ブラックスワン(金融危機)が迫る!9月24日に9.11再来か?

GCR量子金融システム

9月16日のジュディ・ノートにてブラックスワン(金融危機)のXデーが9月24日を示唆する投稿がいくつかされました。

今回は、金融危機のタイミングとGCRの進展について紹介します。

ブラックスワンのXデーは9月24日の警告情報とは!

9月16日時点のGCRの進展とは?

以上について最新情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート9月16日版 ヘッドライン)

まもなく啓示により、
クイーンがダウンしている

すべてが明らかになる今こそ、

キングチェックメイトを攻撃する時です…

大覚醒の世界 Q + トランプ

ジュディ・ノート:

何も起こっていないように見えるかもしれませんが、

実際には、世界の人々は悪に対する最大の蜂起と

歴史上富の移転を経験していました。

女王の死に関する最近の発表は、

グローバル ディープ ステート政権と

カバール銀行システムの崩壊が進行中であり、

雪崩のように止めることができなかったことを証明しました。

数週間の現金、食料、必需品を準備しなければなりませんが、

その前にあったのは世界中の自由と平和でした。

(引用先:2022 年 9 月 16 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

(米国・住宅ローンの金利が6%越え!)

 

スポンサーリンク

ブラックスワンのXデーは9月24日の警告情報とは!

ジュディ・ノートで世界的な金融危機が9月24日に起きるという複数の情報が出ています。

その概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート9月16日版より 抜粋)

世界的な金融危機:

Telegram Red Wave:私はこれを確認することも、これを 100% 知ることもできませんが、多くの金融市場やニュースから、9 月 24 日 (ユリウス暦では 9 月 11 日) が史上最大の金融津波の 1 つになるように見えます! 

株式市場の完全な崩壊など。

これは、これを自分でチェックして、これが起こった場合の影響から身を守ろうとするための礼儀正しいテキストです。

これは、資産と投資を保護するための計画を立てる時です。

これが実現しないことを願っていますが、実現した場合に備えて計画を立ててください。

ありがとうジョン。皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

 

2022 年 9 月 24 日 世界的な金融危機:

ドイツ国会議員:親愛なる同僚の皆様、この 2022 年 9 月 24 日は、私たちがどこにいたかを正確に覚えていると言う日として、私たちの記憶に残る日になるでしょう。」

 

世界中のすべてのバチカン機関は、金融商品と資産を9月30日までにバチカン銀行に移さなければなりません。」

エコノミストの Tuomas Malinenは、ヨーロッパの経済崩壊について世界に警告しています このビデオを 観る Brighteon

26 の主要銀行はすべて相互接続されており、連邦準備制度によって管理されています。

ホワイト ハット インテル:世界は、1991 年のソ連崩壊時にロシアが経験したことを経験するでしょう。

大恐慌・崩壊は扱いにくかったが、闇が過ぎ去り、ボリス・エリツィン政権下のディープ・ステートが暴露された後、CABAL [DS] 億万長者と億万長者の金は断ち切られ、盗まれた金の漏斗は国民に返還され、経済速い。

ロシア市民の収入は 2 倍以上になり、中には 3 倍になった人もいます。

これはすべて、バチカン/ロスチャイルド/カザリアンマフィアが、彼の国への裏切り者であったボリス・エリツィンを含む大統領を支配したためでした(彼の死において、エリツィンは埋葬のロシアの名誉を与えられず、最高の将軍や司令官は彼の墓に出席しませんでした。 DEATHの前または後の側)。

米国はこれらのイベントに直面します。昨年の 2021 年 1 月以来、核崩壊につながる戦争と崩壊について警告してきました。

WEF、国連、NATOは、戦争資金を注ぎ込む世界の組織から切り離されていたため、資金が不足していたため、依然として崩壊していました。

ロスチャイルド(オバマのハンドラー – バチカン CIA) は、中国の長老、ドラゴンファミリー、スーパーエリートから切り離されました。

米国のディープ ステート ミリタリー ジェネラルズとウォー ホークスを管理するための資金は停止していました。

このカットオフは、ヴァンガードが静かに崩壊するにつれて、あらゆる方向から来ていました.

バチカンの沈黙の軍事支配は、国連を支配し、止められていないアフリカ教皇を設置しようとしたマルタ騎士団を逮捕/殺害/投獄する結果となった。

(引用先:2022 年 9 月 16 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:世界的な金融危機が9月24日に起きるという警告が出ています。

9月24日はユリウス暦で9月11日だと言います。

世界恐慌はDS側の作戦として行われてきました。

9月24日は覚悟して迎える心構えが必要なのかも知れません。

投資をされている方は、さらに情報を取り対処しましょう。

(DSによる金融の暴落による保障は、GESARA後に補填されるという情報もありますので、慌てづに対処してください)

 

スポンサーリンク

9月16日時点のGCRの進展とは?

GCRグローバル通貨リセットの進展はどうでしょうか?

9月13日にはTier3Bの通過交換が複数で行われたようです。

そして、Tier4Bの支払いは9月20日と予定されるという事です。

さらに、GESARAの公表が9月24日、25日頃とも記述されていますが、どうなるでしょうか?

(以下 ジュディ・ノート9月16日版より 抜粋)

グローバル通貨のリセット:

209 か国の新しい金/資産担保通貨は、Sun以来、外国為替のバック スクリーンで取引されています。8月28日

9月11日日曜日イラクは新しいイラク ディナール レートを発表し、Tier 1 レベルでヨーロッパ本土と中東および極東で使用および交換を開始しました。

厳格な NDA に基づくTier 3 および 4A の Whales では、まだ流動的ではありませんが、RV の資金は口座にあると言われていました。9月12日

債券の支払いはヨーロッパで支払われていました。

2022 年 9 月 13 日は、法定通貨が連邦準備制度理事会から銀行に送金された最後の日であり、その火曜日までに行われました。9 月 13 日、Tier 3 の一部が支払われているという複数の報告がありました。

ブルース: 先週、すべての米国の銀行が破産を宣言し、水曜日の真夜中までに再建された共和国の下で再構築するよう命令を受けました。9月14日

Bruce:カナダの大手銀行と別の情報筋によると、すべては金曜日の午後 4 時以降に行われるということです。9月16日

Bruce: Tier 4b(私たち、インターネット グループ) は、週末に通知を受け取り、月曜日に開始することができます。9月19日または火曜日。9月20日

英国は、火曜日に終わる 10 日間の喪に服していました。9月20日

ブルース: 9月24日、25日NESARA/GESARAの発表を期待していました。

中央銀行は閉鎖されていました — 破産しました。

古い金融システムは破綻しました。

議会、ホワイトハウス、IRS、連邦準備銀行、連邦準備制度理事会が閉鎖 — 米国企業が破産。

ハイアップソースは、トランプの逮捕が11月までの遅れを引き起こさない限り、 GCR / RVは今から10月中旬までいつでも発生する可能性あると感じました.

コーチ ジェリー:親愛なるコミュニティを励ましてください、私たちの時が来ます。

正確なタイミングを把握できれば、悪党も把握できる。

そして、世界同盟がこの「映画」全体を、善良な軍隊以外の誰も完全に理解できないように設計したのではないかと、私はひそかに疑っています。」

9 月 15 日 MarkZ: Nilar は、アフリカ大陸か全体を対象とした汎アフリカの金担保通貨でした。

彼らは安定したお金のためにリソースを集めています。

彼らはもはや西洋、ロンドン、米国、フランスを望んでおらず、必要としていません。

彼らが植民地主義を非難し、それについて率直に話しているので、これは非常に興味深いものでした。

アフリカは非常に多くの天然資源に恵まれていました。

彼らが法定通貨システムを離れてゴールドに裏打ちされたとき、法定通貨のラクダの背中を壊すのはもう 1 つのストローでした。

汎アフリカ金貨: https://mises.org/wire/nilar-pan-african-gold-currency

(引用先:2022 年 9 月 16 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:少しづつ予定は遅れていますが進展しています。

中央銀行の閉鎖により、米国の銀行は9月14日に共和国の下での再構築の指示を受けたようです。

つまり、現在の遅れは、世界の金融機関の切替の作業をしているのかもしれません。

中央銀行の廃止の情報は、表のメディアには出ないで進められるはずです。

急に、表の情報で報じれば、企業や国民はパニックになってしまいます。

海外では既に預金の封鎖が始まっています。

レバノンでは、銃を持って銀行に入り、自分の口座を引き出す事件が起きています。

いよいよ、9月24日から月末にかけて、金融危機が始まる予兆が起きています。

1月分くらいの必要な現金は確保しておいた方が良いかもしれません。

冷静に対処していきましょう。

 

(レバノンの銀行立てこもり事件・要求は自分の口座預金だった!)

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ ブラックスワン(金融危機)が迫る!9月24日に9.11再来か?

現在はG、ESARAへ移行するためのDS資金を枯渇させるタイミングです。

そして、裏側ではホワイトハットは、QFSとリンクした資金の流動を行うための、階層別の支払いの審査と支払いをしていると言います。

Tier3B(インタネット事業者、人道支援事業者)の支払いが終われば、一般への支払が開始されます。

そのタイミングこそが、GESARAの公表のタイミングで国単位で異なる模様です。

ブラックスワン作戦は、これまでDSが経済恐慌を作り出して、銀行を通じて資金を貸し出し、金利をむさぼるという事で利益を得ていました。

その、最後のタイミングが9月24日に仕掛けられている可能性がある。という内容でした。

どうなるかわかりませんが、備えておくことが必要かも知れません。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

タイトルとURLをコピーしました