グローバリストの崩壊が加速!6月バイデン政権解任しトランプ復帰へ!

トランプ大統領

5月31日、バイデン大統領の支持率が20%と低下する中、多くの変化が生まれています。

グローバリストによる食料危機を誘発する事件が相次いでいる。

そして、偽バイデン政権の崩壊につながるニュースも飛び込んできた。

Amazonの創業者・ジェフ・ぺゾス氏がホワイトハット(地球同盟)に参加するという情報。

さらに、世界経済フォーラム(ダボス会議)とWHO(世界保健機関)が完全に崩壊したという。

いよいよ、6月にバイデン政権の解任とトランプ大統領の復活に向けた、大きな変化が起きる流れになってきています。

グローバリストによる食糧危機の事件とは?

ジェフ・ペゾフ氏の地球同盟参加について

世界経済フォーラム・WHOの崩壊とは?

最新情報を集約して紹介します。

 

5月31日のトランプ前大統領メッセージ

ドナルドJ.トランプ大統領:

「ハッピーメモリアルデー!

神は、私たちの国を築き上げ、

今や救うために一生懸命戦って働いたすべての人々を祝福してください。

多くの勇敢で美しい魂は、究極の犠牲を払うことをいとわなかった。

あなたはすべてのアメリカ人、そして世界の多くの人々から大切にされ、

愛され、尊敬されていることを知ってください。

私たちはあなたと一緒にいて、

常にあなたとあなたがアメリカを素晴らしいものにするために

したすべてのことを考えています!」

(引用先:ジュディ・ノート 5月31日版より

2022年5月31日現在、GCRを介して共和国を復元

 

スポンサーリンク

グローバリストによる食糧危機の事件とは?

5月31日のジュディノートでは、グローバリストによる食糧危機誘発の事件が紹介されています。

中央銀行が解体されて、資金の流れが止まり、グローバリストたちは世界を危機的状況へと誘発しているようです。

行き場が封鎖された、最後の行動のようです。

その概要をジュディノートの記述より紹介します。

(以下 ジュディ・ノートより抜粋)

ジュディ・メモ:

すべての国のディープステートは現在、パニックモードになっています。

ある種の電力グリッドのシャットダウンの準備をする必要がありますか?

いいえ。電力グリッド攻撃(6か月の準備)の報告は無視する必要があります。攻撃は発生しますが、「ブラックアイ」で守られています…Q

グローバリストによって引き起こされる、世界中で続くであろう食糧不足に備えてください。

ちょうど過去1週間以内に、米国の少なくとも16の主要な食料生産工場が火事で破壊されました。

*解説:上記のとおり、世界中のグローバリストがパニックに陥っているとのこと。

朗報は、心配されていた電力網の破棄による、停電の心配はないとのことです。

それよりも、食糧危機に備えてくださいとのことです。

具体的な事件を次に紹介します。

(以下 ジュディ・ノート5月31日版より 抜粋)

グローバリストが引き起こした世界的な食料、燃料、商品の不足:

オランダ:明日からオランダへのガス供給を停止するロシアのガスプロム

オランダ政府の支援を受けたガステラは、モスクワの「ルーブルでの支払い」計画を拒否した。

ミネソタ州:週末に、ハワードレイクのフォースマンファームで1日あたり300万個の卵で殺された数万羽の鶏がいる納屋が大規模な炎で焼失しました。

ドイツのインフレ率は上昇を続けており5月には60年ぶりの最高値である7.9%に急上昇した、と連邦統計局は当初の見積もりで報告しました。

ガス価格の高騰によって破壊された世界中の世帯:https ://www.zerohedge.com/commodities/households-worldwide-financially-devastated-soaring-gas-prices

FDA、CDCが果物に関連している可能性のあるA型肝炎の17症例を調査:https ://resistthemainstream.org/fda-cdc-investigating-17-cases-of-hepatitis-a-potentially-linked-to-fruit/?utm_source = telegram

カナダのオンタリオ州キングストンの粉ミルク工場(FIAHA?)は、すべての粉ミルクを中国に出荷するために2億2500万ドルを与えられました。

テキサスは96度の気象電力危機に直面しているため、1日あたり300万ガロンの石油を処理できるテキサスタイラー製油所が閉鎖されました。

JIFピーナッツバターのリコールは、フルーツカップ、リースカップ、リンゴスライス、セロリ、サーモン、チョコレートなどに拡大しました。

FDAのWebサイトで調べてください。

食糧不足がより明らかになるにつれて、リストはどんどん増えていきます。FDAは、数十億ポンドの食料を回収し、それを捨てるだけです。

 

2022年の初め以来、

米国の主要な食品産業施設で16件の大規模な火災が発生しています。

#1 カリフォルニア州サリナステイラーファームの近くに煙が落ち着く中、ビジネスの将来とアボットストリートの施設で約1,000人が雇用されているかどうかについては疑問が残ります。消防副長官のサム・クレメック氏によると、水曜日の夜の炎によって引き起こされた火災と煙による被害のため、処理施設にはほとんど何も残っていません。「建物の約85%から95%が全損です」と彼は言いました。

#2 オレゴン州ハーミストン近くの住民が避難の可能性を警戒している食品加工施設で爆発が発生した後、複数の労働者が入院しました。爆発は火曜日の夜、オレゴン州東部の農業が盛んな都市、ハーミストンのシアラーズフーズで発生しました。爆風による死亡は報告されていませんが、植物への被害の程度とその将来は明らかではありませんでした。市当局は、火災が地域社会と地域経済にどのような影響を与える可能性があるかを懸念しています。

#3 ニューハンプシャー州コンウェイ月曜日の夜にコンウェイで約16時間火災が発生したため、近所の人たちが団結して乗組員を支援しました。12以上の部門と機関が協力して、イーストコンウェイビーフとポークで火を消しました。

#4 テキサス州サンファン 2022年3月31日、建物火災により、テキサス州南部で最大の新鮮なタマネギの梱包施設の大部分が重大な被害を受けました。

#5 アーカンソー州ジョーンズボロ「ジョーンズボロ工場の状況は管理されており、火災の原因を調査しています」とネスレの広報担当者は述べています。「ありがたいことに、負傷した従業員はいませんでした。全員が安全です。ジョーンズボロ消防署と緊急対応チームの迅速な対応に感謝します。損傷を評価し、工場を完全に稼働させるため、工場は閉鎖されたままになります。この間、従業員を財政的に支援し続ける予定です。」ネスレは2002年に工場を開設し、2020年12月に、90,000平方フィートの追加や、ホットポケット冷凍サンドイッチの新しい生産ラインなど、冷凍食品工場を拡張するために1億ドル以上を投資する計画を発表しました。ホットポケットに加えて、ネスレは工場でストーファーズ、リーンキュイジーヌ、ディジョルノ、トゥームストーン、スウィートアースのブランドで製品を製造しています。

#6ウィスコンシン州モーストン 2月2〜3日の夜間火災で、モーストンのウィスコンシン川の肉の一部が焼失し、火災の原因はまだ調査中です。「プラントの古い部分は完全に失われています」ウィスコンシン川肉は火事についてFacebookの投稿で言った。「何卒よろしくお願いいたします。火災の原因を特定し、事業の一部を移行して倉庫に請求するための時間を取ってください。」

#7 イリノイ州フェイエットビル Deli Star Corp.のセントルイスイノベーションセンターのコマンドセンターと呼ばれる会社の役人から運営されているSiegelの家族主導の運営および経営陣は、顧客の注文を処理するために1週間を費やしました。地元当局と協力して、南東約40マイルのフェイエットビルにある75,000平方フィートの加工工場を破壊した1月11日の火災を調査しました。

#8 メイン州ベルファストいくつかの町の消防隊がベルファストのペノブスコットマックラムジャガイモ加工工場で火事と戦っています。メイン州公共安全局のスポークスマン、シャノン・モス氏によると、乗組員は午前3時30分頃にピアスストリート28番地で現場に呼ばれた。

#9 カンザス州レオティ火曜日の午後、カンザス州西部の肥料会社で火災が発生し、危険物が関係していたため、避難が促されたと当局者は述べた。フォード郡地域危険物チームは火災のためにレオティに配備され、炎と戦い、危険物を除去していたとウィチタ郡書記のリンダ・グッドリッチ氏は語った。

#10 インディアナ州クレイプールルイ・ドレフス・カンパニー(LDC)は水曜日、インディアナ州クレイプールの大豆加工工場とバイオディーゼル工場のバッグハウスで火災が発生し、影響を受けたシステムが停止したと語った。LDCは声明のなかで、従業員は負傷せず、火曜日の中部標準時午後9時15分までに消火されたと述べた。LDCのウェブサイトによると、水曜日に工場で大豆の配達が停止された。LDCによると、クレイプールは米国で最大の完全に統合された大豆加工およびバイオディーゼルプラントです。

#11 ノースカロライナ州ウィンストンセーラムノースカロライナ州の肥料工場での制御不能な火災により、火曜日に大爆発の危険性があるため消防士が立ち止まったため、何千人もの人々が避難を余儀なくされました。当局は近所を車で通り抜け、ドアをノックして、月曜日の夜に火事が始まったウィンストンセーラムの北側にあるウィンストンウィーバーカンパニーの肥料工場から半径1.6 km(1マイル)以内に立ち去るよう住民に求めました。一晩中、明るいオレンジ色の炎と濃い煙が空に向かって発射されているのが見えました。怪我は報告されていません。

#12 ワシントン州サニーサイド月曜日の午後1時過ぎ、ミッドベールロード1101のニュートリエンAgソリューションで、くすぶっている硫黄の山がすぐに猛威を振るう化学火災になりました。アンダーソン氏によると、火災によりサニーサイド港の肥料貯蔵施設の南東隅にある貯蔵棟が1つ破壊され、他の建物が損傷したが、隣接するニュートリエンの建物と有害化学物質を含む貯蔵タンクは免れた。

#13 ルイジアナ州レコンプト:ルイジアナ州レコンプトのカーギル-ヌトレナ飼料工場で木曜日の朝の早い時間に火災が発生し、12時間燃えた、と地元のテレビニュース局KALBが報道した。伝えられるところによると、消防士が現場で働いていたときに爆発が起こった。

#14 アリゾナ州マリコパ火災で約50,000ポンドの食料が破壊された後、マリコパフードパントリーが回復するまでには長い道のりがあります。火事は、月曜日の朝にフードバンクが閉鎖されてからわずか15分後に発生しました。24時間後もまだ瓦礫から煙が出ていました。「それは空中で40-50フィートでなければならず、純粋な黒い煙だけでした。それカナダでもは近所全体を飲み込んだ」とマリコパフードパントリーのマイクコネリー社長は語った。「コーナーで感じることができる暑さ。」

#15 オレゴン州ドゥーファーオーガニックで健康的な食品の国内有数の独立販売業者であるAzure Standardの本社は、一晩で火事で破壊されました。怪我はありませんでした。火災の原因は不明であり、調査中です。施設の喪失と全社的な事業への影響は評価されており、限定的かつ一時的なものと予想されています。他のAzureStandard機能は影響を受けませんでした。

#16 インディアナ州プランフィールド ATFの国家対応チームの調査員は、金曜日にプレインフィールドのウォルマート食品製造施設での大規模な火災の現場調査を開始しました。

*解説:食糧危機の事件はアメリカ国内だけでなく、オランダ、カナダでも発生し、ドイツのインフレが約8%もの上昇しているという。

異常なのは、アメリカで起きている食料品工場の相次ぐ火災が数か月の間に16件も起きていることです。

今後、波及して世界中が食糧危機になるようです。

できる範囲での、備蓄はしておいた方がよさそうな雰囲気です。

 

*米国・食料品加工所の火災の記事については↓を参照願います。

 

スポンサーリンク

ジェフ・ペゾフ氏の地球同盟参加・世界経済フォーラム・WHOの崩壊とは?

5月30日のベンジャミン・フルホード氏のレポートにより、詳しく紹介されています。

そして、31日のジュディ・ノートでも取り上げられました。

(以下 ジュディ・ノート5月31日版より 抜粋)

本日公開されたベンジャミンフルフォードの最新作はスイスの最近のWEFとWHOのコンファブが、世界のイベントを必死の手段でNWO(ニューワールドオーダー=人口削減計画)ハンガーゲームのタイムラインに戻すように設計されており、彼らがふさわしい巨大なベリーフロップであったという朗報を伝えています。

関連する逮捕の報告が現実のものであるかどうかにかかわらず、カバルの崩壊プロセスが勢いを増すにつれて、そのような線に沿ったものは避けられません。

ジェフ・ベゾスに関するフルフォードの報道は真実なら注目に値する。

ベゾスは、偽の気候変動封鎖計画を含む、これまでのすべてのトップハンガーゲームプロジェクトに気を配っています。

カバールが負けたことは明らかであり、彼とビリオネアのクラスは一般的に「勝者」と絶えず一致したいと思っているので、彼が顔を合わせていると信じることは信頼できます。

次に、ベンジャミン・フルホード氏の5月30日のレポートより重要な部分を抜粋して紹介します。

ベゾスの保釈で崩壊する偽バイデン政権 - 2022.5.30 ベンジャミン・フルフォード –

 

CIA筋によると、その主な後援者の1人であるジェフ・ベゾスが救済し、地球同盟に加わったため、偽のバイデン政権の終わりが近づいています。

これは、彼のワシントンポストのマウスピースが真実を報告したときに示されました。

もう一つは、先週スイスで開催されたダボス会議とその姉妹組織である世界保健機関(WHO)が完全に崩壊したことである。

WHOは75周年を記念して、そのトップに世界各国政府に対する絶対的な独裁権を与える勝利の祝典を行う予定であった。

モサド筋によれば、WHOの幹部職員は生物兵器をばらまいた罪で逮捕された。

CIAの情報筋によれば、ダボス会議に出席したワクチン推進者たちにも同じことが起こったという。

誰が敗北しているのか見てみよう。

左側は、世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブ。

右は彼の父親で、ヒトラーの親しい友人であり、実業家でファシストの「オイゲン・シュワブ」(ロスチャイルドと結婚した)制服姿。

 

画像

 

シュワブ氏はWEFで「未来は私たちによって、ここにいる皆さんのようなパワフルなコミュニティによって築かれる」と豪語していた。

そして、ロスチャイルドのプロパガンダ報道ネットワークであるブルームバーグは、再びジョージ・ソロスのCGI/アバターを制作して、ウクライナ戦争で「文明が生き残れないかもしれない」と警告することで貢献した。

https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/05/fake-soros.mp4

 

彼の真意は、人類を奴隷化するKM(ハザールマフィア)プロジェクトが崩壊しつつあるため、「人類の家畜化は生き残れないかもしれない」ということだった。

 

このダボス会議の茶番劇が行われている間に、第二次世界大戦で米軍が勝ち取ったアジアの支配線を主張するために、偽バイデンが日本と韓国に連れてこられた。

しかし、インドが中国とロシアに対する軍事同盟に参加することを拒否したため、この旅は失敗となった。

インドのナレンドラ・モディ首相に近い情報筋によると…

(筆者注釈:バイデンDSは、ロシア・中国 VS アメリカ同盟(韓国・日本・オーストラリア・インド)を画策していた。)

*解説:バイデン政権の有力な支援者であるビリオネアのジェフ・ぺゾフ氏が地球同盟(ホワイトハット)に協力することは、経済的な支援が立たれることを意味します。

先日、世界一の富豪家のイーロン・マスク氏も民主党員でしたが、今年の11月の中間選挙より共和党を支援することを公表しています。

驚きは、世界経済フォーラム・WHOのNWOを推進する上層部が逮捕されたという情報です。

これから、パンデミックに関する流れが大きく変化してくるのではないでしょうか?

(世界経済フォーラムのシュワブ氏・司法取引したようです)

世界経済フォーラムのシュワブ氏

 

(イーロン・マスク氏 共和党を宣言)

一体いつ
トランプは戻ってくるの?
この役は苦手なんだよ・・・mintさんのテレグラムより

 

スポンサーリンク

まとめ・・・グローバリストの崩壊が加速!6月バイデン政権解任しトランプ復帰へ!

5月25日より、流れが一気にホワイトハット側に流れています。

5月17日のアメリカ共和国の復興イベントが大きな転換点となっているようです。

6月は4日から6日くらいに、ロンドン橋作戦が行われる噂があります。

エリザベス女王の死去のイベントは10日間ほど行われれるようです。

世界はその関連のニュースで溢れかえるはずです。

その間に、世界中の通信に関するすべてのサーバーをスターリンクへ切り替える作業が加速していくでしょう。

私たちは、食糧危機への備えが必要です。

バイデン大統領辞任の情報が流れたら即、食料の備蓄をしておきましょう。

戒厳令が世界中に発動されて、緊急放送は10日間続くと言われます。

その間に、グローバリストとみなされる人たちは日本でも数十万人が逮捕されていくのです。

身近な人が一旦姿を消すことになります。

尋問で罪を認めて、これからのGESARA法に遵守する誓約ができれば解放されるかもしれません。

一旦、米軍の基地に収監されていくのではないでしょうか?

6月は大きな転換の月となるようです。

日本は参院選を7月10日又は17日の投票で調整してますができるのでしょうか?

今後に注目ですね。

最後までご視聴ありがとうございました。m(__)m

 

*EBS世界緊急放送・10日間の闇の備え方の記事はこちらを参照願います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました