米政府・債務超過でデフォルト危機とGCR1月19日世界通貨の下落!

GCR量子金融システム

ジュディ・ノート1月18日版では、米国政府の債務上限問題が大きく取り上げられました。

デフォルト回避に向けた調整をどうするのか?バイデン大統領の政治能力が問われます。

次に、GCR関連情報として、17日から19日にかけて、紙幣の米ドルをデジタルUSNへ切り替えるための、世界の通貨が下落する情報が出ています。

米国・連邦政府債務上限を超えてデフォルトの危機!

1月17日時点のGCR最新情報!17日から19日に世界通貨の下落!

以上について最新情報を紹介します。

 

 

 

(以下 ジュディ・ノート1月18日版 ヘッドライン)

1月19日に米国の債務上限に達します。
同じ木曜日まで世界の法定通貨の価値が下落します。

これは、法定米ドルが資産で裏付けられた USN に切り替わったことです。

IRS、所得税、連邦準備制度はもうありません。

グレートデフォルトが始まりました。

銀行が破綻した場合、銀行が保有する債務は消滅し、

デフォルトで私たちが勝ちます。

血統銀行は崩壊しており、完全に崩壊するでしょうが、

金で焼いた通貨はすでに世界の半分以上で取引されており、

NESARA/GESARA に署名したすべての国の翼の中にありました。

(引用先:2023 年 1 月 18 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

 

スポンサーリンク

米国・連邦政府債務上限を超えてデフォルトの危機!

1月19日の米・政府の債務超過問題がクローズアップされています。

政府予算の見直しをするのか、デフォルト(債務不履行)になるのか?注目です。

Qプランは、DS資金の枯渇へと誘導しています。

ジュディ・ノート、MSMからの関連情報を紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート1月18日版より 抜粋)

Judy Note:米国の債務限度額が1月19日木曜日に当たるのは興味深いことです。

1 月 19 日法定通貨の米ドルから資産を担保とする USN への切り替えが完了するのとまったく同じ日。

あなたはそれが計画されていたと思うでしょう。

1 月 19 日、米国財務長官は、米国は債務上限に達するだろうと述べましたが、メディアの誰も気にしていないようでした:

ホワイトハットに入る:計画は動いていた。 国防総省と米軍は、残りのディープ ステート カバルに対して世界的な襲撃を行っていました。

*筆者挿入:債務超過問題の説明・・・ジェトロ通信1月16日版より抜粋

(1月19日にも連邦政府債務が現状の法定上限である31兆4,000億ドルに達するという見通しを明らかにした。

2022年10月3日に債務残高が31兆ドルを超えたことが発表されてから(2022年10月7日記事参照)、約2カ月半で法定上限に達する見込みとなった。)

 

木曜日にヒットする米国の債務制限。1月19日スティーブン・プレスマン:

現在、 米国財務省の手持ちの現金は 4,000 億ドル未満 であり、米国政府 は今年、毎月約 1,000 億ドルを借り入れる予定です。

米国が債務上限に近づくと、財務長官(現在はジャネット・イエレン)は現金を節約するために特別な措置」を講じることができ、それは木曜日に始まると彼女は示唆した。

1 月 19 日そのような措置の 1 つは 、公務員の退職プログラムに一時的に資金を提供しないことです。

(上記記事の概要)

(ムニューシン氏は月曜日にフォローアップし、公務員退職障害基金と郵便サービス退職者健康給付基金への投資を停止することを議員に通知する書簡を議会に送りました。

そして火曜日、財務長官はナンシー・ペロシ下院議長に、債務上限違反を避けるため、政府証券で構成されている貯蓄貯蓄計画のGファンドへの投資を一時停止すると通知した. 

 

上限が引き上げられると、 政府が差額を補うことが期待されます。しかし、これはわずかな時間しか稼げません。

財務省が選択肢を使い果たす前に債務上限が引き上げられない場合、毎日の税収で誰が支払われるかについて決定を下す必要があります。

それ以上の借入はできません。

公務員または請負業者は、全額が支払われない場合があります。

中小企業や大学生への融資は停止する可能性があります。

政府がすべての請求書を支払うことができない場合、技術的には債務不履行になります。

政策立案者、 エコノミスト、ウォール街 は、壊滅的な金融および経済危機を懸念しています。

多くの人 は、政府の債務不履行が経済に悲惨な結果をもたらすことを恐れています。

金利の高騰、金融市場のパニック、そしておそらく経済不況です。

通常の状況では、市場がパニックを起こし始めると、議会と大統領は通常行動します。

これ は 、2013 年に共和党が債務上限を利用して医療費負担適正化法を撤回しようとしたときに起こったことです。

しかし、私たちはもはや通常の政治の時代を生きていません。

主要政党 はこれまで以上に二極化しており、マッカーシーが右派の共和党に与えた譲歩により、債務上限に関する合意を得ることが不可能になる可能性があります。

 

(引用先:2023 年 1 月 18 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

マッカーシー下院議長のデフォルト回避案

(以下 ロイター 1月16日版より 抜粋)

[ワシントン 15日 ロイター] –

マッカーシー米下院議長は15日、米国のデフォルト(債務不履行)を回避するため民主党が政府支出の抑制に応じるとの見方を示し、バイデン大統領とこの案について協議を望むと述べた。

FOXニュースのインタビューで、米国をデフォルトに追い込むのではなく、給付をセーブする軌道に乗せることが可能なのを大統領は知っているはずだと語った。

また、トランプ政権時代の2019年に議会が財務省の法定債務上限凍結で合意したことを例に挙げ、譲歩が可能だと指摘。

「協力を望む相手なら誰とでも協議する用意がある。バイデン大統領がその人物になれると信じている」と語った。

下院監視委員会のコマー委員長も15日、デフォルト回避を望むとした上で、歳出削減に合意する責任は民主党にあると述べた。

(引用先:米デフォルト回避へ歳出抑制に合意を、下院議長が民主に呼びかけ

*解説:債務不履行を避けるために、公務員の退職金の減額、受け入れ業者の支払いの減額がされる。

中小企業や大学生への融資は停止する可能性があると言います。

そうなれば、金利の高騰など社会不安は拡大するという。

下院のマッカーシー議長はデフォルト回避に向けて、政府予算の支出を抑える交渉を行う準備があるという。

バイデン大統領の判断力にかかっている。

Qプランとしては、政府の債務不履行の危機に直面してもバイデン大統領に、打開する政治能力がないという事を国民に知らせる狙いがあると思われます。

機密文書の個人保管スキャンダルや機密文書から発覚した、バイデン大統領の60万ドルもの不明資金の受領問題なども重なり、いよいよ弾劾されていく可能性が高くなりました。

 

*バイデン機密文書スキャンダルとマネーロンダリング疑惑についての記事はこちらです。

 

 

 

スポンサーリンク

1月17日時点のGCR最新情報! 17日から19日に世界通貨の下落!

次は1月17日時点でのGCRの進展が掲載されています。

1月17日より、銀行両替センターは警戒態勢に入ったようです。

17日より19日にかけて、世界中の法定通貨の切替で下落が起きると言います。

その概要は以下です。

 

(以下 ジュディ・ノート1月18日版より 抜粋)

ジュディ ノート:グローバル通貨リセット

米国の債務への回答:

1 月 17 日、銀行両替センターは警戒態勢を維持しました。

香港と上海銀行 (HSBC) が償還プロセスを主導し、先週末、テンプル テキサスの米国財務省が多額の資金を移動させました。

Tier4b の交換/償還の予定を設定するための通知ウィンドウは、今から火曜日までいつでもありました。

1 月 31 日、ただし、MarkZ は通知が「いつでも」発生する可能性があると述べ、ブルースは、通知は今後数日以内に行われると主張しました。

1 月 17 日 Bruce:Tier 4b は、今後数日以内、おそらく明日の水曜日に、交換/引き換えの予約を設定するための通知を受け取ります。1月18日

1 月 17 日 MarkZ:リデンプション センターのスタッフは 1 時間アラートを出して待機していました。

2023 年 3 月は、世界 209 の主要国のすべての通貨を相互に 1 対 1 で交換する期限であり、この状況は最大5 年間続くと予想されています。

2023 年 5 月から 7 月 1 日の間に、 FedNow への統合が開始され、世界中のすべての銀行、市場、企業が新しいデジタル資産ベースの経済への統合を完了します

2023 年 1 月 17 日 ビッグ コール、ブルース: Thebigcall.net 667-770-1866 pin123456#

今夜の深夜から木曜日までの 36 時間以内に

朝、世界中の法定通貨のすべての通貨の価値が下落します。

これは、法定通貨の米ドルから、資産を担保とする USN への切り替えです。

今日、償還センターのスタッフは、午前8時から夜の10時まで入りました。これは、今後 10 ~ 12 日間、全国の引き換えセンターで同じスケジュールになります。

全米に 8 つの地域デジタル コール センターがありました。これらのデジタル コール センターは、昨日の午前 10 時にオープンしました。

Tier 4b は、今後数日以内、おそらく明日の水曜日に、交換/引き換えの予約を設定するための通知を受け取ります。1月18日

Wells Fargo から 800 番号のメールが届きます。

800 番号に電話すると、予約を希望する場所の郵便番号を入力するよう求められます。

通貨または Zim を引き換えるコール センターに接続されます。

10分以内に予約に着く必要があります。早い。

あなたが Zim の所有者であるか、シートの債券を引き換えている場合は、NDA に署名します。

通貨 のみをお持ちの場合は、NDA に署名する必要はありません。

北朝鮮とイランがBRICSコンソーシアムに参加しました。

(引用先:2023 年 1 月 18 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:今回の最大の情報は17日深夜から19日にかけて起きる法定通貨の下落です。

法定通貨の米ドルから、資産を担保とする USN への切り替えが行われれうようです。

着実にGCRは進展しており、7月1日にはデジタル通貨経済へ切り替えの完了だと言います。

 

スポンサーリンク

まとめ・・・米政府・債務超過でデフォルト危機とGCR1月19日世界通貨の下落!

米国政府は、バイデン大統領の政治的能力が問われます。

債務上限規制への対処をするために、下院議長マッカーシーとの交渉ができるのでしょうか?

MSMを通じて、国民は見ています。

バイデンスキャンダルの数々が取り上げらえて、いよいよ弾劾へと移行するのでしょうか?

17日から19日に、GCRへの切替も、米ドルがUSNのデジタル通貨へ移行しいて世界通貨が下落するというのです。

バイデンの弾劾、軍隊の出動、NESARAの公表へとなるのでしょうか?

1月20日まで注目の3日間です。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*GCRの関連記事はこちらです。

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました