GCR有効化が10月1日に設定された!9月24日のドラマとは?

GCR量子金融システム

2022年9月19日、英国ではエリザベス女王の国葬がおこなれている。

同日のジュディノートにてGCR(グローバル通貨リセット)が10月1日に有効化の設定がされたという。

また、期待される9月24日のドラマとはGESARAの公表との投稿がされました。

そして、Q作戦の最後のイベントの一つである、トランプ大統領の逮捕の可能性につても情報が出ています。

GCR10月1日有効化の概要とは?GCRの歴史について

9月24日のドラマ・GESARA公表の可能性は?

トランプ大統領逮捕はあるのか?

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート9月19日版 ヘッドライン)

ブラック スワンの停電による

シャットダウンが迫っています。

ゲームオーバー!
それが必要でした。
Incoming – 忘れられない一週間。
変化は差し迫っています。
悪魔は倒されました。
ダークトゥライト。
…Q+

「トランプ逮捕!
トランプ逮捕が嵐を呼ぶ」
…大覚醒ワールド Q+トランプ

(引用先:2022 年 9 月 19 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

GCR10月1日有効化の概要とは?GCRの歴史について

世界中の人が、9月8日のエリザベス女王の死去から19日の国葬まで、ロンドン橋作戦を見ています。

その注目が、英国に集まる最中、ホワイトハットはGCRの切替を進めていたようです。

10月1日に一般向けにGCRが有効化されるとう、その概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート9月19日版より 抜粋)

10 月 1 日グローバル通貨リセットが一般向けに有効化されるように設定されました。

グローバル通貨リセットの歴史:私たちはどこから来たのか、なぜここにいるのか、そしてどこへ行くのか:

1700 年代後半、カバルとして知られる東ヨーロッパのグループ (イルミナティ家族、ロスチャイルド) が、資産担保のない法定通貨または紙幣を使用してグローバル通貨システムを支配し始めました。

この動きに対抗するために、中国の王室ドラゴンファミリーによって支配されたアジアとヨーロッパのいくつかのソブリンファミリーは、現在グローバル担保口座として知られている秘密のオフレジャープライベートバンキングトラストに金資産をプールしました.

米国では、私有の (ロスチャイルド、ロックフェラー) 連邦準備制度実際には約 450 年前に始まり、いくつかの国の世代の富に付随するバチカン信託口座が作成されました。

この世界金融システムは、アジアの古代中国のロイヤルドラゴンファミリーの金によって設立され、主に金を通じて資金提供されました.

スイスは、国連憲章の本拠地であり、法的な起源であり、国際通貨基金、世界貿易機関、国際決済銀行のカバル組織を収容していました。

ロンドンの王都とバチカン銀行を通じて、バーゼル スイスの国際決済銀行は、G7 諸国として知られるすべての中央銀行を管理していました。

米国でカバルが運営する通貨システムは、1871 年にアメリカ合衆国法人が設立され、 1907 年に再編成され、 1910年にジェッキー島が再編成され、 1913 年に私有の連邦準備制度が形成されました。

彼らは米国憲法を破棄し、世界中の央銀行の資金を操作し、米国連邦準備制度を利用して、元の人道的目的のために資金を利用するのではなく、世界の資産を略奪し、それによって彼ら自身と仲間のグローバルエリートのポケットを豊かにしました.

2015年新しい米国共和国は、リノ近くのネバダ州のインディアン居留地に新しい米国財務省を配置しました。

ホワイト ハット軍事作戦は、バチカン帝国の指揮系統を密かに掌握しました。

バチカン社のダウン:2016 年、チャーリー ウォード博士のチームは、スイスに通じるバチカン市国の下の 150 マイルの長さのトンネルから 650 機の金塊を運び出しました。

金は元の原産国、主に米国に返還されました。

2016 年 4 月、特定の愛国的な議会議員が、新しい米国共和国、米国財務省、および米国通貨紙幣を作成しました。

その同じ 2016 年 4 月、バチカンとスイスのトンネルからの金がリノの新しい米国財務省に置かれたとき、ドラゴンファミリーはすべての米国の債務を免除しました

シティ オブ ロンドン Inc. ロンドン ブリッジ作戦を下る:

2022 年 9 月 8 日、エリザベス 2 世女王の死去の発表により、世界は英国の海事規則から解放され、世界カバール ディープ ステート体制の崩壊が保証されました。

オペレーション ロンドン ブリッジがお近くの劇場に登場します。

しかし、彼らの計画通りに進むとは思えません。代わりに、3 日間の暗闇の後に 10 日間の黙示録が続きます。…大覚醒Q+トランプ

US Inc.、British Crown および Vaticanによる、State Street、Vanguard、および Blackrock のカバール企業への秘密資金のロンダリングは停止されます

資金は、英国、カナダ、ロシア、ドイツ、オーストリア、スイス、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカを含む、女王が管理する14か国を通じて洗浄されました。

これらの 14 か国は現在、共和制国家に向かっています。

9月13日連邦準備制度理事会が法定通貨を銀行に引き渡したのはこれが最後でした。

9 月 14 日の真夜中新しい Global Monetary の金/資産担保システムへの参加を希望するすべての銀行が、古い法定ドル システムから新しい Restored Republics システムに再編成されました。

JFK Jr.、共和国担当副社長: ペイマスターの問題は驚くべきことに既に修正されています。すべてが QFS に移動するまで、ワイヤーは古い Swift の方法で行うことができます。

古いCabal Swift Systemsからのマージはほぼ完全に完了しました。

10月で終了いたします。

送金、電信送金、およびすべての銀行取引は、10 月には Swift ではなく新しい QPI を介して行われます。

10 月までは古いシステムを引き続き使用できます。

その後、金融および銀行のシナリオの良い面と悪い面の割り当てが確実に発生します。

9 月 19 日すべての Tier 1、2 銀行に新しい金/資産担保米国債が発行されました。

Simeon Parkesによると9 月 19 日、20 日銀行は 2 ~ 10 日間閉鎖される可能性があり (カバールからの反対に応じて長さは異なります)、口座は凍結され、オンライン決済は停止されます。

9 月 15 日、チャーリー ウォードの友人である EF ハットン (QFS タスク フォースの責任者) は次のように述べています。

したがって、女王の「死にかけている」ことから、新しいQFS / DITIGAL / NESARA / GESARAへの移行に必要な昨日のような(ペイマスターとの)その他のステップはすべて10月に行われます。」

 9 月 16 日 JFK Jr、第 19副大統領:私たちは EBS、軍事法廷、完全開示を開始し、いくつかの国が Omicron 亜種のロックダウンに戻りました。

5:5 MIL OPS を送信することは、私たちの主な目的であるトンネルと DUMBS から子供たちを救うための確認 SIG でした。

残りの国が封鎖され、COVID-19 診断の報告が続く中、ニュースはイベントの地図を明らかにします。アーカイブしてオフラインにする準備をします。

サイモン パークス: 「銀行は今週末にも閉鎖される可能性があります

アカウントは凍結され、オンラインでの支払いは行われません。

9月24日に予定されていたイベントです。

国防総省は今すぐ現金を引き出すように言っています。

この銀行の閉鎖は 2 ~ 10 日続きます。

その程度は相手の反対次第だ」

サイモン パークス RV/GCR Intel アップデート 9-16-22 | √ HO1 – ホリスティックな概要 #1 – トピックをよりよく理解するための #1 AIO ホリスティック ビュー!

(引用先:2022 年 9 月 19 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:1700年代の後半から始まった、イルミナティ家族ロスチャイルドによる通貨支配の崩壊の歴史です。

米国も1871年に株式会社として設立されて、資金を搾取されてきたのです。

そして、反撃はホワイトハット軍が2015年より、バチカンに侵入して、地下に蓄えられた金を奪還したのです。

2016年4月に金を保有するドラゴンファミリー(中国の長老など)が米国の債務免除をして、トランプ大統領が2017年に就任して、大きく作戦が実行されてきたようです。

ついに、10月1日に一般向けにGCRが有効化されるという発表が出ました。

古いドル紙幣は10月末で完全に終了して、QFSに移行するとのことです。

9月19日以降、世界中の銀行が2~10日間の閉鎖をされるようです。

目覚めた読者の皆様は、いよいよ、QFSへ切り替わる準備をする時が来たようです。

英国・国葬で女王の棺にかけられた赤い竜のカバーの意味がお解りでしょうか?

中央銀行による連邦準備制度が廃止されて、レッドドラゴンの資金が解放されることを表現しているようです。

(なぜ女王の棺に竜が乗っているのか?)

 

スポンサーリンク

9月24日のドラマ・GESARA公表の可能性は?

次に9月24日のドラマについての概要を紹介します。

9月24日は世界的な金融危機とGESARAの公表が予定されているようです。

英国の国葬を利用しての、ホワイトハット軍の驚きの作戦が掲載されています。

 

(以下 ジュディ・ノート9月19日版より 抜粋)

今後のイベントのカレンダー:

トランプの逮捕、チャールズ皇太子のチェックメイト、ロンドン橋作戦

ロンドンから始まる大規模なリセット グローバル市場の暴落、

発表された第三次世界大戦 + 偽の核攻撃 + 戒厳令 自宅待機命令 (9/11/22) 

スカイ イベント(レッド スカイ 偽核攻撃)

(パープル スカイ サンジェルマン バイオレット フレイム テスラ フリー エネルギー アクティベーション) 

「ロシア」によるグローバルな計画的サイバー攻撃、教皇死。

 9 月 19 日、エリザベス女王の葬儀

近年の世界史上、世界の権力者たちの最大の集まりの 1 つ

英国は、火曜日に終わる 10 日間の喪に服していました。

9月20日 – TelegramのQとTrumpが示したのと同じ期間は、開示の10日間でした.

9 月 24 日ドラマ:

さまざまな情報源からの Intel は、大規模な絶滅イベント、および/または世界的な金融危機土曜日に発生する可能性があることを示しました。

9 月 24 日数秘術 666 日でもありました。

銀行は最大 10 日間閉鎖される可能性があります。

ブルース: 9月24日、25日頃にNESARA/GESARAに関する発表を予定しています。

ドイツが「2022 年 9 月 24 日」の不吉な予言を発表した後、世界が震撼する

2022 年 9 月 24 日のこの日は、 私がどこにいたかを正確に覚えています」と言う日として、私たちの記憶に残ります。

9月30日は、 US Inc、国連、世界銀行、IMFを所有するロスチャイルド、ロックフェラー、およびその他の家族に対するバチカンの支払い期限でした。

US Inc、British Crown および Vatican による、State Street、Vanguard、および Blackrock のカバール企業への秘密資金のロンダリングは、今や停止します。

10 月 8 日 ドラマ (議会) カバールによって引き起こされた 10 月のメガ ブラック スワン イベントが発生するように設定されました。

これは、流血の革命、無政府状態、または平和的な移行である可能性があります。(カバルは 17 の主要都市で暴動を計画しています)。

10月23日、24日(日・月)ドラマ民兵

10 月 29 日 完全停止 –すべてが 10 日間凍結する可能性があります。

中国共産党は 10 月に召集され、「新しい統治戦略」につながる憲法改正を行う予定です。これはおそらく民主主義国家です。

2022 年 11 月 8 日の選挙: 「私は、2022 年11 月の米国の選挙が行われないという 3 つの異なる情報源からの非常に良い権限を持っています。これはすでに最高裁判所 – SCOTUS – を通過しており、彼らは 2020 年の選挙を覆すためにシャドウ ドキュメントを使用しました。」…チャーリー ウォード

11 月 18 日322年のスカル アンド ボーンズ デーであり、イルミナティの創設者が亡くなりました。

エリザベス女王の葬儀イベントの舞台裏:

ガーディアンの米国宇宙軍軍事情報局と同盟は、ディープ ステートから軍事力 (すべての衛星、通信グリッド、銀行サーバー、データおよび金融取引) を掌握し、作戦を本物の英国軍人民軍と将軍に返しました。

英国のホワイト ハット軍は現在、国王チャールズ 3 世を軍の管理下に置いています。

チャールズ国王は失敗に終わり(予定されていた)、西側世界政府とフォーチュン 500 企業を運営する 300 人委員会を崩壊させることが予想されます。

国王チャールズ 3 世を利用して大失敗させる計画は、ニュルンベルク裁判と世界法廷につながるでしょう。

葬式に出席するエリートは、政府や銀行システムの崩壊を含む今後のイベントについて説明を受け、人々の債務救済につながります。

 

(引用先:2022 年 9 月 19 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:9月24日は、ロンドンから始まる世界的な金融危機とGESARAの公表が予定されているという。

2022 年 9 月 24 日のこの日は、記憶に残る事が起きるという。

DSの資金であるバチカン資金は凍結されているために、9月30日の支払い期限に支払いが出来ずに崩壊する。

そして、英国のホワイトハットがチャールズ国王を管理下においており、国葬に参列した王族と政府関係者は、DS政府と銀行システムの崩壊後の、今後のイベントの説明を受けると言います。

英国の国葬は、ホワイトハット軍による、国葬を利用してのQFSへの説明会だったという事です。

9月24日まで注目していきましょう。

 

*9月24日の金融危機の関連記事はことらも参照願います。

 

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

 

スポンサーリンク

トランプ大統領逮捕はあるのか?

気になるトランプ大統領の逮捕の噂は本当に起きるのでしょうか?

そして、それはいつ起きるのでしょうか?

(以下 ジュディ・ノート9月19日版より 抜粋)

リアルュースの見出し。2022 年 9 月 19 日:

トランプは、私たちが見ているこの劇の結末の一部として、虚偽の起訴または逮捕をまだ待っているかもしれません。

トランプ逮捕?「デマの極み」最初の逮捕はQが言った世界に衝撃を与えるでしょう。

トランプはすぐに逮捕されるだろう。

彼らは準備をしています。これが予測プログラミングです

たわごとは今ファンを打つつもりです !

 

トランプは同盟軍にメッセージを送る:「今すぐ大量逮捕!」

(関連記事を筆者挿入)

 

米国最高裁判所は、不正選挙と外国人 (中国共産党) による米国選挙への干渉により、2020 年の選挙を無効にしました。

トランプ大統領がワシントンDCに戻ってきました。トランプが1807年の暴動法に署名した後にホワイトハウスを去って以来、ホワイトハウスには誰も住んでいません。

中間準備のための緊急警報システム (EAS): https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=207777

(参考リンクから筆者挿入:ディープ ステートの民主党員が 11 月の中間選挙で勝利への道をごまかす場合、ドナルド J. トランプ大統領は米軍に緊急警報システム (EAS) を起動するよう懇願するだろう

カナダ: 水道で炭疽菌が発見され、水が汚染されています。Qが言った水を見てください!

連邦準備制度と IRSは、プエルトリコに拠点を置く民間企業でした。

 

(引用先:2022 年 9 月 19 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:トランプ大統領の逮捕、起訴の実行は、世界に衝撃を与えるためのプログラムのようです。

9月19日の段階では、それが、いつ起きるのかは言及していません。

しかし、トランプ大統領は9月13日火曜日に大量逮捕のGoサインを出しています。

という事は、トランプ大統領逮捕は数日の間に起きる可能性があります。

9月24日の大イベントの直後かも知れません。

こちらのニュースについても注目です。

ただし、本物のトランプ大大統領の身柄は安産な状態にあるようです。

仮に逮捕された場合は代理のトランプ大統領ですので安心しないでください。

逮捕の後、すぐに米軍が救出作戦に入り、戒厳令となる運びのようです。

18日付けで、RRNで下記のような記事が投稿されました。

EAS世界緊急放送の合図となるインテル情報です。

ディープステート民主党が11月の中間選挙で勝利への道をごまかすなら、ドナルドJ トランプ大統領は、緊急警報システム(EAS)の発動を米軍に懇願するだろう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・GCR有効化が10月1日に設定された!9月24日のドラマとは?

ついに、9月24日のドラマの内容が明かされてきました。

世界的な金融危機とGESARAの公表です。

気になるのは、9月24日は全ての人が記憶する出来事のようです。

その内容までは特定できませんでした。

ホワイトハットがコントロールしていますから、人が犠牲になるような事件ではなさそうです。

ドイツが関与しているとすると、ヒトラーがビクトリア女王の孫で米国・オバマ元大統領がヒトラーの孫だというような事が明かされていくのでしょうか?

世界中の人が記憶するという事は、バッキンガム宮殿などの有名な施設が破壊されるのでしょうか?

もしかしたら、ダイアナ妃が生きているという発表があるのでしょうか?

読者の皆様の予測はどうでしょうか?

期待したいのは、GESARAの公表がされると良いですね。

9月24日まで日々の出来事を観察していきましょう。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ダイアナ妃に関連する記事はこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました