ファウチ軍事裁判・絞首刑が執行された!最期の言葉「科学は普遍」

パンデミック

4月25日の朝9時15分ファウチの死刑は予定より1日早く執行された。

早まった理由は明かされていない。

反逆罪、殺人、殺人未遂、殺人未遂、子供に対する性犯罪で有罪判決を受けていた。

ファウチは、最後までオバマが助けてくれると本気で信じていたようである。

ファウチの死刑台に登るまでの様子とは?

ファウチの最期の言葉を紹介します。

 

引用先は、REAL RAW NEWS(RRN)4月26日版より

GITMOダブルヘッダーの処刑:アンソニー・ファウチ&ロレッタ・リンチ

によると

 

スポンサーリンク

ファウチ処刑・最期の朝!オバマが助けに来る!

RRNによると、4月25日の朝、1日早い処刑が決まった。

その日は、もうひとりの処刑者もいて、ファウチは2番目に行われた。

最後のファウチの様子を紹介します。

(RRN 4月25日版より抜粋)

GITMOの警備員がファウチを起こして最後の食事が欲しいかどうか尋ねた2時間後の午前8時に始まりました。

困惑したファウチは呆然としているようで、彼の監獄にこう言ったと言われています。

オバマはまだ電話するかもしれない。」

RRNによってレビューされたJAG覚書によると、ファウチは、オバマがGITMOに電話をかけ、死刑執行の停止を認めるか、または彼に対する軍事委員会の判決に取って代わる権限を持っていると心から信じていました。

オバマが電話をかけないだろうと言われたとき、絶望的で好戦的なフォーチは、彼の無実を宣言し始め、空中に叫び、彼のパチパチという声が彼のキャンプデルタ拘留室の壁に響き渡った。

「あなたは私にこれをすることはできません。私はファウチ博士です」と彼は叫んだ。

*解説:ファウチは、妄想の中で生きているかのようです。

私はファウチ博士だ!という言葉が物語っています。

圧倒的な権力を保持して来た者としか言いようのない人物である。そして、最後までオバマが助けてくれると信じていたようである。

オバマが来ない。と知らされた時には感情だけが爆発するような叫びを上げたようである。

そして、絞首刑台に送られてからの最期の言葉を紹介します。

 

(2015年の中国・武漢研究所を訪れるオバマとファウチ)

 

スポンサーリンク

ファウチの最期の言葉とは!

午前9時過ぎに、ファウチはトランプ大統領とランド・ポール上院議員につて叫びながら死刑台にたどり着いた。

(以下 RRN 4月25日版より抜粋)

武装した警備の下で、彼はハマーから厄介な性向で現れ、ドナルド・J・トランプとランド・ポール上院議員について叫び、軍事法廷の憲法上の違法性を嘆きました。

彼の暗い大君主が奇跡的に現れることを期待しているかのように、これはオバマとオバマでした。

M18ピストルの銃身が背中にしっかりと押し付けられているのを感じたとき、彼はクランダル中将に猥褻な言葉を投げかけていました。

ピストルを持っている海兵隊員は、ファウチにプラットホームへの階段を上るように命じました。

そこで、チャプレン・ドーグステは最後の典礼を提供しましたが、ファウチはそれを拒否しました。

「F***あなたとあなたの儀式」とフォーチは言った。

「反逆罪、殺人、殺人未遂、殺人未遂の罪で有罪判決を受けたアンソニー・スティーブン・フォーチ、そしてあなたは野郎、子供に対する性犯罪、あなたは死ぬまで首にぶら下がることを宣告されました。最後の言葉はありますか?クランダル副提督が声をかけた。

絞首刑執行人はファウチのやせこけた首に縄をかけていました。

 

「私が科学を信じているので、あなたは私を殺している」とファウチは叫んだ。

「科学を理解している人は誰もいません。もしあなたが理解していれば、今すぐ私を解放するでしょう。科学は不変です—」

 

「ファウチ、科学を理解するのを手伝いましょう」とクランダル中将は割り込んだ。「科学には重力と呼ばれるものがあります。それは避けられないことです。見せてあげましょう。」

 

ファウチの足元のドアが開き、彼は死ぬまで落ち、首がパチンと鳴る一瞬前にうがいをした。

彼は死んだと宣言され、ポリウレタンバッグに詰め込まれました。

*解説:ファウチは最後まで論理的な会話でなく、ただ、自分が正しい。トランプが間違っている。

という、自分を正当化する態度と言動に徹していた。

Covid19、ワクチンによる殺人を兵器で行える人物である。

自分の判断と行動に泥酔し、オバマを心から信頼していたようである。

更生の余地は微塵もない思考である。

死を持って償うしかない人物であった。

こうして、Covid19、ワクチンを推進してきた第一人者の裁判が集結したのである。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ファウチ軍事裁判・絞首刑が執行された!最期の言葉「科学は普遍」

40年もの間、ファウチは米国・国立アレルギー感染症研究所の第一人者として君臨してきた。

そして、人工削減計画のウイルスによる計画を実行してきた。

どれほど多くの人が命を落としたことでしょう。

1億、いや、これからも出る犠牲者を含めば10億に及ぶのかもしれません。

史上最大の犯罪であると思います。

今は、この情報も表のメディアでは全く流されていません。

早く、この事実が公表されることと、ワクチンによる副反応で苦しむ人を救う方法が導き出されることを祈るばかりです。

最後までご視聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

*ファウチの軍事裁判1,2日目の記事に興味ある方は↓を参照願います。

 

 

 

 

その他の軍事裁判は下の軍事裁判をタップしてご視聴願います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました