WHOテドロス事務局長がインターポールに逮捕!真相は?

パンデミック

7月26日のバンクーバー・タイムズによると、世界保健機関(WHO)の現在の理事であるテドロス·アダノム·ゲブレイスがインターポールに逮捕され、人道に対する罪とジェノサイドの罪で刑務所に収容されているという。 

WHOテドロス事務局長は、7月24日に、サル痘の世界的な広がりを「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言したところでした。

WHOテドロス事務局長のサル痘非常事態宣言とは?

WHOテドロス事務局長逮捕の真相は?

インテル情報でのCovid19/サル痘/ワクチン情報

以上について紹介します。

 

WHOテドロス所長(右)と世界経済フォーラム・クラウス・シュワブ会長(左)

 

 

スポンサーリンク

WHOテドロス所長のサル痘非常事態宣言とは?

WHOのテドロス所長は、24日にサル痘緊急事態宣言を発令しました。

詳細は以下のとおりです。

(以下 ゼロヘッジ 7月24日版より 抜粋)

世界的な症例数が16,000を超え、米国が子供を含む最初の症例を記録した翌日、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエス所長は、

サル痘の世界的な広がりを「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言しました。 

ニューヨークタイムズ紙によると、アフリカ国外では現在16,000件以上のサル痘が発生しており、6月に顧問が会って正式に公衆衛生上の緊急事態を宣言しなかったときの約5倍に 相当します。

テドロスは、WHOの緊急委員会との話し合いの後で次のように述べました。

「私たちは、私たちがほとんど理解していない新しい感染様式を通じて、世界中に急速に広がっている発生を持っています」と、それが伝統的に発見されていないケースがますます発生していること、そして人間へのリスクが高まっていることを指摘します。

テドロス氏は、 「これらすべての理由から、世界的なサル痘の発生は国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態であると判断した」付け加えた

最初のヨーロッパの症例は、ほぼ独占的にゲイとバイセクシュアルの男性で発生し、保健当局は、病変が患者の性器に現れていると指摘しました。

現在の発生が性的接触のみによって広がっているかどうかは不明ですが、テドロスは 「これは男性とセックスをする男性、特に複数の性的パートナーを持つ男性に集中している発生です」と述べました。

(引用先:WHOのテドロスはサル痘「世界的な緊急事態」を宣言するために自身の委員会を却下します

*解説:WHOペドロス事務局長は、24日にサル痘が急激に拡大し16000件となり、緊急時宣言をしたという。

サル痘の発症は、ゲイの男性から発生しているとも発表しています。

緊急事態宣言をしない場合は5倍に広がると懸念を示しました。

急な発表でした。

インテル情報では、戒厳令発令へのトリガーの一つが、ワクチンの強制された時。という噂があります。

その為の、警戒的な発令なのかもしれません。

 

(NHKニュース記事 日本国内の報道は? )

「サル痘」について、山際新型コロナ対策担当大臣はNHKの日曜討論で「政府として今週早々にも会議を開いて、適切な対応ができるような体制を整えていきたい」と述べました。

 

スポンサーリンク

WHOテドロス所長逮捕の真相は?

次に驚きの、WHOテドロス事務局長の逮捕のニュースを紹介します。

おそらく、このニュースは26日未明の情報のようです。

カナダのバンクーバー・タイムズが伝えています。

(以下 バンクーバー・タイムズ 7月26日版より 抜粋)

世界保健機関(WHO)の現在の所長であるテドロス・アダノム・ゲブレイエスは、インターポールによって逮捕され、人道に対する罪と大量虐殺の罪で刑務所に入れられています。

これは、世界中の警察機関が、政治家、ビジネスマン、企業のリーダーを対象に、「計画」における役割と、不必要で致命的なワクチンを人口に押し付けることを目的とし始めたためです。

(人道に対する罪で逮捕されたWHO局長 テドロス・アダノム・ゲブレイエス現在の世界保健機関(WHO)の所長がインターポールに逮捕され、人道に対する罪と大量虐殺の罪で刑務所に入れられています。)

インターポールは最近、テドロスの逮捕状を発行しました。

彼は多額の現金と高価な宝石を持ってアフリカに逃げようとしている飛行機に捕らえられました。

彼は彼の犯罪の裁判に立つためにオランダに移送されています。

有罪判決を受けた場合、彼は死刑に直面します。

*テドロスは、危険でテストされていないCovid-19ワクチンを宣伝したため、以前に逮捕の呼びかけに直面していました。

世界中の何十万人もの人々がワクチンの結果として亡くなりました。

これはメディアが一般の人々から隠しているものです。

 

*テドロスは、多作な人権侵害者として知られています。

右派リバタリアンのジョン・ルディックは、テドロスの投獄を公に求めた多くの人々の1人です。

何百万人ものアフリカ人がすでにテドロスの監視下で亡くなっています。

 

*テドロスは、人道に対する罪で起訴されたWHOの最初のメンバーです。

死刑が科されていなくても、有罪判決を受けた場合、テドロスは終身刑に処せられる可能性があります。

 

Interpolのいくつかの情報筋によると、WEFの責任者であるKlaus Schwabは、大量殺戮(大量虐殺)と人道に対する罪について調査中です。シュワブは、起訴され有罪判決を受けた場合、死刑に直面します。)

*解説:インターポールによる逮捕の公表です。そして、世界経済フォーラムのシュワブ会長も逮捕されて捜査中とのことです。

25日以降に大きな変化が起きています。

これまで、米軍のインテル作戦での逮捕劇は、いずれも軍による逮捕でした。

ビル・ゲイツ、ファウチ博士が軍により逮捕され、軍事法廷にかけられての有罪となっています。

なぜ、インターポール(国際刑事警察機構)による逮捕なのでしょうか?

これは、表のメディアで公表されていくための逮捕であり、これから裁判となっていく可能性が高いです。

これらの、逮捕劇は依然、メジャーのメデイアは報道していないようです。

今後に注目です。

 

スポンサーリンク

インテル情報でのCovid19/サル痘/ワクチン情報

ジュディ・ノートによるCovid19、サル痘、ワクチン関連の情報を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート7月26日版より 抜粋)

Covid / Monkey Pox / Vax Hoax:

医師はこれまでに発言しますか?

Will physicians EVER speak out?
Or will they continue to shrug their shoulders and refuse to look at the data showing that these vaccines are the biggest scandal in medical history?

 

ビル・ディーグル博士は、バイオ医薬品の奴隷化を介して新世界秩序を10年前に予言しました。https://t.me/+TCBbRj5R8eNkNzZk

 

WHOのテドロスはサル痘の「グローバル緊急事態」を宣言するために独自の委員会を却下します:https ://www.zerohedge.com/medical/cases-top-16000-include-kids-who-declares-monkeypox-global-emergency

 

WHOは、「臨床試験」の一部であるサル痘ワクチンを入手したすべての人がデータを収集することを認めています:

https ://resistthemainstream.org/who-admits-everyone-who-gets-monkeypox-vaccine-part-of-clinical-trial-to-collect -data /?utm_source = telegram

 

これらのワクチン接種後の血栓は血栓ではありません

非常に奇妙なことが起こっています:https ://thevigilantfox.substack.com/p/these-post-vaccine-blood-clots-arent

(上記の記事内筆者引用)

自己組織化ワクチン血餅生体構造が血液から導電性金属を収穫–予備的なICP-MS分析結果が発表されました。

「人間の血液サンプルでは、​​マグネシウム(Mg)は35 ppmでしたが、血餅ではマグネシウムでした。わずか1.7ppmでした。同様に、人間の血液では、鉄(Fe)は462 ppmと測定されましたが、血餅では20.6ppmでした。」

 

英国政府は、ワクチンが二重ワクチン接種を受けた人々の自然な免疫システムに損傷を与えたことを認めています。

英国政府は、一度二重ワクチン接種を受けると、Covid変異体、またはおそらく他のウイルスに対する完全な自然免疫を獲得することは二度とできないことを認めています。

 

(引用先:2022年7月26日現在、GCRを介して共和国を復元

*解説:ジュディ・ノートでは26日、ワクチン接種者の血液の中に金属を検出した。

それも、通常の人の血液の20倍相当の量が公表されています。

ですから、ワクチン接種後にスプーンがくっつくという情報がSNSに投稿されていました。

謎が解明されていくようです。

イギリス政府が、ワクチンが人の免疫システムに損傷を与えるという発表をしたようです。

しかし、日本のメディアはその情報を流していません。

これも、おとり捜査なのでしょう。

これから、日本国内の逮捕者が分別されていくようです。

 

*ワクチン接種者の血栓の成分分析の記事は、以下の記事を参照してみてください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・WHOテドロス事務局長がインターポールに逮捕された!最新情報とは?

7月24日サル痘の緊急事態宣言から、26日の驚きの電光石火の逮捕劇です。

インターポールの逮捕・取り調べがどの様に公表されていくのか?

いよいよ、これらの逮捕劇を隠蔽して、各国の政府がワクチン接種の強制をしていくと、世界的な戒厳令の発令に繋がっていくでしょう。

GSR/RVの準備はできているようです。

世界的な金融危機がこれから起きてくるでしょう。

そして、グローバリスト政府の首長の辞任も進むことでしょう。

噂では、日本の岸田首相も辞任していく噂もあります。

今、日本のニュースは新型コロナ感染者の拡大、旧統一教会と政治家の関係の話題が多くなっています。

日本の宗教団体全体と政治家の繋がり、麻薬密輸などの関連にも拡大していくことでしょう。

真面目な日本人が、目を覚ますように、神様から気づきの訓練を受けているようです。

海外のニュースにも目を向けて、総合的に事実を読み取ることが必要ではないでしょうか?

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*米軍による軍事裁判の記事は↓をご視聴願います。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました