOP

今月初め、中国は偽米国バイデン政権への資金提供を継続することで合意し、ロックフェラー家から米国政治舞台の支配権を買い取った。https://english.news.cn/20230617/01e3624556e54c8abc6fec0d11988399/c.html

先週末、米国全土で軍事行動に関する複数の報告を受け取りました。

ニューヨーク、ペンシルベニア、アイダホ、カリフォルニア、ケンタッキー、サウスカロライナ、ミシガン、アイオワ、アリゾナ、テキサス、オクラホマ、ワシントン、バージニア、コロラド、ニュージャージー、ノースカロライナ、オンタリオ、ケベックで軍事行動が検知された。

 

日本の軍司令官は、6月18日のバイデンのショーを潰そうとする米国の大規模な動きについて私たちに語った。

彼は、日本でも米国でも7月最初の10日間までにすべてが終わるだろうと語った。

同情報筋によると、ドナルド・トランプ氏が大統領となり、ジョン・F・ケネディ・ジュニア氏が副大統領となるという。

(筆者により元記事を挿入)

この報告書が公開されようとしていたとき、私たちは日本の将軍に連絡を取った。そして彼は、いつになく興奮した声で、日本と米国の両方で7月の最初の10日間までにすべてが終わるだろうと言いました。

同情報筋によると、ドナルド・トランプ氏が大統領となり、ジョン・F・ケネディ・ジュニア氏が副大統領となるという。

いつものように、他の多くの約束が破られているため、読者にはそれを見たときにそれを信じることをお勧めします。

ホワイトハットはバイデンのショーを掌握し残った羊の目を覚ますのを助けるために公の場で彼に奇妙な言動を強要してきた。

だからこそ彼はテレビカメラの前で女性の胸を鷲掴みにするのです。

最新の例は、彼が「女王陛下を救いたまえ」と言ったことだ。

私たちはホワイトハットに対し、次回公の場に姿を現す際には上着とシャツを脱がせることで、彼らが「バイデン」をコントロールしていることを確認するよう求めている。

(引用先:2023 年 6 月 20 日時点で GCR を通じて共和国を回復

*解説:米国の偽国務長官アンソニー・ブリンケンは、米国の民主主義に取って代わる政治劇場の支配権を中国に提供したが中国は拒否したと言います。

ブリンケンは米国のディープステートを代表して、ディープステートの権利と引き換えに、自らの生き残りの道を模索した動きでしょう。

しかし、すでに米国の支配権をほぼ得ていることから、中国はもはやバイデン政権を相手にしていないようです。

そして、注目は日本の岸田首相が7月10日までに日本も米国も全てが終わるだろう。と発言したと言います。(これは、今後の観察が必要とフルフォード氏は指摘しています)

フルフォード氏からの情報でも、7月10日終了説も出ています。

今後に注目です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・米軍配備が加速!EBSは6月23日の可能性!ホワイトハッ作戦の真実!

米軍の配備の目的は、国民への軍力に対する覚醒と国民を保護するためのようです。

そして、ニューメキシコ州でのEBSのテストも、EBSが始まる前の準備を促すことかも知れません。

これで、自分が逮捕される危険を感じたディープステートは、国外逃亡や資産の隠蔽などの行動をするはずです。

ホワイトハットは、その犯罪行為から逮捕していこうといているようです。

暴動が起きた場合は、軍が一般の市民の保護ができるようにという軍事配備のようです。

ダーラム証言の6月21日・水曜日から週末にかけて注目の大きな出来事が起きる可能性があります。

冷静に情報を受け止めていきましょう。

そして、Goサインを感じたら10日分の食料、現金確保をしておきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*ダーラムレポートの記事ついてはこちらです。

 

 

*バイデン家族の犯罪の記事はこちらです。

 

*オバマの犯罪に関する記事はこちらです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました