バイデン機密文書スキャンダル・QプランとGCR進展の最新情報!

GCR量子金融システム

1月13日のジュディ・ノートは、バイデン機密文書の発覚のスキャンダルが中心に掲載。

そして、Qプランの裏舞台の情報とグローバル通貨リセット進展情報。

バイデン機密文書スキャンダル関連情報

Qプランの舞台裏の真実とは?

GCRグローバル通貨リセット・イベント最新情報

以上について最新情報を整理して紹介します。

 

(以下 ジュディ・ノート1月13日版 ヘッドライン)

あなたが今アメリカの政治で

観察していたことはすべて
スクリプト化されています

それは世界を救う計画の一部です

(引用先:2023 年 1 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

*1月13日ジュディ・ノートの重点事項!

ジュディ・ノート:

1月12日バイデンを中国との違法取引に結びつける機密文書の複数の隠し場所が、バイデンの個人所有物で発見されました。

機密文書を購入するこの CCP の汚職は米国のエリート、政治家、および米国国務省の高官を脅迫するために機密文書を利用した中国 CCP インテリジェンスに関連していました。

CIAと国防総省は、米国市民、政治家、エリート、企業、企業を脅迫作戦に巻き込む力を与えました。

元 IRS エージェントは、米国の所得税は自発的なものであり、執行は違法であると打ち明けました。

金までに噂されていた。

1 月 20 日には、トランプ大統領、ロバート F. ケネディ Jr. 副大統領を擁する復興共和国を樹立することができました。

(引用先:2023 年 1 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

バイデン機密文書スキャンダル関連情報

まず、バイデンの個人事務所と自宅で機密文書が発見されたスキャンダルより紹介します。

1月12日、司法省のメリック・ガーランド司法長官は、ジョー・バイデンの機密文書の取り扱いを調査する特別弁護士としてロバート・ハーを指名しました。

アメリカでは大統領や副大統領は退任時に公務に関わる文書を国立公文書館に移して保存することが法律で定められていて、司法省が経緯などを調べています。

(以下 ジュディ・ノート1月13日版より 抜粋)

本当のニュース。2023 年 1 月 12 日:

トランプとエドワード・スノーデンは、バイデンの機密文書スキャンダルのタイミングに関して興味深い質問を提起します:

(記事の概要)

(UPenn Biden Center の バイデンのオフィスのクローゼットの中で見つかった数十の機密文書の最近の発見は、発見を「恥ずかしい」と呼ぶ CNN などのネットワークを持っています。

しかし、バイデン・ドク・スキャンダルの真っ只中のより大きな話は、レポートが一般に公開されるタイミングです。

文書は最初、中間選挙のわずか 6 日前の 11 月 2 日に発見されました。

文書を発見した後、バイデンの弁護士はそれらを国立公文書館に提出し、国立公文書館はその文書を司法省に引き渡し、司法省は月曜日まで問題を沈黙させた。)

 

AGガーランドは、バイデンの機密文書の調査を引き継ぐ特別弁護士を任命し、追加の文書が今朝発見されたと述べています:

 

カッシュ・パテル: 彼らは、ジョー・バイデンが「文書が不適切に保管されていた場所がもっとたくさんある」ことを発見するだろうと思う

(記事の概要)

元トランプ当局者のカッシュ・パテルは、今日の午後、FBNでラリー・クドローに加わり、ジョー・バイデンの秘密文書スキャンダルに関する最新ニュースについて話し合った。

今日、司法省のメリック・ガーランド司法長官は、ジョー・バイデンの機密文書の取り扱いを調査する特別弁護士としてロバート・ハーを指名しました。

カッシュ・パテルは、「ジョー・バイデンには文書が不適切に保管されていた場所が他にもたくさんあり、司法省はかなり前から知っていたことに気付くだろう」と予測しました。

カッシュは、ジョー・バイデンのデラウェアのガレージにあるようなこれらの文書の場所を「犯罪現場」と呼んでいます。)

 

バイデンはトップシークレット文書を違法に保管していた! 連邦捜査中、中国の裏切り者!? https://www.youtube.com/watch?v=b5oSdQ5oWtM

 

機密文書Biden STOLEがリリースされました!大統領職終了爆弾: 

The Classified Documents Biden STOLE Have Been RELEASED! Presidency-Ending BOMBSHELL
Will the FBI dig through Jill Biden's underwear drawer? Probably not, since that is disgusting and the FBI doesn't investigate Democrats, but new bombshell ...

ベニー・ショー:報告書は、ジョー・バイデンの誤って扱われた機密文書を明らかにする – マヨルカスに対して提出された弾劾の記事 – 下院共和党は、ディープステートとCCPを調査するためのパネルを設置するために投票します

(記事の概要)

(爆弾レポートは、ジョー・バイデンの誤って扱われた機密文書には、イラン、ウクライナに関連するインテルの資料が含まれていることを明らかにし、共和党はマヨルカス長官に対する弾劾の記事を提出し、共和党下院はディープステートと中国共産党を調査するためのパネルを設置することを投票しました。)

 

ハンター・バイデンの最近のデラウェア州運転免許証には、彼の現在の住居は「BARLEY MILL RD」と記載されています。

これは、ジョー・バイデンが盗まれた機密文書の山を保管していたのと同じ住所です。

単純なことです。中国共産党はペンシルバニア大学に 1 億ドル以上の寄付をしています。

UPENN に寄せられた海外からの寄付は、米国の他のどの大学よりも 400% 近く多くなっています。THE BIDEN CENTER はペンシルバニア大学にあります。

そして、バイデンとバイデン・センターのシンクタンク(オバマ大統領に関連して、ジョー・バイデンに代わって機密情報をCCPに販売したELITES。

機密文書を購入するというCCPの腐敗は、機密文書を利用して脅迫する中国CCPインテリジェンスに関連しています。

米国のエリート、政治家、米国政府の国務省の高官 機密情報を購入し、Microsoft に接続されている DARPA テクノロジを使用して、世界政府のサーバーとコンピューターへのバック チャネル ウィンドウを購入します。

ミューラー、ローゼンスタイン、セッションズはトランプによって指名された。

彼らは調査を行った。

メディアと左翼は、トランプを「追いかけている」という幻想の下で、これらのプレーヤーを崇拝するよう強要されました。

コンセプトはシンプルです。

左翼は、好きになるように条件付けられた人々からの衝撃的なニュースだけを信じます。

だから私たちは左派に悪いニュースを伝えることになる人々を好きになるよう条件付けている。※ガーランドステージ左から入場。

(引用先:2023 年 1 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:バイデンが隠した機密文書が発見されたのは、中間選挙の6日前の11月2日だった。

そして、司法省はその事を隠蔽したようです。

このニュースが公表されれれば、中間選挙は民主党は惨敗していたと言います。

さらに、その機密文書の保管されていた場所の一つは、バイデンの息子であるハンターの住所とも一致している。

オバマ政権時代に、機密文書の内容をCCP(中国共産党)に渡して、1億ドルもの寄付を受けていたなどの事実も判明した。

これは、弾劾に値する反逆罪です。

いよいよ、表のメデイアからもバイデン弾劾への動きが急加速していくようです。

 

* ハンター#Bidenの最近のデラウェア州運転免許証には、彼の現在の住居は「BARLEY MILL RD」と記載されています。

これは、ジョー・バイデンが盗まれた機密文書の山を保管していた住所と同じです。

 

スポンサーリンク

Qプランの舞台裏の真実とは?

次は、Qプランの裏舞台についての概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート1月13日版より 抜粋)

舞台裏:

トランプは、マッカーシーとディープ ステートの共和党員 (Rinos) を暴露するためにゲームをプレイしている。

トランプは、CIA、ペンタゴン、FBI、DOJ の巨大な暴露が来ることを知っています。

これは、リークが続く中、国防総省が混乱状態にあることからすでに始まっています。

国防総省は、CDC、フォーチ、ダザックとのつながりにより、2012年から2013年のCovid-19ウイルス生物兵器とワクチンの作成と資金提供に深く関与しています。

それはすべて戦争、マネーロンダリング、および米軍産業戦争複合体の悪魔的システムに関連しています。

あなたは、世界軍事複合システムとディープステートの暴露に関連する非常に複雑な計画を見ていました。

– 米国が外国の国内作戦によって捕獲されていることを暴露することを含む計画.

すべてが、DARPA、ペンタゴン、CIA、FISA (米国外国情報監視裁判所)の暴露につながっています。

この裁判所はDARPA (CIA、ペンタゴン、FISA を管理している) によって運営されています。

彼らは、独自の FISC 法廷を開催することで、議会、米国の裁判所、および政府の 3 つの部門を不法に迂回するディープ ステート ミリタリー インテリジェンスに権力を与えています。

この手順により、CIA とペンタゴンは、米国市民、政治家、エリート、企業、および企業を脅迫作戦に巻き込むことができます。

彼らは世界中で軍事クーデターを引き起こし、FISA を使用して米国の選挙で外国の干渉を実行するなど、国や政府を倒します。

ホワイトハットが、FISA(外国情報監視法)ディープステートペンタゴン政権を暴露するにつれて、ペンタゴンでパニックが発生します。

(引用先:2023 年 1 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:Qプランでは、1月は暴露の月とも言われていました。

バイデン不正、民主党の不正、共和党内のRinoの不正、CIA・FBI・FEMAの犯罪などが暴露されて、国防省(ペンタゴン)でパニックが起きるようです。

DSの大量逮捕に期待したいですね。

 

スポンサーリンク

GCRグローバル通貨リセット・イベント最新情報

GCRは、1月15日にTier5(一般)への資金流動準備への期限だと言われています。

イベントカレンダーでは、1月10日より預金の引き出しが出来ないという報告も出ています。

その概要を紹介します。

(以下 ジュディ・ノート1月13日版より 抜粋)

グローバル通貨のリセット:

1月11日午後7時49分 テキサススネーク: 「水曜日の時点で。1 月 11 日、すべての Banker Exchange Center は警戒態勢にありました。」

1 月 12 日 MarkZ:私の銀行の情報筋によると、今夜は可能性が高いとのことです。…F&P の引き渡しが今週末に行われるという噂がありますが、資産担保金で行われます。

…クジラ、ペイマスター、グループからの NDA に関する動きが引き続き見られます。

…Tier4B の通知ウィンドウは今から火まででした。1月31日

…Powers That Beは私たちに日付を知らせたくありません。

ハイアップコンタクト:日。2023 年 1 月 15 日は、レベル 5 の一般市民を含むすべてのレベルが完全にロードされ、資金を分散する準備ができている期限でした。

High Up Contact: 2023 年 3 月は、世界のすべての国の通貨が 1 対 1 で交換される期限でした。この状況は最大5 年間続くと予想されます。

イベントカレンダー:

1 月 9 日:新しい金/資産担保のグローバル通貨リセット (GCR) が発生しましたが、資産担保のない暗号市場は暴落しました。

流動性は GCR の上位 Tier で始まり、大量の資金が移動し、多くのテスト支払いが行われました。

1 月 10 日、ヨーロッパで休暇中のアメリカ人は、アメリカの銀行から現金を引き出すことができないと報告しました。

これらの米国の銀行の資金は資産担保型ではなく、バーゼル 3 コンプライアンスでは、約 50% の銀行が他の銀行との統合または閉鎖のプロセスを開始しました。

その同じ火曜日に。下院共和党は、IRS を廃止し、国民所得税を廃止し、国民消費税に置き換える法案を提出しました (NESARA 法の実施?)

(引用先:2023 年 1 月 13 日の時点で GCR を介して共和国を復元

*解説:イベントカレンダーによると、1月9日にはGCRは開始された。金資産担保のない暗号資産は暴落。大量の資金がテスト支払いしたと言います。

1月10日から、資金を引き出せない報告も出始めたと言います。

下院議会は、IRSの廃止、所得税を廃止して消費税に置き換える法案を提出した。

これは、NESARAを示す税制措置が表に出たという事です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・バイデン機密文書スキャンダル・QプランとGCR進展の最新情報!

1月から大きくDS・グローバリストの政府組織とバイデン政権の暴露が始まりました。

バイデンの機密文書の自宅保管は違法です。

トランプ大統領のマー・ア・ラゴを家宅捜査させた理由が分かりました。

バイデン事務所や自宅も家宅捜査がさらに進むことになります。

MSM(主流メデイア)も一斉に報道を開始しています。

この暴露で、多くのアメリカ人がDSや民主党の犯罪に気付くことに期待したいですね。

米国で起きていることが、世界中で起きているというように拡散されていきます。

そして、各国の国民の意識が一定のレベルに達した時に、軍が出動して、行政・立法・司法の腐敗を報じて軍事的な措置を公表をする時になるのでしょう

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*ネサラ・ゲサラについて、まだ、良くわからないという方には↓の記事をお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました