世界の金融を支配した世界銀行・IMF・バチカン銀行の闇の暴露!

イルミナティ

地球上のすべての国に融資を提供する 2 つのメガバンク、世界銀行と IMF(国際通貨基金)がある。

世界銀行と言えば300人委員会が有名です。

世界銀行・IMFの表向きの目的は、発展途上国への融資援助であるが、その実態はこれまで秘密であった。

2022年10月14日チャーリー・ウォード氏の投稿記事で、世界銀行とI MFの本当の役割が紹介されました。

そのメガバンクは、ロスチャイルド家が個人的に所有していたのです。

そして、秘密裏に行ってきた実態が明らかになりました。

さらに、バチカン銀行の闇についても露呈した情報がありました。

世界銀行・IMF(国際通貨基金)の裏の目的が暴露!

バチカン銀行の闇の実態とは?

以上について最新情報を紹介します。

(参考)

ロスチャイルド王朝は間違いなく地球上で最も強力な血統であり、その推定資産は約 500 兆ドルです。(日本の国家予算の800年分です)

 

 

300人委員会とは300人委員会とは陰謀論のひとつ。論者によると、イギリスに本部を置く影の世界政府の最高上層部とされる組織。

IMFとは:IMF(International Monetary Fund、国際通貨基金)は、1944年(昭和19年)7月の、いわゆるブレトン・ウッズ会議(米国ニュー・ハンプシャー州ブレトン・ウッズで開催された連合国国際通貨金融会議)で創立が決定、同会議で調印された「国際通貨基金協定(IMF協定)」により1947年(昭和22年)3月に業務を開始した国際機関です。2021年(令和3年)10月末現在の加盟国は190か国です。

 

(チャーリー・ウォード氏)

Charlie Ward Telegram post
10/14/22

 

(世界銀行・東京事務所 Twitterアカウントより)

 

スポンサーリンク

世界銀行・IMF(国際通貨基金)の裏の目的が暴露!

まずはじめに、世界銀行とIMFの本当の姿を暴露した内容です。

チャーリー・ウォード氏(GCR推進責任者)の投稿記事で、世界銀行とIMFの所有者、活動の闇の目的が暴露されています。

その概要を紹介します。

(以下 チャーリー・ウォード氏のテレグラムポスト10月15日版より 抜粋 )

世界のメガバンク

地球上のすべての国に融資を提供する 2 つのメガバンク、世界銀行と IMF があります。

最初のものは、ロスチャイルド家を筆頭に、世界のトップ銀行ファミリーによって共同所有されていますが、2番目のものはロスチャイルド家だけが個人的に所有しています。

これら 2 つのメガバンクは、「開発途上国」に融資を提供し、ほとんど返済不可能な利子を使って、土地と貴金属という本当の富を手に入れています。

しかし、それだけではありません!

彼らの計画の重要な部分は、秘密裏に所有されている会社を通じて国の天然資源 (ガソリンやガスなど) を利用し、それらを精製し、同じ国に売り戻して莫大な利益を上げることです。

しかし、これらの企業が最適に運営されるためには、いわゆる「発展途上国」には通常欠けている強固なインフラが必要です。

そのため、銀行家は返済がほとんど不可能なローンを提供する前に、ほとんどの資金が (ご想像のとおり) インフラストラクチャに投資されるようにします。

これらの「交渉」は、いわゆる「エコノミック ヒットマン」によって実行されます。

彼らは、国を売ることのできる立場にある人々に、手ごわい報酬を与える (つまり、賄賂を贈る) か、死をもって脅迫することで成功します。

このテーマの詳細については、経済的ヒットマンの告白を読むことをお勧めします。

それらすべてを支配する唯一の銀行、「国際決済銀行」は、明らかにロスチャイルド家によって管理されており、「バーゼルの塔」と呼ばれています。

ロスチャイルド家の真の力は、銀行帝国をはるかに超えている。

ロスチャイルド家の力にまだ驚いていないのなら (私はあなたがそうであることを知っています)、ナポレオン以来のすべての戦争の背後にはロスチャイルド家がいることを知っておいてください。

その時、彼らは戦争の双方に資金を提供することがいかに有益であるかを発見し、それ以来ずっとそれを続けてきました。

1849年、マイヤー・アムシェルの妻であるガットル・シュナッパーは次のように述べています。

(筆者注釈:マイアー・アムシェル・ロートシルト(独: Mayer Amschel Rothschild、1744年2月23日 – 1812年9月19日)は、ドイツの銀行家。ヨーロッパの財閥ロートシルト家(英語読みでロスチャイルド家)の基礎を築いた。彼の5人の息子たちはフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(次男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の5か所に分かれて事業を行い、それぞれ5家のロートシルト家の祖となった。)

「私の息子たちが戦争を望まなければ、戦争はなかったでしょう。」

ロスチャイルド家と彼らのパラサイト銀行家の血統にとって非常に、非常に有益であるため、世界は依然として戦争状態にあります。

そして、私たちがお金を使い続ける限り、世界は平和を知ることはありません。

アメリカ合衆国が海外から支配された企業であることを知ると、多くの人は衝撃を受けます。

その元の名前はバージニア会社であり、英国王室が所有していました。

(女王と間違われてはなりません。女王は主に儀式用にのみ機能します)。

 

英国王室は、会社をバチカンに寄付し、バチカンは搾取権を王室に返しました。
米国大統領はCEOに任命され、彼らの仕事は英国王室とバチカンのためにお金を稼ぐことであり、彼らは毎年利益の分け前を取ります。

英国王室は、シティ オブ ロンドンとして知られる 677 エーカーの独立した主権国家から世界を密かに支配しています。

このもう 1 つのクラウンは、イングランド銀行が率いる 12 の銀行からなる委員会で構成されています。誰がイングランド銀行を支配していると思いますか? そう、ロスチャイルド!

1815年、ネイサン・メイヤー(マイアー・アムシュエル三男)は次の声明を発表しました。

太陽の沈まない帝国を支配するために、どの操り人形がイングランドの王位に就くかは気にしません。

英国のマネーサプライを支配する者は大英帝国を支配し、私は英国のマネーサプライを支配する。」

ロスチャイルド家は権力のピラミッドの頂点にいる。

彼らは、新世界秩序と世界の議題の完全な支配の背後にあります。

彼らは欧州連合とユーロの背後にあり、北米連合とアメロの構想の背後にいます。

彼らは世界のすべての秘密機関を支配しており、彼らの私兵は NATO です。

 

(引用先:チャーリー・ウォード氏のテレグラムポスト10月15日版

*解説:記事によると、世界銀行は、英国のロスチャイルド家を中心としたイルミナティ・ファミリーにより、共同所有されています。

驚きは、IMFはロスチャイルド個人の所有ということです。

そして、真実の目的はハッイェン途上国への資金を融資して、インフラ整備事業へ資金を注入して利益を得ることです。これは、合法的な搾取行為です。

これまで、封印されてきた、世界銀行、IMFの陰謀が明るみにされていくのでしょう。

恐ろしいのは、エコノミック・ヒットマンによる殺人まで行われてきたようです。

過去には、ロスチャイルド支配に抵抗した銀行マンもいたと思いますが、反抗した者たちは殺害されてきたようです。

ロスチャイルド家の下には、イングランド王室とバチカン教皇も関与してきのが事実のようです。

そして、全ての戦争行為が、ロスチャイルドによる犯行だったことが間も無く表に出てくることになります。

日本の明治維新も、薩摩・長州・土佐藩へ融資したジャーディン・マセソン社のトーマス・グラバーを介して、イギリス(ロスチャイルド)が融資して、幕府にはフランス(ロスチャイルド)が融資して、内戦を計画していた話もあります。

9月13日の中央銀行が解体されて、これから、多くの銀行が閉鎖されていくようです。

 

*2022年イギリスでは、年末までに銀行200行以上が閉鎖されると言います。

2022年中に発表された閉鎖・・・ Link Scheme Holding HPより

ここに添付されている表は、2022 年に公に発表されたすべての銀行支店閉鎖の詳細と、LINK の評価と推奨事項の現在のステータスの詳細を示しています。この表は、さらなる支店の閉鎖が公に発表されると更新されます。

 

(イルミナティ ピラミッドとイルミナティ13血族)

見出し画像

<イルミナティの13血族>

  1. ロスチャイルド家、ヨーロッパにおける金融業
  2. ロックフェラー家、アメリカの産業・金融を牛耳る大資産家一族
  3. ケネディ家、アメリカ犯罪によって多くの財をなす。金融業
  4. アスター家、ドイツ出身、共産主義やヒトラーへの支援、アメリカの海運王
  5. デュポン家、フランス、火薬産業で成功、化学分野
  6. バンディ家、アメリカ、薔薇十字団など秘密結社
  7. コリンズ家、黒魔術、闇の儀式で世界を支配
  8. フリーマン家、シオン修道会の秘密結社
  9. オナシス家、ギリシャの実業家、海運王
  10. ラッセル家、「エホバの証人」を創立
  11. ファン・ダイン家、オランダからニューヨークへ。不思議な一族
  12. ダビデ血流、キリストやルシファーの血が流れていると自称する者たち
  13. 李家、香港最大の企業集団・・・日本は明治維新以降に李家による支配を受けているのである。(引用先:世界の支配者は誰か?)

 

*イルミナティについて、詳しく知りたい方は↓の記事をお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

バチカン銀行の闇の実態とは?

10月15日にピーター・B・マイヤー氏の記事で、バチカン銀行の闇の実態とも言える投稿がありましたので抜粋して紹介します。

(以下 ピーター・B・マイヤー氏 の投稿10月15日版より 抜粋)

バチカン詐欺師: Banco Ambrosiano スキャンダル

このバチカン銀行は公式には宗教関係研究所として知られており、1971 年から 1989 年まで、イリノイ州シセロ出身のポール マルシンクス大司教がその総裁を務めていました。

それ以前は、教皇パウロ 6 世のボディガードとして働いていました。

しかし、彼は1982 年に発生したスキャンダルで記憶に残ることになります 。

このスキャンダルは、14 億ドルの負債を抱えたイタリア最大の民間銀行の 1 つである Banco Ambrosiano の破綻から始まりました。

(筆者注釈:アンブロシアーノ銀行 (Banco Ambrosiano) は、イタリアに存在した銀行で1982年に破綻)

その後すぐに 、銀行の常務取締役でマルシンクスの友人であるロベルト・カルヴィが 、イギリスのロンドンのテムズ川に架かる橋の下で死んでいるのが発見されました。

当初は自殺と見なされていましたが、後に殺人として修正されました。

マフィアのボスであるフリーメーソンのグランド マスターであるリシオ ジェッリを含む 5 人が、  彼の殺害に関連して裁判にかけられましたが、全員無罪となりました。

バチカンは、バチカン銀行を通じて、 バンコ アンブロジアノの主要株主であり、銀行から 10 の子会社に 10 億ドルを振り向けたようです。

スキャンダルをめぐるいくつかの噂は、銀行の他の株主が この組織犯罪に関与して おり、何人かは秘密のフリーメーソンのロッジ-P2のメンバーでさえあった。

イタリアの捜査官がスキャンダルについて Marcinkus にインタビューしようとしたとき、彼は非協力的でした。彼はバチカンを離れることを拒否し、外交特権に言及して質問に答えることさえ拒否した。

Marcinkus は最終的に起訴されましたが、彼に対する告発が却下されたため、裁判にかけられることはありませんでした。彼は 7 年間、バチカン銀行を担当していました。

スキャンダルはいくつかの陰謀論を引き起こしました。

最も有名なのは、1978 年 8 月に教皇ヨハネ・パウロ 1 世がマフィアの命令で暗殺されたため、ゴッドファーザー パート III の陰謀で使用されたものです。

彼は在職わずか 33 日で、ベッドで死亡しているのが発見されました。

公式の死因は心臓発作でしたが、剖検は行われませんでした。

陰謀論によると、彼は教会と民間銀行との関係を終わらせたかったために殺された。

*さらにバチカン銀行の闇について知りたい方は、下の参考リンクを視聴願います。

ナチスの奪われた金についても、バチカン銀行が関与していたようです。

(引用先:バチカン詐欺師

*解説:バチカン銀行も検索すると多くの疑惑が記事になっています。その中には、謎の死を遂げた事件も数多く存在しています。

ウォード氏が述べたように、バチカン銀行は犯罪による資金を洗浄していたようです。

そして、その取引に反対する者たちは殺害されてきたようです。

その背後には、バチカンの教皇が関与していたのは間違いないようです。

 

*バチカンの暗殺者に関する海外記事があります。

興味ある方は視聴願います。

エリック・ジョン・フェルプス  TheSpectrumNews.comウェブサイトから

コンテンツ

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・世界の金融を支配した世界銀行・IMF・バチカン銀行の闇の暴露!

2022年9月13日に中央銀行が閉鎖された。

これまで、米国・リンカーン大統領、JF大統領、レーガン大統領が通貨発行権を奪回しようとしたが、イルミナティにより阻止されてきた。

Q作戦により、通貨発行権をイルミナティから奪取することが出来たのです。

その後、世界銀行・IMF・バチカン銀行が崩壊しています。それと共に、そのスキャンダルが出始めました。

イングランドでは、2022年の年内に銀行が200行以上閉鎖される情報も出てきました。

Qアノンを陰謀論として、封印されてきましたが、Q作戦が水面下で展開された成果が表のニュースで出始めています。

日本の日銀の黒田総裁の辞任報道も、その関連であると思われます。

Q作戦は、いよいよクライマックスです。

トランプ大統領を2021年議事堂暴動の件で、下院議会が召喚状を出して、トランプ大統領はそれの応じるとFOXニュースが伝えたようです。

落ち着いて、歴史的な転換の時を乗り越えていきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

*イルミナティ壊滅作戦の記事は↓になります。

 

*通貨発行権をめぐる戦いが繰り広げられてきた!ケネディ大統領暗殺の真実!

 

タイトルとURLをコピーしました