5月27日・第3次世界大戦へのシナリオとは?核の恐怖が迫る!

デクラス 機密解除

ホワイトハットの情報では、GESARA/NESARAを公表する前段階として、世界的に流される緊急放送を国民が納得できるだけの事実と根拠が必要であった。

そして、世界的な戒厳令発動の為のトリガーとして、核戦争を想定した第3次世界大戦の危機的状況が必要ということである。

5月27日のジュディ・ノートにて第3次世界大戦のイベントのシナリオが公表されました。これも、大きなデクラス(機密解除)です。

さらに、中国軍が台湾進攻に向けた軍事配備する計画がリーク。

第3次世界大戦のイベントのシナリオとは?

中国が台湾進攻を準備する情報とは?

今回は軍事的な観点からの情報を紹介します。

ジュディメモ:

差し迫った第三次世界大戦の核恐怖イベント

大規模なサイバー攻撃に備える

緊急放送システムを考えてください。

引用先: 2022年5月27日現在、GCRを介して共和国を復元

 

(世界の富豪・ジョージ・ソロス氏が第3次世界大戦を警告した!)

 

スポンサーリンク

第3次世界大戦のイベントのシナリオとは?

5月17日アメリカ合衆国が崩壊し、アメリカ共和国が復興した。

まもなく、アメリカは2020年大統領選挙の外国勢力と民主党、メディアによる不正が立証されて、最高裁判所が覆す準備が整いつつある。

GCRグローバル通貨リセットも6月1日にTier4B交換/償還を開始するという。

世界的な戒厳令を発令するには、世界的な軍事的脅威の状態が必要です。

その為のシナリオが公表されました。

(以下 ジュデイノート5月27日版より 抜粋)

今後の世界大戦核恐怖イベント、Qストームライダー:

米国は、世界大戦のように見える出来事、つまり核のスタンドオフを引き起こす出来事で、中国とロシアと対決します。

イスラエルには40発以上の核弾頭があることが確認されています。

イランにはブラックマーケットからのいくつかがあり、主要国の大多数には数千があります。

私たちは核の絶滅の危機に瀕していましたが、最終的にはすべてがうまくいくでしょう。

トランプ、プーチン、シー、モディ、ビンサルマンが一緒に働いていたのには理由がありました。

彼らは、核の前線で大きなことが起こらないことを保証しました。

恐怖イベントの理由がありました。

私たちはすでにマスメディアの誤報、食糧とガスの不足、言論の自由への攻撃、憲法修正第1条の権利との戦争に巻き込まれていました。

多くの人がワクチンを暴露するために戦っていました。

偽のパンデミックとグローバリストWHOは生物兵器を解き放ち、病原体を作り出しました。

(筆者注釈:Covid19とワク○ン、これからサル痘の脅威を流すことを指す)

 

現在、中東からロシア、中国、アフリカの軍事クーデターに至るまで、世界中で多くの戦争が行われています。

市場が崩壊し、アンティファが夏に向けて都市を燃やす準備が整い、電力網がダウンし、銀行が閉鎖され、食料棚が空になると、すべてのイベントが暴動に発展します。

 

強い愛国者/アノン/自由の闘士になりましょう。

あなたはそれらが起こるずっと前にこれらの出来事について警告されました。

あなたはまだ食べ物、商品、そして自己安全を準備する時間があります。

 

私たちは、世界中のディープステートカバルが最後のカードを必死にプレイしようとしているところに到達しました:創造戦争、新しいパンデミック、そして自由に対する世界法。

羊が眠り続け、モッキンバード作戦の夢の中で失われたディープステート作戦の民兵になるにつれて、市民の不安は拡大し続けるでしょう。

結局、軍隊が唯一の方法です。

すべてが終わったら…。人間は再び新鮮できれいな食べ物を育てることを学びます。

現在、上院、議会、および米国企業のトランプとホワイトハットは、米国の敷地内で数万トンの肥料を引き出す計画をまとめていました。

モンサントのような主要な米国のディープステート企業による食品の中毒が暴露されます。

食品業界の中毒は暴露され、陰謀団ディープステートシャドウ政府につながります。

破壊された食品倉庫と全焼した企業のうちの3つは、ホワイトハットオペレーションズでした。食品には、バイオテクノロジーに関連するナノテクのいくつかの中毒剤/酸化グラフェンバッチが含まれていました。

(筆者注釈:米国で数か月で食品倉庫が火災となった。これはホワイトハット側の毒物壊滅が含まれている)

*解説:ウクライナ紛争が長引いているが、これから、ロシアと中国とアメリカを巻き込んだ核戦争への脅威へと進むという。

しかし、これは、ホワイトハット軍が連携して、コントロールしているという。

最後はイスラエル。という情報もありましたから、イスラエルがこれから核危機に参加してくるかもしれません。

今の段階で、戒厳令を発動し、緊急放送を世界で流しても、一般の人はトランプとQアライアンスの陰謀ではないか?という人も多くいるということです。

そして、残されたDS勢力が暴動を起こす可能性が高いということから、危機的状況を作りながら、DS・カバル・CCPに加担する勢力を炙り出して逮捕できる証拠を作り出しているようです。

戒厳令が出される期間、世界中で大量逮捕が起きるのは暴動を阻止する目的があると思われます。

もう少し、核戦争への危機的状況への発展が続くようです。

 

スポンサーリンク

中国が台湾進攻を準備する情報とは?

ジュディノートの中で、中国軍による台湾進攻の目立たない記述がありましたので紹介します。

(以下 ジュディノート5月27日版より 抜粋)

戦争と戦争の噂:

伝えられるところによると、中国共産党のトップブラスは、リークされたオーディオクリップによると、台湾侵攻の軍事計画について話し合った。ibtimes.com/140000-兵士

 

 

上のURLの記事から、ソース元の記事がありますので、さらに詳しく紹介します。

(引用先:インターナショナル・ビジネス・タイムズ)

「140,000人の兵士と953隻の船」:リークされたオーディオクリップは、台湾を侵略する中国の計画を明らかにします

MeeraSuresh 著 2022年5月24日22:23

中国共産党のトップブラスが台湾侵攻の軍事計画について話し合っているとされるリークされたオーディオクリップは、オンラインで論争を引き起こしました。

インドのメディアによると、57分間のリークされたクリップは、伝えられるところによると、中国軍の真鍮の集まりの史上初の記録です。

ニューデリーを拠点とするニュースメディアであるTheTimesOf Indiaは、 LudeMediaのYouTubeチャンネルに投稿されたオーディオクリップの専門家による分析は本物のようだと報じ ています。

バイラルオーディオクリップは、中国生まれの人権活動家であるジェニファー・ゼンがツイッターで共有したものでもあります。

Zengはまた 、彼女のWebサイトでトランスクリプトを 公開 しました。

 

(翻訳:エクスクルーシブ!爆発物!読んで共有してください! 私はすべてをやりました! #CCP#PLAの南戦争地帯と#Guangdong州の#War動員会議の56分間の極秘記録全体の完全な写し。 #Taiwan #Japan #US危険にさらされている)

東部と南部の戦争地帯によって広東省に発行された動員には、「20のカテゴリーと239のアイテム」が含まれています。

これには、140,000の軍人、953隻の船、1,653ユニットの無人設備、20の空港とドック、6つの修理および造船ヤード、14の緊急輸送センター、穀物貯蔵所、病院、血液ステーション、石油貯蔵所、ガソリンスタンドなどのリソースが含まれますなど。

州からの新しい兵役要員、引退した軍人、および合計15,500人の特別な才能の採用についても議論された。

「国防委員会の声明は、私た14万院ちの州が、主に64隻の10,000トンのロールオン/ロールオフ船、38機の航空機、588両の鉄道車両、19隻を含む、7種類の国家レベルの戦争資源の実施を調整することを明確に述べています。空港や埠頭などの民間施設」と音声クリップで話者が聞こえた。

タイムズ・オブ・インディアによれば、この会議は「戦前の準備」について話し合うために開催されたものであり、各参加者が提案を行うディスカッション形式の会議でした。

*解説:こちらは、台湾への侵攻に向けた会議の情報です。リークされた日付けが5月21日ですので、会議の日はその数日前であると思われます。

兵力は14万人、953隻の船、38機の戦闘機などが話し合われたようです。

CCPのTOP層は既に解体され、ホワイトハット勢力がコントロールしています。

したがって、台湾侵攻に積極的な地方勢力がここから炙り出されることでしょう。

そして、逮捕が進行していくと思われます。

中国は13億人とも言われています。中国国内のDS関係組織は政界や軍、企業に相当な人数がいるものと思われます。

大量逮捕では100万人規模の逮捕者が出るのではないでしょうか?

 

中国の習近平国家主席が、ボアオで開催されたボアオアジアフォーラムの開会式で基調講演をビデオリンクで行います。

写真:ロイター/ KEVIN YAO

 

スポンサーリンク

まとめ・・・5月27日・今後の第3次世界大戦へのシナリオとは?核の恐怖が迫る!

ついに、世界的戒厳令発動への第3次世界大戦へのシナリオが出てきました。

ロシア、中国、アメリカそこにイスラエルも加わりそうな構図になるようです。

しかし、愛国心のある読者の皆様は、きっと理解されていると思いますが、これは、偽旗作戦です。

世界の主要な軍隊は、すでにホワイトハット軍が管理しています。

DSの中堅から末端組織が残存しています。

それらの、残存勢力を見極める炙り出しの意味と多くの国民が戒厳令が出された時に、納得のいく世論ができるための作戦だと思われます。

現状のウクライナ、ロシア危機からアメリカやイスラエルを巻き込んでの第3次世界大戦の危機へと発展していくようです。

残念ながら、日本は既に安倍総理が引退したころに、DS組織は解体されてきています。

正解は完全にホワイトハット軍がコントロールしています。

22日からのダボス会議には、日本からも50名を超える人が参加しているのです。

目覚めた人から、声を上げていきましょう。ツイートしていけば良いのです。

もう少し、8~9月くらいには、戒厳令が出されて緊急放送が開始すると良いと思っています。

読者の皆様も、1963年JFK大統領暗殺から、何が起きていたか?

調べておくと良いと思います。きっと、これからの光の時代への転換に重要な意味が分かることでしょう。

最後までご視聴ありがとうございました。

 

*イルミナティに関する記事は↓を参照願います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました