GCRグローバル通貨リセットが開始!10・11月のスケジュールとは?

GCR量子金融システム

9月26日のジュディ・ノートで、ついにGCRグローバル通貨リセットが21日より開始した。という発信がされました。

Tier4Bの通貨交換が28日までに開始されて、Tier5(一般向け)は10月2,3日から開始されるという。

GCR開始に伴い、世界中で銀行封鎖の危機が訪れると戒告が出ています。

GSRグローバル通貨リセット開始の情報とは?

10,11月のスケジュール概要!

GSRイベントのタイムライン!

以上について紹介します。

(筆者注釈)

*注目されました、9月24日GESARA発表と9月25日のJFKジュニア氏とダイアナ妃のライブは確認できていません。

ホワイトハットによるDSに対する、偽情報だったようです。

これからも、このようなDSを混乱させる為の、偽情報も発信されますことをご理解願います。

 

(筆者注釈:Tier1~5の階層説明)
Tier1 = 政府
Tier2 = 軍隊、それらの組織
Tier3 = 人道的な組織/団体およびSKRの団体(安全な領収書)
Tier4 = インターネットグループ
Tier4A = SKRのある個人、現在はT3の一部
Tier4B = 個人、インターネットグループ、通貨保有者
Tier5 = 一般の個人

 

(以下 ジュディ・ノート9月26日版 ヘッドライン)

嵐は私たちの上にあります。
ゲームオーバーは思った
よりも早く
… Qパワー電報サイト

分がしてもらいたいように他人に接する

(引用先:2022 年 9 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

GSRグローバル通貨リセット開始の情報とは?

GCRグローバル通貨リセットの開始の情報から紹介していきます。

(以下 ジュディ・ノート9月26日版より 抜粋)

グローバル通貨リセットが開始されました。

Wells Fargo Bank は、水曜日に GCR リリース コードを受け取りました。

EST 9 月 21 日深夜グローバル資産償還プログラムの開始をマーク

世界がさまざまな国の新しい金/資産担保金利に適応し、銀行が大きな内部変更を行うため、来週は株式市場取引はありません。

US Inc/Crown City of London/Vatican Central Banks は現在、破産しています。

株式市場は崩壊寸前でした。

10月1日、グローバル通貨リセットは、次の土曜日の新しい会計年度の開始前に完了します。

バックアップを準備し、少なくとも 2 ~ 3 週間分の現金、食料、水、必需品を手元に用意してください。

グローバル通貨のリセット:

ジュディ・ノート: 9 月 22 日午前 非常に高い連絡先から以下を受け取りました。

9 月 21 日深夜金融商品の救済が正式に開始されました。ファンドの世界的な立ち上げが世界各地で行われ、世界的な資産償還プログラムが始まりました。これは、すべての受信者にとって素晴らしいニュースです。このイベントを待っている世界中の何万ものトランザクションの支払いを開始できます。我々に神の祝福あれ。”

9 月 25 日 フレミング:「Tier 4B の通知が月曜日に出るという噂がありました。9月26日火曜日に交換が開始されます。

9 月 27 日しかし、彼らは今、通知が出る前にドイツ国債が最初に終了しなければならないと言っています。償還センターは 12 日間、1 日 20 時間営業します。」

世界中の銀行の従業員は、銀行が大きな変化を遂げていると報告しています。

株式市場に関係する多くの人は、さまざまな国の金利を変更するために、来週閉鎖されると述べています。

Bruce: Tier 4B は月末 (9 月 25 ~ 28 日) までに開始する必要があります。

一般向けの交換は10月2日、3日頃から開始される。

MarkZ: Fidelity の従業員は、来週は株式市場の取引がないと言われました。

銀行側、グループ、そして債券側で多くの話題を呼んでいます。

これの銀行側から…彼らはこれが彼らの週末であることを誓います。

彼らは週末に流動性を期待しています。

現在 2022 年 9 月 13 日連邦準備制度とその中央銀行は正式に破産しました。

銀行の取り締まりと銀行閉鎖に注意してください。

9 月 19 日エリザベス女王の葬式に出席したグローバル エリートは、国民の債務救済につながる政府と銀行システムの今後の崩壊について同盟から説明を受けました。

 

教皇フランシスコは9 月 30 日までにすべての資金をバチカン銀行に移すようバチカン機関に指示しました 。 9月30日までにバチカン銀行への資金/

 

2022 年 10 月 1 日。新しい金/資産担保のグローバル通貨システムの新しい会計年度は、土曜日に始まります。

2023年1月1 日= (117) GESARA NESARA の実装?

(引用先:2022 年 9 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:9月13日に中央銀行が正式に破産し、9月21日にGCRが開始されたという事です。
これから、不換紙幣による通貨が廃止されていきます。
中央銀行の倒産により、新たな資金注入が出来なくなり、メガバンク倒産の情報が出てくることが予測されます。
次に、10月、11月がどの様に推移していくのかについて紹介します。
スポンサーリンク

10,11月のスケジュール概要!

10,11月のGCRスケジュールとして、26日以降のスケジュールが掲載されています。

新たなGCRの会計年度の開始は10月1日とされています。

そのイベントスケジュールの概要になります。

 

(以下 ジュディ・ノート9月26日版より 抜粋)

可能な今後のイベントのカレンダー:

9 月 26 日予測される株式市場の暴落、Shemita (安息年) の終わり

9 月 30 日、US Inc、国連、世界銀行、IMF を所有するロスチャイルド家、ロックフェラー家、およびその他の家族に対するバチカンの支払い期限

US Inc、British Crown および Vatican による、State Street、Vanguard、および Blackrock のカバール企業への秘密資金のロンダリングは、今や停止します。

「10 月には、世界的な金融の大きな変化が見られます。」…チャーリー ウォードチャーリー ウォード: 特別インテル レポート – 「9 月の終わり」 (ビデオ) | オルタナティブ | ニュースになる前 (beforeitsnews.com)

9 月 30 日:バチカンは、すべてのエンティティの法定通貨をバチカン銀行に引き入れました。

10 月のイベント: https://www.eventbrite.com/e/observer-luncheon-at-flying-leap-tickets-426006255177プレ地震信号、6000 年イベント、黒点。

10 月 1 日:グローバル通貨リセット新しい会計年度の開始、世界は US Inc. から信用を引き出します。

10 月 8 日ドラマ (議会) – カバールによって引き起こされた 10 月のメガ ブラック スワン イベントが発生する予定でした。(カバルは 17 の主要都市で暴動を計画しています)。

中国共産党は 10 月に召集され、「新しい統治戦略」につながる憲法改正を行う予定です。これはおそらく民主主義国家です。

11 月 8 日の選挙:「私は、2022 年11 月 の米国の選挙が行われないという 3 つの異なる情報源からの非常に良い権限を持っています。

これはすでに最高裁判所 – SCOTUS – を通過しており、彼らは 2020 年の選挙を覆すためにシャドウ ドキュメントを使用しました。」…チャーリー ウォード

11 月 9 日:第三次世界大戦の宣言 + 偽の核攻撃 + 戒厳令 自宅待機命令 (9/11/22)

11 月 18 日主要な悪魔イベント: 322 年スカル アンド ボーンズ デー。イルミナティの創設者が死亡。

(引用先:2022 年 9 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:注視すべきは、9月30日にバチカン資金が集約されて、破産するという事です。

このことから、イルミナティ(DS)関連企業の資金が無くなり、大企業の破産がニュースになるのではないでしょうか?

既に、ヘッジファンド企業のブラックロックとバンガードは破産申請していると言います。

次に、先日ブログでも公開したQアノン・フィル氏の動画より、これからの1週間の金融危機の流れを紹介しておきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

GSRイベントのタイムライン!・・・重要

GCR切替のともなう、世界の金融危機で中央銀行からの資金が止まることから、世界中の銀行で資金不足が発生して、預金を引き出したくてても銀行が支払いできずに支払いを停止する事態が起きると言います。

その1週間の流れが紹介されています。

既に読まれた方は省略して構いません。

現金の準備は1か月分くらい必要かも知れません。

 

(以下 ジュディ・ノート9月26日版より 抜粋)

Phil Godlewski の現在の状況: 日付が少しずれていても、イベントは現実のものです。

ヨーロッパと米国で銀行とオンライン決済システムが大規模な停止に見舞われようとしているため、流動性と信用の危機が生じるでしょう。

内輪で起こっている流動性と信用危機の話はすでにあります。これは大きいです。

土曜日銀行とオンライン決済システムは、世界中に広がるヨーロッパと米国で停止に見舞われます。

流動性と信用危機が発生しているという話は急速に広まるでしょう。

日曜日– 顧客は銀行からお金を引き出そうとしますが、断られます。

ツイッターやフェイスブックでの銀行取り付け騒ぎの話は即座に禁止されます。日曜日の夜遅く、ユーロ圏の銀行は流動性の問題に見舞われ、重要な証拠金水準に達しなくなります。

26 日月曜日流動性危機の伝染が米国に広がる

Archegos が使用するものとよく似た金融商品は、金融セクター全体で爆発するでしょう。バンク・オブ・アメリカ、JP モルガン、ゴールドマン・サックスなども破綻していると噂されています。

スーパーリッチは銀行からお金を引き出そうとしますが、拒否されるだけです。

株式市場は 20% 下落し、その日は閉鎖されます。

テザーやその他の安定したコインは失敗し、仮想通貨が非流動的になると暴落します。

短期中期は、暗号通貨が無価値になるということです。

火曜日ユーロ圏全体のメルトダウン。銀行預金は保釈され、ほとんどの人はすべてのお金を失います。

社会的抗議が勃発します。米国の株式市場はさらに 20% 下落し、その日は再び停止します。

ヘッジファンドは崩壊し、銀行はミーム株の空売りで立ち往生するだろう。

銀行は重大な証拠金レベルに失敗し、DTCC はショートをカバーすることを余儀なくされます。

保険会社には最初からお金がなく、連邦準備制度理事会はバッグを持って立ち往生しているため、DTCC 保険契約は失敗するでしょう。

水曜日株式市場は停止する前にさらに 20% 下落します。

サブプライムがついにヒットし、住宅価格が 50% 以上暴落します。

ミーム株、銀、金、商品取引は凍結され、停止されていますが、これは問題を悪化させるだけです。

ドルの破綻は国際的なニュースのいたるところにあり、銀と金は急上昇しています。

米国債は投棄され、成層圏に金利が送られます。主流メディアは大恐慌2.0を大騒ぎし、崩壊はここにある.

木曜日米国政府が崩壊し始め、現政権に辞任を迫る。

月曜日の暴落以来、株式市場はさらに下落し、合計で 85 ~ 96% になります。

サプライチェーンが完全に崩壊するにつれて、食料品店は空になります。

米国政府に対するクーデターの噂がソーシャル メディアで取り上げられ始め、一般の承認を得るようになります。

政府、ウォール街、銀行に対する大規模な抗議行動が勃発するでしょう。

警察が配備され、抗議を残酷に鎮圧しようとしますが、失敗するでしょう。

金曜日不正投票のデータがインターネットに流出し、これが火に油を注ぐことになります。

盗まれた選挙が 40 年前にさかのぼります。

政府の数字は隠蔽されます。

ミーム株と銀/コモディティのショートの問題は国際メディアに届き、国家元首は米国に回答を要求するでしょう。

BRICS は、当時も今も、ドルに取って代わる勢いを強めるでしょう。

ドルは世界の多くの国でノングラタと宣言されており、完全な信用凍結を防ぐためにドル建ての債務を他の法定通貨に変換するための立法が迅速に進められています。

(引用先:2022 年 9 月 26 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:フィル氏の予測を正しいと仮定すると、金融の崩壊は欧州で27日火曜日、全米で29日木曜日に発生するとなっています。

そして、米国では2020年選挙不正データーがSNSで流出して、バイデン大統領の無効化の騒ぎになると言われています。

9月30日までには、日本も含めて銀行の停止が起きてくるのではないでしょうか?

今からできる事は、現金の確保することかもしれません。

そして、その混乱は1ヶ月ほど続き、11月9日の世界的な戒厳令まで続いていくのでしょうか?

判断するタイミングは、29日米国の金融情勢を確認できる、日本時間で30日午前中になろうかと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCRグローバル通貨リセットが開始!10・11月のスケジュールとは?

9月24日に予測されていたDSによる、破壊的なサイバー攻撃は回避されたようです。

次に来るのは、DS資金の枯渇による、メガバンクの倒産危機や現金の支払い封鎖による金融危機が予測されています。

その突入は9月30日が最重視される日となりそうです。

世界の金融情勢に着目しながら、金融危機を乗り越える準備が必要になりそうです。

経済活動が停止するという事は、インターネットでの食料の購入も停止します。

購入できるとすれば、お店にある在庫を現金で購入することくらいです。

在庫が無くなれば、流通も停止すれば在庫の補充もされなくなるでしょう。

現金と食料・水の確保が必要な時が本当に迫っているのではないでしょうか?

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*GCR関連の最新記事は↓をご視聴願います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました