【速報】英国・チャールズ国王が特別国際法廷に出廷を命じられる!

人身売買の闇

2022年9月20日21時の速報です。

9月19日に英国・エリザベス2世の国葬を終えたばかりのチャールズ国王に特別国際法廷への出廷が命じられたようです。

情報元は9月20日版のジュディ・ノートで投稿されました。

チャールズ国王・特別国際法廷への出廷とは?

罪状は?両親の故エリザベス、フィリップの人道に関する罪の共謀

以上について、概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート9月20日版 ヘッドライン)

エリザベス 2 世女王の死去の発表により、

世界は英国の海事規則から解放され、

カバールの深層国家政権の崩壊が保証されました。

9 月 19 日、エリザベス女王の葬儀に参列した

エリートたちは、国民の債務救済につながる政府と

銀行システムの崩壊について説明を受けました。

(引用先:2022 年 9 月 20 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

チャールズ国王・特別国際法廷への出廷とは?

英国・チャールズ国王への国際裁判所への召喚状が出ました。

エリザベス女王の国葬の直後のタイミングです。11月1日が出廷日のようです。

出廷しない場合は逮捕となる命令です。

その概要を紹介します。

*国際司法裁判所(ICJ)とは何ですか?

ICJは、国際連合(国連)の主要な司法機関です。ICJは1945年、アメリカのサンフランシスコで署名された国連憲章により設立され、翌46年からオランダのハーグにある平和宮で活動を開始しました。

ICJは15名の裁判官で構成され、国際法に従って、国家から付託された国家間の紛争を解決し、正当な権限を与えられた国連の主要機関および専門機関から諮問された法律問題について勧告的意見を与えるという二重の役割を持っています。公用語は英語とフランス語です。

(引用先:国際連合広報センターHP

 

(以下 ジュディ・ノート9月20日版より 抜粋)

ジュディメモ:

9 月 19 日、「イングランド王」チャールズ ウィンザーは、2022 年 11 月 1 日に特別国際法廷に出廷するよう命じられました。

法廷は、チャールズの両親、エリザベスとフィリップ ウィンザーおよび共犯者による人道に対する罪についての知識と共謀を調査していました。 .

チャールズ国王は、ウィリアム・コムズらの死をめぐって国際法廷に出廷するよう命じた。

2022 年 9 月 19 日/20 日、国際慣習法裁判所により発行:

チャールズ国王は、ウィリアム・コムズらの死をめぐって国際法廷に出頭するよう命じられた – YouTube

(事項でYouTubeの概要を紹介します)

いわゆるイングランド王であるチャールズ・ウィンザーは、本日、特別国際法廷に出廷するよう命じられました。

法廷は 2022 年 11 月 1 日に召集され、チャールズの両親であるエリザベスとフィリップ ウィンザー、および彼らの教会、国家、企業の共犯者が犯した人道に対する罪についてのチャールズの認識と共謀を調査します。

法定出廷通知は、法廷保安官によってバッキンガム宮殿やその他の場所でチャールズ・ウィンザーに届けられました。

通知のコピーは、pdf の添付ファイルとして以下に続きます。

11 月 1 日の法廷は、チャールズ ウィンザーがこれらの犯罪に加担したことを知っているか証拠を持っている人は誰でも、すぐに itccsoffice@gmail.comで法廷に連絡するよう求めてい ます。

そのような証拠と引き換えに、訴追からの報酬と免責が提供されます。

(引用先:2022 年 9 月 20 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:国際裁判所よりの通知がチャールズ国王に届きました。

これは、イギリス王室の長年の通貨支配を公に知らせるイベントになります。

エリザベス女王は4年前に死去しています。その死去の前に、トランプ大統領に屈して司法取引をしたという事です。

チャールズ国王も同様にトランプ大統領に屈して、このような形を了解したのでしょう。

エリザベスの尊厳を守り、その代わりに死去のあとに真実を公にする。

その役割をチャールズ国王が背負うというストーリーです。

では、そのチャールズ国王の罪状とは何でしょうか?

参考リンクにあるYouTubeより事項で紹介します。

 

*エリザベス女王が2017年夏、トランプに屈した作戦は以下の記事より視聴できます。

 

 

スポンサーリンク

罪状は?両親の故エリザベス、フィリップの人道に関する罪の共謀

チャールズ国王の罪状とは何でしょうか?

国際裁判所からの召喚状の内容がYouTubeに9月20日に掲載されましたので紹介します。

6つの調査対象が掲載されています。

 

(以下 YouTube 9月20日版より 抜粋)

チャールズ国王は、ウィリアム・コムズらの死をめぐって国際法廷に出廷するよう命じた。

2022 年 9 月 19 日/20 日、国際慣習法裁判所により発行:

チャールズ国王は、ウィリアム・コムズらの死をめぐって国際法廷に出頭するよう命じられた – YouTube

 

YouTubeの要約

9月20日国際カマラ司法裁判所からのニュース速報の発表があります。

チャールズ・ウィンザー国王は11月1日に召集される特別な国際法廷に出頭するように命じられました。

チャールズ国王が両親のエリザベスとフィリップによって犯された人道に対する罪を知っていて、共謀したかどうかを調査します。

・教会国家及び企業の共犯者は、国際法廷および2011年1月15日のこの裁判所の判決に従って、バッキンガム宮殿およびその他の場所で、国際連邦司法裁判所の保安官によって出廷する法的通知がチャールズ・ウインザーに届けられました。

・これらの犯罪は、誘拐および永久失踪の1つであり、職務上の理由、家族関係、および個人的な共謀の可能性から、あなたが関与している次の犯罪事件を調査するために召集された裁判所の特別法廷に出頭するように命じられます。

①1964年10月10日カナダのブリティッシュコロンビア州にあるカムループスインディアン寄宿学校で、両親のエリザベスとフィリップと一緒にいた10人の先住民子供たち。

②セントポール教会でのウイリアム・コムズの唯一生きた目撃者の逮捕とヒ素中毒による死亡。

③2011年2月26日、カナダのバンクーバにあるカトリック病院で3人の子供たちの誘拐に関する彼の公の証言の直前に機転 あなたの母親のエリザベスが王冠とイングランド教会の首長としての個人的な承認をした。decree.comにより

④あなたの両親エリザベスとフィリップ、そしてイギリスの王室の他メンバーによる殺人的な第9サークルの子供犠牲カルトへの参加、ローマカトリック教会によって確立され運営されている。

⑤2020年9月16日にエジンバラのハリウッド城で母親のエリザベスと法王ベネディクトの間で確立された犯罪的陰謀は、前述のジェノサイドと非サークルカルトを調整し隠蔽する事でした。イングランドの法律に違反してイングランド国教会とローマ教会を合併する活動。

⑥グラクソスミスクライン・ファイザーが実施した、違法で致死的な薬物検査実験で聖公会の子供たちを使用するための母親エリザベスによる個人的な許可、およびその他の医薬品、英国の王冠が財政的に関連している会社と7人の医師に反する不法な維持。

・神の法と1649年3月17日に英国議会で可決された法律は廃止され、永久に非合法化された英国君主制とその再建を反逆罪と偶像崇拝の行為にしたことにより、この裁判所の特別法廷が2022年11月1日火曜日に、チャールズ・ウインザーが義務付けられていることを発表する場所で、これらの問題に関する公聴調査することをお知らせします。

ーーー 以下省略ーーー

(引用先:2022 年 9 月 20 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:チャールズ国王の両親である、エリザベス女王とフィリップ殿下が起こした犯罪についての共謀についての調査です。

これらは、過去にも疑惑として取り上げられたもののようです。

しかし、追及されないまま疑惑は封印されてきました。

英国王室とバチカン教会をはじめとする、世界の教会で行われていた子供たちを犠牲にした悪魔崇拝儀式に関する内容です。

信じられない話ですが、私たちはこのおぞましい過去を受け入れる時が来たのです。

イギリス、オランダ、カナダ、ドイツ、バチカン、イタリア、米国、そして日本でも同じような事が行われてきたようです。

この事実を世界中の人が知り、人身売買、臓器売買、アドレノクロム売買などが、今後起きないような世界にしていく必要があります。

 

*人身売買に関する記事は↓をご視聴願います。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・英国・チャールズ国王が特別国際法廷に出廷を命じられる!

驚きの英国・チャールズ国王の国際裁判所への召喚の概要でした。

エリザベス死去により、世界的な金融支配の幕引きが行われています。

その幕引きを世界に知らせる、英国・王室の犯罪の暴露が始まります。

日本でいえば天皇陛下が裁判にかけられると言う内容です。

おそらく、日本でも天皇陛下のこれまでの反逆罪の内容が暴露されていくでしょう。

明治天皇を李家がすり替えた明治天皇暗殺事件。

北朝鮮の国家を運営していたDS日本政府。

広島、長崎の原爆は天皇が承認した地上起爆。

信じられない事件がこれから、浮上してきますが人を恨むのではなく、爬虫類生命体による支配によるものだったという受け入れをしていただきたいものです。

地球という星の目的が、異なる波動の生命体による共有化の過程で起きた体験だったのです。

許すことも愛です。

どうか、人同士が敵対しないように、デクラス(機密情報開示)を受け入れていただきたいと思います。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

タイトルとURLをコピーしました