石川新一郎WDCからの伝言VOL23追伸!トランプ緊急放送とは?

裏ニュース
日本時間1月13日午前8時30分、石川新一郎氏へワシントン・トランプ関係者より緊急の短いメッセージが入り配信されました。
その内容は「トランプ大統領の緊急放送」がワシントンタイム14日に入る。と言う短いものであった。
日本時間13日の早朝5時に、トランプ大統領のYouTube演説が配信された数時間後の出来事である。
その真意は何か?
直近の出来事の情報を交えてまとめてみました。
石川新一郎氏のYouTubeを見えていない方はご覧ください。

【第71弾】24回目のワシントンメッセージです‼️(緊急放送の件)

スポンサーリンク

トランプ大統領がアメリカ&世界へ緊急放送する!

<石川新一郎氏 YouTube 概要>
 
 
 石川様、我々のメッセージをお伝えしていただきありがとうございます。 今日は短いですが大切なお知らせをします。
ワシントンタイムの14日午前0時以降、緊急放送が入ります。ワシントンタイムの午前0時に始まるのではなく、それ以降です。
それは機密解除(デクラス)の発表ではありません
この緊急放送は、世界中ではなくアメリカ合衆国全体と、もしかすると世界の主要都市へのメッセージも入るかもしれません。このメッセージは、11日からの活動の説明と大統領令発動の発表の説明をします。
 申し訳ありませんがこれ以上の細かい説明は出来ません。一番お伝えしたいことは、どうか皆様は平静を保っていただき見守って下さい。再度お伝えしますが、どうか皆様は平静を保っていただき見守って下さい。
*解説:ワシントンのメッセージは短い内容である。緊急放送の日時はワシントン時間で14日で0:00ではないと。
話の内容はデクラス(機密解除)ではない。
そして、気になる言葉である平静を保って」と2回繰り返しています。
このことから、平静ではないことが起きている!ことを表すと言うことではないでしょうか?
後ほど推測してみたいと思います。
スポンサーリンク

1月11日ワシントンにDCの緊急宣言承認を説明

 <石川新一郎氏 YouTube 概要>
 またトランプ大統領は、1月11日ワシントンD.C.の緊急宣言を承認。
1月24日までの第59代大統領就任式までの事態に起因した緊急事態のため連邦政府の支援を要請。
国土安全保障省、連邦事態管理庁が地域住民の安全のために災害救援活動を調整し、必要な人々に支援を提供することを承認することとする。
連邦事態管理庁は、必要な物資と人的なリソースを提供し配置すること。国土安全保障庁長官代理のチャド・ウルフは、最近の動きの責任をとって辞任した。
*解説:ワシントン時間12日のタイミングで、連邦事態管理庁の役割を説明するという事は、これから14日までに起こりうる事に対して、国民が不安にならないように伝えたと想定される。
そして、国土安全保障長官代理の辞任を伝えたという事の意味は、1月6日の議事堂の暴動についての責任を示唆していると思われます。
(議事堂の暴動は、アンティファがトランプ支持者になりすまして地元警察と連携したものとの情報が出回っています)

緊急事態管理長とは?

 <ウィキペキア引用>
 アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(アメリカがっしゅうこくれんぽうきんきゅうじたいかんりちょう、英語:Federal Emergency Management Agency、略称FEMA、フィーマ)は、
大災害に対応するアメリカ合衆国政府の政府機関である。アメリカ合衆国国土安全保障省の一部で、緊急準備・即応担当次官 (Under Secretary of Emergency Preparedness and Response) の下に置かれ、天災や人災に対応する。

引用:ウィキペキア

スポンサーリンク

ワシントンタイム14日の緊急放送の意図は大量逮捕の予感!

ワシントンからのメッセージの重要と思われるキーワードを整理すると『反逆罪の大量逮捕が行われるのでは?』という答えが導かれます。

メッセージにある重要な5つのキーワードがある。

①ワシントンタイムの14日午前0時以降、緊急放送が入ります。

機密解除(デクラス)の発表ではありません。

平静を保っていただき見守って下さい。2回繰り返す。

1月11日ワシントンD.C.の緊急宣言を承認。

⑤国土安全保障庁長官代理のチャド・ウルフは、最近の動きの責任をとって辞任した。

*推測:平静を保っていただき見守ってください。と2回繰り返すことが気になります。つまり、すでに発令された大統領令により、外国勢力の選挙介入に関与した者の逮捕がすでに始まっており、そのことが一部の国民が知る事態となり、騒ぎないならない様に示唆しているのではないでしょうか?

暴動が起きた場合に、1月6日の議事堂の暴動のような事にはならない様に、前任者の国土安全保障庁長官代理のチャド・ウルフを辞任させたことを説明している様に感じませんか?

これから、起きる事は選挙不正に関与した人の大量逮捕が推測されます。

11日には大量の軍兵がワシントンへ配備される情報が出ています。15000人という規模の情報もあります。

スポンサーリンク

まとめ・・・トランプ大統領緊急放送とは?

皆様はどの様に推測されますか?

14日までの大量逮捕そして、緊急放送はその事についての説明が行われる。

という、1つの答えが導かれました。

12日のトランプ大統領の演説は、静かに、敗北宣言にも感じられる様にしたのは何か意味があった様にも感じませんか?

トランプ大統領を弾劾しようと7日から異常な行動をしたペロシ下院議長は11日の議会をけっせしており、逮捕されたのでは?という憶測もあります。

そして、12日の演説はトランプ大統領が敗北宣言をしているかの様な、絶妙な言い回しで造反者達が恐怖を感じて、暴動を誘発したりしない様にしたとも取れます。

さあ、真実を見守りましょう。

今後も、情報を精査して出来る限り真実に近い様な記事を出していきますのでよろしくお願いします。

 

最後まで、ご視聴ありがとうございました。

 

最後にトランプ大統領の4年間の偉業を掲載します。

 




 

タイトルとURLをコピーしました