パンデミックとは?中国閣僚が米に亡命!武漢ウイルスの真実を暴露

パンデミック

パンデミックとは、世界的大流行を指す。

6月、中国の国​​家安全保障副大臣のドン・ジンウェイ氏(董经纬)が2月中旬に亡命したと話題になっている。

ドン氏が保有する情報は、中国の特殊兵器システム、武漢ウイルス研究所の中国軍の作戦とSARS-CoV-2の起源、および米国内の中国政府の資産と情報源だという。

米国の諜報機関と政府関係者に大きな損害を与える情報を持っているとのことです。

どんな情報がこれからリークされるのでしょうか?

ドン氏の亡命が2月に発生し、6月の今、リークされる意図は何でしょうか?

早速、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

パンデミックとは?

パンデミックとは世界的大流行の意味を指す。

過去に人類は紀元前の昔から、さまざまな感染症と戦ってきました。

原因も治療も十分に確立されていなかった時代には、感染症のパンデミックは歴史を変えるほどの影響を及ぼしてきました。感染症をもたらす病原体や対処方法がわかってきたのは、19世紀後半になってからで、その後、感染症による死亡者は激減しました。

しかし、1970年頃より、以前には知られてなかった新たな感染症である「新興感染症」や、過去に流行した感染症で一時は発生数が減少したものの再び出現した感染症「再興感染症」が問題となっています。

発展途上国ばかりでなく先進国においても、脅威となっております。

天然痘・ペスト・新型インフルエンザの数々があります。

パンデミックに詳しく知りたい方は、下のリンクを参照願います。

*大幸薬品 健康情報局  

人類を脅かす感染症のパンデミック(世界的大流行)

 

スポンサーリンク

中国 国​​家安全保障副大臣のドン・ジンウェイ(董经纬)の亡命!

ドン・ジンウェイン氏の経歴については、ネットで検索しても詳しいことはわかりません。

中国国家安全保障省(MSS)の長年の役人であり、2018年に副大臣に昇進しています。

MSSはアメリカにおけるCIA、イギリスのMI6、イスラエルのモサドといった諜報組織の役割を担う。

スパイ活動の重要な役割を担う立場にいる要人である。

 

 

スポンサーリンク

ドン氏が持ち出した情報とは?

ドン氏が持ち出した情報はどのようなものでしょうか?

これは、中国系の報道機関やアメリカなどのメディアが一斉に同じ内容を掲載しています。

<黄色いベストと日本・世界革命 6月20日付より>

ドンはDIAに次の情報を提供しました。

  • 現在SARS-CoV-2として知られているウイルスの初期の病原性研究
  • 予測されたCOVID-19の広がりと米国および世界への被害のモデル
  • SARS-CoV-2およびその他の生物兵器研究の研究に資金を提供した正確な組織および政府の詳細を示す財務記録
  • 中国に情報を提供する米国市民の名前
  • 米国で働いている、または米国の大学に通っている中国のスパイの名前
  • 中国政府からお金を受け取った米国のビジネスマンや公務員を示す財務記録
  • 米国政府当局者が(おそらく無意識のうちに)中国のスパイやロシアのSVRのメンバーと行った会議の詳細
  • 中国政府がどのようにしてCIA通信システムにアクセスし、CIAと協力していた数十人の中国人を死に至らしめたのか

ドンはまた、ハンター・バイデンのラップトップのハードドライブの内容のコピーをDIAに提供し、中国政府がハンターのポルノ問題と彼(およびジョー)の中国企業との取引について持っている情報を示しています。

ドンに関するいくつかのファイルは、中国の軍事メーカーAVICAutoへのHennigesAutomotive(およびそのステルス技術)の販売が承認された経緯に光を当てています。

*解説:ドン氏はアメリカへ亡命し(2021年2月)DIA(国防省)に情報提供をしたとのことである。

つまり、この亡命の件について、バイデン政権の関係者は知らされていないということである。

そして、その情報は大きく分けると3つのようである。

1.COVID-19の発生源と人為的な発生のための財務記録、関係者についてのこと。

2.アメリカ国内のスパイについての情報。

3.ハンターバイデンのパソコンの中にあった、ポルノや中国企業との癒着の情報である。

これまでの、噂である情報が事実関係の証拠という形で提示されたようです。

 

スポンサーリンク

2月のドン氏の亡命が『6月の今』リークされる意図は何か?

2021年6月にドン氏の亡命がリークされる目的を考察する前に、現在の6月の状況を整理してみます。

2021年6月の状況は?

6月に入り、世界中でコロナウイルスの発生源が中国・武漢ウイルス研究所での人工的なものでないか?という疑惑が出ています。

また、ワクチン接種により変異株の発生や死亡者の急増について、専門医によるワクチンの危険性が話題となっています。

7月23日より開幕する東京オリンピックを間近に控える状況です。

アメリカでは、2020年大統領選挙の不正選挙疑惑の最終形がミネソタ州で行われており、まもなくその結果がでるとの時期に来ています。

数十万票という不明票が発覚した情報がでています。

裏のNEWSでは、トランプ大統領が正式に大統領就任する時期が7月4日の独立記念日との情報も出ています。

その様な中で・・・ドン氏の亡命が2月に起きて6月の今、公表される意味は何処にあるのでしょうか?

ドン氏亡命情報がリークされる目的を推測・・・ズバリコロナの正体の暴露!

ドン氏は中国の諜報組織の副部長です。

ドン氏の持つ情報はズバリ中国の機密情報です。

4月から、コロナウイルスが武漢からコウモリから自然発生したというこれまでの見識を覆す情報が表のメディアでも流れ始めました。

アメリカウイルス研究の権威であるファウチ博士の陰謀説。

ビルゲイツ氏の人口削減計画。

オバマ政権時代からの巨額の資金がアメリカ政府から、武漢ウイルス研究所に送金されていた説。

コロナウイルスは中国によるウイルス平気ではないか?との疑い。

これらの情報が段階的に出てきたことから、ドン氏の亡命が証された目的は!

コロナの正体が暴露されるためでは無いでしょうか?

コロナは、2010年からロスチャイルド・ロックフェラーを中心に世界の政府関係者を巻き込んでのパンデミックを引き起こし、人口捜査と国民の奴隷化のための計画であることの暴露では無いでしょうか?

下の写真には日本のロスチャイルドジュニア氏と安倍昭恵夫人に小池百合子都知事が写っています。

読者の皆様も疑問があれば調べてみると良いと思います。

最後に関連記事を一部掲載しておきます。

 

4723A6B7-8A9B-4A0C-8F64-1A7888E8451E

ベンジャミン・フルホード氏の投稿 中央がロスチャイルド・ジュニア氏 左が昭恵夫人 右が小池百合子氏です

 

スポンサーリンク

まとめ・・・ パンデミックとは?中国閣僚が米に亡命!武漢ウイルスの真実を暴露

いかがでしょうか?

2019年から世界中に拡散されたパンデミック。

どれだけの、人名と世界経済の打撃を招いたことでしょうか?

早く、真実が証されて、人が自由に過ごせる生活に戻れると良いですね。

コロナウイルス、ワクチンに関して数々の陰謀論と言われる話が、もしかしたら真実なのかもしれません。

私は、これからも調べていきたいと考えています。

安全性が証明されるまでは、ワクチン摂取は見送る考えをしています。

読者の皆さんもご自身の判断をする前に、多角的な意見を知ることをしてみてはいかがでしょうか?

最後までご視聴ありがとうございました。

最後に関連記事を紹介しておきます。

*ドン氏亡命についての記事

速報:中国の亡命者の身元が確認され、防諜の最高責任者だった

 

 

【パンデミック関連記事】

パンデミック

ファウチ博士は武漢ウィルス研究所・コウモリ実験を隠蔽が暴露!

6月13日にオーストラリア・SKY NEWSが公開した、武漢研究内でコウモリを飼育する動画が世界中で流れています。WHOチームのメンバーである動物学者ピーター・ダザック氏こそが隠蔽の首謀者ではないか?武漢ウイルス研究所でのコウモリ実験の真相は?隠蔽に加担する者は誰か?
パンデミック

ファウチ博士は『コロナウイルス生物兵器の製造方法』を隠蔽の証拠!

2021年6月4日付け、ハル・ターナーの記事によると、アンソニー・ファウチ博士に送られた電子メールでCOVID-19 となった新型コロナウイルスは生物兵器である。それをファウチ博士だけでなく、アメリカ州政府高官・世界中の政府高官が隠蔽していた。その真実はいかに?
パンデミック

ファウチ氏メールが開示・武漢ウイルス流出を過小評価が世界の注目に!

5月より世界のメディアは一斉に米大統領の首席医療顧問を務めるアンソニー・ファウチ博士のメールが開示されて着目。批判の的は何か?2020年2月にピーター・ダスザック氏が、ファウチ氏が『ウイルスが武漢ウイルス学研究から発生したものではない』との見解を示したことに最大の感謝を示した。
パンデミック

ファウチ博士の資金陰謀は嘘かデマ?9億円収入で海外不動産購入の謎

40年近くアメリカ国立アレルギー感染症研究所の所長を務めてきたファウチ博士。2021年5月にファウチ博士が9億円の資金を得て海外不動産を取得している。との情報がネットで流れています。 1年間に9億円!ファウチ博士の資金陰謀は嘘か?デマか?情報をまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました